【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515134758.html
一目惚したとき上手なアプローチ方法8選

一目惚したとき上手なアプローチ方法8選 | LADYCO

LADYCO
一目惚したとき上手なアプローチ方法8選

街中を歩いていたり、電車の中などで、思わず一目惚れをしてしまったことはありませんか?

一目惚れをしたときにはどんなアプローチをすればうまくいくのでしょうか?

  • 目の前で落し物をする
  • 毎日同じ行動をしてみる
  • 連絡先をサッと渡す
  • 友達と間違える
  • 自己紹介を丁寧にする
  • 距離をしっかりと保つ
  • ちゃんと好意を伝える
  • 連絡先が交換できても過度な質問はしない

1. 目の前で落し物をする

目の前で落し物をする

まず、一目惚れをしてしまった時のアプローチとして、最初の大きな難関となるのが、話をするきっかけづくりです。

こちら側は一目惚れをして、何度か見かけたりして意識していても、相手は全くこちらの存在を意識していないことがほとんどでしょう。

知らない異性にいきなり話しかけられると身構える人はとても多いはずです。

最初の話をするきっかけとして、目の前でうっかりミスを装い、ハンカチなど落し物をしてみると良いかもしれません。

たいていの人は目の前で人が落し物をすれば、拾って声をかけてくれるはずです。

そこで、丁寧にお礼をすると同時に「綺麗な人に声をかけられて驚いた」というように好意を伝えてみると、仲良くなれるかもしれません。

2. 毎日同じ行動をしてみる

毎日同じ行動をしてみる

一目惚れをすることが多い場所は、電車やバスなど、毎日の交通手段の中ではないでしょうか。

本当に一目見ただけの一目惚れよりも、毎日同じ電車に乗るなどの偶然の中で、意識してしまうような状況が多いと思います。

そのため、相手にも同じように意識されるようになれば、いざ話しかけた時にすんなりと受け入れられる可能性が高いでしょう。

なので、話しかける前に、毎日電車の同じ場所に立つ、同じ鞄をいつも持つ、携帯・スマホをいじらずにきちんと前を向いて座るなど、相手に、この人いつもいるな、と意識してもらえるような工夫をしてみると良いでしょう。

3. 連絡先をサッと渡す

連絡先をサッと渡す

相手にとって、知らない人にいきなり話しかけられることは、多かれ少なかれ、一旦は怪しまれる行動だと思います。

なるべく早く、怪しくない人だと分かってもらうために、相手の連絡先を突然聞いたりするようなことは決してしないようにし、短く好意を伝えた後に、あらかじめ用意しておいた連絡先が書いてあるカードをサッと渡すと良いでしょう。

「もしもそちらの都合がよければ連絡してください」とお願いするにとどめ、しつこく話をするようなことを避けると、相手に信用されようとする真剣さが伝わることと思います。

4. 友達と間違える

友達と間違える

怪しまれず話しかける手段の一つとして、自分の友達と間違えてしまったという方法があります。

友達の名前を呼びながら手を振るなどして、近づいた時に、間違えた旨を伝えると自然に話ができるきっかけになるかもしれません。

自分の友達にとても似ているという話から自己紹介に繋げていくと、まず友達になれるのではないでしょうか。

しかし、これはかなり上手く話を繋げられる人でなければ上手くいかない高等手段と言えるでしょう。

5. 自己紹介を丁寧にする

自己紹介を丁寧にする

一目惚れをして、話しかけた相手に怪しまれず仲を深めていくためには、とにかく自分の素性をしっかりと話していくことが大切です。

一体どこに住んでいて、何歳で、何をしている人なのか、ということが分からない人と話をすることは、普通はとても不安に感じるものです。

かと言って、そんなよく知りもしない人に、自分の身の上を色々と話す気にはならないでしょう。

まず、自分の方から「〇〇学校に通っていて?」「駅前の〇〇で働いてるんですけど?」というような自己紹介をしていくと良いでしょう。

怪しい人は自分の情報を隠すものですから、職場などをあっさりと話してくれるというだけで、かなり存在を身近に感じて相手は安心してくれるはずですよ。

6. 距離をしっかりと保つ

距離をしっかりと保つ

一目惚れをした人に声をかけ、話をするときは、身体的な距離をしっかりと保つことに注意してください。

知らない人に話しかけられた時、相手が一番心配に思うのは、自分の身の安全です。

まだ全く信頼関係のない人が、すごく近くで話しかけてくると、それだけで怖いと感じる人も少なくないでしょう。

自分に相手を傷つけるつもりは全くなく、ただただ仲良くなりたいのだ、ということを伝えるためには、意識的に身体的な距離を保つことが大切です。

7. ちゃんと好意を伝える

ちゃんと好意を伝える

話しかけることに成功したはいいものの、その時点で好意を持っていることを相手に理解してもらわなければ、一体この人の目的はなんなのだろう、と相手を不安にさせてしまう可能性があります。

必然的に声をかけるとしても、偶然を装い声をかけるとしても、話のきっかけの後には、必ず好意をきちんと伝えることを怠らないようにしましょう。

偶然を装う場合は、難しいことですが、その瞬間に一目惚れをしてしまった、というように勇気を出して伝えてみましょう。

8. 連絡先が交換できても過度な質問はしない

無事連絡先を聞くことができ、連絡を取り合えることになった場合、嬉しいこととは思いますが、あまり過度に質問をしすぎることは避けましょう。

まだまだ、相手にとっては、信用に欠ける存在であることは間違いないので、家族のことやプロフィールなどのプライベートなことをどんどん聞きすぎると、性急すぎて、やっぱりちょっと怪しいかも…と思われてしまう可能性があります。

相手のペースに合わせて、ゆっくりと信頼関係を築いていけると良いですね。

街中を歩いていたり、電車の中などで、思わず一目惚れをしてしまったことはありませんか?

