【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513174437.html
妻に離婚を言い出された時、修復可能な気を付けるポイント

妻に離婚を言い出された時、修復可能な気を付けるポイント | LADYCO

LADYCO
妻に離婚を言い出された時、修復可能な気を付けるポイント

昨日まで普通だったはずの妻に、いきなり離婚届を突き出された! 離婚をしたくないあなた、諦めるのはちょっと待ってください。

今からでも間に合う可能性はまだあります。

チャンスを逃さないように、しっかりチェックしましょう!

  • 原因をしっかりと聞く。
  • むやみやたらに触れない
  • 自分の事は自分でする
  • 出来るだけ家には直帰する
  • 無言になり過ぎない
  • 怒らない
  • 話し合いは何回もしない
  • 誠意のある「ごめん」が1番効果的!

1. 原因をしっかりと聞く。

原因をしっかりと聞く。

男性は頭の中で考えてしまいがち。

でも女性って、口に出すことで解決に向かいやすいんです。

離婚に至るまで、必ず何かしらの原因があります。

また口に出すことで、女性は気持ちがラクになりやすいものです。

相手に分かってもらえた、伝わったと思うと意外と前向きに考え直してくれるかも。

何時間でもしっかりと話を聞き、反論はせずに「ごめんね」「そんなに我慢させていたんだね」と気持ちに同調してあげるのがポイントです。

2. むやみやたらに触れない

むやみやたらに触れない

離婚をしたいと思う程、気持ちは残念ながら離れてしまっています。

女性は気持ちのない男性から触られると「気持ち悪い」と思いがち。

いくらかつては愛し合った人でも、今は気持ちが変化しています。

あなたからの愛情が感じられなかったり、寂しさから離婚へと発展した場合には抱きしめてあげる事で出来た隙間を埋める事も可能です。

しかし、無理に距離を縮めようと触れたり抱きしめたりする事は逆に気持ちが離れてしまう事も。

中には触れられるだけで嘔吐してしまう人もいるそうです。

様子を見て、本当に触れても大丈夫かをちゃんと判断しましょう。

まずは近距離に近づいても拒絶されないか試すところから始めましょう。

3. 自分の事は自分でする

自分の事は自分でする

今まで何もかも任せっきりだったのではありませんか?

頼りにならないあなたの姿に、愛想を尽かしてしまった可能性もあり得ます。

離婚を考えている妻は、気持ちがないあなたの世話をする事が苦痛で仕方ありません。

でもやらなければいけないというストレスで、余計に気持ちがヒートアップしてしまいます。

出来るだけ負担をかけないように、洋服の準備や皿洗い、ご飯時に自分でご飯をよそうだけでも良いのです。

小さな事から自分で率先してやるように心掛けましょう。

また、一言「お前の分もやろうか?

と気遣ってあげる事で、妻の気持ちも落ち着きやすくなります。

4. 出来るだけ家には直帰する

出来るだけ家には直帰する

世間一般的な奥さんたちは、「私は家事に子育てで毎日しているのに、旦那は仕事さえしていればいいと思って呑みに行ってばかり」と不満を持っている人がたくさんいます。

いくら離婚を切り出していても、旦那が毎日遅く帰って来ると不満に思うもの。

仕事の付き合いも大切ですが、今のあなたに大切なのは家庭の修復ではありませんか!? あなたなりにストレスが溜まってしまい、現実逃避したくなる事もあると思います。

しかし今は踏ん張り時。

出来るだけ家に直帰することで誠意が伝わりやすくなります。

5. 無言になり過ぎない

無言になり過ぎない

「あまりしつこくしない方がいいのかな」と様子を見てしまう人もいると思います。

確かにしつこくされると、鬱陶しがられる可能性があります。

何を話していいか分からなくなる人もいると思います。

しかし、あまり無言でい続けるとあなたも気持ちが冷めていると勘違いされてしまいます! 相手の冷たい態度に傷付く事があるかもしれません。

でも変に維持を張らずに、少しで良いから話しかける様にしましょう。

「何かする事ある?」「コンビニ行くけど、何か買ってこようか?

