【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514164005.html
離婚にするときに多い妻の悩み5選

離婚にするときに多い妻の悩み5選 | LADYCO

LADYCO
離婚にするときに多い妻の悩み5選

離婚をするには両社の同意が必要であり、どちらか一方の配偶者の意思で離婚をすることはできません。

離婚の上で問題に悩まされているのが「妻」の方であることが圧倒的に多いです。

妻が離婚の問題に圧倒的に悩まされている多くの理由としてどんなことに悩まされているのかを挙げて説明します

  • 力と立場が弱い
  • 家事をしてくれない
  • 仕事をしてくれない
  • ギャンブルにのめり込む
  • 夫の浮気で家庭がめちゃくちゃ

1. 力と立場が弱い

力と立場が弱い

妻は力や立場が弱いので夫の暴力や暴言に逆らえないことが多くて、もし夫が無職でギャンブルにのめり込んでいる場合はもっと最悪です。

金銭の要求や妻が働いている場合は月の収入がギャンブルに使われることもあります。

ギャンブルでなくてもお酒に使われることもあり、ますます妻は肩身を狭い思いをすることになります。

一方で、仕事をしていて収入がある場合でも要注意です。

収入があっても生活費を入れない場合があるからです。

生活費を入れない理由として「自由に使えるお金がほしいため」という理由が多くあります。

独身時代と同じ金銭感覚でお小遣いを少なくしたくないというのが主な本音です。

もうひとつ注目しておきたいのが低収入あるいは専業主婦の妻の立場を利用して生活費を入れないことです。

どういうことかと言いますと、例えば大企業に勤める夫と専業主婦の妻を例にしていきます。

大企業に勤める夫は月収が40万円で専業主婦の妻は収入がないとします。

そこで収入がない妻が問題を起こした場合に「ペナルティー」と称して生活費を入れません。

少ない金額で入れてくれる場合はまだ良いですが、全く入れないという場合が最悪です。

2. 家事をしてくれない

家事をしてくれない

家事をしない、無職で働く気がない、ギャンブルにのめり込む等の行為が主になります。

家事をしないについてですが、家庭に子供がいる場合で妻が子育てで忙しい時に夫がフォローしないというのが例です。

子供の年齢にもよりますが赤ちゃんの場合は危険を回避するために常に親の誰かが見守らないといけません。

2〜5歳の場合は保育所や幼稚園があるので子供を預けることができますが、現在では待機児童の問題があり保育園や幼稚園が行けない場合は自分で子供の世話をしなくてはいけません。

6歳以降では子供は小学生で自分で行動できるようになり子育ての負担は軽くなります。

問題は0〜5歳までの子供の子育てが大変で夫のフォローなしでは厳しいです。

小学生に上がるまでは夫が家事をして妻の負担を減らさなければ妻が体を壊したら夫の方が困ります。

3. 仕事をしてくれない

仕事をしてくれない

夫婦の中には夫が仕事をしないで妻の収入で生活をしているという方が見られます。

もし、夫が病気や怪我で仕事をするのが困難な場合や仕事がなかなか見つからなくて仕事を探している等の理由の場合はやむを得ないので仕方がないのですが、健康で仕事ができるのにもかかわらず仕事を探さないで仕事をしないのは怠慢としか言いようがありません。

