【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515173941.html
クラブでナンパするとき気を付けること10選

クラブでナンパするとき気を付けること10選 | LADYCO

LADYCO
クラブでナンパするとき気を付けること10選

クラブでナンパするとき気を付けること10選まとめました。

  • クラブの非日常な雰囲気に慣れる
  • 強引なナンパをしない
  • お酒に詳しくなる
  • 場合によってはVIPルームを利用する
  • クラブの雰囲気を把握する
  • 人数にも気を配る
  • ガツガツしすぎない
  • 冷たく対応されても傷つかない
  • トークよりもノリを重視する
  • 引き際を考える

1. クラブの非日常な雰囲気に慣れる

クラブの非日常な雰囲気に慣れる

クラブは大音量の音楽の中でお酒を飲み、ダンスをしてストレス解消するところです。

初めて行くとびっくりするかもしれませんが、まずは雰囲気に慣れましょう。

「ここに居るだけで楽しいな」と思えた方がナンパもスムーズにいきますし、楽しい雰囲気が女の子に伝わってプラスです。

酔いすぎは良くないですが、ノリが足りないなと自分で思ったなら強めのお酒を飲んでみてもいいかもしれません。

クラブの雰囲気から浮いてしまうと、ナンパも成功しにくくなりますので雰囲気に慣れましょう。

2. 強引なナンパをしない

強引なナンパをしない

クラブでナンパすること自体は一応運営側も認めているようですが、誰かが強引なナンパをしてしまい、そういう男が来るクラブだと評判が広まってしまうとあまり女の子は来なくなります。

そうすると男も来なくなるのでクラブの経営に響くのです。

そのため強引なナンパに対してはセキュリティースタッフなどが厳正に対処するのです。

ですから強引なナンパをすると即座に退場させられたり、出入り禁止になってしまうかもしれません。

相手の女の子が拒否の姿勢を示したらさっと引き下がりましょう。

3. お酒に詳しくなる

お酒に詳しくなる

クラブのお酒のメニューはたくさんありますが、「何飲んでるの?」と聞かれることもありますし、それ以外にも女の子にお酒を奢ることもありますのでそういう時に「○○がおすすめだよ」と言えればスマートなので、カクテルなどお酒に詳しくなっておくとベターです。

4. 場合によってはVIPルームを利用する

場合によってはVIPルームを利用する

VIPルームではいつもと違う特別感をだせますし、女の子のテンションも上がります。

また声を掛けて誘う時に「もし疲れたなら座れるところいこう」と誘えるので魅力があります。

ですのでお金に余裕があるときにはVIPを利用するのも手です。

大人数で行って料金を分担すればそんなに高くなりません。

曜日によってVIPルームの料金が違うところもありますので確認して一度試してみましょう。

5. クラブの雰囲気を把握する

クラブの雰囲気を把握する

一口にクラブといっても年齢層が若いところやそうでないところもありますし、かかる音楽の雰囲気も千差万別です。

ですので色々なところに足を運んで雰囲気を把握しましょう。

同じクラブでも何かしらのイベントが催されているときは丸っきり雰囲気が変わることもありますので興味深いです。

6. 人数にも気を配る

人数にも気を配る

クラブにナンパにいくとき、基本的に女の子側よりも少ない人数でナンパするのが良いと思います。

逆の立場になればわかるのですが、自分が2人連れの女の子だとして、自分より体格のがっしりした3人の男に囲まれて話されると圧迫感を感じてしまうのではないでしょうか。

圧迫感を感じさせてしまうとマイナスなので、相手と同じ人数かそれ以下の人数で話しかけるのがよいです。

7. ガツガツしすぎない

ガツガツしすぎない

いくらか入場料を払いわざわざクラブに来ていますから、ナンパする男はどうしてもガツガツしてしまいがちです。

成果のないまま帰るのはむなしいですし無駄金を使ったことになるからです。

しかし、女の子は余裕のある男性に魅かれる傾向があります。

ですのでできるだけ余裕のある雰囲気を醸し出しましょう。

「次、自分の好きな曲がかからないかなー」と考えながら、なんとなく良い雰囲気の女の子がいれば声を掛ける、くらいのスタンスでいいと思います。

8. 冷たく対応されても傷つかない

冷たく対応されても傷つかない

クラブでナンパすると、冷たくあしらわれることはよくあります。

女の子としては「タイプじゃない」「何度もナンパされてうざったい」「音楽にもっと集中したい」「ナンパされに来たと思われたくない」など、男に冷たく対応する理由はいくつか考えられます。

