【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515113933.html
別居婚のメリットとデメリット10選

別居婚のメリットとデメリット10選 | LADYCO

LADYCO
別居婚のメリットとデメリット10選

それぞれの事情により、別居婚という形をとっている夫婦もいます。

一緒にいるのが夫婦じゃないの?と思われている方もまだまだ多いと思います。

別居婚のメリットとデメリットを紹介していきましょう。

  • 自由な生活ができる
  • 家事の負担が減る
  • 嫌なところが目につかない
  • 恋人同士の気分のままでいられる
  • お金の管理を自分でできる
  • 仕事に影響が出ない
  • 孤独を感じる時はある
  • 浮気の心配がある
  • 経済的に負担が増える
  • 病気の時に困る
  • まとめ

1. 自由な生活ができる

自由な生活ができる

別居婚のメリット、それは自由な生活、時間を手に入れられることです。

帰宅時間が遅いからと妻に責められることも罪悪感を感じることもありません。

また、夫の帰りを待っている必要もありませんし、自分の好きな時間に好きなものを食べることができます。

自由な生活をしているのに、社会的には既婚者として落ち着いている、安定しているという評価が得られるのも嬉しいところです。

2. 家事の負担が減る

家事の負担が減る

別居婚なので、子供がいない夫婦であれば一人暮らしの人と何ら変わりはありません。

一人分も二人分も作るのは一緒なんていいますけど、やはり大人が一人増えれば、食事作りも、買い物の量も、洗いものも増えるものです。

別居婚で一人で生活していれば、家事の負担は自分の分だけですから楽に感じます。

3. 嫌なところが目につかない

嫌なところが目につかない

どんなに好きな相手でも四六時中一緒にいれば、気に入らない点やイライラする部分も出てくるものです。

もともとは他人なわけですから価値観や生活習慣の違いはどうしてもあります。

別居婚の場合は、一緒に過ごす時間が通常の夫婦より少なくなります。

せいぜい、週末にどちらかの家で過ごすぐらいでしょうか。

一緒にいる時間が少なければ、嫌なところを目にする機会も少ないのは当然のことです。

また目にしても、毎日一緒ではないのでそこまで気にならないというのもありますよね。

4. 恋人同士の気分のままでいられる

恋人同士の気分のままでいられる

別居婚は籍が入っているものの、同居していない状態なので、通常の恋人同士と同じ感覚でいられます。

一緒に生活していれば、お互いの素の部分を見せ合うことになります。

すっぴんだったり、風呂上がりのだらしない姿だったり、寝相の悪さ、寝起きの不機嫌そうな態度だったり、数え上げればキリがありません。

そういったことで家族としての愛情が深まるということもありますが、やはり異性として意識するということは徐々に少なくなっていく可能性が高いです。

別居婚の場合は慣れ合ってはいても、恋人同士のような雰囲気があります。

5. お金の管理を自分でできる

お金の管理を自分でできる

結婚したら、お給料管理は全部奥さんに・・・という男性はまだまだ多いのかと思います。

確かに金銭管理が得意な方に任せる方が楽だし確実とも思えます。

ですが、これには多少リスクもあります。

それは配偶者がちゃんと管理していない場合もありえるからです。

また、管理しないまま過ごすことで、金銭感覚が身につかないというのもあります。

別居婚は、それぞれがお金の管理をすることになるので、嫌でも金銭感覚が養われることになるでしょう。

6. 仕事に影響が出ない

仕事に影響が出ない

夫の転勤、妻の異動など、仕事をしていれば転勤や異動などはつきものです。

同居の場合は、収入が多い方(一般的には夫)に合わせて引っ越したりすることが多いでしょう。

子供がいる場合は転校などもありますし、妻もそれまでの仕事を辞めざるを得ないということもあります。

別居婚の場合は、こういったことがありません。

たとえば夫が転勤になっても、妻は妻でそれまで通りの部屋に住み仕事を続けることが可能です。

お互いの仕事に影響が出ないのが別居婚のメリットです。

7. 孤独を感じる時はある

孤独を感じる時はある

ものごと、いいことばかりではなく、悪いこともあります。

別居婚のデメリット、それは寂しさではないでしょうか。

やはり夫婦というのはいつも一緒にいるという価値観がまだまだ多いと思います。

自由気ままで楽しい毎日ではあっても、ふと寂しさを感じることはあるわけです。

また子供がいる場合は、子供にも寂しい思いをさせてしまうことがあります。

一緒に生活していない親も子供と頻繁に会えなくて寂しいと感じることでしょう。

8. 浮気の心配がある

浮気の心配がある

一緒に生活をしていないことで、普段は何をしているかわかりません。

もしかして、浮気をしているかもしれないという不安や心配もあります。

たとえ、家に異性を入れていたとしても、わかりようがないのですから。

単身赴任中に浮気をしてもばれにくいように、別居婚も同じです。

いつも一緒にいれば小さな変化にも気がつきやすいものですが、離れていればやはり目が届きにくくなるのは仕方がないことですね。

9. 経済的に負担が増える

経済的に負担が増える

別居婚というのは、生活費が二重にかかっています。

双方の家賃、水光熱費とかかるのでそれだけでも大きな出費といえます。

通常の夫婦であれば、貯金にまわせるお金が、別居婚の場合は生活費としてかかるのです。

10. 病気の時に困る

病気の時に困る

別居婚で困るなと思うのが、病気やけがをした時です。

まず、病気になって不安ですし、子供がいる場合は面倒を見てくれる人がいません。

同居の夫婦であれば、例えば妻が熱を出しても、子供の面倒は夫が見ることができます。