4. ギャンブルにのめり込む

ギャンブルにのめり込む

ギャンブルをやる多くの理由は「お金を稼ぐため」という理由が占めます。

ギャンブルというのは負けるようになっていて胴元が勝つようになっています。

もし、稼ぎ続けていたらそこのギャンブルの施設が倒産してしまいます。

お金を稼ぐのは会社で真面目に仕事をして稼ぐのが最も効率的で安全に稼ぐことができます。

妻の方も夫がギャンブルをしていてギャンブルのためにお金を要求してきたら「お金がない」「生活していけない」等の理由を付けて断りましょう。

5. 夫の浮気で家庭がめちゃくちゃ

浮気というのは結婚しているのに他の女性と夫婦として付き合うことで浮気は夫に多いです。

夫が浮気する原因として「妻よりも他の女性のほうが魅力的」「妻よりも収入があり良い仕事についている」「家事と仕事を含めて妻よりも上」等の理由が挙げられます。

しかし、だからと言って浮気をする理由にはなりませんし、子供がいた場合は大きなショックを受けることになります。

結婚をするということは「生涯一生に居たい」ということなので浮気をするのは人として最低です。

この文章を読んでいる方は妻の方に限らず夫の方も読んでいるでしょう。

もう一度言いますが、上記の理由は法律により離婚することが可能です。

最終手段として裁判所を通して裁判により強制的に離婚が可能です。

ただの離婚で済めば良いのですが、場合によっては慰謝料を求められたり、子供がいる場合は子供の養育費の支払い義務が生じたり様々な弊害が起こります。

夫婦になるということは「生涯その女性と一生居たい」ということなのです。

この文章を夫の方が読んでいる場合はこの機会に今日から妻を大切にしてください。

離婚をするには両社の同意が必要であり、どちらか一方の配偶者の意思で離婚をすることはできません。

離婚の上で問題に悩まされているのが「妻」の方であることが圧倒的に多いです。

妻が離婚の問題に圧倒的に悩まされている多くの理由としてどんなことに悩まされているのかを挙げて説明します


力と立場が弱い

妻は力や立場が弱いので夫の暴力や暴言に逆らえないことが多くて、もし夫が無職でギャンブルにのめり込んでいる場合はもっと最悪です。

金銭の要求や妻が働いている場合は月の収入がギャンブルに使われることもあります。

ギャンブルでなくてもお酒に使われることもあり、ますます妻は肩身を狭い思いをすることになります。

一方で、仕事をしていて収入がある場合でも要注意です。

収入があっても生活費を入れない場合があるからです。

生活費を入れない理由として「自由に使えるお金がほしいため」という理由が多くあります。

独身時代と同じ金銭感覚でお小遣いを少なくしたくないというのが主な本音です。

もうひとつ注目しておきたいのが低収入あるいは専業主婦の妻の立場を利用して生活費を入れないことです。

どういうことかと言いますと、例えば大企業に勤める夫と専業主婦の妻を例にしていきます。

大企業に勤める夫は月収が40万円で専業主婦の妻は収入がないとします。

そこで収入がない妻が問題を起こした場合に「ペナルティー」と称して生活費を入れません。

少ない金額で入れてくれる場合はまだ良いですが、全く入れないという場合が最悪です。

家事をしてくれない

家事をしない、無職で働く気がない、ギャンブルにのめり込む等の行為が主になります。

家事をしないについてですが、家庭に子供がいる場合で妻が子育てで忙しい時に夫がフォローしないというのが例です。

子供の年齢にもよりますが赤ちゃんの場合は危険を回避するために常に親の誰かが見守らないといけません。

2〜5歳の場合は保育所や幼稚園があるので子供を預けることができますが、現在では待機児童の問題があり保育園や幼稚園が行けない場合は自分で子供の世話をしなくてはいけません。

6歳以降では子供は小学生で自分で行動できるようになり子育ての負担は軽くなります。

問題は0〜5歳までの子供の子育てが大変で夫のフォローなしでは厳しいです。

小学生に上がるまでは夫が家事をして妻の負担を減らさなければ妻が体を壊したら夫の方が困ります。

仕事をしてくれない

夫婦の中には夫が仕事をしないで妻の収入で生活をしているという方が見られます。

もし、夫が病気や怪我で仕事をするのが困難な場合や仕事がなかなか見つからなくて仕事を探している等の理由の場合はやむを得ないので仕方がないのですが、健康で仕事ができるのにもかかわらず仕事を探さないで仕事をしないのは怠慢としか言いようがありません。

ギャンブルにのめり込む

ギャンブルをやる多くの理由は「お金を稼ぐため」という理由が占めます。

ギャンブルというのは負けるようになっていて胴元が勝つようになっています。

もし、稼ぎ続けていたらそこのギャンブルの施設が倒産してしまいます。

お金を稼ぐのは会社で真面目に仕事をして稼ぐのが最も効率的で安全に稼ぐことができます。

妻の方も夫がギャンブルをしていてギャンブルのためにお金を要求してきたら「お金がない」「生活していけない」等の理由を付けて断りましょう。

浮気というのは結婚しているのに他の女性と夫婦として付き合うことで浮気は夫に多いです。

夫が浮気する原因として「妻よりも他の女性のほうが魅力的」「妻よりも収入があり良い仕事についている」「家事と仕事を含めて妻よりも上」等の理由が挙げられます。

しかし、だからと言って浮気をする理由にはなりませんし、子供がいた場合は大きなショックを受けることになります。

結婚をするということは「生涯一生に居たい」ということなので浮気をするのは人として最低です。

この文章を読んでいる方は妻の方に限らず夫の方も読んでいるでしょう。

もう一度言いますが、上記の理由は法律により離婚することが可能です。

最終手段として裁判所を通して裁判により強制的に離婚が可能です。

ただの離婚で済めば良いのですが、場合によっては慰謝料を求められたり、子供がいる場合は子供の養育費の支払い義務が生じたり様々な弊害が起こります。

夫婦になるということは「生涯その女性と一生居たい」ということなのです。

この文章を夫の方が読んでいる場合はこの機会に今日から妻を大切にしてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-