【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114337.html
若者が恋愛離れする理由10選

若者が恋愛離れする理由10選 | LADYCO

LADYCO
若者が恋愛離れする理由10選

若者が恋愛離れする理由を考えてみました。 10選を見て一緒に考えてみませんか?

  • 芸能人の不倫や離婚トラブルを見て嫌になる
  • 独身者が増えている世の中
  • アイドルやアニメの世界で満足できる
  • 昔よりドラマで過激なシーンが少ないから…
  • 早くから勉強に打ち込み、将来のことを考える
  • 親と過ごす方が気楽
  • 将来に希望を見出せない
  • 自分のためにお金を残しておきたい
  • SNSの世界で満足できる
  • やりたいことが多すぎる

1. 芸能人の不倫や離婚トラブルを見て嫌になる

芸能人の不倫や離婚トラブルを見て嫌になる

最近芸能界で話題のゲス不倫や離婚トラブルをニュースで見ると、恋愛はトラブルがつきものなのだと怖くなる若者がいるのも頷けます。

だから面倒なものという気持ちになり、いっそ恋愛なんてするべきではないと思ってしまうのでしょう。 長く築き上げたキャリアや人気も一瞬にしてなくなってしまうことがありますから。 夢や希望のないものは手を出したくなくなるのも当然です。

2. 独身者が増えている世の中

独身者が増えている世の中

最近の日本は晩婚化や独身のまま終わる若者が増えました。 だから恋愛=結婚という発想も昔ほど生まれないはず。

昔なら恋愛から結婚相手かもしれないという夢を抱き、より大切に考えたり多くの出会いの機会を求めたと感じます。 また、晩婚化のせいで「まだいいや」と恋愛に本気になれない一面もあるはずです。

3. アイドルやアニメの世界で満足できる

アイドルやアニメの世界で満足できる

アイドルやアニメが人気の日本ではその世界に浸ることで異性への気持ちが満足できるということもあります。 実際に付き合う相手より手の届かない相手や架空の相手の方が良いように妄想し、トラブルもなく恋愛感情を楽しめますからね。

自分の好きなアイドルやアニメを追いかけることでそちらにお金と時間も取られます。 だから実際に異性とデートをしたり出会いの場に出向く余裕もなくなるという面もあります。

4. 昔よりドラマで過激なシーンが少ないから…

昔よりドラマで過激なシーンが少ないから…

ひと昔前はテレビドラマでも性的な過激なシーンが多く、若者はそれに刺激されて覚えることや興味を持つことも多かったのではないでしょうか?自分もしてみたいとか、このくらいの年齢ならこのくらいまで異性との関係を進めておかないとと焦る気持ちも生まれたはずです。

しかし、最近はドラマも規制が増えて過激なシーンがめっきり減りました。 若者は自然な形で異性との性的なものを学ぶ機会が減ってきているのも恋愛離れに影響していると考えます。

5. 早くから勉強に打ち込み、将来のことを考える

早くから勉強に打ち込み、将来のことを考える

少子化の昨今では小さいうちから教育費にお金をかける親が増え、小さいうちから塾などに通って将来を考えさせる家庭も増えましたね。 だから子供も自然としっかり勉強して将来の自分の道を考えるようになります。

それは素晴らしいことですが、恋愛や結婚がその足かせとなるという考えを持つ可能性も捨て切れません。 親は勉強の素晴らしさだけではなく恋愛についても素晴らしいことを教えてあげるべきなのでしょうか。

6. 親と過ごす方が気楽

親と過ごす方が気楽

親が子供にかけるお金を増やしている現代では親と過ごすこともストレスではないと感じる若者も多いでしょう。 不自由ない生活の中ではけ口などを探すこともなく、実家で気楽に過ごす事だってできてしまいます。

すると、自然に恋愛したいという欲望もわかなくなっていく気もしませんか?早く一人暮らしをして異性を連れ込みたい!と自由を求めるよりも親と一緒に不自由ない生活を過ごす方が気楽に決まっています。

7. 将来に希望を見出せない

将来に希望を見出せない

政治への不安、地震や世界平和への不安、高齢化社会への不安など、現代の若者には将来に渡る不安がいっぱい。 だから将来に希望を見出せず、恋愛をしてもどうせ幸せになんてなれないと絶望する若者も増えていると考えます。

そんな世の中だからこそせめて恋愛を充実してみたいと考える人も片方ではいるはず。 人によって感じ方は様々ですが、恋愛離れの要因として考えられる一面でもあります。

8. 自分のためにお金を残しておきたい

自分のためにお金を残しておきたい

給料が安いとか就職難でなかなか仕事が決まらないことで悩んでいる若者にとっては、自分のお金を自分のために残しておかなければという防衛本能も働いていることでしょう。

恋愛をそれなりに経験してきた人ならいかにお金がかかることなのかをよくわかっています。 ましてや結婚、出産ともなるともっともっと出費がかさみ、自分の収入が家族のものとなってしまうのです。 それが耐えられないと考える若者もいるでしょうね。

9. SNSの世界で満足できる

SNSの世界で満足できる

ラインやSNSの普及によって見えない世界で多くの人とつながり、多くの人の生活を覗くことも可能な現代です。 理想的な異性の生活を覗くことで相手を知っている満足感を得ることができますし、ラインなどでつながる人が増えることで一人で寂しいと感じることも減ります。 人恋しいということがなくなればその分恋愛離れとなるのもあるのではないでしょうか。

10. やりたいことが多すぎる

小さなうちからお金をかけてもらって多くの習い事をする子供も増えていますから、多くのことに興味を持つ好奇心旺盛な子供も増えているのだと感じます。 そんな風に育ってそのまま大人になると、やりたいことが多すぎて恋愛にまで時間も気も向かない大人になっているという可能性もあります。

やりたいことが多いとどうしてもそうでもないことを削っていかなければいけませんからね。 それが恋愛であるという人も増えているのかも。

若者が恋愛離れする理由を考えてみました。 10選を見て一緒に考えてみませんか?


