【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517172315.html
年の差20以上!年の差結婚のメリットやデメリット8選

年の差20以上!年の差結婚のメリットやデメリット8選 | LADYCO

LADYCO
年の差20以上!年の差結婚のメリットやデメリット8選

大好きなら年齢なんて関係ない! 年の差があっても生活できる! そんな年の差のメリットやデメリットについてまとめました。

  • 年が離れているからこそお互いを尊敬できる
  • 人生の先輩として学べることがある
  • 甘えたり、甘やかしたりする関係になり、ケンカが起きにくくなる
  • ジェネレーションギャップに悩んだり、逆に発見がある
  • カップルというより親子のような関係になる
  • あまりに年が離れていると、親戚関係が気まずい
  • 子供を作るチャンスが減る
  • 若いうちから年上のパートナーの介護問題にぶつかる
  • まとめ

1. 年が離れているからこそお互いを尊敬できる

年が離れているからこそお互いを尊敬できる

年の差があるからこそ、互いに遠慮をしたり、気を配ったり、尊敬ができることもあります。

年が近い、あるいは同い年だと、互いに比べたり、異性であってもライバル視したりすることもあるのです。

収入の格差がある場合なども、同い年だと軋轢が生まれることもあります。

また、年が近いからといって、遠慮がなくなり、傲慢な態度をとってしまいがちになるのも気をつけなければなりません。

年下の人は年上に対する尊敬の気持ち、年上の人は年下に対する気遣いができるので、円満に家庭を営めることもあるのです。

2. 人生の先輩として学べることがある

人生の先輩として学べることがある

年下のパートナーが年上のパートナーから学ぶことも多くあります。

経験豊かな人生の先輩として、尊敬し、さまざまなことを教えてもらうこともあるでしょう。

仕事や人間関係で悩んでいる時も、適切で温かく、時に厳しいアドバイスをくれるでしょう。

相手が年上だからこそ、単に怒られた、非難されたと感じるのではなく、自分のために叱ってくれた、厳しくも助言をしてくれたと思う、年下のパートナーも多いのです。

だからこそ年上のパートナーも、尊敬されるべき人でなければなりません。

3. 甘えたり、甘やかしたりする関係になり、ケンカが起きにくくなる

甘えたり、甘やかしたりする関係になり、ケンカが起きにくくなる

年上の人が年下を受け入れ、年下の人が年上に甘える、そうしたカップルになりやすいのが、年の差婚の特徴です。

年下に慕われ、甘えられることで、年上の人のプライドが守られ、満足感を得られます。

また、年上に委ね、甘えることができる環境で、年下の人も安心感を得られるのです。

そうした持ちつ持たれつの関係が、年の差婚のバランスを保つ秘訣なのです。

また、揉めそうになっても年上から折れる場合が多いので、ケンカになりにくいのも魅力でしょう。

4. ジェネレーションギャップに悩んだり、逆に発見がある

ジェネレーションギャップに悩んだり、逆に発見がある

年の差婚で問題になるのが、ジェネレーションギャップです。

生きてきた年代が違うので、会話や趣味、味の嗜好などが合わなくなる場合もよくあります。

そのことが原因で、夫婦仲が悪くなることもあります。

しかしながら、逆に、お互いにとって新鮮な発見があることも魅力です。

例えば、年下のパートナーと一緒にゲームをする年上のパートナーや、年上のパートナーと一緒に将棋を打つ年下のパートナーもいます。

人生に新たな刺激や、体験ができるのも、年の差婚のメリットなのです。

5. カップルというより親子のような関係になる

カップルというより親子のような関係になる

あまりに年が離れているとカップルと言うより、親子のようになってしまうこともあります。

年上のパートナーは、年下のパートナーを甘やかしすぎたり、過保護になったり、年下だからといって侮ったりすることがあります。

年下のパートナーも、年上のパートナーに依存しすぎたり、甘えすぎたり、思春期のように反抗的になったりすることがあります。

擬似的親子のような関係で安定する場合もありますが、こうした問題に発展することもあるのです。

6. あまりに年が離れていると、親戚関係が気まずい

あまりに年が離れていると、親戚関係が気まずい

年の差がありすぎると、親戚関係が気まずい場合もあるでしょう。

年下の人が、自分の両親と同じくらいの歳の人と結婚したら、いざ顔合わせの時、なんともいえない気まずい雰囲気になりがちです。

逆に、年上の人がかなり年の離れた若い人を選んだ時は、若者をかどわかした、あるいは遺産狙いで若いパートナーに騙されたなどと、吹聴される時もあります。

周囲の勝手な憶測や思いも絡みますが、そうした結婚に反対したり、心配になったりする親戚もいるのです。

7. 子供を作るチャンスが減る

子供を作るチャンスが減る

年の差カップルで心配になることは、妊娠と出産です。

どちらが年上であっても、年を経れば経るほど、生殖細胞は劣化し、妊娠しにくくなるのです。

女性の場合は高齢出産になるほど、体への負担が大きくなり、場合によっては脳疾患などの病気を併発してしまうこともあります。

男性の場合も、生殖細胞が減り、細胞の運動力も減るので、受精までいきつかない場合もあります。

年の差婚はこのような大きなリスクもあるのです。

8. 若いうちから年上のパートナーの介護問題にぶつかる

若いうちから年上のパートナーの介護問題にぶつかる

