【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513111834.html
同棲中の彼氏に機嫌よく家事をしてもらうコツ

同棲中の彼氏に機嫌よく家事をしてもらうコツ | LADYCO

LADYCO
同棲中の彼氏に機嫌よく家事をしてもらうコツ

結婚しているならまだしも、同棲中なのに彼氏の身のまわりのことや、家事全般を押し付けられるのはイヤですよね。

でもそんな事を言ったら不仲になってしまいそうで、なかなか言いづらいものです。

今回は、同棲中の彼氏に家事を機嫌よくやってもらう方法を、いくつかご紹介しましょう。

  • 平日は分担&週末は手抜き
  • ゴミ出しの日を中心にする
  • お疲れご褒美をする
  • 完璧を求めず5割でOKサインを出す
  • 1週間おきにローテーションを組む
  • ゲームのようなルールを決める
  • 同時進行して効率的にする
  • リアクションと感謝の表現は大切
  • インテリアの模様替えをする
  • 友達を招いてパーティーをする

1. 平日は分担&週末は手抜き

平日は分担&週末は手抜き

お互いの仕事の休日に合わせるのが前提ですが、家事は分担を決めたほうが良いです。

2人とも週末が休みの仕事なら、平日は分担で行い、週末はほとんど何もせずに手抜きしましょう。

同棲中ならまだ子供がいなくて、自由の身だからこそ、このような手抜きも許されるのです。

それに、1週間すべて家事分担をすると、彼氏が疲れやすくなるので、平日重視で考えたほうが良いですね。

2. ゴミ出しの日を中心にする

ゴミ出しの日を中心にする

週に何度か燃えるゴミと、燃えないゴミの収集日がありますよね。

1週間のうち、決められた曜日にやるべき家事はゴミ出しです。

最低でも週に2回程度はゴミ収集があるので、曜日を確認しやすく、家事分担の目安にできます。

決まっているからこそ、どちらが担当なのか分かりやすくなり、忘れずにやろうという気持ちになります。

3. お疲れご褒美をする

お疲れご褒美をする

彼氏が洗濯物を畳んでくれたら、お疲れさまの意味を込めて珈琲を入れてみましょう。

珈琲でなくても、好きなジュースを用意しておいたり、時にはスイーツを出してあげたりするのです。

「家事って大変だよね」と語りあいながら、お互いの労をねぎらうことができれば完璧です。

誰でもご褒美があれば目の前のことに取り組みやすくなので、そのあたりを上手にコントロールしてください。

4. 完璧を求めず5割でOKサインを出す

完璧を求めず5割でOKサインを出す

何もかも完璧に家事をしたい女性ほど、彼氏にも完璧さを求めてしまいがちです。

手伝ってくれる家事のやり方や、完成度についてはあまり口出ししないようにしましょう。

だいたい5割程度済んでいればOKサインを出して、プレッシャーを感じさせないことが大事です。

5. 1週間おきにローテーションを組む

1週間おきにローテーションを組む

洗濯や料理などの家事は、毎日やっていると飽きてしまいます。

彼氏に頼んでも「前もやったからイヤ」などと断られることもあります。

長期間にわたって同じ家事を続けるのはキツイですから、1週間おきにローテーションを組みましょう。

そうすれば、偏らずにあらゆる家事ができるので飽きずに済みます。

6. ゲームのようなルールを決める

ゲームのようなルールを決める

単調な作業で。

出来て当たり前の家事というものは、楽しみを見いださないと続きません。

特に男性の場合は、家事が得意という人が少ないので、ダラダラやり過ごしてしまうのです。

そこでお勧めなのは、1つの家事についてタイムを決め、時間内にできればボーナス1回が与えられます。

ボーナスとは家事をしなくても良い日のことで、適度な休憩をとる意味で効果的なのです。

このように、ゲームのようなルールをつくれば、面倒くさがりの彼氏でも手伝ってくれるようになります。

7. 同時進行して効率的にする

同時進行して効率的にする

いくら分担しているからといって、自分が家事をしている時に、相手がソファーでくつろいでいると苛立ちますよね。

「なんで自分だけがこんなに頑張っているのか」と不満を感じるので、同時進行で家事を効率的に行うようにしましょう。

その日の担当が自分でなくても「一緒にやったほうが早いね」と手伝えば、イヤな気分にならずに済みます。

8. リアクションと感謝の表現は大切

リアクションと感謝の表現は大切

彼氏が担当の家事を終えた後や、手伝ってくれた時は、少しオーバーなリアクションをとりましょう。

嬉しいし感謝しているという気持ちが伝われば、彼氏も続けて家事をやってくれるはずです。

事あるごとに「ありがとう」という言葉を口にだすと、普段からコミュニケーションが取りやすくなります。

9. インテリアの模様替えをする

インテリアの模様替えをする

見慣れた部屋でずっと暮らしていると、家事も単調に感じてしまいます。

掃除も料理も、お気にいりの2人の部屋があってこそです。

半年に1度くらいのペースで、インテリアの模様替えをしてみましょう。

新しく家具を新調したり、ソファーの位置などを変えてみると、自然に掃除をしたくなります。

常にクリーンな部屋にしたくなるので、家事のモチベーションが上がります。

10. 友達を招いてパーティーをする

2人だけの空間だと、ついつい家事もないがしろにしてしまいます。

後でいいやとサボりやすくなるので、定期的に友達を招いてください。

パーティーをするなら、2人の手作り料理を披露したり、整理整頓しようと心がけます。