しかし基本的にクラブのナンパはそういうものであり、愛想よく対応されることよりも冷たくあしらわれることのほうが多いものです。

そのためいちいち傷ついたり一喜一憂することはないのです。

9. トークよりもノリを重視する

トークよりもノリを重視する

合コンなどでは静かな中で食事しながら会話するのでトーク力が求められます。

面白いエピソードや「すごい」と思えるエピソードがあるとベターです。

一方クラブではスピーカーから音楽がなっておりあまり会話をスムーズにできません。

そのため2,3言話せるくらいです。

トークではなくむしろノリが重要です。

音楽にあわせて大きな動きでダンスしたり、全身でノれていたら好印象だと思います。

クラブの雰囲気に身をゆだねるイメージでいいと思います。

10. 引き際を考える

クラブではだいたい21時、22時くらいから人が増え始めますが終電のなくなる0時過ぎくらいからはあまり人は増えないといえます。

そのため0時過ぎくらいで全然ナンパがダメだったときは、他のクラブに行くなり、帰るなりすることも選択肢として考えてよいと思います。

なんとなくダラダラ滞在していてもいいことはないからです。

他のクラブに行くと状況も違うかもしれませんし、自分の気持ちも心機一転できてうまくいくこともあります。

クラブでナンパするとき気を付けること10選まとめました。


クラブの非日常な雰囲気に慣れる

クラブは大音量の音楽の中でお酒を飲み、ダンスをしてストレス解消するところです。

初めて行くとびっくりするかもしれませんが、まずは雰囲気に慣れましょう。

「ここに居るだけで楽しいな」と思えた方がナンパもスムーズにいきますし、楽しい雰囲気が女の子に伝わってプラスです。

酔いすぎは良くないですが、ノリが足りないなと自分で思ったなら強めのお酒を飲んでみてもいいかもしれません。

クラブの雰囲気から浮いてしまうと、ナンパも成功しにくくなりますので雰囲気に慣れましょう。

強引なナンパをしない

クラブでナンパすること自体は一応運営側も認めているようですが、誰かが強引なナンパをしてしまい、そういう男が来るクラブだと評判が広まってしまうとあまり女の子は来なくなります。

そうすると男も来なくなるのでクラブの経営に響くのです。

そのため強引なナンパに対してはセキュリティースタッフなどが厳正に対処するのです。

ですから強引なナンパをすると即座に退場させられたり、出入り禁止になってしまうかもしれません。

相手の女の子が拒否の姿勢を示したらさっと引き下がりましょう。

お酒に詳しくなる

クラブのお酒のメニューはたくさんありますが、「何飲んでるの?」と聞かれることもありますし、それ以外にも女の子にお酒を奢ることもありますのでそういう時に「○○がおすすめだよ」と言えればスマートなので、カクテルなどお酒に詳しくなっておくとベターです。

場合によってはVIPルームを利用する

VIPルームではいつもと違う特別感をだせますし、女の子のテンションも上がります。

また声を掛けて誘う時に「もし疲れたなら座れるところいこう」と誘えるので魅力があります。

ですのでお金に余裕があるときにはVIPを利用するのも手です。

大人数で行って料金を分担すればそんなに高くなりません。

曜日によってVIPルームの料金が違うところもありますので確認して一度試してみましょう。

クラブの雰囲気を把握する

一口にクラブといっても年齢層が若いところやそうでないところもありますし、かかる音楽の雰囲気も千差万別です。

ですので色々なところに足を運んで雰囲気を把握しましょう。

同じクラブでも何かしらのイベントが催されているときは丸っきり雰囲気が変わることもありますので興味深いです。

人数にも気を配る

クラブにナンパにいくとき、基本的に女の子側よりも少ない人数でナンパするのが良いと思います。

逆の立場になればわかるのですが、自分が2人連れの女の子だとして、自分より体格のがっしりした3人の男に囲まれて話されると圧迫感を感じてしまうのではないでしょうか。

圧迫感を感じさせてしまうとマイナスなので、相手と同じ人数かそれ以下の人数で話しかけるのがよいです。

ガツガツしすぎない

いくらか入場料を払いわざわざクラブに来ていますから、ナンパする男はどうしてもガツガツしてしまいがちです。

成果のないまま帰るのはむなしいですし無駄金を使ったことになるからです。

しかし、女の子は余裕のある男性に魅かれる傾向があります。

ですのでできるだけ余裕のある雰囲気を醸し出しましょう。

「次、自分の好きな曲がかからないかなー」と考えながら、なんとなく良い雰囲気の女の子がいれば声を掛ける、くらいのスタンスでいいと思います。

冷たく対応されても傷つかない

クラブでナンパすると、冷たくあしらわれることはよくあります。

女の子としては「タイプじゃない」「何度もナンパされてうざったい」「音楽にもっと集中したい」「ナンパされに来たと思われたくない」など、男に冷たく対応する理由はいくつか考えられます。

しかし基本的にクラブのナンパはそういうものであり、愛想よく対応されることよりも冷たくあしらわれることのほうが多いものです。

そのためいちいち傷ついたり一喜一憂することはないのです。

トークよりもノリを重視する

合コンなどでは静かな中で食事しながら会話するのでトーク力が求められます。

面白いエピソードや「すごい」と思えるエピソードがあるとベターです。

一方クラブではスピーカーから音楽がなっておりあまり会話をスムーズにできません。

そのため2,3言話せるくらいです。

トークではなくむしろノリが重要です。

音楽にあわせて大きな動きでダンスしたり、全身でノれていたら好印象だと思います。

クラブの雰囲気に身をゆだねるイメージでいいと思います。

クラブではだいたい21時、22時くらいから人が増え始めますが終電のなくなる0時過ぎくらいからはあまり人は増えないといえます。

そのため0時過ぎくらいで全然ナンパがダメだったときは、他のクラブに行くなり、帰るなりすることも選択肢として考えてよいと思います。

なんとなくダラダラ滞在していてもいいことはないからです。

他のクラブに行くと状況も違うかもしれませんし、自分の気持ちも心機一転できてうまくいくこともあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-