【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155100.html
親に同棲を認めてもらうコツ

親に同棲を認めてもらうコツ | LADYCO

LADYCO
親に同棲を認めてもらうコツ

これからカップルで同棲を考えている方へ、どうすれば親に同棲を認めてもらえるかのコツについてご紹介していきます。

  • しっかり貯金してからにする
  • 一度相手に会ってもらう
  • 相手の収入と自分の収入を知らせる
  • 実家のそばに部屋を借りる
  • 同棲する目的をちゃんと話す
  • 贅沢すぎない部屋を選ぶ
  • セキュリティがしっかりしている物件にする
  • 何年済むつもりかを話しておく
  • もし別れることになったらということも話しておく
  • 結婚前提であるということを伝える
  • さらなる同居人やペットは住まわせない
  • 自分の頼りない部分を支えてくれる相手だと感じてもらう
  • 部屋選びに参加してもらう
  • 浮いたお金を実家の援助に回す
  • まとめ

1. しっかり貯金してからにする

しっかり貯金してからにする

親は同棲でも一人暮らしでも資金が十分にあるのかを心配します。

そして、「同棲ならお金は半分で住むから楽!」という甘い気持ちでいられては困るとも考えます。

反対されないためにはしっかり貯金をし、何かあった時もそこから補填できるような状況を作っておきましょう。

それは自分だけではなく同性愛手にも求められる部分です。

2. 一度相手に会ってもらう

一度相手に会ってもらう

同棲するという連絡だけでは親に要らない心配をさせてしまいます。

一度同棲する相手を会わせて人となりを知ってもらうといいですね。

相手の価値観、金銭感覚、気遣いの有無などがわかればどのくらいお金を使う人なのかがイメージできます。

自分の子が苦労をせずむしろ楽をさせてもらえるような信頼のおける相手であることを望んでいます。

3. 相手の収入と自分の収入を知らせる

相手の収入と自分の収入を知らせる

相手の収入と自分の収入を知らせておくと親も同棲生活がイメージしやすくなります。

その時、「数年後には増える予定だから」というような部分は言うべきではありません。

それを期待して安易に同棲を決めたと思われるのは不利な展開になってしまいます。

あくまでも現状でどのくらいのお金があり、どのくらい貯金していく予定であるなどというようなことを話してください。

4. 実家のそばに部屋を借りる

実家のそばに部屋を借りる

実家のそばに部屋を借りるのなら安心だからOKとする親も多いです。

特に女性の親は目につかない土地に娘を行かせることに不安があるため、できるならなるべく近い場所に借りた方が親も抵抗が少ないと考えます。

ちゃんとこちらのことも考えてくれているんだと感じてもらい、自分勝手な気持ちばかりではないと思ってもらいましょう。

5. 同棲する目的をちゃんと話す

同棲する目的をちゃんと話す

何のために同棲するのかという目的を真剣に話してください。

夢を叶えるために少しでもお金を貯めたい、結婚に向けて、借金返済のため、目的はいろいろあるはずです。

ただ好きな彼氏と一緒にいたいからというのであっても「一緒に生活して相手を支えたい」とか「二人の将来のためにお金を残したい」と言われると親も気分が違います。

6. 贅沢すぎない部屋を選ぶ

贅沢すぎない部屋を選ぶ

同棲する際には贅沢すぎない部屋を選ぶと親から反感をかうこともないでしょう。

せっかく同棲をしてお金に余裕が生まれるのにその分を家賃で使ってしまうなんてと考える親世代も多いはずです。

むしろ質素な部屋を選ぶことで堅実な若者達を応援したくなるというものではないでしょうか。

7. セキュリティがしっかりしている物件にする

セキュリティがしっかりしている物件にする

これは女性の親に特に当てはまる部分ですが、セキュリティがしっかりしている物件にすることが親として求めたいところだと言われるかもしれません。

同棲相手がそれをよく考えて○階にした、オートロックにした、街灯の多い地域にしたなどと言ってくれると親としてもありがたいところです。

頼りになる同性愛手との同棲なら認められそうですね。

8. 何年済むつもりかを話しておく

何年済むつもりかを話しておく

いつかは実家に帰ってきてほしいと思っている可能性もあるため、とりあえず手っ取り早く認めてもらうには何年くらい済むつもりかを話しておくといいかもしれませんね。

必ず「約束ではない」と前置きしておきながら「期間を決めてしっかりやるべきことをやる」と主張しましょう。