ダラダラ防止のためにも、誰かを部屋に招く習慣をつけるようにしましょう。

同棲中でもお互いに仕事をしていれば、家事の分担をするのは当然です。

日本の古いしきたりのように、女が家事をすべてやるべき、という考え方はもうないのです。

どちらかに偏るとケンカの原因になりますし、ストレスで関係が崩れてしまう危険もあります。

ですから、どの家事がどちらに向いているかを相談して、得意な家事を分担できるようにしましょう。

お互いに感謝の気持ちを伝えながら、協力して暮らせるように心がけてください。

結婚しているならまだしも、同棲中なのに彼氏の身のまわりのことや、家事全般を押し付けられるのはイヤですよね。

でもそんな事を言ったら不仲になってしまいそうで、なかなか言いづらいものです。

今回は、同棲中の彼氏に家事を機嫌よくやってもらう方法を、いくつかご紹介しましょう。


平日は分担&週末は手抜き

お互いの仕事の休日に合わせるのが前提ですが、家事は分担を決めたほうが良いです。

2人とも週末が休みの仕事なら、平日は分担で行い、週末はほとんど何もせずに手抜きしましょう。

同棲中ならまだ子供がいなくて、自由の身だからこそ、このような手抜きも許されるのです。

それに、1週間すべて家事分担をすると、彼氏が疲れやすくなるので、平日重視で考えたほうが良いですね。

ゴミ出しの日を中心にする

週に何度か燃えるゴミと、燃えないゴミの収集日がありますよね。

1週間のうち、決められた曜日にやるべき家事はゴミ出しです。

最低でも週に2回程度はゴミ収集があるので、曜日を確認しやすく、家事分担の目安にできます。

決まっているからこそ、どちらが担当なのか分かりやすくなり、忘れずにやろうという気持ちになります。

お疲れご褒美をする

彼氏が洗濯物を畳んでくれたら、お疲れさまの意味を込めて珈琲を入れてみましょう。

珈琲でなくても、好きなジュースを用意しておいたり、時にはスイーツを出してあげたりするのです。

「家事って大変だよね」と語りあいながら、お互いの労をねぎらうことができれば完璧です。

誰でもご褒美があれば目の前のことに取り組みやすくなので、そのあたりを上手にコントロールしてください。

完璧を求めず5割でOKサインを出す

何もかも完璧に家事をしたい女性ほど、彼氏にも完璧さを求めてしまいがちです。

手伝ってくれる家事のやり方や、完成度についてはあまり口出ししないようにしましょう。

だいたい5割程度済んでいればOKサインを出して、プレッシャーを感じさせないことが大事です。

1週間おきにローテーションを組む

洗濯や料理などの家事は、毎日やっていると飽きてしまいます。

彼氏に頼んでも「前もやったからイヤ」などと断られることもあります。

長期間にわたって同じ家事を続けるのはキツイですから、1週間おきにローテーションを組みましょう。

そうすれば、偏らずにあらゆる家事ができるので飽きずに済みます。

ゲームのようなルールを決める

単調な作業で。

出来て当たり前の家事というものは、楽しみを見いださないと続きません。

特に男性の場合は、家事が得意という人が少ないので、ダラダラやり過ごしてしまうのです。

そこでお勧めなのは、1つの家事についてタイムを決め、時間内にできればボーナス1回が与えられます。

ボーナスとは家事をしなくても良い日のことで、適度な休憩をとる意味で効果的なのです。

このように、ゲームのようなルールをつくれば、面倒くさがりの彼氏でも手伝ってくれるようになります。

同時進行して効率的にする

いくら分担しているからといって、自分が家事をしている時に、相手がソファーでくつろいでいると苛立ちますよね。

「なんで自分だけがこんなに頑張っているのか」と不満を感じるので、同時進行で家事を効率的に行うようにしましょう。

その日の担当が自分でなくても「一緒にやったほうが早いね」と手伝えば、イヤな気分にならずに済みます。

リアクションと感謝の表現は大切

彼氏が担当の家事を終えた後や、手伝ってくれた時は、少しオーバーなリアクションをとりましょう。

嬉しいし感謝しているという気持ちが伝われば、彼氏も続けて家事をやってくれるはずです。

事あるごとに「ありがとう」という言葉を口にだすと、普段からコミュニケーションが取りやすくなります。

インテリアの模様替えをする

見慣れた部屋でずっと暮らしていると、家事も単調に感じてしまいます。

掃除も料理も、お気にいりの2人の部屋があってこそです。

半年に1度くらいのペースで、インテリアの模様替えをしてみましょう。

新しく家具を新調したり、ソファーの位置などを変えてみると、自然に掃除をしたくなります。

常にクリーンな部屋にしたくなるので、家事のモチベーションが上がります。

2人だけの空間だと、ついつい家事もないがしろにしてしまいます。

後でいいやとサボりやすくなるので、定期的に友達を招いてください。

パーティーをするなら、2人の手作り料理を披露したり、整理整頓しようと心がけます。

ダラダラ防止のためにも、誰かを部屋に招く習慣をつけるようにしましょう。

同棲中でもお互いに仕事をしていれば、家事の分担をするのは当然です。

日本の古いしきたりのように、女が家事をすべてやるべき、という考え方はもうないのです。

どちらかに偏るとケンカの原因になりますし、ストレスで関係が崩れてしまう危険もあります。

ですから、どの家事がどちらに向いているかを相談して、得意な家事を分担できるようにしましょう。

お互いに感謝の気持ちを伝えながら、協力して暮らせるように心がけてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-