【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163748.html
初めて女性に花を買うときの注意点13選

初めて女性に花を買うときの注意点13選 | LADYCO

LADYCO
初めて女性に花を買うときの注意点13選

初めて女性に花をプレゼントしたい、でも何をどう選んでいいかわからない。

そんな人のために、花を買う時のポイントや注意点についてまとめました。

  • アレルギーがあるかどうか聞いておく
  • 好きな花や色を聞く
  • 大きな花束より、小さなアレンジメントが無難
  • 大きな花束をプレゼントする時は、花器も一緒にプレゼントする
  • 出かけ先で渡しても荷物になるので、彼女が家にいる時に渡す
  • なるべくしおれないうちに渡す
  • 花を長持ちさせる方法をお店の人から聞いておく
  • 車においておく際は、冷房や暖房を使いすぎない
  • 悪い意味の花言葉の花はつかわない
  • 生花の世話が苦手な彼女にはプリザーブドフラワーもOK
  • お見舞いには基本的には花は持っていかない
  • TPOを考えて渡す
  • 花が苦手な人もいるので事前にリサーチしておく
  • まとめ

1. アレルギーがあるかどうか聞いておく

アレルギーがあるかどうか聞いておく

花粉アレルギーの人は、結構いるものです。

特にバラ科の植物がダメで、同じ科のリンゴが食べられないといった人は多いです。

他にも、さまざまな種類の植物アレルギーの人がいます。

相手がアレルギーであれば、花を渡すことは控えた方が良いでしょう。

場合によっては、体が腫れあがったり、呼吸困難になったりと、酷いショック症状が出る場合もあるので、気を付けなければなりません。

2. 好きな花や色を聞く

好きな花や色を聞く

好きな花や、色を事前に聞いておくことも大切です。

どんな色でもいい、花をもらうだけで嬉しいという人もいますが、それが自分の好きな色だったら、なおさら嬉しいでしょう。

一色使いのものより、同じ系統の色合いで様々な花を使うアレンジメントの方が人気です。

お店の人と相談してみましょう。

3. 大きな花束より、小さなアレンジメントが無難

大きな花束より、小さなアレンジメントが無難

大きな花束を渡されても困る、恥ずかしいという人もいます。

どう扱ってよいかわからないという人もいるでしょう。

ですから、大きな花束よりも、片手に乗るくらいの小さなアレンジメントが無難です。

切り花もらっても花瓶がないから活けられないという人もいます。

だから、かごやケースに入った丸いアレンジメントは便利で、かつかわいいのでオススメです。

4. 大きな花束をプレゼントする時は、花器も一緒にプレゼントする

大きな花束をプレゼントする時は、花器も一緒にプレゼントする

せっかく大きな花束をもらったのに、それに見合う花器がなくて残念という方もいます。

花束をプレゼントする時は、そうした花瓶類を準備しておくことが大切です。

もともと家に花を飾るのが趣味で、花器にもこだわりがある女性でしたら問題ないですが、それほど花に執着していない人の方が多いので、花器がない家もけっこうあります。

花に合う花器を選ぶことも、センスが問われるでしょう。

5. 出かけ先で渡しても荷物になるので、彼女が家にいる時に渡す

出かけ先で渡しても荷物になるので、彼女が家にいる時に渡す

出かけ先で花を渡されても、荷物になる場合が多いです。

せっかくデートを楽しみたいのに、花のことが気になって、十分に楽しめなかったら本末転倒です。

帰り際、彼女を家まで送った際に、花をプレゼントすると良いでしょう。

また、彼女の家にお邪魔する際に、お土産として持っていくのもオススメです。

6. なるべくしおれないうちに渡す

なるべくしおれないうちに渡す

生花を渡す場合は、なるべくしおれないうちに渡した方がよいです。

買ってから、時間をおいてしまうと、花というものは、すぐにみずみずしさを失ってしまいます。

渡すタイミングや場所を計算してから、いつ花を買うのが良いのか決めましょう。

あとは花が開ききっているものも、すぐに痛みやすいので、8分咲き程度のものを選ぶと良いでしょう。

7. 花を長持ちさせる方法をお店の人から聞いておく

花を長持ちさせる方法をお店の人から聞いておく

生花をもらっても、長持ちさせることができず、すぐに枯れてしまったら気分も萎えてしまいます。

花屋の店員さんから前もって、花を長持ちさせる方法を聞いておき、彼女に教えてあげるのも良いでしょう。

たとえば、少し花に元気がなくなってきたら、切り花の傷んだ切断面を切り落とすと、腐敗の進行を抑えることができます。

また、水は毎日換え、ハイターを薄めた水を少々加えると、殺菌力が高まり、花の傷みを抑えることができます。

このように、さまざまな方法があるので、試してみると良いでしょう。

8. 車においておく際は、冷房や暖房を使いすぎない

車においておく際は、冷房や暖房を使いすぎない

生花を車に置いておく時は、冷房や暖房を使いすぎないようにしましょう。

車内は乾燥しやすくなると、花も枯れやすく、痛みやすくなります。

また、直射日光はかなりの熱エネルギーを持っているので、切り花が傷む原因になってしまいます。

車だと熱がこもりやすいので、なおさら気を使わなければなりません。

車中ずっと置いておかないように、気をつけましょう。

9. 悪い意味の花言葉の花はつかわない

悪い意味の花言葉の花はつかわない

花にはさまざまな花言葉があります。

悪い意味がこめられた花を使うのはあまりオススメできません。

中には花言葉を知っている女性もいるので、気を配りましょう。

たとえば、黄色いカーネーションは「軽蔑」を意味しますし、黄色いバラは「嫉妬」を意味し、黄色いユリは「偽り」を意味します。

他にも、マリーゴールドは「絶望」、アジサイは「移り気」、ラベンダーは「疑惑」 といった花言葉を持っています。

彼女の好きな花を渡すのが一番ですが、そうしたネガティブな花言葉には気をつけましょう。

10. 生花の世話が苦手な彼女にはプリザーブドフラワーもOK

生花の世話が苦手な彼女にはプリザーブドフラワーもOK

生花そのものが苦手、管理するのが面倒くさい、枯れたら捨てるのがもったいない、などの理由で生花を避ける女性もいます。

そういった場合は、プリザーブド加工がされたアレンジメントをプレゼントするのもよいでしょう。

生花よりは値段が高いですが、ずっと美しいままですし、ラインストーンで飾られたり、小さなテディベアが添えられたりと、かわいらしいデザインのものもたくさんあるので、プレゼントにオススメです。