芸能人の不倫や離婚トラブルを見て嫌になる

最近芸能界で話題のゲス不倫や離婚トラブルをニュースで見ると、恋愛はトラブルがつきものなのだと怖くなる若者がいるのも頷けます。

だから面倒なものという気持ちになり、いっそ恋愛なんてするべきではないと思ってしまうのでしょう。 長く築き上げたキャリアや人気も一瞬にしてなくなってしまうことがありますから。 夢や希望のないものは手を出したくなくなるのも当然です。

独身者が増えている世の中

最近の日本は晩婚化や独身のまま終わる若者が増えました。 だから恋愛=結婚という発想も昔ほど生まれないはず。

昔なら恋愛から結婚相手かもしれないという夢を抱き、より大切に考えたり多くの出会いの機会を求めたと感じます。 また、晩婚化のせいで「まだいいや」と恋愛に本気になれない一面もあるはずです。

アイドルやアニメの世界で満足できる

アイドルやアニメが人気の日本ではその世界に浸ることで異性への気持ちが満足できるということもあります。 実際に付き合う相手より手の届かない相手や架空の相手の方が良いように妄想し、トラブルもなく恋愛感情を楽しめますからね。

自分の好きなアイドルやアニメを追いかけることでそちらにお金と時間も取られます。 だから実際に異性とデートをしたり出会いの場に出向く余裕もなくなるという面もあります。

昔よりドラマで過激なシーンが少ないから…

ひと昔前はテレビドラマでも性的な過激なシーンが多く、若者はそれに刺激されて覚えることや興味を持つことも多かったのではないでしょうか?自分もしてみたいとか、このくらいの年齢ならこのくらいまで異性との関係を進めておかないとと焦る気持ちも生まれたはずです。

しかし、最近はドラマも規制が増えて過激なシーンがめっきり減りました。 若者は自然な形で異性との性的なものを学ぶ機会が減ってきているのも恋愛離れに影響していると考えます。

早くから勉強に打ち込み、将来のことを考える

少子化の昨今では小さいうちから教育費にお金をかける親が増え、小さいうちから塾などに通って将来を考えさせる家庭も増えましたね。 だから子供も自然としっかり勉強して将来の自分の道を考えるようになります。

それは素晴らしいことですが、恋愛や結婚がその足かせとなるという考えを持つ可能性も捨て切れません。 親は勉強の素晴らしさだけではなく恋愛についても素晴らしいことを教えてあげるべきなのでしょうか。

親と過ごす方が気楽

親が子供にかけるお金を増やしている現代では親と過ごすこともストレスではないと感じる若者も多いでしょう。 不自由ない生活の中ではけ口などを探すこともなく、実家で気楽に過ごす事だってできてしまいます。

すると、自然に恋愛したいという欲望もわかなくなっていく気もしませんか?早く一人暮らしをして異性を連れ込みたい!と自由を求めるよりも親と一緒に不自由ない生活を過ごす方が気楽に決まっています。

将来に希望を見出せない

政治への不安、地震や世界平和への不安、高齢化社会への不安など、現代の若者には将来に渡る不安がいっぱい。 だから将来に希望を見出せず、恋愛をしてもどうせ幸せになんてなれないと絶望する若者も増えていると考えます。

そんな世の中だからこそせめて恋愛を充実してみたいと考える人も片方ではいるはず。 人によって感じ方は様々ですが、恋愛離れの要因として考えられる一面でもあります。

自分のためにお金を残しておきたい

給料が安いとか就職難でなかなか仕事が決まらないことで悩んでいる若者にとっては、自分のお金を自分のために残しておかなければという防衛本能も働いていることでしょう。

恋愛をそれなりに経験してきた人ならいかにお金がかかることなのかをよくわかっています。 ましてや結婚、出産ともなるともっともっと出費がかさみ、自分の収入が家族のものとなってしまうのです。 それが耐えられないと考える若者もいるでしょうね。

SNSの世界で満足できる

ラインやSNSの普及によって見えない世界で多くの人とつながり、多くの人の生活を覗くことも可能な現代です。 理想的な異性の生活を覗くことで相手を知っている満足感を得ることができますし、ラインなどでつながる人が増えることで一人で寂しいと感じることも減ります。 人恋しいということがなくなればその分恋愛離れとなるのもあるのではないでしょうか。

小さなうちからお金をかけてもらって多くの習い事をする子供も増えていますから、多くのことに興味を持つ好奇心旺盛な子供も増えているのだと感じます。 そんな風に育ってそのまま大人になると、やりたいことが多すぎて恋愛にまで時間も気も向かない大人になっているという可能性もあります。

やりたいことが多いとどうしてもそうでもないことを削っていかなければいけませんからね。 それが恋愛であるという人も増えているのかも。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-