【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514155022.html
同棲を飽きてしまったと思うポイントを8選

同棲を飽きてしまったと思うポイントを8選 | LADYCO

LADYCO
同棲を飽きてしまったと思うポイントを8選

同棲を飽きてしまったと思うポイントを8選まとめて見ました。

  • 家事を怠ける
  • 食事がおいしくない
  • 女らしさを捨てない
  • 変に所帯じみてくる
  • お金のことははっきりさせておく
  • 友人などと一緒の時に相手をけなす
  • 悪口を言う
  • 金銭感覚がずれている

1. 家事を怠ける

家事を怠ける

同棲するとその人のことをよくわかるようになるといわれています。

同棲以前にはわからなかったところも知られてしまうので、結婚を視野に同棲をするという場合、特に注意が必要といえます。

きっちり家事をやるのは無理がありますが、掃除機をかけているのが2週間に1回、流しには食器がそのまま、洗濯ものがたまっている。

そんな状態だと同棲して飽きることになってしまいます。

衣食住という言葉がありますが、同棲は衣食住に対する相手の考え方を知ることができます。

女性なら家事を怠けるというのは男性にとってあまりいい印象にならないかもしれません。

結婚は家庭を作ることなので、相手は家庭的な人がいいという人は多いです。

そのため、できるだけ家庭的な部分は手を抜かない方がいいかもしれませんね。

2. 食事がおいしくない

食事がおいしくない

同棲は一つ屋根の下で暮らすということなので、そうでない場合に比べると、隠したい部分も見られる可能性が高くなります。

食事というのはとても重要かもしれません。

女性が食事を作ることが多くなるのではないかと思いますが、男性は胃袋で落とすという言葉が昔からあります。

毎日のことなので、料理の腕前が平均以下なら、それを補うことができるようなものがあればいいかもしれませんが、男性は彼女の料理の腕はしっかりとチェックしています。

料理下手な彼女なら、飽きてしまうかもしれません。

少なくとも、彼氏の好きな料理は誰にも負けないくらい美味しく料理を作れるようになっておくといいですね。

料理をしない女性は飽きられてしまうかもしれません。

3. 女らしさを捨てない

女らしさを捨てない

毎日一緒に暮らしていると、段々と家族のようになってまったりとしてきます。

彼が見ている目の前でタブー行為をすると飽きられますよね。

例えば、ワキ毛を抜くのはよくありません。

脱毛はお風呂場で行いましょう。

恥じらいを忘れてしまうのはリスキーです。

まだ大きな結婚というハードルも控えていますので、見せるべきでないところは見せずにおくことが大切です。

というのも、同棲が原因で破局した場合、結婚には至りません。

一緒にいる時間が長いため、相手の気になるところが気になる人も多くいます。

清潔さと恥じらいは女性は失わない方がいいですね。

4. 変に所帯じみてくる

変に所帯じみてくる

所帯じみてくるのはよくありません。

別に結婚をしているわけではありませんので、結婚する前から所帯じみてくると、男性は新鮮味がなくなってきて離れて行ってしまうかもしれません。

家の中でお化粧をしない、リラックスしすぎて失敗をしてしまうといったことがあると飽きるかもしれません。

男性も同じで、痒いからといって女性の前で身体をぼりぼりと掻かない、リラックスをしすぎないということも大切です。

いつでも清潔感の服装をしておきましょう。

5. お金のことははっきりさせておく

お金のことははっきりさせておく

一緒に暮すので、お金のことはどうしてもついてまわります。

2人で借りているアパート代を彼氏に負担させたり、逆に、女性にばかりいろいろなものを払わせたりするのもよくないですよね。

最初に、光熱費や食費も含めて、誰がどれくらい何を負担するのかという点をはっきりさせて、お金のことでお互いにフラストレーションを抱えないようにしておきましょう。

男性のほうが収入が高い場合でも、ちょっと多めに払ってもらうという気持ちでいるくらいがいいかもしれません。

全額を負担させるのでは彼も嫌になるかもしれません。

6. 友人などと一緒の時に相手をけなす

友人などと一緒の時に相手をけなす

友人などと一緒の時に相手をけなしてしまうと、自分を立ててくれないということで飽きられる原因になるかもしれません。

小さくてささいなことが積み重なると、大きくなりますので、ケンカで同棲が破局してしまったということにもなりかねません。

不和の元凶は、知り合いや友人の前で相手を立てないというところになることが多いといえますので、友人などと一緒の時には相手を立てるようにしておきましょう。

7. 悪口を言う

悪口を言う

友人と話をする時に、相手の悪口をいうとよくありませんよね。

できるだけ、いい部分をたくさん話すようにすると、友人経由で彼氏の耳に入った時に彼氏もうれしいでしょう。

人の悪口をいう人は飽きられる人になりやすいといえますので。

悪口は言わないようにしましょう。

8. 金銭感覚がずれている

同棲して生活していると、相手の金銭感覚もわかります。

結婚をする場合には、金銭感覚はとても重要なポイントになります。

相手と自分が金銭感覚がずれているという場合、お互いに相手にいだいていたイメージが変わってくるでしょう。

