【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514135127.html
同棲生活にかかる費用10選

同棲生活にかかる費用10選 | LADYCO

LADYCO
同棲生活にかかる費用10選

同棲生活には2人で負担する費用が必要ですね。

そこで、同棲生活にかかる費用10選をまとめました。

  • 家賃
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 食費
  • インターネット料金
  • 携帯代
  • 交際費
  • 消耗品代
  • 車のローンや保険

1. 家賃

家賃

一人暮らし同士のカップルが同棲をすることになると、どちらかがこれまで払っていた家賃の分で、2人で住める賃貸物件を探すという人も多いのではないでしょうか。

同棲をする時に一番のメリットは、一人あたりの家賃の額が安くなるということでしょう。

代わりに増える出費もありますが、籍を入れていないだけで、結婚したようなものともいえますので、これから必要な経費を折半したりして生活することになります。

家賃が1DKや1Kなどで6万円くらい払っていた人が、2倍くらいの広さの10万円くらいの部屋に引っ越すと、2人で2万円くらい家賃が安くなるということになるのではないでしょうか。

敷金や礼金などで必要な金額もありますので、長期で同棲する場合には、これまで支払ったものよりやすくなるといえます。

2. 電気代

電気代

電気代も折半するという場合には少し安くなるといえます。

基本料金を大きく越えなければ、基本料金分が少し安くなります。

毎月、5000円くらいだった場合、ライフスタイルにもよりますが同棲をすると8000円くらいで済むのではないかと思います。

3. ガス代

ガス代

ガス代は一人暮らしの時より増えるかもしれませんね。

きっと自炊をする機会も増えますよね。

ガス代は4000円くらいだったのが7000円くらいになるのかもしれません。

4. 水道代

水道代

水道代金はそれほど値上がりしないかもしれません。

一人暮らしの水道料金の基本料金には結構な量の水道料が含まれています。

しかし、毎月、それほど水をじゃぶじゃぶと使う人もあまりいないのではないでしょうか。

3ヵ月2000円くらいとして2人で3000円くらいというところではないかと思います。

5. 食費

食費

食費については1ヶ月自炊をしたとしても30000円は見ておくようにしましょう。

2人で一日1000円としても、朝晩の食事を家で摂って、お昼はお弁当となるともう少しするかもしれません。

お昼は各自、お小遣いの範囲でということであれば3000円くらいといえますよね。

でも、一概には言えず、今日は外食で済まそうという場合には1食2000円くらいはかかります。

そうなると、自炊と外食を分けて考えるか、自炊で余ったぶんで外食を楽しむということになるのではないかと思います。

しかし、食費は使い方次第でいくらでも高くなっていきます。

そのため、節約を心がけると大体3000円くらい必要だと思います。

6. インターネット料金

インターネット料金

大体、使い放題の月額契約で1ヶ月当たり5000円くらいといえます。

それよりもリーズナブルなところだと4000円くらいでしょう。

インターネットはパソコンなどが必要になりますので、インターネットは1人1台という時代、デバイスは2台必要なので、自前の物でなければ購入が必要かもしれません。

2人で使用するという場合はインターネット料金は半額の2500円くらいになってリーズナブルになります。

7. 携帯代

携帯代

携帯代金は一人5000円くらいといえます。

支払いは個人負担で考えるとスムーズかもしれません。

格安携帯などを利用して4000円くらいという人もいます。

また、あまり使わないという場合で電話機能だけ申し込みして使うと月額2500円くらいという人もいます。

8. 交際費

交際費

交際費は悩みどころです。

こちらは同棲ということならお財布を別にしてもいいかもしれません。

交際費はとかく幅があって、個人的なところが大きい項目です。

一月に8000円くらいという人もいれば、一月に20000円という人もおり、各自お子図解の範囲内で対応する方がスムーズかもしれません。

9. 消耗品代

消耗品代

歯磨きや洗剤、印刷用紙などの消耗品代は一月当たり2000円くらい考えておくとスムーズかもしれません。

個人的なシャンプーや整髪料などは一緒に支払いをするよりも個人個人で購入した方がいいかもしれませんね。

10. 車のローンや保険

車のローンや保険代なども各自支払う方がスムーズだと思います。

しかし、二人で一緒に車を購入して共同で使うという場合には車のローンや保険は折半するのがいいかもしれませんよね。

最近では、5年ごとに車が新車で届くリースなどもあります。

共同名義にするよりも、代表者がリース契約するということになる場合が多いのではないかと思います。

保険については、リース契約を結ぶ会社の人に相談しながら契約を進めて、不公平感がないように契約することがおすすめです。

一人だけが契約者になっていると、難しい点が出てきます。

例えば、同棲が上手くいかなかったりした時には、契約者が責任をもつことになります。

リース契約だと何年間か契約が必要だというところも多く、途中解約になるとペナルティ料が発生することがあるかもしれません。

そのため、契約をする場合には、賃貸住宅の契約者ではない人がリースする、などできるだけ不公平感にならないように考えていくといいのではないかと思います。

