【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514144448.html
離婚に向けて準備すること10選

離婚に向けて準備すること10選 | LADYCO

LADYCO
離婚に向けて準備すること10選

離婚する際、感情に任せ離婚することだけは避けるべきだと言えます。

離婚と言うものは、結婚するよりも大変だと言われています。

その為、必ず離婚する際は、離婚に向けた準備が必要になってきます。

  • 離婚後の住まいを考えておく
  • 財産分与について、下準備しておく
  • 離婚後の生活費の確保
  • 離婚後の仕事の確保
  • 子供の親権について
  • 子供の養育費について
  • 子供との面会について
  • もし、離婚話が上手くいかなかった場合について
  • 別居でも生活費をもらう権利がある事について
  • 最後に本当に離婚しなければいけないのかと言う事について

1. 離婚後の住まいを考えておく

離婚後の住まいを考えておく

離婚する場合、最低でもどちらかが今の住まいを出ていかなければいけません。

もし、自分が出ていく事になった場合、新しい住居の目途が必要になります。

例えば、実家を頼る事ができるのか?

また、子供がいる場合、学校の事を考え、その範囲で住居の確保が可能なのかなど調べておく事が大切です。

広告などで、賃貸の相場を確認しておくだけでも、いざという時が違ってきます。

その為、出来る範囲での住居の確認は必要になります。

2. 財産分与について、下準備しておく

財産分与について、下準備しておく

離婚する際、基本的に財産は半分に分け合う事が決まりになっています。

それは、夫婦どちら名義の財産でも同じことです。

その為、自分にいくらの預貯金があるのか?

相手にどれほどの預貯金があるのか?

と言う事を事前に確認し、離婚した際、どれだけ手にすることができるのかと言う事を確認しておくと安心です。

もちろん、財産分与と言うものは、現金や預貯金だけではありません。

家財道具なども分与の対象になる為、欲しいものの目途を付けておくといいかと思います。

3. 離婚後の生活費の確保

離婚後の生活費の確保

離婚が成立すれば、すぐに必要になってくるのが生活費です。

正社員として十分な給与を得ている人の場合、さほど、心配する必要はないかも知れませんが、専業主婦やパートなどの場合、たちまち、生活費の確保が大変になります。

その為、離婚準備として、離婚後の生活費を確保する事ができるほどの仕事を見つけておく事も大切になります。

また、時間的に余裕がある場合は、資格取得の勉強を行う事で、離婚後の就職にも、大きな力になってきます。

4. 離婚後の仕事の確保

離婚後の仕事の確保

専業主婦やパート勤務の人の場合、離婚後の仕事の確保は、重要なポイントになります。

財産分与などで、しばらく生活する事ができたとしても、そう長くは続きません。

出来れば、離婚直後、離婚前から離婚後の仕事の確保を行っておく事が理想と言えるのです。

その為、離婚に向けて就職活動を行っておく事をお勧めします。

専業主婦の場合は、一からの就職活動になりますが、パートなどの場合は、このまま、正社員になる事ができないかなど、今の勤務先に確認してみるといいかと思います。

5. 子供の親権について

子供の親権について

子供がいる際の離婚には、親権問題が発生します。

父親母親のどちらが親権を持ち、子供を育てて行くのか?

と言う重要な問題。

どちらも親権を希望した場合やどちらも親権を放棄した場合は、最悪の場合、調停にまで持ち込まれ、親権争い発展する事が考えられます。

その為、万が一、調停にもつれ込んだ際、どうすべきかまで考え、その上で、親権をどうしたいかと良い事も考えておく事が必要です。

6. 子供の養育費について

子供の養育費について

子供を引き取り育てる事ができない方が支払う義務のある養育費。

この養育費の支払いを決める際は、必ず、書面に残しておく事が大切です。

その為には、まず、養育費の相場を確認し、自分の場合、どれ程の養育費の請求を行う事ができるのかと言う事を事前に知っておく事も大切です。

また、何歳まで養育費をもらうのかと言う事も考え、取り決めを行う事ができるようにしておきます。

7. 子供との面会について

子供との面会について

子供にとって、離婚しても親は親です。

その為、離婚後も離れた親とは面会が必要になります。

もちろん、これは、子供が望めばと言う話。

また、養育費を支払い親としての義務を果たしていると言う事も必要になります。

その事を知ったうえで、面会の必要性について、検討しておく事も大切です。

8. もし、離婚話が上手くいかなかった場合について

もし、離婚話が上手くいかなかった場合について

もし、離婚話を相手が受け入れてくれなかった場合、話合いのみで離婚するのか?

調停、裁判まで行うのか?

