【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155034.html
離婚して後悔するポイント

離婚して後悔するポイント | LADYCO

LADYCO
離婚して後悔するポイント

結婚をして生活をしていると嫌と思ってしまったら、一分でも離れたいと思うのです。

離婚をできるなら、自分が望んでいないことでも了承してしまうことがありますね。

実際に離婚が成立すると、とても悲しい、その他にも後悔することがあります。

そんな後悔をする内容について、まとめてみました。

  • 子供が寂しがる
  • 子供の親権について
  • 生活の困窮
  • 怖い思いをした時
  • 離婚をした二人共幸せを感じない時
  • とても寂しくなった時
  • 良い思い出を思い出した時

1. 子供が寂しがる

子供が寂しがる

子供がいる場合は、まず子供が寂しい思いをすることがあります。

ほとんどの子供さんは、ひとり親になることを嫌がります。

やっぱり両親が揃っていてほしいと願うのです。

そのことについて、親としては離婚をして本当に良かったのか、後悔をすることがあるのです。

それは、自分たちの理由で勝手に離婚をしてしまうからです。

自分はいいとしても、子供に寂しい思いをさせていると思って後悔をすることがあります。

特に相手の人が、自分には見せない、子供思いだったりすると、余計にそのことを感じます。

そして本当に、この離婚は良かったのか真剣に悩むことになります。

2. 子供の親権について

子供の親権について

離婚をしたいという、いっときでも離れたいという、そんな思いから子供を相手の人に親権として認めてしまうことがあります。

そしてそのことは、良かったのか答えを出すことができずに、その後悔について一生悩む事が多いです。

それはなんとしても、自分の元に引き寄せたかったと思う後悔です。

それは、一生思うことは親だったら間違いありません。

3. 生活の困窮

生活の困窮

生活が苦しくなることが多いので、そのことについて辛くなります。

シングルで、働きながら生活をすることになるのです。

子供がいたら、子供の世話もすることになります。

その為、その疲れは相当のものになりますね。

専業主婦をしていた人が離婚をする場合、痛烈に感じる事です。

しかも子供を連れている場合は、へとへとになってしまいます。

そして現実として疲れきってしまったとき、離婚をしたことは本当に良かったのか、これから先どうなるのだろう、体は持つのか等、一気に現実として不安が押し寄せてきます。

また、子供の進学などについても、悩むことになりますね。

子供を大学に通わせることができない等、真剣に悩むことになります。

4. 怖い思いをした時

怖い思いをした時

離婚をすると、一人ぐらしまたは、子供と一緒に生活となります。

すると、女性の場合は、特に怖いと感じることが多いです。

それはふとした時に、一人でいる怖さを思うことがあるのです。

一人で部屋にいるとき等、今までは感じることがなかった不安を感じることになります。

5. 離婚をした二人共幸せを感じない時

離婚をした二人共幸せを感じない時

離婚をするということは、それだけ自由になって、幸せを見つけることが多くなると思いがちです。

しかし、ふとしたことで離婚をしてしまった時、後で後悔をすることが多いのです。

ときには、なぜ離婚をしてしまったのだろうと思う事もありますね。

そんな風に、少しのことがきっかけで、そんな風に思っていなかった時、離婚まで発展すると、とても後悔をします。

しかし、後にも引くこともできなくなり、勢いで離婚をしてしまうこともあるのです。

そんな時、自分を反省して再び、同じ人と再婚をすることもあります。

6. とても寂しくなった時

とても寂しくなった時

一人でいると、とても寂しいと思うことがあります。

特に一人で食事をしていると、寂しさがこみ上げてきますね。

そんな風に、毎日そのような生活をしていると、人恋しくなります。

そして離婚をして良かったのかと、真剣に後悔をすることがあるのです。

7. 良い思い出を思い出した時

楽しかった時の事を思い出した時、離婚について悩むことがあります。

それは離婚をするほど、悪い相手でもなかったと、後悔をするのです。

良かった時のことなど、ふと思い出すことがありますね。

特に自分に原因があって離婚をすると、そのことを切実に感じます。

そしてもう一度、やり直したいと思うのです。

離婚をするということは、相当のエネルギーがいります。

そしてそのことに必死になって、その後のことを想像すらできないこともありますね。

しかし、それはとても危険な事です。

