【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513113913.html
決定打を打たない彼氏の心理

決定打を打たない彼氏の心理 | LADYCO

LADYCO
決定打を打たない彼氏の心理

プロポーズは男性からするものという考え方は、今ではもう風化されていて、女性からのプロポーズもアリという時代になっています。

結婚に踏み切れない彼氏の心理を理解して、自分でプロポーズしたほうがスムーズに進展できることもあるでしょう。

それでは、結婚に対して優柔不断になっている彼氏の心理とはどのようなものか、解説していきたいと思います

  • 家庭をもつプレッシャーが重い
  • 既婚者のリアルな愚痴を聞いている
  • 彼女からの「結婚して」アピールに疲れる
  • 身内の介護時期と重なる
  • プロポーズをする必要性を感じない

1. 家庭をもつプレッシャーが重い

家庭をもつプレッシャーが重い

結婚すれば家庭をもつことになり、妻や子供を養う責任がでてきます。

長年勤めている職場があって、収入も安定していなければ、将来のことが考えられないのです。

これから転職や起業をしたいと考えていれば、結婚が二の次になってしまう可能性もあります。

彼氏にとっては、家庭をもつプレッシャーが重くて、結婚に前向きになれないのが本音です。

2. 既婚者のリアルな愚痴を聞いている

既婚者のリアルな愚痴を聞いている

既婚者の知人や友人から「自由がない」「妻がうるさい」「独身のほうがマシ」などと、リアルな愚痴を聞かされると、結婚への希望が薄れます。

そんなにツラいなら自分は無理かも・・と考えやすくなり、出来るだけ先延ばしにしようとするのです。

3. 彼女からの「結婚して」アピールに疲れる

彼女からの「結婚して」アピールに疲れる

長年付き合っていれば、彼女のほうから結婚の話をすることもあります。

会話の端々で「結婚」の2文字が頻繁にでてくると、彼氏は急かされている気分になります。

彼女からの結婚してアピールに疲れ、自分を守るために考えないようにしようとするのです。

4. 身内の介護時期と重なる

身内の介護時期と重なる

晩婚化の今、30代~40代で結婚する人達は増えています。

でも同時に、両親や親戚など、身内の人間が介護を要する年齢に達していることもあります。

結婚と介護時期が重なるとなれば、彼女の理解も得ないといけないので、結婚するタイミングが掴めなくなるのです。

5. プロポーズをする必要性を感じない

もともと結婚願望がないとか、同棲や事実婚状態で良いと考えている彼氏もいます。

わざわざ大金をかけて挙式や新婚旅行をしたり、新居を構えることに疑問を感じているのです。

この場合、プロポーズをする必要性を感じていないため、結婚への道のりは長くなります。

女性よりも男性のほうが、結婚に対して大きなプレッシャーを感じています。

責任と不安に苛まれ、現実的なことばかりに捉われているのです。

このような弱気な彼氏には、結婚するメリットについてアピールして、重い腰を上げられるようにサポートするべきですね。

解説した男性心理をしっかりと受け止め、プロポーズをしやすいように状況を変えていくことが大事です。

プロポーズは男性からするものという考え方は、今ではもう風化されていて、女性からのプロポーズもアリという時代になっています。

結婚に踏み切れない彼氏の心理を理解して、自分でプロポーズしたほうがスムーズに進展できることもあるでしょう。

それでは、結婚に対して優柔不断になっている彼氏の心理とはどのようなものか、解説していきたいと思います


家庭をもつプレッシャーが重い

結婚すれば家庭をもつことになり、妻や子供を養う責任がでてきます。

長年勤めている職場があって、収入も安定していなければ、将来のことが考えられないのです。

これから転職や起業をしたいと考えていれば、結婚が二の次になってしまう可能性もあります。

彼氏にとっては、家庭をもつプレッシャーが重くて、結婚に前向きになれないのが本音です。

既婚者のリアルな愚痴を聞いている

既婚者の知人や友人から「自由がない」「妻がうるさい」「独身のほうがマシ」などと、リアルな愚痴を聞かされると、結婚への希望が薄れます。

そんなにツラいなら自分は無理かも・・と考えやすくなり、出来るだけ先延ばしにしようとするのです。

彼女からの「結婚して」アピールに疲れる

長年付き合っていれば、彼女のほうから結婚の話をすることもあります。

会話の端々で「結婚」の2文字が頻繁にでてくると、彼氏は急かされている気分になります。

彼女からの結婚してアピールに疲れ、自分を守るために考えないようにしようとするのです。

身内の介護時期と重なる

晩婚化の今、30代~40代で結婚する人達は増えています。

でも同時に、両親や親戚など、身内の人間が介護を要する年齢に達していることもあります。

結婚と介護時期が重なるとなれば、彼女の理解も得ないといけないので、結婚するタイミングが掴めなくなるのです。

もともと結婚願望がないとか、同棲や事実婚状態で良いと考えている彼氏もいます。

わざわざ大金をかけて挙式や新婚旅行をしたり、新居を構えることに疑問を感じているのです。

この場合、プロポーズをする必要性を感じていないため、結婚への道のりは長くなります。

女性よりも男性のほうが、結婚に対して大きなプレッシャーを感じています。

責任と不安に苛まれ、現実的なことばかりに捉われているのです。

このような弱気な彼氏には、結婚するメリットについてアピールして、重い腰を上げられるようにサポートするべきですね。

解説した男性心理をしっかりと受け止め、プロポーズをしやすいように状況を変えていくことが大事です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-