【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104134.html
50代でも恋愛を楽しめる人の特徴

50代でも恋愛を楽しめる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
50代でも恋愛を楽しめる人の特徴

50代というと、戦国時代は生涯を全うするような年齢でした。

「人間50」という 言葉も有名です。

寿命が伸びて100歳近く生きる昨今では、まだまだ恋も現役です。

  • ガツガツしていない
  • 精神的なつながりを大切にできる
  • 神社仏閣巡りが趣味
  • 独身である
  • おしゃれに興味がある
  • 新しい場所やモノが好き
  • 心が安定している
  • 恋愛以外の楽しみがある
  • 健康である
  • 逢わなくても平気
  • 更年期も充実して過ごせる
  • 相手の環境への思いやりがある
  • 知的である
  • まとめ

1. ガツガツしていない

ガツガツしていない

年齢を経ても、肉体が頑健であれば、若い頃と同じように、それなりに欲望もあります。

潰えぬ異性への恋情というものも、有り続けます。

しかし、ガツガツとするのはNGです。

50を過ぎても恋愛を楽しむのに、ギラギラしてガツガツした人では難しいでしょう。

いつも客観的に自己を関節できる、節度ある大人の50代こそ、恋愛を真に謳歌できるのです。

2. 精神的なつながりを大切にできる

精神的なつながりを大切にできる

50代ともなると、気持ちは若くとも、体がついていかない事がままあります。

また、このくらいの年齢になれば、いくつか大きな持病を抱えている事も考えられます。

だからこそ、精神的なつながりを大切にできる、大人の余裕を持った人が恋愛を楽しめます。

心と心のつながりの美しさを感じる、情緒ある関係が築けるでしょう。

3. 神社仏閣巡りが趣味

神社仏閣巡りが趣味

ある程度の年齢になると、これまで興味のなかった分野への好奇心が高まるものです。

その最たるものが、神社仏閣巡りです。

御朱印帳を片手に寺社を巡るのが好きな人は豊かです。

心の中に、良きものを取り入れて行こうという清らかな気持ちが根付いています。

このような真面目な趣味を持つ50代は、中道の精神で、バランスのよい恋愛が楽しめます。

4. 独身である

独身である

恋愛に年齢は関係ないと言います。

それは正しい事です。

生きている以上、恋もするでしょう。

しかし、もし既婚者であり、夫なり妻なりが生存しているのであれば、難しくなります。

深い関係にならなくば、既婚者の恋愛も有り得ますが、深い関係を求めるのはナーバスな問題です。

なんらかの理由で独身であるという50代こそが、なんの気兼ねもなく恋愛ができるのです。

5. おしゃれに興味がある

おしゃれに興味がある

恋というものは、自分を変革してくれます。

若い頃の恋愛を思い出してください。

着飾って少しでも見た目が良くなるよう、努力していたのではないでしょうか。

その気持ちがある内は、恋に対して真摯であると言えます。

しかしその逆は問題です。

恋をしながら、見た目もズボラで、相手に対してアピール力を持たないのは、自己中心的です。

本当にトキメクような恋をすることが楽しめる50代は、おしゃれにも自ずと敏感になります。

6. 新しい場所やモノが好き

新しい場所やモノが好き

世の中のアンテナに敏感であるということは、恋にも適用されます。

自分がいくら年を重ねたとしても、多様な社会の変化に順応出来てこそ、恋も楽しめます。

恋の質も、時代によって多様化するからです。

一昔前の概念では恋も楽しめません。

常に、新しい場所やモノに対してアンテナを張り巡らすことができてこそ、恋愛も成就します。

新しいものに抵抗感がない人は、年を重ねても若々しいからです。

恋も楽しめるのです。

7. 心が安定している

心が安定している

不安定なときの恋は、とても悲劇的な匂いがします。

幸福感がまったくありません。

もし、50代で大人の恋に目覚めたのなら、心は安定していないと、恋を楽しめません。

相手も段々とあなたと居ることが苦痛に感じてしまうでしょう。

明るさと安定した精神状態あってこそ、冷静で達観した大人の恋が楽しめるのです。

8. 恋愛以外の楽しみがある

恋愛以外の楽しみがある

恋愛脳といいますか、恋愛中毒とも言える、そればっかりの人は嫌煙されます。

それは10代でも20代でも同じことです。

恋愛しか関心のない人は面白みに欠けるのです。

人物の魅力というのは恋愛力以外の所から、健やかに発生するものです。

仕事でもいいし、趣味の世界でもいいので、没頭できるものが他にある人がモテます。

魅力的な自分を醸し出させるのは、「恋愛がなくとも生きていける雰囲気」です。

9. 健康である

健康である

