【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513141137.html
「プロポーズ 断り方」6選とダメな断り方4選

「プロポーズ 断り方」6選とダメな断り方4選 | LADYCO

LADYCO
「プロポーズ 断り方」6選とダメな断り方4選

「プロポーズ 断り方」7選とダメな断り方3選まとめてみました。

  • ダメな断り方4選、嘘をついたり自分の気持ち以外を言う系
  • 子供がいる
  • 親の介護がある
  • 親に反対されている
  • 相手の両親が嫌い
  • よい断り方6選、自分の気持ちを言う
  • 他に好きな人いるorもう好きじゃない
  • 経済力の問題
  • 結婚に向いていない
  • 価値観が合わない
  • 結婚願望が無い

ダメな断り方4選、嘘をついたり自分の気持ち以外を言う系

ダメな断り方4選、嘘をついたり自分の気持ち以外を言う系

こちらの断り方ではそれでもいいや、説得するなど相手に行動余地があります。

1. 子供がいる

子供がいる

本当に子供がいなくても構いません。

その事を伝えるだけで良いのです。

そんな事を伝えられては、結婚したいと思う人は少ないと思います。

相手に子供がいるという事は、その子供も自分の家族として受け入れなければならなくなります。

その責任が自分にはあるのか、もし自分たちの間に子供が出来たら平等に育てていけるのか、様々な問題が生まれてきます。

2. 親の介護がある

親の介護がある

介護士不足の世の中で、介護を必要としているお年寄りはたくさんいます。

もちろん家族で面倒をみてあげるのが一番良いのですが、症状によっては自宅で面倒を見る事自体が困難な場合もあります。

いくら育ててくれた親とはいえ、大の大人を介護するとなると、精神的にも肉体的にも疲労が溜まります。

ましてや血の繋がりの無い他人の両親の介護など、出来ればしたくないと思うのが普通です。

お金の面もあるので、将来を不安にさせて断る事が出来ます。

3. 親に反対されている

親に反対されている

プロポーズをしたらその後に待っているのは、相手の両親への挨拶です。

親に反対されていると伝えれば、諦めてくれるかもしれません。

挨拶に行ったとしても、門前払いをされるとなれば、行きたくないと思うでしょう。

反対を押し切って一緒になっても、その先に良好な関係を築ける未来はありません。

子供が生まれた時に、どうして自分には片方のおじいちゃん、おばあちゃんしかいないのか、と聞かれてしまうかもしれません。

4. 相手の両親が嫌い

相手の両親が嫌い

結婚後の両親との関係はとても大切です。

子供が生まれれば、面倒を見てもらう場面もあるかもしれません。

相手の両親と全く関わりを持たずに、結婚生活を送る事は出来ません。

好きな相手と一緒に過ごすことは出来ても、相手の両親の事が嫌いでは、結婚するべきではありませんよね。

もちろん自分の両親の事を嫌いだと言われて良い思いをするはずがないので、それだけでイメージが悪くなります。

よい断り方6選、自分の気持ちを言う

よい断り方6選、自分の気持ちを言う

こちらはしつこい彼氏の行動の余地が少ない断り方になっています。

1. 他に好きな人いるorもう好きじゃない

他に好きな人いるorもう好きじゃない

恋人がいたとしても、出会いの場はたくさんあります。

そんなつもりはなくても、他の誰かを好きになってしまう事もあります。

プロポーズされたとしても、相手にもう気持ちが無いのならOKする理由はありません。

他の人を好きになってしまったのだから、相手も攻める事は出来ないでしょう。

2. 経済力の問題

経済力の問題

付き合っているだけなら、お金の問題はさほど気になりませんが、結婚となるとそうはいきません。

結納金、指輪代、結婚式代、マイホームにかけるお金と言い出したらキリがありません。

経済力の無い人と一緒になれば、苦労しか待っていないという事が目に見えています。

自ら苦労する道を選ぶ必要はありませんよね。

本人も経済力の無さを指摘されては、自分の収入は自分で理解しているのでぐうの音も出ません。

3. 結婚に向いていない

結婚に向いていない

自分自身が、または相手がどちらでも良いのですが、結婚に向いていない=離婚する可能性が高いという事になります。

人にはそれぞれ向いている、向いていない事があるので、結婚が向いていない人ももちろんいます。

好きで離婚しようとしている訳ではなくて、そうなってしまうのは仕方のないことなのです。

結婚は付き合っているだけの関係とはまた一つ違います。

そう簡単に離婚する訳にはいきませんよね。

どれだけ結婚が素晴らしいものなのかを伝えて説得するか。

または、そのリスクを抱えてまで一緒になろうと思う人は少ないと思います。

4. 価値観が合わない

価値観が合わない

付き合っている頃から価値観の違いは、お互いが感じている事だと思います。

他人だから仕方がないと思えていた事でも、結婚すれば家族になるのでそうはいきません。

お互いがお互いに合わせて生きていかなければなりません。

子供が生まれればさらに価値観の違いが問題になってきます。

教育方針などの違いで、子供にまで嫌な気持ちを感じさせてしまうかもしれません。

芸能人の離婚のニュースを見ていても、価値観の違いが理由だと報道されている事が多いですよね。

5. 結婚願望が無い

そもそも結婚願望がなければ、結婚する必要がありません。

結婚自体に悪いイメージや、魅力を感じていないので、そんな相手と一緒になりたいと思う人は少ないです。

そうなるまでには相手の家庭環境なども影響しているので、良い結婚生活を送っていなかった、相手の両親とも付き合いをしていかなければならないので、それだけでも億劫になります。

