【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515165354.html
無理に結婚はしないほうがいい理由

無理に結婚はしないほうがいい理由 | LADYCO

LADYCO
無理に結婚はしないほうがいい理由

まだ結婚したくないけど、そろそろ年齢的に、周りがしているし、親から言われた、そのような理由で迷っている方もいるかと思います。

ですが結婚は自分の気持ちを大切にした方がいいのです。

その理由を説明します。

  • 結婚はゴールではない
  • 恋愛と違って別れるのは大変だから
  • 少しの引っ掛かりはいずれ大きな問題となる可能性がある
  • 本当に好きだったら迷わないから
  • 結婚は当人だけの問題ではない
  • 結婚すると使えるお金は減る
  • 子供ができたら子供優先になるのが当たり前
  • 仕事、家事、育児と忙しくなる覚悟がいる
  • 女性は妊娠・出産で仕事ができない時期がある
  • 結婚したいと思えた時が結婚適齢期

1. 結婚はゴールではない

結婚はゴールではない

結婚したくないのに、妥協で結婚、周りがしているから自分もという流れに乗った結婚、こういった理由で結婚をするのはお勧めできません。

「結婚したい」ことが目的になっている人もいます。

夢を壊すようではありますが、結婚はゴールではないのです。

恋愛のゴールは結婚ではありません。

恋愛のゴールは愛です。

そして愛し合っていても結婚しないカップルもいますし、愛もないのに結婚生活を維持している夫婦もいます。

結婚は新しい共同生活の始まり、現実的に考えて甘いことばかりではなく厳しい現実もあるのです。

絶対に何があってもこの人と、絶対に一緒になりたいという強い思いがあるから、何とか上手くやっていけるのではないでしょうか。

結婚したくないのにとちょっとでも思うなら何か問題があるのです。

2. 恋愛と違って別れるのは大変だから

恋愛と違って別れるのは大変だから

自由な恋愛と違って、結婚は責任があります。

一旦結婚してしまうとなかなか離婚できないようにできているのです。

もちろん、二人が同意すれば自由に離婚はできます。

ですが、夫婦仲が破綻しますと、どちらかが「絶対離婚しない」「自由にはさせない」と離婚を嫌がるパターンが多いのです。

結婚したくないのに・・・と少しでも思うのであれば結婚は慎重になった方が無難といえます。

3. 少しの引っ掛かりはいずれ大きな問題となる可能性がある

少しの引っ掛かりはいずれ大きな問題となる可能性がある

結婚前に相手に対してちょっと気になるところ、嫌だなと思うところがあったとしても眼をつぶって結婚してしまう・・・これもまたよくあることです。

が、こういった心の引っ掛かりは数年後に大きな問題となってくることがあります。

この相手とは気が進まないけど他に相手もいない。

何年もつき合ったから今更別れるとは言えない。

そんな感じの妥協結婚は数年後に後悔することになりがちです。

4. 本当に好きだったら迷わないから

本当に好きだったら迷わないから

結婚したくないけど・・・なんてそもそも本当に好きな相手に対して思うことでしょうか。

また相手のことを本当に愛していても今はまだやりたいことがあると思うのであれば、やはり今は相手よりも、大事にしたい優先すべきことがあるということなのだと思います。

本当に好きだったら迷わないものです。

5. 結婚は当人だけの問題ではない

結婚は当人だけの問題ではない

結婚すると、相手の親や兄弟、近所の人など人づきあいが増えます。

楽しくできれば問題はないのですが、大抵一人や二人気が合わない人や口うるさい人、困らせる人などいるものです。

結婚はまだしたくなかったと思う人が結婚しますと、こういった現実が相当なストレスに感じたり、わずらわしく思って結婚自体を後悔してしまうことになりやすいです。

6. 結婚すると使えるお金は減る

結婚すると使えるお金は減る

結婚したくないのであれば結婚は無理にしない方がいい理由に金銭的なこともあります。

やはり男女共に独身時代の時と比べて結婚するとお小遣いは減る傾向にあります。

結婚してから貧乏臭くなった、自由に遊べなくなったと不満を持って、相手に対してもう少し稼いでくれたらいいのに、養いたくないなどそんな風に思ってしまうのであれば結婚は急がない方が良かったのではないかと思います。

