【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513141225.html
こんなプロポーズは失敗する!プロポーズ失敗の事例10選

こんなプロポーズは失敗する!プロポーズ失敗の事例10選 | LADYCO

LADYCO
こんなプロポーズは失敗する!プロポーズ失敗の事例10選

「プロポーズ失敗の例」10選、こんなプロポーズは失敗をまとめました。

  • 都合の良いプロポーズで大失敗
  • キメ台詞でプロポーズしたけど伝わってなかった
  • 相手の準備を待たないプロポーズ
  • プロポーズしか考えてなかった
  • 資金不足なのにプロポーズ
  • 手軽な方法でプロポーズ
  • 子供できてからプロポーズされた
  • 結婚経験をしておきたいから
  • はっきりとしたプロポーズじゃない
  • 偉そうな言い方

渾身の思いを込めてプロポーズに踏み切ったものの、なぜだか断られてしまったなんて恥ずかしい経験は誰にも言えるわけもありません。

どうして断られたのか、何がいけなかったのか、後で後悔しないためにやってはいけないプロポーズ大失敗の理由10選を紹介します。

1. 都合の良いプロポーズで大失敗

都合の良いプロポーズで大失敗

あんまり自分では分かってはいないまま、自分では今物凄く良いプロポーズをしたと思ってませんか?

相手のことをまったく何も考えないような都合の良いプロポーズは彼女にとってプラスに受け止めることができないことでもあります。

プロポーズをするときはどういったタイミングなのか、相手のことをしっかりと考えてあげて、あなた自身の都合だけで決してプロポーズをしてはいけないことを学びましょう。

結婚は一人ではなく二人でするものです。

2. キメ台詞でプロポーズしたけど伝わってなかった

キメ台詞でプロポーズしたけど伝わってなかった

自分なりに演出してプロポーズをキメたと思い込んでませんか?

もしかすると相手に伝わってないかもしれません。

基本的に自分で考えてるときは自分だけが理解しているから分かりますが、ただ曖昧な表現や分かり辛いような演出では伝わることも伝わりにくくなりますので、プロポーズをされるときはまず分かりやすさ、相手がちゃんと理解できるような演出にしておくことが大事です。

プロポーズで意思疎通ができなければ結婚生活も意思疎通ができません。

3. 相手の準備を待たないプロポーズ

相手の準備を待たないプロポーズ

プロポーズをすることはある意味それなりの覚悟というのが求められてくるはずです。

一人腹を括るように気合を入れていざプロポーズをしたとしても、彼女の準備がまだならズッコケてしまう結果に終わってしまいます。

こういったことは珍しいことではありませんので、相手の準備ができてるのか、自分と結婚する気はあるのか、そこを普段からチェックしてどのタイミングかを見極めプロポーズに挑みましょう。