夢や結婚に向けての同棲であるならその方が親も安心です。

9. もし別れることになったらということも話しておく

もし別れることになったらということも話しておく

カップルで同棲する時に心配なことはもし別れることになったらということです。

家財道具はどうするか、家賃はどうするか、どちらが家を出て行くかという問題があります。

そのためにそういう最悪な状況も想定して親にプレゼンしておきましょう。

ベストなのはどちらが出て行っても生活が成り立つ収入があることと、どちらの職場からも近いということです。

10. 結婚前提であるということを伝える

結婚前提であるということを伝える

カップルの同棲は不純だと考える厳しい親もいます。

しかし、結婚前提と聞けば結婚前に同棲をして相手をよく知ったうえで決めるべきと考える親も多いものです。

結婚前提であるということを二人で話しましょう。

どちらの親からも認めてもらうことを大切に考えていると伝えてください。

11. さらなる同居人やペットは住まわせない

さらなる同居人やペットは住まわせない

同棲するにあたり、後から友達やどちらかの親、ペットなどを住まわせることで家賃や生活面でのトラブルが発生することもあります。

そうならないために追加で住まわせることはないということも親に話しておきましょう。

たまり場のようになって警察沙汰にでもなるのは親だって御免です。

12. 自分の頼りない部分を支えてくれる相手だと感じてもらう

自分の頼りない部分を支えてくれる相手だと感じてもらう

我が子が同棲するなら楽するためではなく我が子を支えてくれるようなしっかりした相手を望みます。

そして学ぶべき部分があり、メリットのある相手が理想ですね。

同性相手がどんな相手かを時間をかけて話すことです。

学歴や仕事の経歴でもどんな人物なのかをイメージしやすいですし、助けられたエピソードがあるなら話して気に入ってもらってください。

13. 部屋選びに参加してもらう

部屋選びに参加してもらう

同棲相手が嫌がらないようなら部屋選びに参加してもらいましょう。

実際に見に来てくれなくても資料などを見せて意見をもらうのも参考になりますし、親は蚊帳の外という寂しい気持ちにならずに済みます。

住所や地域の様子を知ってもらい、いつでも想像したり遊びに来ることができるようにしてあげると喜んでくれるはずです。

14. 浮いたお金を実家の援助に回す

浮いたお金を実家の援助に回す

同棲すると生活費が浮くのでその分少しでも実家の援助に回すと伝えれば親も喜んでくれるでしょう。

生活に苦しい親なら非常に助かりますし、そうではなくてもその気持ちが嬉しいと感じてくれるのではないでしょうか。

同棲相手と意見を合わせてから伝えるようにしてください。

まとめ

親は子供の幸せを願うあまり、同棲というスタイルに不安を感じます。

いつか継続できなくなった時のことまで想像して我が子の苦労を心配してしまうからです。

不安な気持ちにさせないように同棲相手を連れてしっかり話し合いの場を持ちましょう。

親の意見にも耳を傾けつつ話を進めてくださいね。

これからカップルで同棲を考えている方へ、どうすれば親に同棲を認めてもらえるかのコツについてご紹介していきます。


しっかり貯金してからにする

親は同棲でも一人暮らしでも資金が十分にあるのかを心配します。

そして、「同棲ならお金は半分で住むから楽!」という甘い気持ちでいられては困るとも考えます。

反対されないためにはしっかり貯金をし、何かあった時もそこから補填できるような状況を作っておきましょう。

それは自分だけではなく同性愛手にも求められる部分です。

一度相手に会ってもらう

同棲するという連絡だけでは親に要らない心配をさせてしまいます。

一度同棲する相手を会わせて人となりを知ってもらうといいですね。

相手の価値観、金銭感覚、気遣いの有無などがわかればどのくらいお金を使う人なのかがイメージできます。

自分の子が苦労をせずむしろ楽をさせてもらえるような信頼のおける相手であることを望んでいます。

相手の収入と自分の収入を知らせる

相手の収入と自分の収入を知らせておくと親も同棲生活がイメージしやすくなります。

その時、「数年後には増える予定だから」というような部分は言うべきではありません。

それを期待して安易に同棲を決めたと思われるのは不利な展開になってしまいます。

あくまでも現状でどのくらいのお金があり、どのくらい貯金していく予定であるなどというようなことを話してください。

実家のそばに部屋を借りる

実家のそばに部屋を借りるのなら安心だからOKとする親も多いです。

