【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518143926.html
自然な出会いが無理な時、できる出会い方13選

自然な出会いが無理な時、できる出会い方13選 | LADYCO

LADYCO
自然な出会いが無理な時、できる出会い方13選

自然な出会いが無理な時、できる出会い方を13選まとめました。

  • インターネットのマッチングサービス
  • 同窓会に参加してみる
  • 習い事をしてみる
  • 婚活パーティー
  • 友人に恋人募集中であることをアピールしておく
  • 結婚相談所
  • 趣味のスポーツを観戦する
  • スポーツバーに行く
  • 住んでいる地域の居酒屋に行ってみる
  • お祭り、イベントに参加する
  • 思い切って親戚にアピールする
  • 同じお店に続けて行ってみる
  • 合コンに参加する

1. インターネットのマッチングサービス

インターネットのマッチングサービス

インターネットの出会い系というと怪しい、不安ということもありますが、登録時にきちんと本人確認を行い、真面目な男女の出会いを目的としたサイトもあるようです。

サイトの特徴をよく見極めて、希望に合ったものに登録してみるというのもいいかと思います。

世の中には意外と素敵な人なのに出会う機会に恵まれない男女がいると思います。

自分の周りにもそういう人は多いです。

そういう人たちが一歩行動を起こしてそういうサイトに登録すると、たくさんのカップルができると思います。

2. 同窓会に参加してみる

同窓会に参加してみる

久しぶりに同級生にあったら、前は彼氏、彼女がいたといっていた人が今は恋人募集中…!となっていたり、早くに結婚したけど離婚してバツイチになっている人も意外といたりします。

昔はタイプじゃなかった人でも、年月が経つにつれて自分の好みのタイプになっていたり、学生の時とは違う見方ができるようになって、意外と思いがけない相手にときめいたりすることもあるようです。

学生時代には考えられなかった組み合わせでカップルが生まれて周りもびっくり!という話も少なくありません。

直接同級生の中に相手がいなくても、恋人募集中の友達がいるから今度会ってみない?など何かきっかけとなる可能性もあります。

3. 習い事をしてみる

習い事をしてみる

先生と一対一の習い事になるとあまり出会う機会がありませんが、集団でレッスンをする習い事もありますよね。

自分の興味のある習い事を始めてみて、そこでの出会いがあれば、趣味も共通しているしうまくいく可能性も高いです。

月に数回、週に1回、定期的に顔を合わせていくうちに親近感がわき、恋愛感情に発展する可能性は大いにあると思います。

出会いがなくても、習い事を身に着けることができればそれはそれで自分磨きになり、今後の恋人探しに役立つかもしれません。

4. 婚活パーティー

婚活パーティー

ベタだとは思いますが、思い切って行ってみるのも手だと思います。

いろんな異性と話す練習にもなりますので、最初からうまくいくことを期待しないで何度か試してみるといいと思います。

最初から条件などを提示しているので(バツイチだとか、年収〇〇以上とか)なかなか聞きにくいけどお付き合いの上で重要なことをわざわざヒアリングをする必要がないのもメリットだと思います。

5. 友人に恋人募集中であることをアピールしておく

友人に恋人募集中であることをアピールしておく

「会社と家の往復で、いいお相手が見つかる機会がない」という人は世の中とても多いです。

黙っていればその毎日がただ繰り返され、積み重ねられていつのまにかこんな年に…となってしまいます。

ダメ元でもいいので、友人に自分は恋人募集中であることを刷り込んでおきましょう。

友人は自分の勤務先などで恋人募集中の人を見つけたときに、「そうだ、あの人紹介してみよう!」と思い出してくれる可能性も全くないとは言えません。

何もしないでため息をついているよりはずっと前向きです。

6. 結婚相談所

結婚相談所

インターネットのサービスではない、以前からあるタイプの結婚相談所です。

結婚相談所のスタッフはとても親身に話を聞いてくれますし、冷静にアドバイスもしてくれると思います。

自分の希望や考えを話しているうちに、自分の目標とする結婚について自分の中でも整理されると思います。

「年齢は●歳くらい」と頑なに考えていたのに、よくよく考えると別に年齢はこだわらなくても、この部分が自分の希望に合っていればいいかな、と視野が広くなっていき、出会いの幅も広がる可能性があります。

