【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514144531.html
合コンの会話が盛り上がる話題25選

合コンの会話が盛り上がる話題25選 | LADYCO

LADYCO
合コンの会話が盛り上がる話題25選

合コンの決め手は何といってもトークです。

そこで会話が盛り上がるおススメ話題をご紹介します

  • 会社や学校内の困ったチャン
  • 美味しいもの
  • 中学生時代の部活
  • 初恋・初チュー
  • 朝ご飯
  • 同席者を褒める
  • おじいちゃん、おばあちゃん
  • 子供時代の流行りもの
  • コンビニ食
  • アイスクリーム
  • 卵かけご飯
  • 世間を賑わすスキャンダル
  • お酒
  • マッサージグッズ
  • 血液型
  • 休日の過ごし方
  • 夜景スポット
  • 子供の頃の話
  • ペットの話
  • ラーメン
  • ふるさと自慢
  • 宝くじに当たったら
  • 一番、○○な話
  • 旬の食べ物
  • 寝る時の格好

1. 会社や学校内の困ったチャン

会社や学校内の困ったチャン

合コンのトークとしてイチオシは笑える話です。

皆が朗らかに笑えるトークだったら、盛り上がること間違いなし! でも、合コンに出席している人をうっかりネタにすると、「恥を掻かされた」と後で恨まれてしまうこともあるので避けたほうが無難です。

そこで合コンの相手の人達が絶対に知り合うことがない人をネタにしてみてください。

「うちのボスは、強い拘りがあってね・・・」 「学食のオバチャンが・・・」 といったような赤の他人をネタにすれば、後で「陰口」となってしまうこともありません。

特に困ったチャンをネタにすると、笑いが取りやすくなります。

ただし、笑い話にすることが重要です。

誹謗中傷は場を嫌な雰囲気にさせてしまうことが予想されるので、控えてください。

どんなに大失敗をしたエピソードでも、「その人はいい人なんだ」というスタンスで話を進めれば、聞いている人が嫌な気持ちになる事はありません。

2. 夢

夢

大人であったとしても、夢を持っている人の話を聞くのはとても楽しいものです。

例えば、「長期休暇が取れたら、クルーズで世界一周してみたい」 「いつか特注の皮財布を持ってみたい」 なんでもいいのです。

「こういうふうになりたいんだ」と誰かが話し出すと、「それ、イイね!」となり、普段は自分の夢なんて意識したことのなかった人でも「自分はね・・・」と話題がどんどんと膨らみます。

自分の夢ばかりを語るのではなく、人の夢の話を真摯に聞く姿はきっと好感を持たれるはずです。

更に、この機会に夢や目標を持てるようになったら、その影響を与えてくれた人との縁はとても良いものになります。

3. 美味しいもの

美味しいもの

美味しいものの話しって「そこ行ってみたい!」「食べてみたい」とかなりの確率で盛り上がります。

「○○の焼き鳥を食べたことある?」 「ないなあ」 「絶品だから、一度食べてみるといいよ」 「うん、行ってみたい!」 「じゃあさ、今度一緒に行かない?」 なんていう流れが理想的。