7. 子供ができたら子供優先になるのが当たり前

子供ができたら子供優先になるのが当たり前

結婚して子供ができたら、子供優先の生活になります。

独身時代はまだ恋愛の頃のような生活を送れたとしても、子供ができたらそうはいきません。

早寝早起き、子供に合わせたメニューなど少しずつ家族として形は変化していきます。

通常はその変化が愛しくて幸せを感じるものです。

ですが、結婚そのものに消極的だった、まだ一人でいたかった、相手に対して100%の思いではなかったなどがありますと、どうしても家庭を大事にしない、外に恋愛、癒しを求めてしまう、そんな男女もいるのです。

子供ができたらそれまでの生活とは変わるものだという覚悟ができていない、それが嫌だと思うのであれば結婚はしない方がいいのかもしれませんね。

8. 仕事、家事、育児と忙しくなる覚悟がいる

仕事、家事、育児と忙しくなる覚悟がいる

結婚して子供ができますと、独身時代とは違って、することも、出費も増えます。

自分だけの優雅な時間、気ままな生活というのは子供がある程度成長するまでなかなか持てないかもしれません。

そういったこともよく考えず結婚してしまうと、男性であれば家事、育児に非協力的であったり、女性でしたら、手抜きしたり、嫌々したりということになります。

結果的にいつも不満だらけ、渋々といった気持ちが顔に現れ夫婦仲もお互いの責任のなすり合いなど家庭内の空気もギスギス、冷えていくことになります。

9. 女性は妊娠・出産で仕事ができない時期がある

女性は妊娠・出産で仕事ができない時期がある

結婚したくない理由が、まだまだ仕事がしたいという理由の場合もあります。

特に女性の場合は、妊娠、出産で一旦仕事を離れなくてはならない時もありますので結婚するタイミングに迷う方は多いと思います。

また保育園にすんなり入れるかどうかも今はわからないことも多いので、仕事のことで迷っている場合はよく話し合って時期を検討した方がいいと思います。

10. 結婚したいと思えた時が結婚適齢期

今まだ結婚したくないと思っているのであれば、それはその人にとって結婚するタイミングではないのです。

友達や周りが結婚していくと焦りを感じますし、自分もそろそろと思う人もいます。

ですが、結婚というのは二人が愛し合って一緒になりたいと思った時にするもの。

年齢や立場、周りから後押しされた、流れで何となく、そのような理由でするものではないのです。

自分の気持ちに正直になることが幸せになる秘訣ではないでしょうか。

まだ結婚したくないけど、そろそろ年齢的に、周りがしているし、親から言われた、そのような理由で迷っている方もいるかと思います。

ですが結婚は自分の気持ちを大切にした方がいいのです。

その理由を説明します。


結婚はゴールではない

結婚したくないのに、妥協で結婚、周りがしているから自分もという流れに乗った結婚、こういった理由で結婚をするのはお勧めできません。

「結婚したい」ことが目的になっている人もいます。

夢を壊すようではありますが、結婚はゴールではないのです。

恋愛のゴールは結婚ではありません。

恋愛のゴールは愛です。

そして愛し合っていても結婚しないカップルもいますし、愛もないのに結婚生活を維持している夫婦もいます。

結婚は新しい共同生活の始まり、現実的に考えて甘いことばかりではなく厳しい現実もあるのです。

絶対に何があってもこの人と、絶対に一緒になりたいという強い思いがあるから、何とか上手くやっていけるのではないでしょうか。

結婚したくないのにとちょっとでも思うなら何か問題があるのです。

恋愛と違って別れるのは大変だから

自由な恋愛と違って、結婚は責任があります。

一旦結婚してしまうとなかなか離婚できないようにできているのです。

もちろん、二人が同意すれば自由に離婚はできます。

ですが、夫婦仲が破綻しますと、どちらかが「絶対離婚しない」「自由にはさせない」と離婚を嫌がるパターンが多いのです。

結婚したくないのに・・・と少しでも思うのであれば結婚は慎重になった方が無難といえます。

少しの引っ掛かりはいずれ大きな問題となる可能性がある