7. 趣味のスポーツを観戦する

趣味のスポーツを観戦する

種目やチームにもよるのですが中には試合観戦のときに「婚活シート」などのイベントを開催している話も聞いたことがあります。

たまたま席が近くで、同じチームを応援していたり、同じ選手が好きだったりすると大変盛り上がると思います。

8. スポーツバーに行く

スポーツバーに行く

直接試合観戦もいいのですが、お酒が入ることによって気持ちが開放的になり、店の中で知り合った異性と盛り上がる可能性があります。

今度一緒に試合を見に行こうよ…ということになる可能性もありますし、共通の趣味の話になるとかなり相手に親近感をもちますので、こういう店での出会いは期待できるかなと思います。

9. 住んでいる地域の居酒屋に行ってみる

住んでいる地域の居酒屋に行ってみる

繁華街ではなく、自分の住んでいる地域の小さな居酒屋などに行ってみると、意外とご近所さんの常連さんが来ていたりして話が盛り上がったり、出会いがあったり紹介があったりとつながりが広がっていく可能性があります。

インターネットの普及していない時代は、飲み屋さんで知り合った、というのは結構定番だった気がします。

10. お祭り、イベントに参加する

お祭り、イベントに参加する

これは地域によると思いますが、地域で力を入れているお祭りなどに参加してみるのもいいと思います。

例えば札幌だと「よさこいソーラン祭り」が有名ですが、多くのチームがこのお祭りに向けて猛練習をするので、練習で会う機会も多いし、飲み会も多いようです。

同じ目標に向かって活動してるので団結力もすごく、チーム内での恋愛も少なくないようです。

ボランティア活動などのイベントに参加するのも、出会いが見つかる可能性があります。

11. 思い切って親戚にアピールする

思い切って親戚にアピールする

親戚が集まると「〇〇ちゃんは結婚はまだなのか」などという話が始まってウンザリ…という話も多いですが、逆手にとって「相手がいないんで、誰かいい人いたら紹介してください!」と言ってみる。

世話焼きのおじちゃんやおばちゃんの紹介で、お見合い相手が見つかる可能性もあります。

12. 同じお店に続けて行ってみる

同じお店に続けて行ってみる

ランチに行ったり、帰りに趣味の店に寄ったり…。

もしかしたら出会いの機会があるかもしれないのに気が付いていないだけかもしれません。

同じ店に続けて通い、よく回りを見回してみましょう。

「そういえばあの子、前もこの時間にここで一人でランチ食べてたな…」なんて気づきがあるかもしれないです。

しょっちゅう顔を合わせるうち、ひょんなことから会話が生まれるかもしれません。

13. 合コンに参加する

これもベタではありますが、何もしないよりは可能性があると思います。

誘われた合コンに顔を出してみましょう。

自然な出会いが無理な時、できる出会い方を13選まとめました。


インターネットのマッチングサービス

インターネットの出会い系というと怪しい、不安ということもありますが、登録時にきちんと本人確認を行い、真面目な男女の出会いを目的としたサイトもあるようです。

サイトの特徴をよく見極めて、希望に合ったものに登録してみるというのもいいかと思います。

世の中には意外と素敵な人なのに出会う機会に恵まれない男女がいると思います。

自分の周りにもそういう人は多いです。

そういう人たちが一歩行動を起こしてそういうサイトに登録すると、たくさんのカップルができると思います。

同窓会に参加してみる

久しぶりに同級生にあったら、前は彼氏、彼女がいたといっていた人が今は恋人募集中…!となっていたり、早くに結婚したけど離婚してバツイチになっている人も意外といたりします。

昔はタイプじゃなかった人でも、年月が経つにつれて自分の好みのタイプになっていたり、学生の時とは違う見方ができるようになって、意外と思いがけない相手にときめいたりすることもあるようです。