特に女性の親は目につかない土地に娘を行かせることに不安があるため、できるならなるべく近い場所に借りた方が親も抵抗が少ないと考えます。

ちゃんとこちらのことも考えてくれているんだと感じてもらい、自分勝手な気持ちばかりではないと思ってもらいましょう。

同棲する目的をちゃんと話す

何のために同棲するのかという目的を真剣に話してください。

夢を叶えるために少しでもお金を貯めたい、結婚に向けて、借金返済のため、目的はいろいろあるはずです。

ただ好きな彼氏と一緒にいたいからというのであっても「一緒に生活して相手を支えたい」とか「二人の将来のためにお金を残したい」と言われると親も気分が違います。

贅沢すぎない部屋を選ぶ

同棲する際には贅沢すぎない部屋を選ぶと親から反感をかうこともないでしょう。

せっかく同棲をしてお金に余裕が生まれるのにその分を家賃で使ってしまうなんてと考える親世代も多いはずです。

むしろ質素な部屋を選ぶことで堅実な若者達を応援したくなるというものではないでしょうか。

セキュリティがしっかりしている物件にする

これは女性の親に特に当てはまる部分ですが、セキュリティがしっかりしている物件にすることが親として求めたいところだと言われるかもしれません。

同棲相手がそれをよく考えて○階にした、オートロックにした、街灯の多い地域にしたなどと言ってくれると親としてもありがたいところです。

頼りになる同性愛手との同棲なら認められそうですね。

何年済むつもりかを話しておく

いつかは実家に帰ってきてほしいと思っている可能性もあるため、とりあえず手っ取り早く認めてもらうには何年くらい済むつもりかを話しておくといいかもしれませんね。

必ず「約束ではない」と前置きしておきながら「期間を決めてしっかりやるべきことをやる」と主張しましょう。

夢や結婚に向けての同棲であるならその方が親も安心です。

もし別れることになったらということも話しておく

カップルで同棲する時に心配なことはもし別れることになったらということです。

家財道具はどうするか、家賃はどうするか、どちらが家を出て行くかという問題があります。

そのためにそういう最悪な状況も想定して親にプレゼンしておきましょう。

ベストなのはどちらが出て行っても生活が成り立つ収入があることと、どちらの職場からも近いということです。

結婚前提であるということを伝える

カップルの同棲は不純だと考える厳しい親もいます。

しかし、結婚前提と聞けば結婚前に同棲をして相手をよく知ったうえで決めるべきと考える親も多いものです。

結婚前提であるということを二人で話しましょう。

どちらの親からも認めてもらうことを大切に考えていると伝えてください。

さらなる同居人やペットは住まわせない

同棲するにあたり、後から友達やどちらかの親、ペットなどを住まわせることで家賃や生活面でのトラブルが発生することもあります。

そうならないために追加で住まわせることはないということも親に話しておきましょう。

たまり場のようになって警察沙汰にでもなるのは親だって御免です。

自分の頼りない部分を支えてくれる相手だと感じてもらう

我が子が同棲するなら楽するためではなく我が子を支えてくれるようなしっかりした相手を望みます。

そして学ぶべき部分があり、メリットのある相手が理想ですね。

同性相手がどんな相手かを時間をかけて話すことです。

学歴や仕事の経歴でもどんな人物なのかをイメージしやすいですし、助けられたエピソードがあるなら話して気に入ってもらってください。

部屋選びに参加してもらう

同棲相手が嫌がらないようなら部屋選びに参加してもらいましょう。

実際に見に来てくれなくても資料などを見せて意見をもらうのも参考になりますし、親は蚊帳の外という寂しい気持ちにならずに済みます。

住所や地域の様子を知ってもらい、いつでも想像したり遊びに来ることができるようにしてあげると喜んでくれるはずです。

浮いたお金を実家の援助に回す

同棲すると生活費が浮くのでその分少しでも実家の援助に回すと伝えれば親も喜んでくれるでしょう。

生活に苦しい親なら非常に助かりますし、そうではなくてもその気持ちが嬉しいと感じてくれるのではないでしょうか。

同棲相手と意見を合わせてから伝えるようにしてください。

親は子供の幸せを願うあまり、同棲というスタイルに不安を感じます。

いつか継続できなくなった時のことまで想像して我が子の苦労を心配してしまうからです。

不安な気持ちにさせないように同棲相手を連れてしっかり話し合いの場を持ちましょう。

親の意見にも耳を傾けつつ話を進めてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-