結婚前に相手に対してちょっと気になるところ、嫌だなと思うところがあったとしても眼をつぶって結婚してしまう・・・これもまたよくあることです。

が、こういった心の引っ掛かりは数年後に大きな問題となってくることがあります。

この相手とは気が進まないけど他に相手もいない。

何年もつき合ったから今更別れるとは言えない。

そんな感じの妥協結婚は数年後に後悔することになりがちです。

本当に好きだったら迷わないから

結婚したくないけど・・・なんてそもそも本当に好きな相手に対して思うことでしょうか。

また相手のことを本当に愛していても今はまだやりたいことがあると思うのであれば、やはり今は相手よりも、大事にしたい優先すべきことがあるということなのだと思います。

本当に好きだったら迷わないものです。

結婚は当人だけの問題ではない

結婚すると、相手の親や兄弟、近所の人など人づきあいが増えます。

楽しくできれば問題はないのですが、大抵一人や二人気が合わない人や口うるさい人、困らせる人などいるものです。

結婚はまだしたくなかったと思う人が結婚しますと、こういった現実が相当なストレスに感じたり、わずらわしく思って結婚自体を後悔してしまうことになりやすいです。

結婚すると使えるお金は減る

結婚したくないのであれば結婚は無理にしない方がいい理由に金銭的なこともあります。

やはり男女共に独身時代の時と比べて結婚するとお小遣いは減る傾向にあります。

結婚してから貧乏臭くなった、自由に遊べなくなったと不満を持って、相手に対してもう少し稼いでくれたらいいのに、養いたくないなどそんな風に思ってしまうのであれば結婚は急がない方が良かったのではないかと思います。

子供ができたら子供優先になるのが当たり前

結婚して子供ができたら、子供優先の生活になります。

独身時代はまだ恋愛の頃のような生活を送れたとしても、子供ができたらそうはいきません。

早寝早起き、子供に合わせたメニューなど少しずつ家族として形は変化していきます。

通常はその変化が愛しくて幸せを感じるものです。

ですが、結婚そのものに消極的だった、まだ一人でいたかった、相手に対して100%の思いではなかったなどがありますと、どうしても家庭を大事にしない、外に恋愛、癒しを求めてしまう、そんな男女もいるのです。

子供ができたらそれまでの生活とは変わるものだという覚悟ができていない、それが嫌だと思うのであれば結婚はしない方がいいのかもしれませんね。

仕事、家事、育児と忙しくなる覚悟がいる

結婚して子供ができますと、独身時代とは違って、することも、出費も増えます。

自分だけの優雅な時間、気ままな生活というのは子供がある程度成長するまでなかなか持てないかもしれません。

そういったこともよく考えず結婚してしまうと、男性であれば家事、育児に非協力的であったり、女性でしたら、手抜きしたり、嫌々したりということになります。

結果的にいつも不満だらけ、渋々といった気持ちが顔に現れ夫婦仲もお互いの責任のなすり合いなど家庭内の空気もギスギス、冷えていくことになります。

女性は妊娠・出産で仕事ができない時期がある

結婚したくない理由が、まだまだ仕事がしたいという理由の場合もあります。

特に女性の場合は、妊娠、出産で一旦仕事を離れなくてはならない時もありますので結婚するタイミングに迷う方は多いと思います。

また保育園にすんなり入れるかどうかも今はわからないことも多いので、仕事のことで迷っている場合はよく話し合って時期を検討した方がいいと思います。

今まだ結婚したくないと思っているのであれば、それはその人にとって結婚するタイミングではないのです。

友達や周りが結婚していくと焦りを感じますし、自分もそろそろと思う人もいます。

ですが、結婚というのは二人が愛し合って一緒になりたいと思った時にするもの。

年齢や立場、周りから後押しされた、流れで何となく、そのような理由でするものではないのです。

自分の気持ちに正直になることが幸せになる秘訣ではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-