合コンはこの時だけの縁になってしまうこともありますが、「今度は皆でそこに集まろう」といった第2回目の合コン企画に繋げるのも一案です。

美味しいものを目的に集まるというのがポイントで、これが大汗を掻くようなスポーツだと集まるのが面倒になってしまうことも。

皆、美味しいものが大好きなのです。

4. 中学生時代の部活

中学生時代の部活

高校時代くらいから部活動やスポーツとは縁が無くなってしまう人も少なくありません。

それだけに「実は、中学時代はサッカー一筋だったんだ」 「美術部で部長だったの」 そういった昔話は「今と全然イメージが違うね」という盛り上がりを見せます。

今の会社での実績を自慢するのは見苦しく見えてしまっても、過去の栄光であれば誰もが「スゴイね!」と単純に感心してしまうものなのです。

今は止めてしまったスポーツでも、経験者ということで思わぬポイントを稼げることも大いにあります。

また、「自分も同じものをやってたよ」と同志を見つけることもあるでしょう。

夢中になったものの話題って本当に楽しいですよね。

5. 初恋・初チュー

初恋・初チュー

これはお酒の席で随分とリラックスしてきたタイミングで切り出すと盛り上がります。

若かりし頃の切なさ、ドキドキは誰でも覚えがあるはず。

それを話し、皆で共感することで「わかる〜」「あるある」とそれぞれの距離感がグッと縮まります。

もちろん、上手くいったケースよりも振られた、失敗したケースの方がウケるでしょう。

初体験は過ぎ去ったことという前提なので、悲しい思い出として語っても「若い頃ってそんなもんだよ」と共感してもらえるので、過去のこととしてトラウマを克服することになるかも?