年の差婚で、懸案になる問題は、介護問題です。

年上のパートナーが認知症になった、寝たきりになったなど、年下のパートナーが若いうちから、介護をしなければならなくなることも起きうるのです。

そうした覚悟がないまま結婚し、介護が嫌になって離婚する場合もあります。

介護の合間に、不倫をしていた、というような事案もあるのです。

将来誰にでも起きうるこの問題にいかに対処すべきか、結婚する前から話し合うことが大切です。

まとめ

年の差婚には、メリットもデメリットあります。

しかし、年の差があるにしろ、ないにしろ、お互いを尊重し助け合える夫婦が長続きするでしょう。

大好きなら年齢なんて関係ない! 年の差があっても生活できる! そんな年の差のメリットやデメリットについてまとめました。


年が離れているからこそお互いを尊敬できる

年の差があるからこそ、互いに遠慮をしたり、気を配ったり、尊敬ができることもあります。

年が近い、あるいは同い年だと、互いに比べたり、異性であってもライバル視したりすることもあるのです。

収入の格差がある場合なども、同い年だと軋轢が生まれることもあります。

また、年が近いからといって、遠慮がなくなり、傲慢な態度をとってしまいがちになるのも気をつけなければなりません。

年下の人は年上に対する尊敬の気持ち、年上の人は年下に対する気遣いができるので、円満に家庭を営めることもあるのです。

人生の先輩として学べることがある

年下のパートナーが年上のパートナーから学ぶことも多くあります。

経験豊かな人生の先輩として、尊敬し、さまざまなことを教えてもらうこともあるでしょう。

仕事や人間関係で悩んでいる時も、適切で温かく、時に厳しいアドバイスをくれるでしょう。

相手が年上だからこそ、単に怒られた、非難されたと感じるのではなく、自分のために叱ってくれた、厳しくも助言をしてくれたと思う、年下のパートナーも多いのです。

だからこそ年上のパートナーも、尊敬されるべき人でなければなりません。

甘えたり、甘やかしたりする関係になり、ケンカが起きにくくなる

年上の人が年下を受け入れ、年下の人が年上に甘える、そうしたカップルになりやすいのが、年の差婚の特徴です。

年下に慕われ、甘えられることで、年上の人のプライドが守られ、満足感を得られます。

また、年上に委ね、甘えることができる環境で、年下の人も安心感を得られるのです。

そうした持ちつ持たれつの関係が、年の差婚のバランスを保つ秘訣なのです。

また、揉めそうになっても年上から折れる場合が多いので、ケンカになりにくいのも魅力でしょう。

ジェネレーションギャップに悩んだり、逆に発見がある

年の差婚で問題になるのが、ジェネレーションギャップです。

生きてきた年代が違うので、会話や趣味、味の嗜好などが合わなくなる場合もよくあります。

そのことが原因で、夫婦仲が悪くなることもあります。

しかしながら、逆に、お互いにとって新鮮な発見があることも魅力です。

例えば、年下のパートナーと一緒にゲームをする年上のパートナーや、年上のパートナーと一緒に将棋を打つ年下のパートナーもいます。

人生に新たな刺激や、体験ができるのも、年の差婚のメリットなのです。

カップルというより親子のような関係になる

あまりに年が離れているとカップルと言うより、親子のようになってしまうこともあります。

年上のパートナーは、年下のパートナーを甘やかしすぎたり、過保護になったり、年下だからといって侮ったりすることがあります。

年下のパートナーも、年上のパートナーに依存しすぎたり、甘えすぎたり、思春期のように反抗的になったりすることがあります。

擬似的親子のような関係で安定する場合もありますが、こうした問題に発展することもあるのです。

あまりに年が離れていると、親戚関係が気まずい

年の差がありすぎると、親戚関係が気まずい場合もあるでしょう。

年下の人が、自分の両親と同じくらいの歳の人と結婚したら、いざ顔合わせの時、なんともいえない気まずい雰囲気になりがちです。

逆に、年上の人がかなり年の離れた若い人を選んだ時は、若者をかどわかした、あるいは遺産狙いで若いパートナーに騙されたなどと、吹聴される時もあります。

周囲の勝手な憶測や思いも絡みますが、そうした結婚に反対したり、心配になったりする親戚もいるのです。

子供を作るチャンスが減る

年の差カップルで心配になることは、妊娠と出産です。

どちらが年上であっても、年を経れば経るほど、生殖細胞は劣化し、妊娠しにくくなるのです。

女性の場合は高齢出産になるほど、体への負担が大きくなり、場合によっては脳疾患などの病気を併発してしまうこともあります。

男性の場合も、生殖細胞が減り、細胞の運動力も減るので、受精までいきつかない場合もあります。

年の差婚はこのような大きなリスクもあるのです。

若いうちから年上のパートナーの介護問題にぶつかる

年の差婚で、懸案になる問題は、介護問題です。

年上のパートナーが認知症になった、寝たきりになったなど、年下のパートナーが若いうちから、介護をしなければならなくなることも起きうるのです。

そうした覚悟がないまま結婚し、介護が嫌になって離婚する場合もあります。

介護の合間に、不倫をしていた、というような事案もあるのです。

将来誰にでも起きうるこの問題にいかに対処すべきか、結婚する前から話し合うことが大切です。

年の差婚には、メリットもデメリットあります。

しかし、年の差があるにしろ、ないにしろ、お互いを尊重し助け合える夫婦が長続きするでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-