【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155037.html
同棲中の倦怠期を乗り切る方法8選

同棲中の倦怠期を乗り切る方法8選 | LADYCO

LADYCO
同棲中の倦怠期を乗り切る方法8選

同棲というのは気持ちが、マンネリ化してしまうことが多いのです。


  • 同棲は期間を決めて行う
  • 見た目を変える
  • 洋服を変える
  • 言葉遣いを変える
  • 外出をする
  • 一人でリフレッシュする時間をつくる
  • 楽しかった時のことを思い出す
  • 離れて暮らして見る

1. 同棲は期間を決めて行う

同棲は期間を決めて行う

同棲をする時、ダラダラしてしますと、そのことが嫌になることがあります。

いつまでも、その気持ちが続くことはまずないからです。

そのため、同棲を解消して別れようと思うこともあります。

そんな風に、いきなり究極のことを言うこともあるのです。

それだったら、最初から同棲をする期間を決めておくと言うことも一つですね。

最初から、決めることによって、その期間はフレッシュな気持ちでいようと思うことができます。

もしも決めていない場合は、別れてしまう可能性が高くなります。

そして、もっといたいと思った時には、再び期間を決めて行うといいですね。

2. 見た目を変える

見た目を変える

見た目が同じであると、同棲をしていると飽きてくることがあります。

夫婦でいると、そのことは空気のような存在なので、なんともないのです。

そしてその空気のような存在が、夫婦である場合は、心地よく感じることができますね。

ところが同棲をしている時には、そのように思うことができません。

それは、結婚をしていないのでそのことが嫌になってしまうことがあるのです。

結婚をしていると、そのことについて仕方がないと、諦めることができます。

結婚ではないので、見た目を整えたり変えたりする、そんな変化をつけましょう。

3. 洋服を変える

洋服を変える

洋服を着ている姿は新鮮でいいですね。

彼がスーツを着ている姿など、とても素敵に見えます。

しかし、同棲をしていると、同じ洋服で過ごすことが多くなります。

そのため、とても老けて見えてしまうのです。

それはとても危険な事です。

マンネリ化してしまうと、その結果、嫌になってしまいます。

4. 言葉遣いを変える

言葉遣いを変える

一緒に暮らしていると、言葉遣いもマンネリ化してしまいます。

相手の立場にたって、話すことができなくなったりしてしまうのです。

そのため、倦怠期が来たと思った時には、言葉を選んでとても思いやりのある言葉を使うようにします。

相手の言葉について、とてもカチンとくることがありますね。

そのことから、言葉というのはとても大切なのです。

そのことを思って、たいせつに使うようにしましょう。

5. 外出をする

外出をする

外出をするということは、部屋の中にずっといる雰囲気を変えることができます。

部屋の中にいると、息が詰まりそうと思うことがありますね。

その時、一人で外出をすることもいいし、相手が一緒ならなおいいですね。

6. 一人でリフレッシュする時間をつくる

一人でリフレッシュする時間をつくる

一緒に同棲をしていると思うと、いることがストレスになる事もあります。

たまには、一人になりたいとそんな風に思うこともありますね。

その時には、一人でリフレッシュをします。

すると、気分を変えて自宅に帰ることができます。

7. 楽しかった時のことを思い出す

楽しかった時のことを思い出す

同棲をしていると、そのことがつまらなくなることがあります。

それは、生活をしていることになるからです。

日常生活は、毎日同じ事の繰り返しになるので、つまらないですね。

一人でいると、そのことも当たり前と思える事でも、一緒に暮らすことによって、相手をせめてしまうこともあります。

こんなハズではなかったと言う、マイナスな気持ちになってしまうのです。

その時には、楽しかった時のことを思い出しましょう。

この人は、こんな一面があるということを思い出すと、とても気持ちが穏やかになります。

8. 離れて暮らして見る

どうしても倦怠期と思った時には、離れて暮らすことも一つです。

実家に帰るなど、そのように行動をするといいですね。

それは、あくまでもリフレッシュ期間をつくるということなのです。

女性が出ることによって、女性のありがたさを見にしみて知ることができます。

また男性が出ると、さみしい、不安と思うことができますね。

同棲というのは気持ちが、マンネリ化してしまうことが多いのです。



同棲は期間を決めて行う

同棲をする時、ダラダラしてしますと、そのことが嫌になることがあります。

いつまでも、その気持ちが続くことはまずないからです。

そのため、同棲を解消して別れようと思うこともあります。

そんな風に、いきなり究極のことを言うこともあるのです。

それだったら、最初から同棲をする期間を決めておくと言うことも一つですね。

最初から、決めることによって、その期間はフレッシュな気持ちでいようと思うことができます。

もしも決めていない場合は、別れてしまう可能性が高くなります。

そして、もっといたいと思った時には、再び期間を決めて行うといいですね。

見た目を変える

見た目が同じであると、同棲をしていると飽きてくることがあります。

夫婦でいると、そのことは空気のような存在なので、なんともないのです。

そしてその空気のような存在が、夫婦である場合は、心地よく感じることができますね。

ところが同棲をしている時には、そのように思うことができません。

それは、結婚をしていないのでそのことが嫌になってしまうことがあるのです。

結婚をしていると、そのことについて仕方がないと、諦めることができます。

結婚ではないので、見た目を整えたり変えたりする、そんな変化をつけましょう。

洋服を変える

洋服を着ている姿は新鮮でいいですね。

彼がスーツを着ている姿など、とても素敵に見えます。

しかし、同棲をしていると、同じ洋服で過ごすことが多くなります。

そのため、とても老けて見えてしまうのです。

それはとても危険な事です。

マンネリ化してしまうと、その結果、嫌になってしまいます。

言葉遣いを変える

一緒に暮らしていると、言葉遣いもマンネリ化してしまいます。

相手の立場にたって、話すことができなくなったりしてしまうのです。

そのため、倦怠期が来たと思った時には、言葉を選んでとても思いやりのある言葉を使うようにします。

相手の言葉について、とてもカチンとくることがありますね。

そのことから、言葉というのはとても大切なのです。

そのことを思って、たいせつに使うようにしましょう。

外出をする

外出をするということは、部屋の中にずっといる雰囲気を変えることができます。

部屋の中にいると、息が詰まりそうと思うことがありますね。

その時、一人で外出をすることもいいし、相手が一緒ならなおいいですね。

一人でリフレッシュする時間をつくる

一緒に同棲をしていると思うと、いることがストレスになる事もあります。

たまには、一人になりたいとそんな風に思うこともありますね。

その時には、一人でリフレッシュをします。

すると、気分を変えて自宅に帰ることができます。

楽しかった時のことを思い出す

同棲をしていると、そのことがつまらなくなることがあります。

それは、生活をしていることになるからです。

日常生活は、毎日同じ事の繰り返しになるので、つまらないですね。

一人でいると、そのことも当たり前と思える事でも、一緒に暮らすことによって、相手をせめてしまうこともあります。

こんなハズではなかったと言う、マイナスな気持ちになってしまうのです。

その時には、楽しかった時のことを思い出しましょう。

この人は、こんな一面があるということを思い出すと、とても気持ちが穏やかになります。

どうしても倦怠期と思った時には、離れて暮らすことも一つです。

実家に帰るなど、そのように行動をするといいですね。

それは、あくまでもリフレッシュ期間をつくるということなのです。

女性が出ることによって、女性のありがたさを見にしみて知ることができます。

また男性が出ると、さみしい、不安と思うことができますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-