6. 朝ご飯

朝ご飯

地味な話題ですが、誰もが会話しやすい内容です。

どんなものを食べているのか。

ご飯派? それとも、パン派? 最近はコンビニで購入して会社で食べたり、コーヒーショップで一息ついて朝ご飯を済ませてから出勤する人も多いようです。

もしくは食べない派もいるかもしれません。

他人の生活を知るって割と興味深いものなのです。

また、「私もそうしてみよう」と賛同してもらった人と、その後の会話も継続して盛り上がるといいですね。

7. 同席者を褒める

同席者を褒める

同席者を貶めて笑いのネタにするのは止めたほうがいいものの、褒めることは大いに結構! 昔のことでも、今のことでも。

どんどんと褒めましょう。

すると褒められた人も褒めた人も好感度を上げることができます。

特に褒めた人の株は急上昇。

アピールする場である合コンで「自分はさて置き、仲間のことを褒めるなんて言い人過ぎ」と予想以上の評価を得られることもあります。

合コンは個人プレーよりもコンビプレーや団体プレーの方が成果が大きくなるもの。

一丸となって頑張りましょう。

合コン対策としてスタートする前に下打合せをしておくと、誰もが得点を稼げるようになり、相乗効果が生まれます。

8. おじいちゃん、おばあちゃん

おじいちゃん、おばあちゃん

自分の両親だとあまりにも近すぎて、話題にし辛いものです。

上手く話せたとしても、「この人、この年で母親の話をするなんてマザコンかしら?」と余計なことを詮索されかねません。

その点、おじいちゃん、おばあちゃんは別。

何故かおじいちゃん子、おばあちゃん子は「いい人」のレッテルを貼られやすいのです。

それを利用して、おじいちゃんやおばあちゃんの話題を話してみてください。

一緒に住んでいるおじいちゃんの健康法でも、離れて暮らすおばあちゃんとのメールエピソードでもOK。

注意すべきは、おちゃめな失敗話くらいがベスト。

馬鹿にするようなニュアンスにならないように気を付けましょう。

年配の人を貶めるようなことを言って笑い飛ばしたら悪人認定されて、敗者復活でさえ無理かもしれません。

9. 子供時代の流行りもの

子供時代の流行りもの

その昔、テレビゲームやたまごっちなど時代によって流行ったものがあります。

相手の年齢をチェックしたら「じゃあ、○○で遊んだ?」と話を振ってみましょう。

男性と女性で違いはあるかもしれませんが、それでも昔の話は懐かしくて思わず話したくなるテンションに。

「実は、今も遊んでる」となれば、「持ってるんだあ。

今度、見せてくれる?」
と次の約束がし易くなります。

1対1のトークだけでなく大人数でする会話にも最適な話題です。

10. コンビニ食

コンビニ食

コンビニ食は割と身近で、誰もがある程度の知識を持っています。

そこで「最近、○○のお握りにハマっている」といった会話がおススメです。

高級レストランと異なり、気になったら直ぐに行ってみよう、試してみようという気になれるのであれこれと話題が活発に交わされます。

ノリが良い集まりであれば、「これからみんなで行ってみよう!」となるかも。

プライベートブランドのものに力を入れているところもあるので、「これは試して欲しいなあ」というイチオシ商品をおススメしても喜ばれます。

サンドイッチ、お弁当、麺類、スイーツ。

話題は尽きません。

11. アイスクリーム

アイスクリーム

最近は老若男女問わず好まれるアイスクリームです。

コンビニでもスーパーでも豊富な品ぞろえで、選ぶのも楽しいですよね。

これらはメーカーによって工夫が凝らされ、味もまちまち。

人によって好みも違いもので、「今までバニラ系しか食べたことなかった」という人が別のフレーバーに目覚めるきっかけになるかもしれません。

季節限定なども売り出されるので、マメ知識を披露するといいでしょう。

新商品などの話題になれば「食べたい!」と盛り上がること請け合いです。

また、人によってどのタイミングで食べるアイスクリームが最高なのかは異なります。

風呂上り。

ランチ後。

休日の昼寝後。

仕事が上手くいった後のご褒美として、などなど。

そんなことを教えてもらうのも楽しいものです。

12. 卵かけご飯

卵かけご飯

卵かけご飯のファンは大勢います。

嫌いでなければ、そこそこの頻度で食べているかもしれません。

最近は専用のお醤油が販売されていて、拘りにも賑わいが感じられます。

そこで、自分なりの卵かけご飯の食べ方をお披露目してみましょう。

「○○のお醤油で食べたら、他の醤油では食べられない」 「醤油を掛けないで、代わりにキムチをONするとクセになる」

「飲み会の上がりにはラーメンではなく卵かけご飯が一番」

「砂糖を加えるとまろやかになってバニラ風味みたいに食べられる」

少し変わった工夫でも、合コンの席ならば許されます。

13. 世間を賑わすスキャンダル

世間を賑わすスキャンダル

時事ニュースの中でも政治の話は興味のない人がいるかもしれませんし、場の雰囲気を壊してしまう懸念もあります。

でもまったく関係のない芸能界スキャンダルであれば、なんとなく知識はあるはず。

「あれってどう思う?」といった会話が始まれば、議論がスタート! こういう時にどんな発言をするかで、その人の人となりが理解できることも。

「この子にアプローチをしようと思ったけど、見送ろう」という判断基準になるかもしれません。

また、男性対女性とのバトルトークになってしまいそうな話題は避けたほうがいいでしょう。

14. お酒

お酒

合コンの席で欠かせない飲み物。

ソフトドリンクからアルコールまで様々な飲み物がテーブルに並ぶことでしょう。

そんな時に「こういうお酒が好き」という話題がおススメです。

焼酎をこんなふうに飲むと美味しいというアイディアやそれに合うおつまみの話なんかも男女を問わず楽しめます。

薀蓄は長くなり過ぎないように、ほどほどを心掛けてください。

くどくなり過ぎると嫌われます。

15. マッサージグッズ

マッサージグッズ

仕事をしている人もスマホが手放せない人も。

眼精疲労や肩凝りに悩まされていることでしょう。

そこで、「これ、いいよ」とおススメしたら会話が盛り上がります。

「私も肩凝りと酷くなると頭が痛くなる」 「マッサージに行くほど時間もお金も余裕がない」 そんな人は多いでしょう。

だからこそ、「こういうのがあって、すごく使い易い」といったような紹介は感謝されます。

「私は○○で買ったの」と入手できる場所や方法もお披露目できると完璧です。

また、「○○を押すと肩凝りってすごく楽になるよ」といった実践アドバイスもいいですね。

16. 血液型

血液型

極々定番な話題ですが、当たり前のように盛り上がる血液型の話です。

クイズ形式で「何型だと思う?」と当てるのもゲーム感覚で楽しめ、「○○型なんて意外!」と話が弾みます。

血液型で相手との相性を知りたいと考える人はこんな話題から情報を集めるのも手です。

17. 休日の過ごし方

休日の過ごし方

「お休みの日は何をしているの?」という質問は当たり障りなく、「いつも家に居るよ」という答え次第では「きっと決まったパートナーがいないに違いない」と気に入った相手のことを探ることも出来ます。

「彼氏(彼女)、いる?」とはストレートに聞けないもの。

また、普段の過ごし方を知れば、デートの機会にもプランを立てやすくなるメリットも生じます。

18. 夜景スポット

夜景スポット

男女がいれば、なんとなくロマンティックな話は期待感があって無視できません。

「一緒に行きたいって誘ったら承知してくれるかな」 「こういう話をするってことは、誘われているのかな」 「夜景だから、夜デートになるよね」 駆け引きもありつつ、ドキドキする話題なのです。

