【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514135106.html
いきなり離婚を言われた理由

いきなり離婚を言われた理由 | LADYCO

LADYCO
いきなり離婚を言われた理由

突然の離婚宣言。

もしかしてこんな理由?10選まとめて見ました。

  • 相手にされない
  • 子供がほしいのに相手がその気ではない
  • お金遣いが荒い
  • 感謝の言葉がない
  • 家事の手抜き
  • 自信喪失
  • 婚前契約書違反
  • 支配欲が強い
  • 自分勝手
  • 秘密がばれる

1. 相手にされない

相手にされない

「寂しい」という言葉はなかなか出てこないものです。

それほどこの言葉を発することにはなぜか抵抗があるのです。

本当はもっと一緒に時間を過ごしたいのに、配偶者が仕事や趣味に打ち込み過ぎてしまって自分と一緒にいてくれない、そのような辛い気持ちが積もり積もって離婚を切り出されることがあります。

これはおとなしい人に見られがちな傾向ですので、長い間、配偶者と一緒に時間を過ごしていないと感じている人は、注意が必要です。

2. 子供がほしいのに相手がその気ではない

子供がほしいのに相手がその気ではない

夫婦が子供を持つことは大きな喜びとなります。

恐らく結婚する人の多くは、子供を持ちたいと思っているはずです。

しかしそのような思いとは裏腹に、配偶者は「子供はいらない」と感じていることもあります。

また結婚当初は夫婦双方が子供は必要であると感じていたものの、何らかの状況の変化によって、配偶者の一方がやはり子供は必要ないといい出すケースもあります。

子供がほしいのに配偶者が相手にしてくれないというのは、離婚できる立派な理由になります。

そのためこのような考え方の相違により、いきなり離婚を迫られることがあります。

3. お金遣いが荒い

お金遣いが荒い

「稼いでいるのは自分だから、お金のことは文句をいわないでほしい」と強がる旦那さんがいるかもしれません。

確かに家族のために仕事をし、必要なものを与えてくれる男性は立派であるといえます。

しかし妻である女性の中には将来に備えて貯金をしたり、家族で余暇を楽しむためのお金が必要であると考える人もいます。

またお金にはならないものの家事を立派に行っている妻である女性に対して、お小遣いをあげるのは常識でしょう。

そうしたことを行わず、家族の必要物だけを購入して満足している夫に我慢できす、離婚を切り出す女性もいます。

4. 感謝の言葉がない

感謝の言葉がない

夫にも、そして妻にも、家庭の中での様々な役割が存在します。

もちろんそれらをきちんと果たすことは当然のことといえます。

だからといって、一生懸命に仕事を行っている夫や家事に忙しくしている妻の働きに対して感謝の気持ちを表さないのはよくありません。

いつか感謝の気持ちを述べてくれるだろうと長年期待していたにもかかわらず、配偶者がなかなかそうしてくれない場合、気持ちの糸が切れてしまっていきなり離婚となるケースもあります。

5. 家事の手抜き

家事の手抜き

これは妻である女性に問題があるケースです。

恐らく結婚当初は一生懸命に家事を行うことでしょう。

しかし結婚生活に慣れてきたころ、ママ友などを作ったり、子供の幼稚園のお母さんたちと一緒に行動する機会が増えるようになると、家事が徐々におろそかになることがあります。

夫がおとなしい人である場合、そのような点を注意することができず、溜まりに溜まった不満が離婚という形で爆発することがあります。

6. 自信喪失

自信喪失

これは夫である男性に起こりうることです。

妻である女性が自分の家庭と他の家庭とを比べ、自分の家庭がよそよりも劣っていると夫に何度も述べることで、男性は劣等感を感じるようになります。

なかなか出世できずに悩んでいるようなタイミングでこのようなことをいわれると大きなショックを受けることもあり、こんな自分は家族を支える資格などないと感じてしまい、離婚を切り出すことがあります。

7. 婚前契約書違反

婚前契約書違反

最近では結婚前に婚前契約書と呼ばれるものを作成する夫婦が増えています。

これは結婚後の夫婦間での決まり事を述べたもので、契約に違反してはいけないことを前提に作成されます。

しかし中にはこの中に書かれている内容をすっかり忘れてしまい、契約違反を犯す人もいます。

もしこの婚前契約書の中で「違反を犯した場合は離婚する」という条件が述べられていた場合、離婚することは正当な権利となるわけです。

そのため配偶者がこの契約に知らず識らずのうちに違反していた場合、いきなり「離婚してください」といわれることがあります。

8. 支配欲が強い

支配欲が強い

配偶者のどちらかが支配欲が強い場合、それが離婚の原因となることも多々あります。

そしてその一方がおとなしい人である場合、普段は支配的な配偶者に意見することができず、それが大きなストレスを生じさせて、いきなり離婚を申し出るというケースがあります。

9. 自分勝手

自分勝手

家族よりも自分の夢を第一にするような人は、いきなり離婚を切り出すことがあります。

自分のやりたいことに対してチャンスが舞い込んできたとき、ここぞとばかりにそれに掴みかかるためには家族が邪魔になると考え、離婚を決意するのです。

このような離婚理由は行動力のある人に多く見られます。

10. 秘密がばれる

配偶者に自分の秘密がばれてしまうことがあります。

たとえばギャンブルで大損をした証拠が出てきてそれを見られてしまったり、他の異性と親しくしていることが知れてしまうことなどです。

このような状況は裏切り行為として潔白な配偶者を大きく傷つけることがあります。

そして一度失った信用は取り戻すことが困難となる場合もあり、離婚を切り出されることがあります。

「あなたの秘密を知っています」と先に公言する配偶者の場合、問題解決に至ることもありますが、知ってしまった秘密を公言せず、一人で悩む人はいきなり離婚を切り出す傾向にあります。

