【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513141249.html
同棲を始めるときに気を付けること!10選

同棲を始めるときに気を付けること!10選 | LADYCO

LADYCO
同棲を始めるときに気を付けること!10選

パートナーと上手くいっている場合、同棲をし始めるカップルも多いと思います。

ここでは、いざ!同棲へ!という時に気を付けることをご紹介します。

  • 同棲していても1人の時間を大切にする
  • 相手のライフスタイルを把握しておく
  • 喧嘩した時の対処法を考えておく
  • お互いの料理の腕を知っておく
  • 家事の分担を先に決めておこう
  • 相手に理想を求めないで
  • お互いの一人部屋は確保したい
  • ベッドは二つ用意することも考えてみよう
  • 実際に暮らしてみないとわからないこともあると構えよう
  • 女性のすっぴんは許すこと
  • 同棲と結婚は全然別物
  • 同棲期間は短めがおすすめ
  • 家事の分担と生活費の支出はできるだけ平等に
  • 多少のことは妥協する

1. 同棲していても1人の時間を大切にする

同棲していても1人の時間を大切にする

これは自分の時間のことも、相手の時間のことも指します。

もし一人暮らしをしていたとしたら尚のこと、相手に過干渉になってしまってはいけません。

最初は楽しいかもしれませんが、暮らすわけですからプライベートも大切にしないと疲れが出てしまいます。

共有できる時間はほどほどに。

趣味などひとりの時間は大事です。

2. 相手のライフスタイルを把握しておく

相手のライフスタイルを把握しておく

お互いのことを知っているとは思いますが、正確な生活リズムって案外知らないことも多いもの。

寝る時間はいつも同じなのか、平日と休日によって過ごし方は大幅に変わるのか、毎日絶対3食食べるのか、などなど、相手のライフスタイルを同棲前に把握しておきましょう。

余計なトラブル防止になります。

3. 喧嘩した時の対処法を考えておく

喧嘩した時の対処法を考えておく

同棲を解消することになるなんて、始めた当初は思わなかったという人が圧倒的です。

それもそのはずなのですが、万が一険悪なムードになったとしたら、同じ部屋にいるのはお互いに息が詰まりますよね。

同棲を解消するのではなく、どちらかが実家に戻れるように逃げ道をあえて作っておくなどすると、こっちの方が上手くいったりします。

頭を冷やしもう一度同棲しましょう。

4. お互いの料理の腕を知っておく

お互いの料理の腕を知っておく

ラブラブのカップルでも、お互いに実家暮らしだと相手の料理の腕前を知らないことが多いです。

同棲は二人で協力して生活を送るわけですから、料理の決め事は必須です。

毎日のことですし、食は人間にとって最も大切な部分ですからデリケートな問題です。

どんな味付けが好みなのか、好き嫌いはあるのか、それを同棲前に知っておきましょう。

5. 家事の分担を先に決めておこう

家事の分担を先に決めておこう

同棲を始める場合、男性も女性もお互いに働いているというケースが多いです。

ということは、家事担当を決めておいた方がスムーズな生活になりますね。

どうせ料理を作るのであれば二人分作った方が効率が良いでしょう。

しかし、中にはそれぞれがシェアハウスのように自分のことは自分でやるというルールを設けるカップルもいます。

部屋を共有するだけ、というタイプも上手く行くようです。

働いてないほうは家事は最低限しましょう。

6. 相手に理想を求めないで

相手に理想を求めないで

一緒に暮らすことになると、嬉しい反面意外な一面を見ることになります。

それが良いことでも悪いことでも。

理想は誰しもあるとは思いますが、それを相手に強制しないようにするのが同棲を上手にしていくコツです。

特に几帳面な人は、相手の担当にまで口を出すことが多いですが、一度の注意で治らない場合は担当替えをすることをオススメします。

あまり口出しが多くなると相手の気を損ねてしまうからです。

7. お互いの一人部屋は確保したい

お互いの一人部屋は確保したい

常に人と一緒にいないと寂しいんだもん!という人以外は、自分だけの部屋があった方が良いでしょう。

いくら気の許せる相手だとしても、プライベート空間が必要になることもあります。

落ち込んだときや喧嘩したとき、体調が悪いときのことを考えると間取りも大切になってきます。

8. ベッドは二つ用意することも考えてみよう

ベッドは二つ用意することも考えてみよう

ダブルベッドが一つでOK!というカップルもいますが、それぞれのベッドを用意しておくことも考えてみましょう。

メリットは、大喧嘩をしたとしても同じベッドで寝る必要がないこと、体調がすぐれないときに相手に遠慮しないでいいこと、風邪のウイルスを移さないで済むことなどです。

同棲するから必ずしも一緒に寝ないといけないことはありませんし、この辺りは話し合いで決めておきましょう。

9. 実際に暮らしてみないとわからないこともあると構えよう

実際に暮らしてみないとわからないこともあると構えよう

最初に相談して、同棲をするならこうして欲しいという要望を出したとしましょう。

しかしこれは言葉では大まかなところは伝わっても、相手の常識とあなたの常識が多少食い違う面があります。

他人の家庭のことをそこで初めて知ったり、我が家が変だったのかとわかることもあります。

ですから、同棲前の話し合いはあくまで枠組みを決めると考えておくのがオススメ。

後々気に入らないことがあっても、心構えが違うので感情的にならずに済むはずです。

まずは同棲してから考えるというのも一つの手ですね。

10. 女性のすっぴんは許すこと

主に男性諸君に言えることですが、女性は女性と生まれたからには大変なことがたくさんあります。