と言う事も事前に決めておく事が必要です。

それによっては、弁護士への相談が必要になる場合もあり、相談する弁護士の目途を付けておく必要も出てきます。

9. 別居でも生活費をもらう権利がある事について

別居でも生活費をもらう権利がある事について

離婚前に出来れば、距離を置き別居したいと考える人もいるかと思います。

そんな時、知っておいてほしいのが、別居中は、生活費をもらう権利が発生すると言う事です。

その為、別居中の場合、生活費の心配をすることなく、生活を送る事が可能です。

10. 最後に本当に離婚しなければいけないのかと言う事について

最後に離婚に向けて準備をする際、一度は立ち止まり、本当に離婚が必要なのかと言う事について考えてみてほしいと思います。

もしかすれば、もう一度やり直す事ができるかも知れません。

離婚準備をする中で、考えが変わってくる事もあるかと思います。

そんな時は、離婚を焦って行うのではなく、離婚準備を考える時間ともとらえ、少し立ち止まって考えてみる事をお勧めしたいと思います。

離婚する際、感情に任せ離婚することだけは避けるべきだと言えます。

離婚と言うものは、結婚するよりも大変だと言われています。

その為、必ず離婚する際は、離婚に向けた準備が必要になってきます。


離婚後の住まいを考えておく

離婚する場合、最低でもどちらかが今の住まいを出ていかなければいけません。

もし、自分が出ていく事になった場合、新しい住居の目途が必要になります。

例えば、実家を頼る事ができるのか?

また、子供がいる場合、学校の事を考え、その範囲で住居の確保が可能なのかなど調べておく事が大切です。

広告などで、賃貸の相場を確認しておくだけでも、いざという時が違ってきます。

その為、出来る範囲での住居の確認は必要になります。

財産分与について、下準備しておく

離婚する際、基本的に財産は半分に分け合う事が決まりになっています。

それは、夫婦どちら名義の財産でも同じことです。

その為、自分にいくらの預貯金があるのか?

相手にどれほどの預貯金があるのか?

と言う事を事前に確認し、離婚した際、どれだけ手にすることができるのかと言う事を確認しておくと安心です。

もちろん、財産分与と言うものは、現金や預貯金だけではありません。

家財道具なども分与の対象になる為、欲しいものの目途を付けておくといいかと思います。

離婚後の生活費の確保

離婚が成立すれば、すぐに必要になってくるのが生活費です。

正社員として十分な給与を得ている人の場合、さほど、心配する必要はないかも知れませんが、専業主婦やパートなどの場合、たちまち、生活費の確保が大変になります。

その為、離婚準備として、離婚後の生活費を確保する事ができるほどの仕事を見つけておく事も大切になります。

また、時間的に余裕がある場合は、資格取得の勉強を行う事で、離婚後の就職にも、大きな力になってきます。

離婚後の仕事の確保

専業主婦やパート勤務の人の場合、離婚後の仕事の確保は、重要なポイントになります。

財産分与などで、しばらく生活する事ができたとしても、そう長くは続きません。

出来れば、離婚直後、離婚前から離婚後の仕事の確保を行っておく事が理想と言えるのです。

その為、離婚に向けて就職活動を行っておく事をお勧めします。

専業主婦の場合は、一からの就職活動になりますが、パートなどの場合は、このまま、正社員になる事ができないかなど、今の勤務先に確認してみるといいかと思います。

子供の親権について

子供がいる際の離婚には、親権問題が発生します。

父親母親のどちらが親権を持ち、子供を育てて行くのか?

と言う重要な問題。

どちらも親権を希望した場合やどちらも親権を放棄した場合は、最悪の場合、調停にまで持ち込まれ、親権争い発展する事が考えられます。

その為、万が一、調停にもつれ込んだ際、どうすべきかまで考え、その上で、親権をどうしたいかと良い事も考えておく事が必要です。

子供の養育費について

子供を引き取り育てる事ができない方が支払う義務のある養育費。

この養育費の支払いを決める際は、必ず、書面に残しておく事が大切です。

その為には、まず、養育費の相場を確認し、自分の場合、どれ程の養育費の請求を行う事ができるのかと言う事を事前に知っておく事も大切です。

また、何歳まで養育費をもらうのかと言う事も考え、取り決めを行う事ができるようにしておきます。

子供との面会について

子供にとって、離婚しても親は親です。

その為、離婚後も離れた親とは面会が必要になります。

もちろん、これは、子供が望めばと言う話。

また、養育費を支払い親としての義務を果たしていると言う事も必要になります。

その事を知ったうえで、面会の必要性について、検討しておく事も大切です。

もし、離婚話が上手くいかなかった場合について

もし、離婚話を相手が受け入れてくれなかった場合、話合いのみで離婚するのか?

調停、裁判まで行うのか?

と言う事も事前に決めておく事が必要です。

それによっては、弁護士への相談が必要になる場合もあり、相談する弁護士の目途を付けておく必要も出てきます。

別居でも生活費をもらう権利がある事について

離婚前に出来れば、距離を置き別居したいと考える人もいるかと思います。

そんな時、知っておいてほしいのが、別居中は、生活費をもらう権利が発生すると言う事です。

その為、別居中の場合、生活費の心配をすることなく、生活を送る事が可能です。

最後に離婚に向けて準備をする際、一度は立ち止まり、本当に離婚が必要なのかと言う事について考えてみてほしいと思います。

もしかすれば、もう一度やり直す事ができるかも知れません。

離婚準備をする中で、考えが変わってくる事もあるかと思います。

そんな時は、離婚を焦って行うのではなく、離婚準備を考える時間ともとらえ、少し立ち止まって考えてみる事をお勧めしたいと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-