離婚をすると、翌日から現実が待っています。

その現実と、どう向き合って生活をしていくのか、精神をコントロールするのか、大事なのです。

また子供の気持ちも、後悔をすることが多いですね。

子供のことは、子供にできるだけ嫌な思いをさせることがないように、時間をかけることも必要ですね。

結婚をして生活をしていると嫌と思ってしまったら、一分でも離れたいと思うのです。

離婚をできるなら、自分が望んでいないことでも了承してしまうことがありますね。

実際に離婚が成立すると、とても悲しい、その他にも後悔することがあります。

そんな後悔をする内容について、まとめてみました。


子供が寂しがる

子供がいる場合は、まず子供が寂しい思いをすることがあります。

ほとんどの子供さんは、ひとり親になることを嫌がります。

やっぱり両親が揃っていてほしいと願うのです。

そのことについて、親としては離婚をして本当に良かったのか、後悔をすることがあるのです。

それは、自分たちの理由で勝手に離婚をしてしまうからです。

自分はいいとしても、子供に寂しい思いをさせていると思って後悔をすることがあります。

特に相手の人が、自分には見せない、子供思いだったりすると、余計にそのことを感じます。

そして本当に、この離婚は良かったのか真剣に悩むことになります。

子供の親権について

離婚をしたいという、いっときでも離れたいという、そんな思いから子供を相手の人に親権として認めてしまうことがあります。

そしてそのことは、良かったのか答えを出すことができずに、その後悔について一生悩む事が多いです。

それはなんとしても、自分の元に引き寄せたかったと思う後悔です。

それは、一生思うことは親だったら間違いありません。

生活の困窮

生活が苦しくなることが多いので、そのことについて辛くなります。

シングルで、働きながら生活をすることになるのです。

子供がいたら、子供の世話もすることになります。

その為、その疲れは相当のものになりますね。

専業主婦をしていた人が離婚をする場合、痛烈に感じる事です。

しかも子供を連れている場合は、へとへとになってしまいます。

そして現実として疲れきってしまったとき、離婚をしたことは本当に良かったのか、これから先どうなるのだろう、体は持つのか等、一気に現実として不安が押し寄せてきます。

また、子供の進学などについても、悩むことになりますね。

子供を大学に通わせることができない等、真剣に悩むことになります。

怖い思いをした時

離婚をすると、一人ぐらしまたは、子供と一緒に生活となります。

すると、女性の場合は、特に怖いと感じることが多いです。

それはふとした時に、一人でいる怖さを思うことがあるのです。

一人で部屋にいるとき等、今までは感じることがなかった不安を感じることになります。

離婚をした二人共幸せを感じない時

離婚をするということは、それだけ自由になって、幸せを見つけることが多くなると思いがちです。

しかし、ふとしたことで離婚をしてしまった時、後で後悔をすることが多いのです。

ときには、なぜ離婚をしてしまったのだろうと思う事もありますね。

そんな風に、少しのことがきっかけで、そんな風に思っていなかった時、離婚まで発展すると、とても後悔をします。

しかし、後にも引くこともできなくなり、勢いで離婚をしてしまうこともあるのです。

そんな時、自分を反省して再び、同じ人と再婚をすることもあります。

とても寂しくなった時

一人でいると、とても寂しいと思うことがあります。

特に一人で食事をしていると、寂しさがこみ上げてきますね。

そんな風に、毎日そのような生活をしていると、人恋しくなります。

そして離婚をして良かったのかと、真剣に後悔をすることがあるのです。

楽しかった時の事を思い出した時、離婚について悩むことがあります。

それは離婚をするほど、悪い相手でもなかったと、後悔をするのです。

良かった時のことなど、ふと思い出すことがありますね。

特に自分に原因があって離婚をすると、そのことを切実に感じます。

そしてもう一度、やり直したいと思うのです。

離婚をするということは、相当のエネルギーがいります。

そしてそのことに必死になって、その後のことを想像すらできないこともありますね。

しかし、それはとても危険な事です。

離婚をすると、翌日から現実が待っています。

その現実と、どう向き合って生活をしていくのか、精神をコントロールするのか、大事なのです。

また子供の気持ちも、後悔をすることが多いですね。

子供のことは、子供にできるだけ嫌な思いをさせることがないように、時間をかけることも必要ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-