毎月の生理でイライラしたり、体調を壊して家事ができない日があったりします。

同棲をして男性が引かないかなと心配しているところは多く、すっぴんは見られたくないという人も。

でも、そこはご愛嬌として受け取ってあげましょう。

同棲するからにはそんなこともあると思って暮らすと良いですね。

同棲をすると、相手の知らなかった面が見れて新鮮です。

これから一緒に住むことに楽しみと不安、両方を持っている人というのは多いのではないでしょうか。

上手く行くためには相手の生活を自分の生活の中に持ち込もうとせず、その生活の仕方も尊重してあげることです。

パートナーと上手くいっている場合、同棲をし始めるカップルも多いと思います。

ここでは、いざ!同棲へ!という時に気を付けることをご紹介します。


  • 同棲と結婚は全然別物
  • 同棲期間は短めがおすすめ
  • 家事の分担と生活費の支出はできるだけ平等に
  • 多少のことは妥協する
同棲していても1人の時間を大切にする

これは自分の時間のことも、相手の時間のことも指します。

もし一人暮らしをしていたとしたら尚のこと、相手に過干渉になってしまってはいけません。

最初は楽しいかもしれませんが、暮らすわけですからプライベートも大切にしないと疲れが出てしまいます。

共有できる時間はほどほどに。

趣味などひとりの時間は大事です。

相手のライフスタイルを把握しておく

お互いのことを知っているとは思いますが、正確な生活リズムって案外知らないことも多いもの。

寝る時間はいつも同じなのか、平日と休日によって過ごし方は大幅に変わるのか、毎日絶対3食食べるのか、などなど、相手のライフスタイルを同棲前に把握しておきましょう。

余計なトラブル防止になります。

喧嘩した時の対処法を考えておく

同棲を解消することになるなんて、始めた当初は思わなかったという人が圧倒的です。

それもそのはずなのですが、万が一険悪なムードになったとしたら、同じ部屋にいるのはお互いに息が詰まりますよね。

同棲を解消するのではなく、どちらかが実家に戻れるように逃げ道をあえて作っておくなどすると、こっちの方が上手くいったりします。

頭を冷やしもう一度同棲しましょう。

お互いの料理の腕を知っておく

ラブラブのカップルでも、お互いに実家暮らしだと相手の料理の腕前を知らないことが多いです。

同棲は二人で協力して生活を送るわけですから、料理の決め事は必須です。

毎日のことですし、食は人間にとって最も大切な部分ですからデリケートな問題です。

どんな味付けが好みなのか、好き嫌いはあるのか、それを同棲前に知っておきましょう。

家事の分担を先に決めておこう

同棲を始める場合、男性も女性もお互いに働いているというケースが多いです。

ということは、家事担当を決めておいた方がスムーズな生活になりますね。

どうせ料理を作るのであれば二人分作った方が効率が良いでしょう。

しかし、中にはそれぞれがシェアハウスのように自分のことは自分でやるというルールを設けるカップルもいます。

部屋を共有するだけ、というタイプも上手く行くようです。

働いてないほうは家事は最低限しましょう。

相手に理想を求めないで

一緒に暮らすことになると、嬉しい反面意外な一面を見ることになります。

それが良いことでも悪いことでも。

理想は誰しもあるとは思いますが、それを相手に強制しないようにするのが同棲を上手にしていくコツです。

特に几帳面な人は、相手の担当にまで口を出すことが多いですが、一度の注意で治らない場合は担当替えをすることをオススメします。

あまり口出しが多くなると相手の気を損ねてしまうからです。

お互いの一人部屋は確保したい

常に人と一緒にいないと寂しいんだもん!という人以外は、自分だけの部屋があった方が良いでしょう。

いくら気の許せる相手だとしても、プライベート空間が必要になることもあります。

落ち込んだときや喧嘩したとき、体調が悪いときのことを考えると間取りも大切になってきます。

ベッドは二つ用意することも考えてみよう

ダブルベッドが一つでOK!というカップルもいますが、それぞれのベッドを用意しておくことも考えてみましょう。

メリットは、大喧嘩をしたとしても同じベッドで寝る必要がないこと、体調がすぐれないときに相手に遠慮しないでいいこと、風邪のウイルスを移さないで済むことなどです。

同棲するから必ずしも一緒に寝ないといけないことはありませんし、この辺りは話し合いで決めておきましょう。

実際に暮らしてみないとわからないこともあると構えよう

最初に相談して、同棲をするならこうして欲しいという要望を出したとしましょう。

しかしこれは言葉では大まかなところは伝わっても、相手の常識とあなたの常識が多少食い違う面があります。

他人の家庭のことをそこで初めて知ったり、我が家が変だったのかとわかることもあります。

ですから、同棲前の話し合いはあくまで枠組みを決めると考えておくのがオススメ。

後々気に入らないことがあっても、心構えが違うので感情的にならずに済むはずです。

まずは同棲してから考えるというのも一つの手ですね。

主に男性諸君に言えることですが、女性は女性と生まれたからには大変なことがたくさんあります。

毎月の生理でイライラしたり、体調を壊して家事ができない日があったりします。

同棲をして男性が引かないかなと心配しているところは多く、すっぴんは見られたくないという人も。

でも、そこはご愛嬌として受け取ってあげましょう。

同棲するからにはそんなこともあると思って暮らすと良いですね。

同棲をすると、相手の知らなかった面が見れて新鮮です。

これから一緒に住むことに楽しみと不安、両方を持っている人というのは多いのではないでしょうか。

上手く行くためには相手の生活を自分の生活の中に持ち込もうとせず、その生活の仕方も尊重してあげることです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-