【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095306.html
女性が言われたいプロポーズの言葉10選

女性が言われたいプロポーズの言葉10選 | LADYCO

LADYCO
女性が言われたいプロポーズの言葉10選

自分が考えているプロポーズの言葉。

はたして女性は喜んでくれるかな?女性が本当に言われたいプロポーズの言葉をご紹介します。

  • 『結婚してください』
  • 『ずっと一緒にいよう』
  • 『これからも、ずっとこんなふうに過ごせたらいいね』
  • 『両親が君に逢いたいって言ってる』
  • 「僕の家族になって欲しい」
  • 『僕のお嫁さんになってください』
  • 『必ず幸せにするよ」
  • 『僕を支えて欲しい』
  • 『君と一緒だったら、僕は必ず幸せになれる』
  • 『君の作ったご飯がずっと食べたい』

1. 『結婚してください』

『結婚してください』

一番シンプル。

でも、一番言われたいと女性が夢見るプロポーズの理想形がこの言葉です。

このプロポーズには懇願されている姿勢が窺えます。

女性は自分から結婚して欲しいとお願いするのではなく、あくまでもお願いされたい願望があるのです。

この短いフレーズの中には、女性の満足を大いに満たす要素が含まれていることがポイント。

困ったら、このプロポーズを伝えれば間違いありません。

2. 『ずっと一緒にいよう』

『ずっと一緒にいよう』

女性は結婚に対する憧れが人一倍。

だから、「どうしても結婚したい」「できれば結婚したい」「誰でもいいから結婚したい」「何が何でも結婚したい」と、個人差はありながらも結婚願望を抱いています。

そして、もしも結婚したら平穏無事に人並みに過ごしたいと、言葉にしなくてもそんなふうに思っています。

その点に不安を持っている女性にとって、「ずっと」という言葉はとても光り輝いているのです。

また、この言葉を聞くと「私の人生、一生安泰」と安堵します。

3. 『これからも、ずっとこんなふうに過ごせたらいいね』

『これからも、ずっとこんなふうに過ごせたらいいね』

二人で素敵な夜景を見に行った等のシチュエーションで、順調な交際をしてきた自信があるからこそ言えるプロポーズです。

このプロポーズには「結婚」というキーワードが含まれていません。

それでも今、この瞬間の幸せな気持ちが「ずっと続いたらいいよね」という現在進行形の幸福感をアピールしていることがポイント高し。

今も幸せ。

でもこの幸せをずっと望んでいるんだという素直な気持ちに女性は感動してしまいます。

このプロポーズの返事は「うん!」という簡単な言葉で済んでしまいますが、この2文字には最上の嬉しさが込められていることでしょう。

4. 『両親が君に逢いたいって言ってる』

『両親が君に逢いたいって言ってる』

彼氏がいて、結婚へのカウントダウンが始まった女性にとって無視できない存在が彼氏のご両親です。

特に厳格な家庭で育てられたと聞かされた時には、結婚を許してもらえるかが問題になってきます。

もちろん結婚は当人同士の問題だと頭では理解しているものの、現実はそうも言ってられません。

そういった状況で「両親が結婚に理解を示している」という言葉は喜び&安堵で思わず涙が出そうになるほどにホッとします。

5. 「僕の家族になって欲しい」

「僕の家族になって欲しい」

家族に対して特別な思い入れのある男性は少なからずいます。

例えば、ご両親が揃って早くに亡くなってしまったケースや一人っ子で兄弟の多い友達が羨ましいとずっと思っていた男性。

早く落ち着いて愉快で楽しい家庭を築きたいと願っているケースです。

こういうタイプの男性は、「好きな人とずっと一緒にいたい」という思いとは異なり、「新たな絆を基盤に幸せになりたい」と考えます。

その為、よき夫、よき父親になることでしょう。

6. 『僕のお嫁さんになってください』

『僕のお嫁さんになってください』

もう少しマッチョな言い方だと「俺の嫁さんになってくれ」というニュアンスになるかもしれませんね。

いずれにしても、「お嫁さん」「嫁さん」というキーワードに女性は無上の喜びを感じます。

好きな人のお嫁さんになる夢は、女性であれば小さい頃から1度は願った夢でしょう。

それが現実化する可能性をダイレクトに言われたわけですから、嬉しくないはずがありません。

「はい、喜んで!」と即答間違いなしです。

7. 『必ず幸せにするよ」

『必ず幸せにするよ」

男女の仲に「絶対」「必ず」はありません。

それでも敢えて約束をすることに意味があるのです。

君を幸せにするために頑張るという有言実行宣言は結婚生活における必須事項でもあります。

8. 『僕を支えて欲しい』

『僕を支えて欲しい』

本当の意味で精神的な支えになれるのは、奥さんの特権です。

彼女というポジションでは、確実なサポートに無理が生じます。

また、奥さんという立場でいるからこそ、腹を据えて全力でサポートに臨めます。

自分でビジネスを率いて行こうとしている男性、身体が資本でかなりシビアな仕事をやろうとしている男性はこのようなプロポーズの仕方がおススメ。

女性は本気で頼られると、本気で応えようとする肝の据わった人が少なくありません。

9. 『君と一緒だったら、僕は必ず幸せになれる』

『君と一緒だったら、僕は必ず幸せになれる』

自分は君無しでは頑張れない。

君を幸せにできるか、経済的に困らないようになれるかもわからない。

それでも自分は君と一緒にいたいんだ! このプロポーズは母性の強い女性に対してとても効果的です。

この言葉を聞かされたら、「私があなたを幸せにしてあげるから」と母親のような気持ちでプロポーズを受けてくれるでしょう。