など、気遣う内容であれば相手も不快には思いにくいハズです。

6. 怒らない

怒らない

離婚の原因は、納得出来るものも出来ないものもあります。

あなたの中で、ただのワガママだ、矛盾している、理不尽だと不満に思う内容もあるかも。

しかし、そこで怒って言い合いになっても良い結果は待っていません。

辛いかもしれませんが、グッと堪え、全部聞いてあげましょう。

女性は口に出してスッキリする分、冷静になった時に申し訳なさや、あなたの我慢にちゃんと気付いています。

怒らない優しさを見せてあげる事で、相手もちょっと反省して考えを改めるかもしれません。

7. 話し合いは何回もしない

話し合いは何回もしない

離婚は、とても道のりが長いです。

自分達だけでなく、両親、親戚、仕事場も関わって来るもの。

その都度話し合いをしていてはお互い精神的に疲れてしまい、あなたの踏みとどめる気力も失われやすくなってしまいます。

それに夫婦同士で同じような話し合いを何回もしていては埒が明かない上に、お互い次第に言葉の歯止めが効かなくなってしまい、口論へと発展する可能性も。

1度で効果がある言葉も、何回も発する事で価値観が薄まってしまうこともあります。

引き止めたいという気持ちから、解決するまで毎日の様に話し合いをしがちですが、お互いの精神力を奪う事が1番危険です。

話す内容、伝えたい言葉をしっかりと頭にまとめて、数回の話し合いで伝えるようにしましょう。

8. 誠意のある「ごめん」が1番効果的!

結局、妻はあなたに不満があって離婚を決意しています。

先程にも述べた通り、理不尽な事や傷付く事を言われるかもしれませんが、妻の気持ちが戻ってこない事には何も解決しません。

しっかりと話を聞いてあげた後は、誠意をもって「ごめん」と伝えてみましょう。

ただ謝ればいい訳でもありません。

妻が何に対して謝って欲しいのか、自分が何をしてしまったのかをしっかり理解してから謝る事が大切です。

「いっぱい我慢させていてごめん」「気付いてあげられなくてごめん」そう言われるだけで、妻の気持ちは確実に動きます。

もしかしたら、その誠意が伝わって考え直してくれるかも。

中にはプライドが邪魔して謝れないという人もいますが、プライドと家庭のどっちを取るのか、よく自分の胸に聞いてみてください。

昨日まで普通だったはずの妻に、いきなり離婚届を突き出された! 離婚をしたくないあなた、諦めるのはちょっと待ってください。

今からでも間に合う可能性はまだあります。

チャンスを逃さないように、しっかりチェックしましょう!


原因をしっかりと聞く。

男性は頭の中で考えてしまいがち。

でも女性って、口に出すことで解決に向かいやすいんです。

離婚に至るまで、必ず何かしらの原因があります。

また口に出すことで、女性は気持ちがラクになりやすいものです。

相手に分かってもらえた、伝わったと思うと意外と前向きに考え直してくれるかも。

何時間でもしっかりと話を聞き、反論はせずに「ごめんね」「そんなに我慢させていたんだね」と気持ちに同調してあげるのがポイントです。

むやみやたらに触れない

離婚をしたいと思う程、気持ちは残念ながら離れてしまっています。

女性は気持ちのない男性から触られると「気持ち悪い」と思いがち。

いくらかつては愛し合った人でも、今は気持ちが変化しています。

あなたからの愛情が感じられなかったり、寂しさから離婚へと発展した場合には抱きしめてあげる事で出来た隙間を埋める事も可能です。

しかし、無理に距離を縮めようと触れたり抱きしめたりする事は逆に気持ちが離れてしまう事も。

中には触れられるだけで嘔吐してしまう人もいるそうです。

様子を見て、本当に触れても大丈夫かをちゃんと判断しましょう。

まずは近距離に近づいても拒絶されないか試すところから始めましょう。

自分の事は自分でする

今まで何もかも任せっきりだったのではありませんか?

