【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105215.html
配偶者と離婚したくない時の対策10選

配偶者と離婚したくない時の対策10選 | LADYCO

LADYCO
配偶者と離婚したくない時の対策10選

配偶者と離婚したくない時の対策を10選まとめました。

  • 感謝や労りの気持ちを言葉にする
  • 配偶者を信じて頼る
  • 自分の欠点を必要以上に嫌わない
  • 配偶者の頑張りを認めてあげる
  • 周囲の人々の悪口を聞かせない
  • 夫婦だけの時間を持つ
  • たまには自分だけの時間を作る
  • 仕事の疲れやストレスを家庭に持ち込まない
  • 子供に辛く当たらない
  • 言いたい事を手紙にする

1. 感謝や労りの気持ちを言葉にする

感謝や労りの気持ちを言葉にする

ありがとう、お疲れ様. といった相手を思いやる言葉は不思議と誰もを優しい気持ちにするものです。

そんな言葉をかけられて嬉しくならない人なんていませんし、それが配偶者からのものならば尚更喜びは大きいはずです。

こういった言葉は積極的に相手にかけるようにしましょう。

間違いなくお互いが穏やかな気持ちになれますよ。

2. 配偶者を信じて頼る

配偶者を信じて頼る

結婚するという事は配偶者と運命共同体、すなわち長所を活かし合い短所を補い合う関係になるという事です。

自分では出来ない事でも配偶者なら出来るかもしれない事はたくさんあります。

配偶者に負担をかけて嫌われたくないという気持ちはあるかもしれませんが、運命共同体となった相手に信頼されて頼られる事を迷惑だなんて思う人なんていませんので安心して頼りにしてあげて下さい。

3. 自分の欠点を必要以上に嫌わない

自分の欠点を必要以上に嫌わない

人間誰しも欠点を持つ生き物ですが、中には自分の欠点を不必要なほどコンプレックスに思って嫌う人もいるはずです。

しかし配偶者はその欠点を全て承知の上であなたを選んで結婚したのだから、それを目の当たりにしたところで今更幻滅して嫌うなんて事はしないでしょう。

完璧な人間などこの世にいない. この言葉を心に刻み自分の欠点を許してあげて下さい。

4. 配偶者の頑張りを認めてあげる

配偶者の頑張りを認めてあげる

自分は料理が得意だけど配偶者は料理が苦手. こんな夫婦は必ずいるはずです。

自分の得意分野を配偶者は不得意としている、なんて事は珍しくありません。

それでも「苦手だからやらない」という人ばかりではなく、相手の負担を減らそうと不得意分野に取り組んでくれる配偶者もいます。

そういった相手に対して「下手なくせに余計な事しないで」などと思わず「一生懸命頑張ってくれてありがとう」と努力を認めてあげて下さい。

失敗した結果ではなく努力した過程を見てあげるだけで、配偶者は報われた気分になれるでしょう。

5. 周囲の人々の悪口を聞かせない

周囲の人々の悪口を聞かせない

結婚すれば義理の親や兄弟はもちろん、配偶者の友人やその家族といった人々との関係も出てきます。

そういった中で「この人は自分と合わないな」と感じる相手がいないという人はきっといないはず。

それでも、あなたにとっては配偶者ありきの関係ですが配偶者にとっては自身が長年築いてきた絆を持つ相手なのです。

そういった相手を悪く言われて平気な人なんていませんよね。

いくら気に入らない相手だからといっても、それを配偶者にぶつけてしまってはあなたに対する好感度は確実に下がってしまうでしょう。

6. 夫婦だけの時間を持つ

夫婦だけの時間を持つ

子供がいたり、あるいはどちらかの親と同居したりして夫婦だけの空気を作るのが難しい場合もあるでしょう。

それでも、夫婦だけでコミュニケーションをする時間というのも必要です。

マッサージをする、外を2人で散歩する時間を作る. など自分達に合った方法で夫婦ふたりきりの時間を作るのもお互いの愛情を高め合うのに必要な事でしょう。

7. たまには自分だけの時間を作る

たまには自分だけの時間を作る

結婚当初は「ずっと一緒にいたい」と思っていても、時が経つにつれて配偶者と一緒にい続けるのを煩わしく感じてしまう夫婦がほとんどです。

いくら配偶者と言えども誰にも邪魔されない自分だけの領域というものはどうしても必要でしょう。

そういったものが必要になった時は、1人カラオケやドライブなどをして自分だけの時間を設けましょう。

そうすれば気分もすっきりして再び配偶者と一緒にいたくなるはずです。

8. 仕事の疲れやストレスを家庭に持ち込まない

仕事の疲れやストレスを家庭に持ち込まない

仕事をしていると嫌な事なんてたくさんありますよね。

でもそれを家庭にまで持ち込んで荒れた姿を晒すのはいかがなものでしょうか。

家庭とは日常の憩いの場とも言えるべき場所です。

配偶者はほっと一息ついて癒されたいのにあなたがストレス全開で負の感情を剥き出しにしては取れる疲れも取れません。

仕事のストレスは前述の“7. たまには自分だけの時間を作る”で述べたように1人の時間で発散するか、同僚など同じ悩みを分かち合える仲間と愚痴をこぼし合うなどしましょう。

9. 子供に辛く当たらない

子供に辛く当たらない

子供を攻撃して苦しめてやろうなんて考えている人はまずいないでしょう、しかしどうしても夫婦関係がうまくいかなかったりストレスが溜まったりしていると子供に八つ当たりをしてしまう人がいる事も残念ながら事実です。