体が不健康だと、デートもままなりませんし、会話も暗くなりがちです。

せっかく好きな人ができたのに、その相手に体調不良ばかり訴えていたらどうでしょう。

とても恋愛どころではない人だなと烙印を押されて、離れて行くに相違ありません。

50代という健康に留意しなくてはならない年齢で恋を楽しみたくば、健康チェックは必要です。

健康には人一倍気をつけて、体調管理を忘れない事です。

10. 逢わなくても平気

逢わなくても平気

恋は、熱いものですから、好きになったら何度でも何時間でも相手のそばに居たいものです。

けれど50代ともなると生活基盤が確立されている人がほとんどです。

自分の勝手で、動くことはできないという人も多いはず。

子供がいたり孫が居るかもしれません。

離婚してフリーとは言え、介護すべき親が居ることもあります。

いろいろなパターンで、生活の中に縛られている人が、ほとんどなのです。

自分の気持ちだけでなく、相手の状況を思いやれる人が恋を楽しむことができるのです。

11. 更年期も充実して過ごせる

更年期も充実して過ごせる

50代の女性というと、更年期という大きな山があります。

女性ホルモンが減ることで発症します。

閉経間近の女性は不安定なものです。

しかし恋のチャンスはノンストップで訪れます。

更年期を抱えながらも、前向きに明るく充実して過ごせれば、恋を楽しめるでしょう。

自分の身体の変化に頭がいっぱいで、体調が整わないのなら恋は暫くお預けにしましょう。

医学的には、更年期女性の場合、恋をすることで女性ホルモンが活性化します。

よって、更年期の症状も緩和するというデーターがあります。

渡りに船とはこのことです。

12. 相手の環境への思いやりがある

相手の環境への思いやりがある

人生を50年も生きてきたら、いろいろなドラマがそこにあると思っていいです。

一口には言えない、多くの修羅場や悲しみを抱えた50代も多いのです。

根掘り葉掘り相手の置かれた環境を聞き出すのは無粋です。

思いやりがある人が恋を楽しめます。

また信頼関係を濃く築く事が出来るのです。

相手の環境に口出しするのは控えましょう。

思いやりこそが人間力であり、恋の上級資格保持者なのです。

13. 知的である

知的である

若い頃は無知でも問題ありません。

愛嬌で何とでもなったはずです。

しかし50代は違います。

無知で教養のない50代は空っぽな人間に見えてしまいます。

何をしていたの?と思われます。

知的であり、人を納得させる事を語れるくらいの人生哲学が必要なのです。

若い頃の見た目重視の恋愛と違い、50代は内面重視の、身に付いた知性がものを言います。

まとめ

恋は精神的にも肉体的にも人間に良い影響を及ぼします。

50代でも諦めなくていいのです。

枯れてしまったと思えば、本当に枯れるだけです。

いつまでも花を咲かせようと思うことです。

そのように思うことで、恋への希望から若々しい50代が完成します。

前向きに行きましょう。

そして生涯、恋を楽しみたいものです。

50代というと、戦国時代は生涯を全うするような年齢でした。

「人間50」という 言葉も有名です。

寿命が伸びて100歳近く生きる昨今では、まだまだ恋も現役です。


ガツガツしていない

年齢を経ても、肉体が頑健であれば、若い頃と同じように、それなりに欲望もあります。

潰えぬ異性への恋情というものも、有り続けます。

しかし、ガツガツとするのはNGです。

50を過ぎても恋愛を楽しむのに、ギラギラしてガツガツした人では難しいでしょう。

いつも客観的に自己を関節できる、節度ある大人の50代こそ、恋愛を真に謳歌できるのです。

精神的なつながりを大切にできる

50代ともなると、気持ちは若くとも、体がついていかない事がままあります。

また、このくらいの年齢になれば、いくつか大きな持病を抱えている事も考えられます。

だからこそ、精神的なつながりを大切にできる、大人の余裕を持った人が恋愛を楽しめます。

心と心のつながりの美しさを感じる、情緒ある関係が築けるでしょう。

神社仏閣巡りが趣味

ある程度の年齢になると、これまで興味のなかった分野への好奇心が高まるものです。

その最たるものが、神社仏閣巡りです。

御朱印帳を片手に寺社を巡るのが好きな人は豊かです。

心の中に、良きものを取り入れて行こうという清らかな気持ちが根付いています。

このような真面目な趣味を持つ50代は、中道の精神で、バランスのよい恋愛が楽しめます。

独身である

恋愛に年齢は関係ないと言います。

それは正しい事です。

生きている以上、恋もするでしょう。

しかし、もし既婚者であり、夫なり妻なりが生存しているのであれば、難しくなります。

深い関係にならなくば、既婚者の恋愛も有り得ますが、深い関係を求めるのはナーバスな問題です。

なんらかの理由で独身であるという50代こそが、なんの気兼ねもなく恋愛ができるのです。