11. お見舞いには基本的には花は持っていかない

お見舞いには基本的には花は持っていかない

お見舞いには基本的に花は持っていかないようにしましょう。

花粉などのが体に影響する場合もありますし、枯れて行くという過程は入院している人に嫌なイメージを抱かせやすいです。

また、鉢植えの花もマナー違反です。

「根付く」ことから、病気も根付いてしまう、なかなか治らなくなってしまう、といったイメージを抱かせやすく、持っていくのは好ましくありません。

花以外で、相手の好きなものを迷惑にならない程度に持っていきましょう。

12. TPOを考えて渡す

TPOを考えて渡す

花を購入し、渡す時は、TPOを考えて渡しましょう。

いきなり、往来で大きな花束を渡されても恥ずかしいという人は結構います。

大胆すぎるアプローチや、サプライズは、かえって他人の迷惑になりがちです。

落ち着いた、人の視線が気にならない場所で渡すのが良いでしょう。

13. 花が苦手な人もいるので事前にリサーチしておく

花が苦手な人もいるので事前にリサーチしておく

花そのものが苦手という女性もいます。

花の見た目が気持ち悪い、虫が寄ってくるので嫌い、花粉の片づけが面倒などの理由から花を避ける人もいます。

相手が花が好きかどうかを聞いておくことも大切です。

まとめ

花を購入しプレゼントするには、さまざまな気配りが大切です。

自己満足にならないように気をつけましょう。

初めて女性に花をプレゼントしたい、でも何をどう選んでいいかわからない。

そんな人のために、花を買う時のポイントや注意点についてまとめました。


アレルギーがあるかどうか聞いておく

花粉アレルギーの人は、結構いるものです。

特にバラ科の植物がダメで、同じ科のリンゴが食べられないといった人は多いです。

他にも、さまざまな種類の植物アレルギーの人がいます。

相手がアレルギーであれば、花を渡すことは控えた方が良いでしょう。

場合によっては、体が腫れあがったり、呼吸困難になったりと、酷いショック症状が出る場合もあるので、気を付けなければなりません。

好きな花や色を聞く

好きな花や、色を事前に聞いておくことも大切です。

どんな色でもいい、花をもらうだけで嬉しいという人もいますが、それが自分の好きな色だったら、なおさら嬉しいでしょう。

一色使いのものより、同じ系統の色合いで様々な花を使うアレンジメントの方が人気です。

お店の人と相談してみましょう。

大きな花束より、小さなアレンジメントが無難

大きな花束を渡されても困る、恥ずかしいという人もいます。

どう扱ってよいかわからないという人もいるでしょう。

ですから、大きな花束よりも、片手に乗るくらいの小さなアレンジメントが無難です。

切り花もらっても花瓶がないから活けられないという人もいます。

だから、かごやケースに入った丸いアレンジメントは便利で、かつかわいいのでオススメです。

大きな花束をプレゼントする時は、花器も一緒にプレゼントする

せっかく大きな花束をもらったのに、それに見合う花器がなくて残念という方もいます。

花束をプレゼントする時は、そうした花瓶類を準備しておくことが大切です。

もともと家に花を飾るのが趣味で、花器にもこだわりがある女性でしたら問題ないですが、それほど花に執着していない人の方が多いので、花器がない家もけっこうあります。

花に合う花器を選ぶことも、センスが問われるでしょう。

出かけ先で渡しても荷物になるので、彼女が家にいる時に渡す

出かけ先で花を渡されても、荷物になる場合が多いです。

せっかくデートを楽しみたいのに、花のことが気になって、十分に楽しめなかったら本末転倒です。

帰り際、彼女を家まで送った際に、花をプレゼントすると良いでしょう。

また、彼女の家にお邪魔する際に、お土産として持っていくのもオススメです。

なるべくしおれないうちに渡す

生花を渡す場合は、なるべくしおれないうちに渡した方がよいです。