プロポーズの成功率はタイミングがとても重要です。

4. プロポーズしか考えてなかった

プロポーズしか考えてなかった

プロポーズをすることは結婚を意味します。

ですがそれをされたからといって良しとなるのはちゃんとビジョンを描いてるからです。

もし将来設計のことを何一つ考えてなくてプロポーズだけをされたなら、彼女にしてみれば不安でしかありません。

結婚をして生活はどうするのか、子供の数は、将来のことを何一つとして話さないままにプロポーズされてしまっては相手にとって困ってしまう返事しかできなくなります。

結婚するためのプロポーズです。

5. 資金不足なのにプロポーズ

資金不足なのにプロポーズ

結婚だけを夢見てプロポーズをするというのはある意味それなりに二人の関係がどんな些細なことでも乗り越えられるからだと思います。

ですが、経済的に困難なことになるようならそれもまた相手にとって不安でしかありません。

結婚をして苦労することがはっきりと分かってれば、誰も好んでそんな道に歩みたくはありません。

プロポーズをすれば相手は結婚してくれると思ってたら、何を言ってるのと言い返されることになります。

6. 手軽な方法でプロポーズ

手軽な方法でプロポーズ

最近では電子メールはごく当たり前のことになっていますが、まさかのプロポーズをメールでやってしまったことから断られたということもあります。

本人にしてみると恥ずかしさのあまりメールで送ってしまったという理由もありますが、メールでプロポーズがオシャレだと思ったという勘違いした考え方もあるようです。

プロポーズはやはり相手を目の前にしてやるべきでしょう。

LINEのプロポーズでは本気がわからないですよね。

7. 子供できてからプロポーズされた

子供できてからプロポーズされた

ずっと今まで結婚の二文字から逃げてきたのに、子供ができたことが分かったからプロポーズされては相手にしてみれば子供ができなければ結婚する気無かったのと思われても致し方ありません。

プロポーズは何かが切っ掛けとなってされるよりも、やはり自分自身の意思に基づいてされる方が相手にとっても嬉しいこと、相手のことを思いやり、考えることでプロポーズは成立するものです。

それでも好きな人に言われたらうれしいはず。

8. 結婚経験をしておきたいから

結婚経験をしておきたいから

女性にとってプロポーズは人生最大の大イベントでもあります。

望んでる理想の相手からプロポーズされたとき、きっと有頂天になることでしょう。

ですが結婚も一回くらい経験していたいからなんて理由を突きつけられたらどんな気持ちになることでしょうか。

本気で結婚する気あるの?どういうつもりとなることでしょう。

このような理由でもしプロポーズをされるのであれば必ず断られることになります。

はなっからあなたは離婚するつもりですか?



9. はっきりとしたプロポーズじゃない

はっきりとしたプロポーズじゃない

プロポーズをするとき覚悟を決めることは普通のことです。

言葉もまた決めて真面目に真剣な気持ちでプロポーズをされることでしょう。

ですがもしプロポーズをするときに言葉が有耶無耶なものであったり、はっきりとしていなければ相手にとって本当にプロポーズする気あるのかなと思わせてしまい、結果的にゴメンなさいと断られることになります。

なのでプロポーズははっきりとした言葉を伝えるようにしましょう。

間違いない。

10. 偉そうな言い方

プロポーズをするときに断られてしまうことの中で偉そうに言ってしまうケースがあります。

ただ男性にとってそれが偉そうな意味になっているのかはあまり分からないかもしれません。

例えば一生着いて来て欲しいや面倒を見るなど女性にとってはあまり好ましくない言葉のようです。

一昔前ならこれでも良かったかもしれませんが、今の女性の考え方はもっとお互い助け合えるような意味合いの方が好ましいのかもしれません。

※イケメンやお金持ちは除く

「プロポーズ失敗の例」10選、こんなプロポーズは失敗をまとめました。


渾身の思いを込めてプロポーズに踏み切ったものの、なぜだか断られてしまったなんて恥ずかしい経験は誰にも言えるわけもありません。

どうして断られたのか、何がいけなかったのか、後で後悔しないためにやってはいけないプロポーズ大失敗の理由10選を紹介します。

都合の良いプロポーズで大失敗

あんまり自分では分かってはいないまま、自分では今物凄く良いプロポーズをしたと思ってませんか?

相手のことをまったく何も考えないような都合の良いプロポーズは彼女にとってプラスに受け止めることができないことでもあります。

プロポーズをするときはどういったタイミングなのか、相手のことをしっかりと考えてあげて、あなた自身の都合だけで決してプロポーズをしてはいけないことを学びましょう。

結婚は一人ではなく二人でするものです。

キメ台詞でプロポーズしたけど伝わってなかった

自分なりに演出してプロポーズをキメたと思い込んでませんか?