一緒に暮らしているので、予算を考えずに生活することはできません。

同棲相手がギャンブルなどにお金を使っているのを目の当たりにすると不安になるかもしれません。

また、よく友人と飲みにいったりするということならお金は減っていくことになります。

そのしわ寄せが相手にきますので、金銭感覚のずれは相手のイメージを変えてしまうのかもしれません。

同棲を飽きてしまったと思うポイントを8選まとめて見ました。


家事を怠ける

同棲するとその人のことをよくわかるようになるといわれています。

同棲以前にはわからなかったところも知られてしまうので、結婚を視野に同棲をするという場合、特に注意が必要といえます。

きっちり家事をやるのは無理がありますが、掃除機をかけているのが2週間に1回、流しには食器がそのまま、洗濯ものがたまっている。

そんな状態だと同棲して飽きることになってしまいます。

衣食住という言葉がありますが、同棲は衣食住に対する相手の考え方を知ることができます。

女性なら家事を怠けるというのは男性にとってあまりいい印象にならないかもしれません。

結婚は家庭を作ることなので、相手は家庭的な人がいいという人は多いです。

そのため、できるだけ家庭的な部分は手を抜かない方がいいかもしれませんね。

食事がおいしくない

同棲は一つ屋根の下で暮らすということなので、そうでない場合に比べると、隠したい部分も見られる可能性が高くなります。

食事というのはとても重要かもしれません。

女性が食事を作ることが多くなるのではないかと思いますが、男性は胃袋で落とすという言葉が昔からあります。

毎日のことなので、料理の腕前が平均以下なら、それを補うことができるようなものがあればいいかもしれませんが、男性は彼女の料理の腕はしっかりとチェックしています。

料理下手な彼女なら、飽きてしまうかもしれません。

少なくとも、彼氏の好きな料理は誰にも負けないくらい美味しく料理を作れるようになっておくといいですね。

料理をしない女性は飽きられてしまうかもしれません。

女らしさを捨てない

毎日一緒に暮らしていると、段々と家族のようになってまったりとしてきます。

彼が見ている目の前でタブー行為をすると飽きられますよね。

例えば、ワキ毛を抜くのはよくありません。

脱毛はお風呂場で行いましょう。

恥じらいを忘れてしまうのはリスキーです。

まだ大きな結婚というハードルも控えていますので、見せるべきでないところは見せずにおくことが大切です。

というのも、同棲が原因で破局した場合、結婚には至りません。

一緒にいる時間が長いため、相手の気になるところが気になる人も多くいます。

清潔さと恥じらいは女性は失わない方がいいですね。

変に所帯じみてくる

所帯じみてくるのはよくありません。

別に結婚をしているわけではありませんので、結婚する前から所帯じみてくると、男性は新鮮味がなくなってきて離れて行ってしまうかもしれません。

家の中でお化粧をしない、リラックスしすぎて失敗をしてしまうといったことがあると飽きるかもしれません。

男性も同じで、痒いからといって女性の前で身体をぼりぼりと掻かない、リラックスをしすぎないということも大切です。

いつでも清潔感の服装をしておきましょう。

お金のことははっきりさせておく

一緒に暮すので、お金のことはどうしてもついてまわります。

2人で借りているアパート代を彼氏に負担させたり、逆に、女性にばかりいろいろなものを払わせたりするのもよくないですよね。

最初に、光熱費や食費も含めて、誰がどれくらい何を負担するのかという点をはっきりさせて、お金のことでお互いにフラストレーションを抱えないようにしておきましょう。

男性のほうが収入が高い場合でも、ちょっと多めに払ってもらうという気持ちでいるくらいがいいかもしれません。

全額を負担させるのでは彼も嫌になるかもしれません。

友人などと一緒の時に相手をけなす

友人などと一緒の時に相手をけなしてしまうと、自分を立ててくれないということで飽きられる原因になるかもしれません。

小さくてささいなことが積み重なると、大きくなりますので、ケンカで同棲が破局してしまったということにもなりかねません。

不和の元凶は、知り合いや友人の前で相手を立てないというところになることが多いといえますので、友人などと一緒の時には相手を立てるようにしておきましょう。

悪口を言う

友人と話をする時に、相手の悪口をいうとよくありませんよね。

できるだけ、いい部分をたくさん話すようにすると、友人経由で彼氏の耳に入った時に彼氏もうれしいでしょう。

人の悪口をいう人は飽きられる人になりやすいといえますので。

悪口は言わないようにしましょう。

同棲して生活していると、相手の金銭感覚もわかります。

結婚をする場合には、金銭感覚はとても重要なポイントになります。

相手と自分が金銭感覚がずれているという場合、お互いに相手にいだいていたイメージが変わってくるでしょう。

一緒に暮らしているので、予算を考えずに生活することはできません。

同棲相手がギャンブルなどにお金を使っているのを目の当たりにすると不安になるかもしれません。

また、よく友人と飲みにいったりするということならお金は減っていくことになります。

そのしわ寄せが相手にきますので、金銭感覚のずれは相手のイメージを変えてしまうのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-