ここは一旦深呼吸でもしてぐっと堪え、負の感情の矛先を子供に向けないで下さい。

夫婦関係がどうであれ、配偶者が子供に辛く当たる姿を見て悲しく思わない人なんていないのですから。

10. 言いたい事を手紙にする

万が一離婚危機に陥った場合、どの夫婦も話し合いをする必要が出てきます。

しかしいざ相手を目の前にすると負の感情が昂って喧嘩になってしまう事が多いものです。

そういう時は一旦頭を冷やして本当に言いたい事を手紙に書いてみましょう。

手紙に書く事で自分の本音を整理出来るので、相手に本当の気持ちが伝わり落ち着いて話をしようという気になってくれるはずです。

配偶者と離婚したくない時の対策を10選まとめました。


感謝や労りの気持ちを言葉にする

ありがとう、お疲れ様. といった相手を思いやる言葉は不思議と誰もを優しい気持ちにするものです。

そんな言葉をかけられて嬉しくならない人なんていませんし、それが配偶者からのものならば尚更喜びは大きいはずです。

こういった言葉は積極的に相手にかけるようにしましょう。

間違いなくお互いが穏やかな気持ちになれますよ。

配偶者を信じて頼る

結婚するという事は配偶者と運命共同体、すなわち長所を活かし合い短所を補い合う関係になるという事です。

自分では出来ない事でも配偶者なら出来るかもしれない事はたくさんあります。

配偶者に負担をかけて嫌われたくないという気持ちはあるかもしれませんが、運命共同体となった相手に信頼されて頼られる事を迷惑だなんて思う人なんていませんので安心して頼りにしてあげて下さい。

自分の欠点を必要以上に嫌わない

人間誰しも欠点を持つ生き物ですが、中には自分の欠点を不必要なほどコンプレックスに思って嫌う人もいるはずです。

しかし配偶者はその欠点を全て承知の上であなたを選んで結婚したのだから、それを目の当たりにしたところで今更幻滅して嫌うなんて事はしないでしょう。

完璧な人間などこの世にいない. この言葉を心に刻み自分の欠点を許してあげて下さい。

配偶者の頑張りを認めてあげる

自分は料理が得意だけど配偶者は料理が苦手. こんな夫婦は必ずいるはずです。

自分の得意分野を配偶者は不得意としている、なんて事は珍しくありません。

それでも「苦手だからやらない」という人ばかりではなく、相手の負担を減らそうと不得意分野に取り組んでくれる配偶者もいます。

そういった相手に対して「下手なくせに余計な事しないで」などと思わず「一生懸命頑張ってくれてありがとう」と努力を認めてあげて下さい。

失敗した結果ではなく努力した過程を見てあげるだけで、配偶者は報われた気分になれるでしょう。

周囲の人々の悪口を聞かせない

結婚すれば義理の親や兄弟はもちろん、配偶者の友人やその家族といった人々との関係も出てきます。

そういった中で「この人は自分と合わないな」と感じる相手がいないという人はきっといないはず。

それでも、あなたにとっては配偶者ありきの関係ですが配偶者にとっては自身が長年築いてきた絆を持つ相手なのです。

そういった相手を悪く言われて平気な人なんていませんよね。

いくら気に入らない相手だからといっても、それを配偶者にぶつけてしまってはあなたに対する好感度は確実に下がってしまうでしょう。

夫婦だけの時間を持つ

子供がいたり、あるいはどちらかの親と同居したりして夫婦だけの空気を作るのが難しい場合もあるでしょう。

それでも、夫婦だけでコミュニケーションをする時間というのも必要です。

マッサージをする、外を2人で散歩する時間を作る. など自分達に合った方法で夫婦ふたりきりの時間を作るのもお互いの愛情を高め合うのに必要な事でしょう。

たまには自分だけの時間を作る

結婚当初は「ずっと一緒にいたい」と思っていても、時が経つにつれて配偶者と一緒にい続けるのを煩わしく感じてしまう夫婦がほとんどです。

いくら配偶者と言えども誰にも邪魔されない自分だけの領域というものはどうしても必要でしょう。

そういったものが必要になった時は、1人カラオケやドライブなどをして自分だけの時間を設けましょう。

そうすれば気分もすっきりして再び配偶者と一緒にいたくなるはずです。

仕事の疲れやストレスを家庭に持ち込まない

仕事をしていると嫌な事なんてたくさんありますよね。

でもそれを家庭にまで持ち込んで荒れた姿を晒すのはいかがなものでしょうか。

家庭とは日常の憩いの場とも言えるべき場所です。

配偶者はほっと一息ついて癒されたいのにあなたがストレス全開で負の感情を剥き出しにしては取れる疲れも取れません。

仕事のストレスは前述の“7. たまには自分だけの時間を作る”で述べたように1人の時間で発散するか、同僚など同じ悩みを分かち合える仲間と愚痴をこぼし合うなどしましょう。

子供に辛く当たらない

子供を攻撃して苦しめてやろうなんて考えている人はまずいないでしょう、しかしどうしても夫婦関係がうまくいかなかったりストレスが溜まったりしていると子供に八つ当たりをしてしまう人がいる事も残念ながら事実です。

ここは一旦深呼吸でもしてぐっと堪え、負の感情の矛先を子供に向けないで下さい。

夫婦関係がどうであれ、配偶者が子供に辛く当たる姿を見て悲しく思わない人なんていないのですから。

万が一離婚危機に陥った場合、どの夫婦も話し合いをする必要が出てきます。

しかしいざ相手を目の前にすると負の感情が昂って喧嘩になってしまう事が多いものです。

そういう時は一旦頭を冷やして本当に言いたい事を手紙に書いてみましょう。

手紙に書く事で自分の本音を整理出来るので、相手に本当の気持ちが伝わり落ち着いて話をしようという気になってくれるはずです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-