もしかすると相手に伝わってないかもしれません。

基本的に自分で考えてるときは自分だけが理解しているから分かりますが、ただ曖昧な表現や分かり辛いような演出では伝わることも伝わりにくくなりますので、プロポーズをされるときはまず分かりやすさ、相手がちゃんと理解できるような演出にしておくことが大事です。

プロポーズで意思疎通ができなければ結婚生活も意思疎通ができません。

相手の準備を待たないプロポーズ

プロポーズをすることはある意味それなりの覚悟というのが求められてくるはずです。

一人腹を括るように気合を入れていざプロポーズをしたとしても、彼女の準備がまだならズッコケてしまう結果に終わってしまいます。

こういったことは珍しいことではありませんので、相手の準備ができてるのか、自分と結婚する気はあるのか、そこを普段からチェックしてどのタイミングかを見極めプロポーズに挑みましょう。

プロポーズの成功率はタイミングがとても重要です。

プロポーズしか考えてなかった

プロポーズをすることは結婚を意味します。

ですがそれをされたからといって良しとなるのはちゃんとビジョンを描いてるからです。

もし将来設計のことを何一つ考えてなくてプロポーズだけをされたなら、彼女にしてみれば不安でしかありません。

結婚をして生活はどうするのか、子供の数は、将来のことを何一つとして話さないままにプロポーズされてしまっては相手にとって困ってしまう返事しかできなくなります。

結婚するためのプロポーズです。

資金不足なのにプロポーズ

結婚だけを夢見てプロポーズをするというのはある意味それなりに二人の関係がどんな些細なことでも乗り越えられるからだと思います。

ですが、経済的に困難なことになるようならそれもまた相手にとって不安でしかありません。

結婚をして苦労することがはっきりと分かってれば、誰も好んでそんな道に歩みたくはありません。

プロポーズをすれば相手は結婚してくれると思ってたら、何を言ってるのと言い返されることになります。

手軽な方法でプロポーズ

最近では電子メールはごく当たり前のことになっていますが、まさかのプロポーズをメールでやってしまったことから断られたということもあります。

本人にしてみると恥ずかしさのあまりメールで送ってしまったという理由もありますが、メールでプロポーズがオシャレだと思ったという勘違いした考え方もあるようです。

プロポーズはやはり相手を目の前にしてやるべきでしょう。

LINEのプロポーズでは本気がわからないですよね。

子供できてからプロポーズされた

ずっと今まで結婚の二文字から逃げてきたのに、子供ができたことが分かったからプロポーズされては相手にしてみれば子供ができなければ結婚する気無かったのと思われても致し方ありません。

プロポーズは何かが切っ掛けとなってされるよりも、やはり自分自身の意思に基づいてされる方が相手にとっても嬉しいこと、相手のことを思いやり、考えることでプロポーズは成立するものです。

それでも好きな人に言われたらうれしいはず。

結婚経験をしておきたいから

女性にとってプロポーズは人生最大の大イベントでもあります。

望んでる理想の相手からプロポーズされたとき、きっと有頂天になることでしょう。

ですが結婚も一回くらい経験していたいからなんて理由を突きつけられたらどんな気持ちになることでしょうか。

本気で結婚する気あるの?どういうつもりとなることでしょう。

このような理由でもしプロポーズをされるのであれば必ず断られることになります。

はなっからあなたは離婚するつもりですか?



はっきりとしたプロポーズじゃない

プロポーズをするとき覚悟を決めることは普通のことです。

言葉もまた決めて真面目に真剣な気持ちでプロポーズをされることでしょう。

ですがもしプロポーズをするときに言葉が有耶無耶なものであったり、はっきりとしていなければ相手にとって本当にプロポーズする気あるのかなと思わせてしまい、結果的にゴメンなさいと断られることになります。

なのでプロポーズははっきりとした言葉を伝えるようにしましょう。

間違いない。

プロポーズをするときに断られてしまうことの中で偉そうに言ってしまうケースがあります。

ただ男性にとってそれが偉そうな意味になっているのかはあまり分からないかもしれません。

例えば一生着いて来て欲しいや面倒を見るなど女性にとってはあまり好ましくない言葉のようです。

一昔前ならこれでも良かったかもしれませんが、今の女性の考え方はもっとお互い助け合えるような意味合いの方が好ましいのかもしれません。

※イケメンやお金持ちは除く

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-