別居の場合はそれができないのです。

まとめ

以上、別居婚のメリットとデメリットを紹介しました。

夫婦で話し合い、子供のことや将来的なことなど時期を見て色々と判断していくのがベストなのかもしれません。

また別居のままずっといるのか、いつか同居するのかなども決めて始める場合もあるでしょう。

同居していなくても夫婦は夫婦。

心はいつも一緒、一人ではないというのが安心感に繋がるのでしょうね。

それぞれの事情により、別居婚という形をとっている夫婦もいます。

一緒にいるのが夫婦じゃないの?と思われている方もまだまだ多いと思います。

別居婚のメリットとデメリットを紹介していきましょう。


自由な生活ができる

別居婚のメリット、それは自由な生活、時間を手に入れられることです。

帰宅時間が遅いからと妻に責められることも罪悪感を感じることもありません。

また、夫の帰りを待っている必要もありませんし、自分の好きな時間に好きなものを食べることができます。

自由な生活をしているのに、社会的には既婚者として落ち着いている、安定しているという評価が得られるのも嬉しいところです。

家事の負担が減る

別居婚なので、子供がいない夫婦であれば一人暮らしの人と何ら変わりはありません。

一人分も二人分も作るのは一緒なんていいますけど、やはり大人が一人増えれば、食事作りも、買い物の量も、洗いものも増えるものです。

別居婚で一人で生活していれば、家事の負担は自分の分だけですから楽に感じます。

嫌なところが目につかない

どんなに好きな相手でも四六時中一緒にいれば、気に入らない点やイライラする部分も出てくるものです。

もともとは他人なわけですから価値観や生活習慣の違いはどうしてもあります。

別居婚の場合は、一緒に過ごす時間が通常の夫婦より少なくなります。

せいぜい、週末にどちらかの家で過ごすぐらいでしょうか。

一緒にいる時間が少なければ、嫌なところを目にする機会も少ないのは当然のことです。

また目にしても、毎日一緒ではないのでそこまで気にならないというのもありますよね。

恋人同士の気分のままでいられる

別居婚は籍が入っているものの、同居していない状態なので、通常の恋人同士と同じ感覚でいられます。

一緒に生活していれば、お互いの素の部分を見せ合うことになります。

すっぴんだったり、風呂上がりのだらしない姿だったり、寝相の悪さ、寝起きの不機嫌そうな態度だったり、数え上げればキリがありません。

そういったことで家族としての愛情が深まるということもありますが、やはり異性として意識するということは徐々に少なくなっていく可能性が高いです。

別居婚の場合は慣れ合ってはいても、恋人同士のような雰囲気があります。

お金の管理を自分でできる

結婚したら、お給料管理は全部奥さんに・・・という男性はまだまだ多いのかと思います。

確かに金銭管理が得意な方に任せる方が楽だし確実とも思えます。

ですが、これには多少リスクもあります。

それは配偶者がちゃんと管理していない場合もありえるからです。

また、管理しないまま過ごすことで、金銭感覚が身につかないというのもあります。

別居婚は、それぞれがお金の管理をすることになるので、嫌でも金銭感覚が養われることになるでしょう。

仕事に影響が出ない

夫の転勤、妻の異動など、仕事をしていれば転勤や異動などはつきものです。

同居の場合は、収入が多い方(一般的には夫)に合わせて引っ越したりすることが多いでしょう。

子供がいる場合は転校などもありますし、妻もそれまでの仕事を辞めざるを得ないということもあります。

別居婚の場合は、こういったことがありません。

たとえば夫が転勤になっても、妻は妻でそれまで通りの部屋に住み仕事を続けることが可能です。

お互いの仕事に影響が出ないのが別居婚のメリットです。

孤独を感じる時はある

ものごと、いいことばかりではなく、悪いこともあります。

別居婚のデメリット、それは寂しさではないでしょうか。

やはり夫婦というのはいつも一緒にいるという価値観がまだまだ多いと思います。

自由気ままで楽しい毎日ではあっても、ふと寂しさを感じることはあるわけです。

また子供がいる場合は、子供にも寂しい思いをさせてしまうことがあります。

一緒に生活していない親も子供と頻繁に会えなくて寂しいと感じることでしょう。

浮気の心配がある

一緒に生活をしていないことで、普段は何をしているかわかりません。

もしかして、浮気をしているかもしれないという不安や心配もあります。

たとえ、家に異性を入れていたとしても、わかりようがないのですから。

単身赴任中に浮気をしてもばれにくいように、別居婚も同じです。

いつも一緒にいれば小さな変化にも気がつきやすいものですが、離れていればやはり目が届きにくくなるのは仕方がないことですね。

経済的に負担が増える

別居婚というのは、生活費が二重にかかっています。

双方の家賃、水光熱費とかかるのでそれだけでも大きな出費といえます。

通常の夫婦であれば、貯金にまわせるお金が、別居婚の場合は生活費としてかかるのです。

病気の時に困る

別居婚で困るなと思うのが、病気やけがをした時です。

まず、病気になって不安ですし、子供がいる場合は面倒を見てくれる人がいません。

同居の夫婦であれば、例えば妻が熱を出しても、子供の面倒は夫が見ることができます。

別居の場合はそれができないのです。

以上、別居婚のメリットとデメリットを紹介しました。

夫婦で話し合い、子供のことや将来的なことなど時期を見て色々と判断していくのがベストなのかもしれません。

また別居のままずっといるのか、いつか同居するのかなども決めて始める場合もあるでしょう。

同居していなくても夫婦は夫婦。

心はいつも一緒、一人ではないというのが安心感に繋がるのでしょうね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-