頼りにならないあなたの姿に、愛想を尽かしてしまった可能性もあり得ます。

離婚を考えている妻は、気持ちがないあなたの世話をする事が苦痛で仕方ありません。

でもやらなければいけないというストレスで、余計に気持ちがヒートアップしてしまいます。

出来るだけ負担をかけないように、洋服の準備や皿洗い、ご飯時に自分でご飯をよそうだけでも良いのです。

小さな事から自分で率先してやるように心掛けましょう。

また、一言「お前の分もやろうか?

と気遣ってあげる事で、妻の気持ちも落ち着きやすくなります。

出来るだけ家には直帰する

世間一般的な奥さんたちは、「私は家事に子育てで毎日しているのに、旦那は仕事さえしていればいいと思って呑みに行ってばかり」と不満を持っている人がたくさんいます。

いくら離婚を切り出していても、旦那が毎日遅く帰って来ると不満に思うもの。

仕事の付き合いも大切ですが、今のあなたに大切なのは家庭の修復ではありませんか!? あなたなりにストレスが溜まってしまい、現実逃避したくなる事もあると思います。

しかし今は踏ん張り時。

出来るだけ家に直帰することで誠意が伝わりやすくなります。

無言になり過ぎない

「あまりしつこくしない方がいいのかな」と様子を見てしまう人もいると思います。

確かにしつこくされると、鬱陶しがられる可能性があります。

何を話していいか分からなくなる人もいると思います。

しかし、あまり無言でい続けるとあなたも気持ちが冷めていると勘違いされてしまいます! 相手の冷たい態度に傷付く事があるかもしれません。

でも変に維持を張らずに、少しで良いから話しかける様にしましょう。

「何かする事ある?」「コンビニ行くけど、何か買ってこようか?

など、気遣う内容であれば相手も不快には思いにくいハズです。

怒らない

離婚の原因は、納得出来るものも出来ないものもあります。

あなたの中で、ただのワガママだ、矛盾している、理不尽だと不満に思う内容もあるかも。

しかし、そこで怒って言い合いになっても良い結果は待っていません。

辛いかもしれませんが、グッと堪え、全部聞いてあげましょう。

女性は口に出してスッキリする分、冷静になった時に申し訳なさや、あなたの我慢にちゃんと気付いています。

怒らない優しさを見せてあげる事で、相手もちょっと反省して考えを改めるかもしれません。

話し合いは何回もしない

離婚は、とても道のりが長いです。

自分達だけでなく、両親、親戚、仕事場も関わって来るもの。

その都度話し合いをしていてはお互い精神的に疲れてしまい、あなたの踏みとどめる気力も失われやすくなってしまいます。

それに夫婦同士で同じような話し合いを何回もしていては埒が明かない上に、お互い次第に言葉の歯止めが効かなくなってしまい、口論へと発展する可能性も。

1度で効果がある言葉も、何回も発する事で価値観が薄まってしまうこともあります。

引き止めたいという気持ちから、解決するまで毎日の様に話し合いをしがちですが、お互いの精神力を奪う事が1番危険です。

話す内容、伝えたい言葉をしっかりと頭にまとめて、数回の話し合いで伝えるようにしましょう。

結局、妻はあなたに不満があって離婚を決意しています。

先程にも述べた通り、理不尽な事や傷付く事を言われるかもしれませんが、妻の気持ちが戻ってこない事には何も解決しません。

しっかりと話を聞いてあげた後は、誠意をもって「ごめん」と伝えてみましょう。

ただ謝ればいい訳でもありません。

妻が何に対して謝って欲しいのか、自分が何をしてしまったのかをしっかり理解してから謝る事が大切です。

「いっぱい我慢させていてごめん」「気付いてあげられなくてごめん」そう言われるだけで、妻の気持ちは確実に動きます。

もしかしたら、その誠意が伝わって考え直してくれるかも。

中にはプライドが邪魔して謝れないという人もいますが、プライドと家庭のどっちを取るのか、よく自分の胸に聞いてみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-