おしゃれに興味がある

恋というものは、自分を変革してくれます。

若い頃の恋愛を思い出してください。

着飾って少しでも見た目が良くなるよう、努力していたのではないでしょうか。

その気持ちがある内は、恋に対して真摯であると言えます。

しかしその逆は問題です。

恋をしながら、見た目もズボラで、相手に対してアピール力を持たないのは、自己中心的です。

本当にトキメクような恋をすることが楽しめる50代は、おしゃれにも自ずと敏感になります。

新しい場所やモノが好き

世の中のアンテナに敏感であるということは、恋にも適用されます。

自分がいくら年を重ねたとしても、多様な社会の変化に順応出来てこそ、恋も楽しめます。

恋の質も、時代によって多様化するからです。

一昔前の概念では恋も楽しめません。

常に、新しい場所やモノに対してアンテナを張り巡らすことができてこそ、恋愛も成就します。

新しいものに抵抗感がない人は、年を重ねても若々しいからです。

恋も楽しめるのです。

心が安定している

不安定なときの恋は、とても悲劇的な匂いがします。

幸福感がまったくありません。

もし、50代で大人の恋に目覚めたのなら、心は安定していないと、恋を楽しめません。

相手も段々とあなたと居ることが苦痛に感じてしまうでしょう。

明るさと安定した精神状態あってこそ、冷静で達観した大人の恋が楽しめるのです。

恋愛以外の楽しみがある

恋愛脳といいますか、恋愛中毒とも言える、そればっかりの人は嫌煙されます。

それは10代でも20代でも同じことです。

恋愛しか関心のない人は面白みに欠けるのです。

人物の魅力というのは恋愛力以外の所から、健やかに発生するものです。

仕事でもいいし、趣味の世界でもいいので、没頭できるものが他にある人がモテます。

魅力的な自分を醸し出させるのは、「恋愛がなくとも生きていける雰囲気」です。

健康である

体が不健康だと、デートもままなりませんし、会話も暗くなりがちです。

せっかく好きな人ができたのに、その相手に体調不良ばかり訴えていたらどうでしょう。

とても恋愛どころではない人だなと烙印を押されて、離れて行くに相違ありません。

50代という健康に留意しなくてはならない年齢で恋を楽しみたくば、健康チェックは必要です。

健康には人一倍気をつけて、体調管理を忘れない事です。

逢わなくても平気

恋は、熱いものですから、好きになったら何度でも何時間でも相手のそばに居たいものです。

けれど50代ともなると生活基盤が確立されている人がほとんどです。

自分の勝手で、動くことはできないという人も多いはず。

子供がいたり孫が居るかもしれません。

離婚してフリーとは言え、介護すべき親が居ることもあります。

いろいろなパターンで、生活の中に縛られている人が、ほとんどなのです。

自分の気持ちだけでなく、相手の状況を思いやれる人が恋を楽しむことができるのです。

更年期も充実して過ごせる

50代の女性というと、更年期という大きな山があります。

女性ホルモンが減ることで発症します。

閉経間近の女性は不安定なものです。

しかし恋のチャンスはノンストップで訪れます。

更年期を抱えながらも、前向きに明るく充実して過ごせれば、恋を楽しめるでしょう。

自分の身体の変化に頭がいっぱいで、体調が整わないのなら恋は暫くお預けにしましょう。

医学的には、更年期女性の場合、恋をすることで女性ホルモンが活性化します。

よって、更年期の症状も緩和するというデーターがあります。

渡りに船とはこのことです。

相手の環境への思いやりがある

人生を50年も生きてきたら、いろいろなドラマがそこにあると思っていいです。

一口には言えない、多くの修羅場や悲しみを抱えた50代も多いのです。

根掘り葉掘り相手の置かれた環境を聞き出すのは無粋です。

思いやりがある人が恋を楽しめます。

また信頼関係を濃く築く事が出来るのです。

相手の環境に口出しするのは控えましょう。

思いやりこそが人間力であり、恋の上級資格保持者なのです。

知的である

若い頃は無知でも問題ありません。

愛嬌で何とでもなったはずです。

しかし50代は違います。

無知で教養のない50代は空っぽな人間に見えてしまいます。

何をしていたの?と思われます。

知的であり、人を納得させる事を語れるくらいの人生哲学が必要なのです。

若い頃の見た目重視の恋愛と違い、50代は内面重視の、身に付いた知性がものを言います。

恋は精神的にも肉体的にも人間に良い影響を及ぼします。

50代でも諦めなくていいのです。

枯れてしまったと思えば、本当に枯れるだけです。

いつまでも花を咲かせようと思うことです。

そのように思うことで、恋への希望から若々しい50代が完成します。

前向きに行きましょう。

そして生涯、恋を楽しみたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-