学生時代には考えられなかった組み合わせでカップルが生まれて周りもびっくり!という話も少なくありません。

直接同級生の中に相手がいなくても、恋人募集中の友達がいるから今度会ってみない?など何かきっかけとなる可能性もあります。

習い事をしてみる

先生と一対一の習い事になるとあまり出会う機会がありませんが、集団でレッスンをする習い事もありますよね。

自分の興味のある習い事を始めてみて、そこでの出会いがあれば、趣味も共通しているしうまくいく可能性も高いです。

月に数回、週に1回、定期的に顔を合わせていくうちに親近感がわき、恋愛感情に発展する可能性は大いにあると思います。

出会いがなくても、習い事を身に着けることができればそれはそれで自分磨きになり、今後の恋人探しに役立つかもしれません。

婚活パーティー

ベタだとは思いますが、思い切って行ってみるのも手だと思います。

いろんな異性と話す練習にもなりますので、最初からうまくいくことを期待しないで何度か試してみるといいと思います。

最初から条件などを提示しているので(バツイチだとか、年収〇〇以上とか)なかなか聞きにくいけどお付き合いの上で重要なことをわざわざヒアリングをする必要がないのもメリットだと思います。

友人に恋人募集中であることをアピールしておく

「会社と家の往復で、いいお相手が見つかる機会がない」という人は世の中とても多いです。

黙っていればその毎日がただ繰り返され、積み重ねられていつのまにかこんな年に…となってしまいます。

ダメ元でもいいので、友人に自分は恋人募集中であることを刷り込んでおきましょう。

友人は自分の勤務先などで恋人募集中の人を見つけたときに、「そうだ、あの人紹介してみよう!」と思い出してくれる可能性も全くないとは言えません。

何もしないでため息をついているよりはずっと前向きです。

結婚相談所

インターネットのサービスではない、以前からあるタイプの結婚相談所です。

結婚相談所のスタッフはとても親身に話を聞いてくれますし、冷静にアドバイスもしてくれると思います。

自分の希望や考えを話しているうちに、自分の目標とする結婚について自分の中でも整理されると思います。

「年齢は●歳くらい」と頑なに考えていたのに、よくよく考えると別に年齢はこだわらなくても、この部分が自分の希望に合っていればいいかな、と視野が広くなっていき、出会いの幅も広がる可能性があります。

趣味のスポーツを観戦する

種目やチームにもよるのですが中には試合観戦のときに「婚活シート」などのイベントを開催している話も聞いたことがあります。

たまたま席が近くで、同じチームを応援していたり、同じ選手が好きだったりすると大変盛り上がると思います。

スポーツバーに行く

直接試合観戦もいいのですが、お酒が入ることによって気持ちが開放的になり、店の中で知り合った異性と盛り上がる可能性があります。

今度一緒に試合を見に行こうよ…ということになる可能性もありますし、共通の趣味の話になるとかなり相手に親近感をもちますので、こういう店での出会いは期待できるかなと思います。

住んでいる地域の居酒屋に行ってみる

繁華街ではなく、自分の住んでいる地域の小さな居酒屋などに行ってみると、意外とご近所さんの常連さんが来ていたりして話が盛り上がったり、出会いがあったり紹介があったりとつながりが広がっていく可能性があります。

インターネットの普及していない時代は、飲み屋さんで知り合った、というのは結構定番だった気がします。

お祭り、イベントに参加する

これは地域によると思いますが、地域で力を入れているお祭りなどに参加してみるのもいいと思います。

例えば札幌だと「よさこいソーラン祭り」が有名ですが、多くのチームがこのお祭りに向けて猛練習をするので、練習で会う機会も多いし、飲み会も多いようです。

同じ目標に向かって活動してるので団結力もすごく、チーム内での恋愛も少なくないようです。

ボランティア活動などのイベントに参加するのも、出会いが見つかる可能性があります。

思い切って親戚にアピールする

親戚が集まると「〇〇ちゃんは結婚はまだなのか」などという話が始まってウンザリ…という話も多いですが、逆手にとって「相手がいないんで、誰かいい人いたら紹介してください!」と言ってみる。

世話焼きのおじちゃんやおばちゃんの紹介で、お見合い相手が見つかる可能性もあります。

同じお店に続けて行ってみる

ランチに行ったり、帰りに趣味の店に寄ったり…。

もしかしたら出会いの機会があるかもしれないのに気が付いていないだけかもしれません。

同じ店に続けて通い、よく回りを見回してみましょう。

「そういえばあの子、前もこの時間にここで一人でランチ食べてたな…」なんて気づきがあるかもしれないです。

しょっちゅう顔を合わせるうち、ひょんなことから会話が生まれるかもしれません。

これもベタではありますが、何もしないよりは可能性があると思います。

誘われた合コンに顔を出してみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-