また、結婚後は献身的に尽くしてくれます。

10. 『君の作ったご飯がずっと食べたい』

胃袋を掴まれた男性が言うプロポーズです。

男は胃袋で掴めといいますが、自分の好みにマッチした美味しいご飯を作ってくれる女性が奥さんになってくれるのは男性の夢でもあります。

そんな夢を抱いている男性が思い通りの女性と出会えたら、プロポーズするしかありません。

料理上手な女性の武器を称賛するプロポーズなので、結婚後もこの言葉を胸によき奥さんで居続けてくれることでしょう。

自分が考えているプロポーズの言葉。

はたして女性は喜んでくれるかな?女性が本当に言われたいプロポーズの言葉をご紹介します。


『結婚してください』

一番シンプル。

でも、一番言われたいと女性が夢見るプロポーズの理想形がこの言葉です。

このプロポーズには懇願されている姿勢が窺えます。

女性は自分から結婚して欲しいとお願いするのではなく、あくまでもお願いされたい願望があるのです。

この短いフレーズの中には、女性の満足を大いに満たす要素が含まれていることがポイント。

困ったら、このプロポーズを伝えれば間違いありません。

『ずっと一緒にいよう』

女性は結婚に対する憧れが人一倍。

だから、「どうしても結婚したい」「できれば結婚したい」「誰でもいいから結婚したい」「何が何でも結婚したい」と、個人差はありながらも結婚願望を抱いています。

そして、もしも結婚したら平穏無事に人並みに過ごしたいと、言葉にしなくてもそんなふうに思っています。

その点に不安を持っている女性にとって、「ずっと」という言葉はとても光り輝いているのです。

また、この言葉を聞くと「私の人生、一生安泰」と安堵します。

『これからも、ずっとこんなふうに過ごせたらいいね』

二人で素敵な夜景を見に行った等のシチュエーションで、順調な交際をしてきた自信があるからこそ言えるプロポーズです。

このプロポーズには「結婚」というキーワードが含まれていません。

それでも今、この瞬間の幸せな気持ちが「ずっと続いたらいいよね」という現在進行形の幸福感をアピールしていることがポイント高し。

今も幸せ。

でもこの幸せをずっと望んでいるんだという素直な気持ちに女性は感動してしまいます。

このプロポーズの返事は「うん!」という簡単な言葉で済んでしまいますが、この2文字には最上の嬉しさが込められていることでしょう。

『両親が君に逢いたいって言ってる』

彼氏がいて、結婚へのカウントダウンが始まった女性にとって無視できない存在が彼氏のご両親です。

特に厳格な家庭で育てられたと聞かされた時には、結婚を許してもらえるかが問題になってきます。

もちろん結婚は当人同士の問題だと頭では理解しているものの、現実はそうも言ってられません。

そういった状況で「両親が結婚に理解を示している」という言葉は喜び&安堵で思わず涙が出そうになるほどにホッとします。

「僕の家族になって欲しい」

家族に対して特別な思い入れのある男性は少なからずいます。

例えば、ご両親が揃って早くに亡くなってしまったケースや一人っ子で兄弟の多い友達が羨ましいとずっと思っていた男性。

早く落ち着いて愉快で楽しい家庭を築きたいと願っているケースです。

こういうタイプの男性は、「好きな人とずっと一緒にいたい」という思いとは異なり、「新たな絆を基盤に幸せになりたい」と考えます。

その為、よき夫、よき父親になることでしょう。

『僕のお嫁さんになってください』

もう少しマッチョな言い方だと「俺の嫁さんになってくれ」というニュアンスになるかもしれませんね。

いずれにしても、「お嫁さん」「嫁さん」というキーワードに女性は無上の喜びを感じます。

好きな人のお嫁さんになる夢は、女性であれば小さい頃から1度は願った夢でしょう。

それが現実化する可能性をダイレクトに言われたわけですから、嬉しくないはずがありません。

「はい、喜んで!」と即答間違いなしです。

『必ず幸せにするよ」

男女の仲に「絶対」「必ず」はありません。

それでも敢えて約束をすることに意味があるのです。

君を幸せにするために頑張るという有言実行宣言は結婚生活における必須事項でもあります。

『僕を支えて欲しい』

本当の意味で精神的な支えになれるのは、奥さんの特権です。

彼女というポジションでは、確実なサポートに無理が生じます。

また、奥さんという立場でいるからこそ、腹を据えて全力でサポートに臨めます。

自分でビジネスを率いて行こうとしている男性、身体が資本でかなりシビアな仕事をやろうとしている男性はこのようなプロポーズの仕方がおススメ。

女性は本気で頼られると、本気で応えようとする肝の据わった人が少なくありません。

『君と一緒だったら、僕は必ず幸せになれる』

自分は君無しでは頑張れない。

君を幸せにできるか、経済的に困らないようになれるかもわからない。

それでも自分は君と一緒にいたいんだ! このプロポーズは母性の強い女性に対してとても効果的です。

この言葉を聞かされたら、「私があなたを幸せにしてあげるから」と母親のような気持ちでプロポーズを受けてくれるでしょう。

また、結婚後は献身的に尽くしてくれます。

胃袋を掴まれた男性が言うプロポーズです。

男は胃袋で掴めといいますが、自分の好みにマッチした美味しいご飯を作ってくれる女性が奥さんになってくれるのは男性の夢でもあります。

そんな夢を抱いている男性が思い通りの女性と出会えたら、プロポーズするしかありません。

料理上手な女性の武器を称賛するプロポーズなので、結婚後もこの言葉を胸によき奥さんで居続けてくれることでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-