買ってから、時間をおいてしまうと、花というものは、すぐにみずみずしさを失ってしまいます。

渡すタイミングや場所を計算してから、いつ花を買うのが良いのか決めましょう。

あとは花が開ききっているものも、すぐに痛みやすいので、8分咲き程度のものを選ぶと良いでしょう。

花を長持ちさせる方法をお店の人から聞いておく

生花をもらっても、長持ちさせることができず、すぐに枯れてしまったら気分も萎えてしまいます。

花屋の店員さんから前もって、花を長持ちさせる方法を聞いておき、彼女に教えてあげるのも良いでしょう。

たとえば、少し花に元気がなくなってきたら、切り花の傷んだ切断面を切り落とすと、腐敗の進行を抑えることができます。

また、水は毎日換え、ハイターを薄めた水を少々加えると、殺菌力が高まり、花の傷みを抑えることができます。

このように、さまざまな方法があるので、試してみると良いでしょう。

車においておく際は、冷房や暖房を使いすぎない

生花を車に置いておく時は、冷房や暖房を使いすぎないようにしましょう。

車内は乾燥しやすくなると、花も枯れやすく、痛みやすくなります。

また、直射日光はかなりの熱エネルギーを持っているので、切り花が傷む原因になってしまいます。

車だと熱がこもりやすいので、なおさら気を使わなければなりません。

車中ずっと置いておかないように、気をつけましょう。

悪い意味の花言葉の花はつかわない

花にはさまざまな花言葉があります。

悪い意味がこめられた花を使うのはあまりオススメできません。

中には花言葉を知っている女性もいるので、気を配りましょう。

たとえば、黄色いカーネーションは「軽蔑」を意味しますし、黄色いバラは「嫉妬」を意味し、黄色いユリは「偽り」を意味します。

他にも、マリーゴールドは「絶望」、アジサイは「移り気」、ラベンダーは「疑惑」 といった花言葉を持っています。

彼女の好きな花を渡すのが一番ですが、そうしたネガティブな花言葉には気をつけましょう。

生花の世話が苦手な彼女にはプリザーブドフラワーもOK

生花そのものが苦手、管理するのが面倒くさい、枯れたら捨てるのがもったいない、などの理由で生花を避ける女性もいます。

そういった場合は、プリザーブド加工がされたアレンジメントをプレゼントするのもよいでしょう。

生花よりは値段が高いですが、ずっと美しいままですし、ラインストーンで飾られたり、小さなテディベアが添えられたりと、かわいらしいデザインのものもたくさんあるので、プレゼントにオススメです。

お見舞いには基本的には花は持っていかない

お見舞いには基本的に花は持っていかないようにしましょう。

花粉などのが体に影響する場合もありますし、枯れて行くという過程は入院している人に嫌なイメージを抱かせやすいです。

また、鉢植えの花もマナー違反です。

「根付く」ことから、病気も根付いてしまう、なかなか治らなくなってしまう、といったイメージを抱かせやすく、持っていくのは好ましくありません。

花以外で、相手の好きなものを迷惑にならない程度に持っていきましょう。

TPOを考えて渡す

花を購入し、渡す時は、TPOを考えて渡しましょう。

いきなり、往来で大きな花束を渡されても恥ずかしいという人は結構います。

大胆すぎるアプローチや、サプライズは、かえって他人の迷惑になりがちです。

落ち着いた、人の視線が気にならない場所で渡すのが良いでしょう。

花が苦手な人もいるので事前にリサーチしておく

花そのものが苦手という女性もいます。

花の見た目が気持ち悪い、虫が寄ってくるので嫌い、花粉の片づけが面倒などの理由から花を避ける人もいます。

相手が花が好きかどうかを聞いておくことも大切です。

花を購入しプレゼントするには、さまざまな気配りが大切です。

自己満足にならないように気をつけましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-