【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114420.html
30代で彼氏できない女性が今すぐ始めること13選

30代で彼氏できない女性が今すぐ始めること13選 | LADYCO

LADYCO
30代で彼氏できない女性が今すぐ始めること13選

30代で彼氏できない女性が今すぐ始めることを13選まとめました。

  • 彼氏を作ろうと決意する
  • 彼氏作りのために割ける時間を割り出す
  • 作戦を練る
  • 友達に宣言する
  • SNSで宣言する
  • 年賀状や暑中お見舞いで宣言する
  • 飲み会に参加する
  • カラオケに参加する
  • コンパに参加する
  • お見合いパーティに参加する
  • 成果を確認する
  • 計画を練り直す
  • 取りあえず付き合ってみる

1. 彼氏を作ろうと決意する

彼氏を作ろうと決意する

30代になっても彼氏ができない人は、このまま何かが起きるのを待っていても状況が変わらない可能性が高いです。

まずは本気で彼氏を作ろうと決意することが大切になります。

お正月に書き初めをするように、ノートに「彼氏を作る!」などと書き、本気で彼氏を作ることを自分自身に誓いましょう。

そして彼氏を作ることを最優先するように自分と約束しましょう。

2. 彼氏作りのために割ける時間を割り出す

彼氏作りのために割ける時間を割り出す

彼氏作りを最優先すると言っても、仕事をしている人は今している仕事を続ける必要がありますし、将来的な資格取得を目指している人は、勉強をする時間を確保する必要があります。