「プロポーズ 断り方」7選とダメな断り方3選まとめてみました。


ダメな断り方4選、嘘をついたり自分の気持ち以外を言う系

こちらの断り方ではそれでもいいや、説得するなど相手に行動余地があります。

子供がいる

本当に子供がいなくても構いません。

その事を伝えるだけで良いのです。

そんな事を伝えられては、結婚したいと思う人は少ないと思います。

相手に子供がいるという事は、その子供も自分の家族として受け入れなければならなくなります。

その責任が自分にはあるのか、もし自分たちの間に子供が出来たら平等に育てていけるのか、様々な問題が生まれてきます。

親の介護がある

介護士不足の世の中で、介護を必要としているお年寄りはたくさんいます。

もちろん家族で面倒をみてあげるのが一番良いのですが、症状によっては自宅で面倒を見る事自体が困難な場合もあります。

いくら育ててくれた親とはいえ、大の大人を介護するとなると、精神的にも肉体的にも疲労が溜まります。

ましてや血の繋がりの無い他人の両親の介護など、出来ればしたくないと思うのが普通です。

お金の面もあるので、将来を不安にさせて断る事が出来ます。

親に反対されている

プロポーズをしたらその後に待っているのは、相手の両親への挨拶です。

親に反対されていると伝えれば、諦めてくれるかもしれません。

挨拶に行ったとしても、門前払いをされるとなれば、行きたくないと思うでしょう。

反対を押し切って一緒になっても、その先に良好な関係を築ける未来はありません。

子供が生まれた時に、どうして自分には片方のおじいちゃん、おばあちゃんしかいないのか、と聞かれてしまうかもしれません。

相手の両親が嫌い

結婚後の両親との関係はとても大切です。

子供が生まれれば、面倒を見てもらう場面もあるかもしれません。

相手の両親と全く関わりを持たずに、結婚生活を送る事は出来ません。

好きな相手と一緒に過ごすことは出来ても、相手の両親の事が嫌いでは、結婚するべきではありませんよね。

もちろん自分の両親の事を嫌いだと言われて良い思いをするはずがないので、それだけでイメージが悪くなります。

よい断り方6選、自分の気持ちを言う

こちらはしつこい彼氏の行動の余地が少ない断り方になっています。

他に好きな人いるorもう好きじゃない

恋人がいたとしても、出会いの場はたくさんあります。

そんなつもりはなくても、他の誰かを好きになってしまう事もあります。

プロポーズされたとしても、相手にもう気持ちが無いのならOKする理由はありません。

他の人を好きになってしまったのだから、相手も攻める事は出来ないでしょう。

経済力の問題

付き合っているだけなら、お金の問題はさほど気になりませんが、結婚となるとそうはいきません。

結納金、指輪代、結婚式代、マイホームにかけるお金と言い出したらキリがありません。

経済力の無い人と一緒になれば、苦労しか待っていないという事が目に見えています。

自ら苦労する道を選ぶ必要はありませんよね。

本人も経済力の無さを指摘されては、自分の収入は自分で理解しているのでぐうの音も出ません。

結婚に向いていない

自分自身が、または相手がどちらでも良いのですが、結婚に向いていない=離婚する可能性が高いという事になります。

人にはそれぞれ向いている、向いていない事があるので、結婚が向いていない人ももちろんいます。

好きで離婚しようとしている訳ではなくて、そうなってしまうのは仕方のないことなのです。

結婚は付き合っているだけの関係とはまた一つ違います。

そう簡単に離婚する訳にはいきませんよね。

どれだけ結婚が素晴らしいものなのかを伝えて説得するか。

または、そのリスクを抱えてまで一緒になろうと思う人は少ないと思います。

価値観が合わない

付き合っている頃から価値観の違いは、お互いが感じている事だと思います。

他人だから仕方がないと思えていた事でも、結婚すれば家族になるのでそうはいきません。

お互いがお互いに合わせて生きていかなければなりません。

子供が生まれればさらに価値観の違いが問題になってきます。

教育方針などの違いで、子供にまで嫌な気持ちを感じさせてしまうかもしれません。

芸能人の離婚のニュースを見ていても、価値観の違いが理由だと報道されている事が多いですよね。

そもそも結婚願望がなければ、結婚する必要がありません。

結婚自体に悪いイメージや、魅力を感じていないので、そんな相手と一緒になりたいと思う人は少ないです。

そうなるまでには相手の家庭環境なども影響しているので、良い結婚生活を送っていなかった、相手の両親とも付き合いをしていかなければならないので、それだけでも億劫になります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-