同棲をするという場合には、2年後、3年後を見据えた資金計画を立てておくようにしましょう。

同棲の場合、どちらかが広い部屋に住んでいて、2人で住めるスペースがあるなら引越しなしで生活ができれば一番シンプルだと思います。

同棲生活には2人で負担する費用が必要ですね。

そこで、同棲生活にかかる費用10選をまとめました。


家賃

一人暮らし同士のカップルが同棲をすることになると、どちらかがこれまで払っていた家賃の分で、2人で住める賃貸物件を探すという人も多いのではないでしょうか。

同棲をする時に一番のメリットは、一人あたりの家賃の額が安くなるということでしょう。

代わりに増える出費もありますが、籍を入れていないだけで、結婚したようなものともいえますので、これから必要な経費を折半したりして生活することになります。

家賃が1DKや1Kなどで6万円くらい払っていた人が、2倍くらいの広さの10万円くらいの部屋に引っ越すと、2人で2万円くらい家賃が安くなるということになるのではないでしょうか。

敷金や礼金などで必要な金額もありますので、長期で同棲する場合には、これまで支払ったものよりやすくなるといえます。

電気代

電気代も折半するという場合には少し安くなるといえます。

基本料金を大きく越えなければ、基本料金分が少し安くなります。

毎月、5000円くらいだった場合、ライフスタイルにもよりますが同棲をすると8000円くらいで済むのではないかと思います。

ガス代

ガス代は一人暮らしの時より増えるかもしれませんね。

きっと自炊をする機会も増えますよね。

ガス代は4000円くらいだったのが7000円くらいになるのかもしれません。

水道代

水道代金はそれほど値上がりしないかもしれません。

一人暮らしの水道料金の基本料金には結構な量の水道料が含まれています。

しかし、毎月、それほど水をじゃぶじゃぶと使う人もあまりいないのではないでしょうか。

3ヵ月2000円くらいとして2人で3000円くらいというところではないかと思います。

食費

食費については1ヶ月自炊をしたとしても30000円は見ておくようにしましょう。

2人で一日1000円としても、朝晩の食事を家で摂って、お昼はお弁当となるともう少しするかもしれません。

お昼は各自、お小遣いの範囲でということであれば3000円くらいといえますよね。

でも、一概には言えず、今日は外食で済まそうという場合には1食2000円くらいはかかります。

そうなると、自炊と外食を分けて考えるか、自炊で余ったぶんで外食を楽しむということになるのではないかと思います。

しかし、食費は使い方次第でいくらでも高くなっていきます。

そのため、節約を心がけると大体3000円くらい必要だと思います。

インターネット料金

大体、使い放題の月額契約で1ヶ月当たり5000円くらいといえます。

それよりもリーズナブルなところだと4000円くらいでしょう。

インターネットはパソコンなどが必要になりますので、インターネットは1人1台という時代、デバイスは2台必要なので、自前の物でなければ購入が必要かもしれません。

2人で使用するという場合はインターネット料金は半額の2500円くらいになってリーズナブルになります。

携帯代

携帯代金は一人5000円くらいといえます。

支払いは個人負担で考えるとスムーズかもしれません。

格安携帯などを利用して4000円くらいという人もいます。

また、あまり使わないという場合で電話機能だけ申し込みして使うと月額2500円くらいという人もいます。

交際費

交際費は悩みどころです。

こちらは同棲ということならお財布を別にしてもいいかもしれません。

交際費はとかく幅があって、個人的なところが大きい項目です。

一月に8000円くらいという人もいれば、一月に20000円という人もおり、各自お子図解の範囲内で対応する方がスムーズかもしれません。

消耗品代

歯磨きや洗剤、印刷用紙などの消耗品代は一月当たり2000円くらい考えておくとスムーズかもしれません。

個人的なシャンプーや整髪料などは一緒に支払いをするよりも個人個人で購入した方がいいかもしれませんね。

車のローンや保険代なども各自支払う方がスムーズだと思います。

しかし、二人で一緒に車を購入して共同で使うという場合には車のローンや保険は折半するのがいいかもしれませんよね。

最近では、5年ごとに車が新車で届くリースなどもあります。

共同名義にするよりも、代表者がリース契約するということになる場合が多いのではないかと思います。

保険については、リース契約を結ぶ会社の人に相談しながら契約を進めて、不公平感がないように契約することがおすすめです。

一人だけが契約者になっていると、難しい点が出てきます。

例えば、同棲が上手くいかなかったりした時には、契約者が責任をもつことになります。

リース契約だと何年間か契約が必要だというところも多く、途中解約になるとペナルティ料が発生することがあるかもしれません。

そのため、契約をする場合には、賃貸住宅の契約者ではない人がリースする、などできるだけ不公平感にならないように考えていくといいのではないかと思います。

同棲をするという場合には、2年後、3年後を見据えた資金計画を立てておくようにしましょう。

同棲の場合、どちらかが広い部屋に住んでいて、2人で住めるスペースがあるなら引越しなしで生活ができれば一番シンプルだと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-