まずは彼氏作りのために自分の時間をどの程度使えるかを割り出してみましょう。

例えば金曜日の夜6時以降は彼氏作りのために時間を割ける、または土日は全て彼氏作りのために使えるなど、自分が彼氏作りのために割ける時間をハッキリさせましょう。

3. 作戦を練る

作戦を練る

彼氏作りのために使える時間が分かったら、その時間を有効に活用するための計画を立てましょう。

行き当たりばったりで彼氏が作れると思わずに、綿密に計画を立てて、就活を成功させるような気持ちで彼氏作りに取り組みましょう。

その際に、最終的な彼氏ゲットの期限を区切ることも大切です。

「○年○月○日までに、彼氏を作ります」と宣言文をノートなどに書き出すのもおすすめです。

期限から逆算すると彼氏作りの計画や作戦を練りやすいでしょう。

4. 友達に宣言する

友達に宣言する

彼氏作りのきっかけとして、友達の紹介は有効です。

身元が知れているため、安心して交際を始められる関係だからです。

そこで友達に「彼氏を作りたい」ということを宣言しましょう。

友達が彼女が欲しい男性と出会った時に、自分のことを思い出してもらえるようにすることが大切です。

5. SNSで宣言する

SNSで宣言する

自分がしているSNSで彼氏が欲しい宣言をするのも良いでしょう。

SNSを通じて知り合ったカップルが結婚まで進むケースは良くあります。

友達の友達など、会ったことがないけれど意外と距離が近い男性との出会いの場になるかもしれません。

しばらく会っていなかった学生時代の友達から彼氏候補を紹介されたり、名乗り出る男性が登場するかもしれません。

6. 年賀状や暑中お見舞いで宣言する

年賀状や暑中お見舞いで宣言する

地味ですが、年賀状や暑中お見舞いを出す時に、「彼氏募集中です!」などと書き添えてアピールしましょう。

可能性は少なくても、それがきっかけで彼氏ができる可能性があるからです。

7. 飲み会に参加する

飲み会に参加する

会社の同僚や学生同士の飲み会、取引先の主催する飲み会など、全ての飲み会に一通り参加するのもおすすめです。

飲み会の席は初対面の男性との距離が縮まりやすいものです。

出会ってその日に恋仲になれる可能性もあります。

8. カラオケに参加する

カラオケに参加する

二次会のカラオケに参加しない女性が多いです。

カラオケは苦手だし、二次会のカラオケに参加すると帰りが遅くなるなど理由は様々でしょう。

しかし少しでも気になる男性がいる場合は、カラオケにも参加すべきです。

二次会ならではの意外な展開があるかもしれません。

9. コンパに参加する

コンパに参加する

コンパに参加をする女性を低く見ていた女性も多いでしょう。

しかし30代になって彼氏が欲しいと決意したら、コンパに参加することを断る理由はありません。

積極的に参加できるコンパに参加していきましょう。

コンパに参加をする時は、見極めを早くすることです。

初対面がとても大事で、初対面で無理だと思ったら早々に撤退するようにしましょう。

その代りフットワーク軽く、どんどんコンパに参加をしていきましょう。

10. お見合いパーティに参加する

お見合いパーティに参加する

お見合いパーティへの誘いがあったら、躊躇なく参加をします。

ネットなどでお見合いパーティを調べて、自分から参加をするのももちろんありです。

医者や弁護士など、特定の業種の彼が欲しい場合は、そのような男性が集まるお見合いパーティに参加しましょう。

11. 成果を確認する

成果を確認する

積極的に彼氏作りのための活動をしてみたら、数か月ごとに成果を確認しましょう。

彼氏候補はどれくらいできたか、彼氏ができそうな筋道を発見したかどうかをチェックします。

12. 計画を練り直す

計画を練り直す

成果をチェックした結果、あまり成果が出ていないと思ったら、計画を練り直す必要があります。

男性との出会いが多かったケース、あまり良い男性と出会えなかったケースなどを分析してみましょう。

そしてできるだけ彼氏がみつけやすいケースに絞って、そこに使える時間を注ぎ込むようにしましょう。

13. 取りあえず付き合ってみる

付き合うほどでもないかな. という男性と取りあえず付き合ってみるという方法もあります。

男性と付き合うことで、次の男性と付き合いやすくなるということもあるからです。

明らかにNGな男性は問題外ですが、付き合うかどうか迷っている場合は思い切ってGOサインを出すことも時には大切かもしれません。

付き合ってみてやっぱり嫌だと思ったら、すぐに別れるようにしましょう。

30代で彼氏できない女性が今すぐ始めることを13選まとめました。


彼氏を作ろうと決意する

30代になっても彼氏ができない人は、このまま何かが起きるのを待っていても状況が変わらない可能性が高いです。

まずは本気で彼氏を作ろうと決意することが大切になります。

お正月に書き初めをするように、ノートに「彼氏を作る!」などと書き、本気で彼氏を作ることを自分自身に誓いましょう。

そして彼氏を作ることを最優先するように自分と約束しましょう。

彼氏作りのために割ける時間を割り出す

彼氏作りを最優先すると言っても、仕事をしている人は今している仕事を続ける必要がありますし、将来的な資格取得を目指している人は、勉強をする時間を確保する必要があります。

まずは彼氏作りのために自分の時間をどの程度使えるかを割り出してみましょう。

例えば金曜日の夜6時以降は彼氏作りのために時間を割ける、または土日は全て彼氏作りのために使えるなど、自分が彼氏作りのために割ける時間をハッキリさせましょう。

作戦を練る

彼氏作りのために使える時間が分かったら、その時間を有効に活用するための計画を立てましょう。

行き当たりばったりで彼氏が作れると思わずに、綿密に計画を立てて、就活を成功させるような気持ちで彼氏作りに取り組みましょう。

その際に、最終的な彼氏ゲットの期限を区切ることも大切です。

「○年○月○日までに、彼氏を作ります」と宣言文をノートなどに書き出すのもおすすめです。

期限から逆算すると彼氏作りの計画や作戦を練りやすいでしょう。

友達に宣言する

彼氏作りのきっかけとして、友達の紹介は有効です。

身元が知れているため、安心して交際を始められる関係だからです。

そこで友達に「彼氏を作りたい」ということを宣言しましょう。

友達が彼女が欲しい男性と出会った時に、自分のことを思い出してもらえるようにすることが大切です。

SNSで宣言する

自分がしているSNSで彼氏が欲しい宣言をするのも良いでしょう。

SNSを通じて知り合ったカップルが結婚まで進むケースは良くあります。

友達の友達など、会ったことがないけれど意外と距離が近い男性との出会いの場になるかもしれません。

しばらく会っていなかった学生時代の友達から彼氏候補を紹介されたり、名乗り出る男性が登場するかもしれません。

年賀状や暑中お見舞いで宣言する

地味ですが、年賀状や暑中お見舞いを出す時に、「彼氏募集中です!」などと書き添えてアピールしましょう。

可能性は少なくても、それがきっかけで彼氏ができる可能性があるからです。

飲み会に参加する

会社の同僚や学生同士の飲み会、取引先の主催する飲み会など、全ての飲み会に一通り参加するのもおすすめです。

飲み会の席は初対面の男性との距離が縮まりやすいものです。

出会ってその日に恋仲になれる可能性もあります。

カラオケに参加する

二次会のカラオケに参加しない女性が多いです。

カラオケは苦手だし、二次会のカラオケに参加すると帰りが遅くなるなど理由は様々でしょう。

しかし少しでも気になる男性がいる場合は、カラオケにも参加すべきです。

二次会ならではの意外な展開があるかもしれません。

コンパに参加する

コンパに参加をする女性を低く見ていた女性も多いでしょう。

しかし30代になって彼氏が欲しいと決意したら、コンパに参加することを断る理由はありません。

積極的に参加できるコンパに参加していきましょう。

コンパに参加をする時は、見極めを早くすることです。

初対面がとても大事で、初対面で無理だと思ったら早々に撤退するようにしましょう。

その代りフットワーク軽く、どんどんコンパに参加をしていきましょう。

お見合いパーティに参加する

お見合いパーティへの誘いがあったら、躊躇なく参加をします。

ネットなどでお見合いパーティを調べて、自分から参加をするのももちろんありです。

医者や弁護士など、特定の業種の彼が欲しい場合は、そのような男性が集まるお見合いパーティに参加しましょう。

成果を確認する

積極的に彼氏作りのための活動をしてみたら、数か月ごとに成果を確認しましょう。

彼氏候補はどれくらいできたか、彼氏ができそうな筋道を発見したかどうかをチェックします。

計画を練り直す

成果をチェックした結果、あまり成果が出ていないと思ったら、計画を練り直す必要があります。

男性との出会いが多かったケース、あまり良い男性と出会えなかったケースなどを分析してみましょう。

そしてできるだけ彼氏がみつけやすいケースに絞って、そこに使える時間を注ぎ込むようにしましょう。

付き合うほどでもないかな. という男性と取りあえず付き合ってみるという方法もあります。

男性と付き合うことで、次の男性と付き合いやすくなるということもあるからです。

明らかにNGな男性は問題外ですが、付き合うかどうか迷っている場合は思い切ってGOサインを出すことも時には大切かもしれません。

付き合ってみてやっぱり嫌だと思ったら、すぐに別れるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-