突然の離婚宣言。

もしかしてこんな理由?10選まとめて見ました。


相手にされない

「寂しい」という言葉はなかなか出てこないものです。

それほどこの言葉を発することにはなぜか抵抗があるのです。

本当はもっと一緒に時間を過ごしたいのに、配偶者が仕事や趣味に打ち込み過ぎてしまって自分と一緒にいてくれない、そのような辛い気持ちが積もり積もって離婚を切り出されることがあります。

これはおとなしい人に見られがちな傾向ですので、長い間、配偶者と一緒に時間を過ごしていないと感じている人は、注意が必要です。

子供がほしいのに相手がその気ではない

夫婦が子供を持つことは大きな喜びとなります。

恐らく結婚する人の多くは、子供を持ちたいと思っているはずです。

しかしそのような思いとは裏腹に、配偶者は「子供はいらない」と感じていることもあります。

また結婚当初は夫婦双方が子供は必要であると感じていたものの、何らかの状況の変化によって、配偶者の一方がやはり子供は必要ないといい出すケースもあります。

子供がほしいのに配偶者が相手にしてくれないというのは、離婚できる立派な理由になります。

そのためこのような考え方の相違により、いきなり離婚を迫られることがあります。

お金遣いが荒い

「稼いでいるのは自分だから、お金のことは文句をいわないでほしい」と強がる旦那さんがいるかもしれません。

確かに家族のために仕事をし、必要なものを与えてくれる男性は立派であるといえます。

しかし妻である女性の中には将来に備えて貯金をしたり、家族で余暇を楽しむためのお金が必要であると考える人もいます。

またお金にはならないものの家事を立派に行っている妻である女性に対して、お小遣いをあげるのは常識でしょう。

そうしたことを行わず、家族の必要物だけを購入して満足している夫に我慢できす、離婚を切り出す女性もいます。

感謝の言葉がない

夫にも、そして妻にも、家庭の中での様々な役割が存在します。

もちろんそれらをきちんと果たすことは当然のことといえます。

だからといって、一生懸命に仕事を行っている夫や家事に忙しくしている妻の働きに対して感謝の気持ちを表さないのはよくありません。

いつか感謝の気持ちを述べてくれるだろうと長年期待していたにもかかわらず、配偶者がなかなかそうしてくれない場合、気持ちの糸が切れてしまっていきなり離婚となるケースもあります。

家事の手抜き

これは妻である女性に問題があるケースです。

恐らく結婚当初は一生懸命に家事を行うことでしょう。

しかし結婚生活に慣れてきたころ、ママ友などを作ったり、子供の幼稚園のお母さんたちと一緒に行動する機会が増えるようになると、家事が徐々におろそかになることがあります。

夫がおとなしい人である場合、そのような点を注意することができず、溜まりに溜まった不満が離婚という形で爆発することがあります。

自信喪失

これは夫である男性に起こりうることです。

妻である女性が自分の家庭と他の家庭とを比べ、自分の家庭がよそよりも劣っていると夫に何度も述べることで、男性は劣等感を感じるようになります。

なかなか出世できずに悩んでいるようなタイミングでこのようなことをいわれると大きなショックを受けることもあり、こんな自分は家族を支える資格などないと感じてしまい、離婚を切り出すことがあります。

婚前契約書違反

最近では結婚前に婚前契約書と呼ばれるものを作成する夫婦が増えています。

これは結婚後の夫婦間での決まり事を述べたもので、契約に違反してはいけないことを前提に作成されます。

しかし中にはこの中に書かれている内容をすっかり忘れてしまい、契約違反を犯す人もいます。

もしこの婚前契約書の中で「違反を犯した場合は離婚する」という条件が述べられていた場合、離婚することは正当な権利となるわけです。

そのため配偶者がこの契約に知らず識らずのうちに違反していた場合、いきなり「離婚してください」といわれることがあります。

支配欲が強い

配偶者のどちらかが支配欲が強い場合、それが離婚の原因となることも多々あります。

そしてその一方がおとなしい人である場合、普段は支配的な配偶者に意見することができず、それが大きなストレスを生じさせて、いきなり離婚を申し出るというケースがあります。

自分勝手

家族よりも自分の夢を第一にするような人は、いきなり離婚を切り出すことがあります。

自分のやりたいことに対してチャンスが舞い込んできたとき、ここぞとばかりにそれに掴みかかるためには家族が邪魔になると考え、離婚を決意するのです。

このような離婚理由は行動力のある人に多く見られます。

配偶者に自分の秘密がばれてしまうことがあります。

たとえばギャンブルで大損をした証拠が出てきてそれを見られてしまったり、他の異性と親しくしていることが知れてしまうことなどです。

このような状況は裏切り行為として潔白な配偶者を大きく傷つけることがあります。

そして一度失った信用は取り戻すことが困難となる場合もあり、離婚を切り出されることがあります。

「あなたの秘密を知っています」と先に公言する配偶者の場合、問題解決に至ることもありますが、知ってしまった秘密を公言せず、一人で悩む人はいきなり離婚を切り出す傾向にあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-