一目惚れをしたときにはどんなアプローチをすればうまくいくのでしょうか?


目の前で落し物をする

まず、一目惚れをしてしまった時のアプローチとして、最初の大きな難関となるのが、話をするきっかけづくりです。

こちら側は一目惚れをして、何度か見かけたりして意識していても、相手は全くこちらの存在を意識していないことがほとんどでしょう。

知らない異性にいきなり話しかけられると身構える人はとても多いはずです。

最初の話をするきっかけとして、目の前でうっかりミスを装い、ハンカチなど落し物をしてみると良いかもしれません。

たいていの人は目の前で人が落し物をすれば、拾って声をかけてくれるはずです。

そこで、丁寧にお礼をすると同時に「綺麗な人に声をかけられて驚いた」というように好意を伝えてみると、仲良くなれるかもしれません。

毎日同じ行動をしてみる

一目惚れをすることが多い場所は、電車やバスなど、毎日の交通手段の中ではないでしょうか。

本当に一目見ただけの一目惚れよりも、毎日同じ電車に乗るなどの偶然の中で、意識してしまうような状況が多いと思います。

そのため、相手にも同じように意識されるようになれば、いざ話しかけた時にすんなりと受け入れられる可能性が高いでしょう。

なので、話しかける前に、毎日電車の同じ場所に立つ、同じ鞄をいつも持つ、携帯・スマホをいじらずにきちんと前を向いて座るなど、相手に、この人いつもいるな、と意識してもらえるような工夫をしてみると良いでしょう。

連絡先をサッと渡す

相手にとって、知らない人にいきなり話しかけられることは、多かれ少なかれ、一旦は怪しまれる行動だと思います。

なるべく早く、怪しくない人だと分かってもらうために、相手の連絡先を突然聞いたりするようなことは決してしないようにし、短く好意を伝えた後に、あらかじめ用意しておいた連絡先が書いてあるカードをサッと渡すと良いでしょう。

「もしもそちらの都合がよければ連絡してください」とお願いするにとどめ、しつこく話をするようなことを避けると、相手に信用されようとする真剣さが伝わることと思います。

友達と間違える

怪しまれず話しかける手段の一つとして、自分の友達と間違えてしまったという方法があります。

友達の名前を呼びながら手を振るなどして、近づいた時に、間違えた旨を伝えると自然に話ができるきっかけになるかもしれません。

自分の友達にとても似ているという話から自己紹介に繋げていくと、まず友達になれるのではないでしょうか。

しかし、これはかなり上手く話を繋げられる人でなければ上手くいかない高等手段と言えるでしょう。

自己紹介を丁寧にする

一目惚れをして、話しかけた相手に怪しまれず仲を深めていくためには、とにかく自分の素性をしっかりと話していくことが大切です。

一体どこに住んでいて、何歳で、何をしている人なのか、ということが分からない人と話をすることは、普通はとても不安に感じるものです。

かと言って、そんなよく知りもしない人に、自分の身の上を色々と話す気にはならないでしょう。

まず、自分の方から「〇〇学校に通っていて?」「駅前の〇〇で働いてるんですけど?」というような自己紹介をしていくと良いでしょう。

怪しい人は自分の情報を隠すものですから、職場などをあっさりと話してくれるというだけで、かなり存在を身近に感じて相手は安心してくれるはずですよ。

距離をしっかりと保つ

一目惚れをした人に声をかけ、話をするときは、身体的な距離をしっかりと保つことに注意してください。

知らない人に話しかけられた時、相手が一番心配に思うのは、自分の身の安全です。

まだ全く信頼関係のない人が、すごく近くで話しかけてくると、それだけで怖いと感じる人も少なくないでしょう。

自分に相手を傷つけるつもりは全くなく、ただただ仲良くなりたいのだ、ということを伝えるためには、意識的に身体的な距離を保つことが大切です。

ちゃんと好意を伝える

話しかけることに成功したはいいものの、その時点で好意を持っていることを相手に理解してもらわなければ、一体この人の目的はなんなのだろう、と相手を不安にさせてしまう可能性があります。

必然的に声をかけるとしても、偶然を装い声をかけるとしても、話のきっかけの後には、必ず好意をきちんと伝えることを怠らないようにしましょう。

偶然を装う場合は、難しいことですが、その瞬間に一目惚れをしてしまった、というように勇気を出して伝えてみましょう。

無事連絡先を聞くことができ、連絡を取り合えることになった場合、嬉しいこととは思いますが、あまり過度に質問をしすぎることは避けましょう。

まだまだ、相手にとっては、信用に欠ける存在であることは間違いないので、家族のことやプロフィールなどのプライベートなことをどんどん聞きすぎると、性急すぎて、やっぱりちょっと怪しいかも…と思われてしまう可能性があります。

相手のペースに合わせて、ゆっくりと信頼関係を築いていけると良いですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-