もちろん、予備知識として本当に素敵な夜景スポットネタを仕入れておくことは必須です。

19. 子供の頃の話

子供の頃の話

自分がどんな子供だったか思い出してみましょう。

「恥ずかしがり屋でほとんど発言なんてしたことなかった」という人が合コンの幹事をしていたり、「万年学級委員だった」という生真面目君が路上アーティストになっていたり。

そういったギャップは大いに愉快な話題になります。

その場合、あまりにも自分の昔話を盛り過ぎると「残念な大人になったね」という印象を抱かれかねません。

ほどほど、そこそこが肝心です。

20. ペットの話

ペットの話

いつの時代も動物と赤ちゃんは人の心を和ませると言います。

でも、合コンを嗜む盛大の場合は、なかなか赤ちゃんの話をできる人もいないはず。

そこで動物の話がいいでしょう。

中でも身近な愛情の対象であるペットの話は、本当に興味のある話題だけに上手く語れる確率が高まります。

相手が興味を持ってくれたなら、楽しい時間となりますね。

21. ラーメン

ラーメン

日本人の国民食ですから、ラーメンはとても無難な話題です。

カップラーメンでもよし、お店で食べる本格派ラーメンでもよし。

自分の好きなラーメンについて語ってください。

そして、「あなたは?」と相手のラーメン談義にも耳を傾けましょう。

トッピングについて語っても、ネタは尽きないはず。

22. ふるさと自慢

ふるさと自慢

自分の出身地について語ってみましょう。

自分のルーツを話すと、相手に自分のことをより深く知ってもらうことができます。

近くの出身だったり、旅行で訪れたことがあると解れば、もっと話題が増えるでしょう。

「都内出身だし、自慢することがない」と思うことなかれ。

近くの商店街の自慢でもOK。

自分が子供の頃に食べた手作りコロッケの話だって、盛り上がりのきっかけには十分です。

22. 宝くじに当たったら

宝くじに当たったら

宝くじを買う習慣がない人も、宝くじには微塵の期待もしていない人も。

「7億円が当たったら何をする?」という話題には乗ってきます。

「家を建てたい」と言った人は堅実な人なのかもしれません。

「貯金をする」と言った人は、見た目よりも面白みがなく気が合わないかも!? また、「当たったらハワイに連れて行ってくれる?」といった壮大なおねだりもしたら、盛り上がります。

23. 一番、○○な話

一番、○○な話

フリートークで盛り上がらない場合には、幹事が仕切って一人ずつに強制的に発言をしてもらうことから始めましょう。

その時は「今までで一番、恥ずかしかった話」「一番、驚いた話」「一番、悲しかった話」などのテーマを設けます。

中には上手く話そうとしてスベってしまう人もいるかもしれませんが、ご愛嬌。

その場にいる人全てが芸人並みに話ができるわけがありません。

皆が話して、皆で聞く。

それから個々がリラックスして話せるムードを作るのが目的の話題です。

24. 旬の食べ物

旬の食べ物

例えば、「今年はもうかき氷を食べた?」「この間、今年初の鍋料理だった」というように、旬の食べ物を食べたか否かの話題が意外に盛り上がります。

食べたか食べないかの「Yes」「No」で応えられるので、どんな口下手の人でも大丈夫。

25. 寝る時の格好

男性の寝る時の格好なんてどうでもいいと思いますか?

でも、これが意外に面白い話題なのです。

人によってはオーソドックスなパジャマ。

下着だけ。

全裸。

男性に対していやらしい妄想を抱く人は殆どいないので、単なる笑い話として流せます。

反対に女性の場合には、男性のイマジネーションが掻きたてられて、「男ってこんなことで喜ぶなんて単純ね」という可愛らしさが引き出せます。

答えたくない女性は意味深に「ナイショ」というだけでも、男性は喜びます。

また、こういうところでいやらしくならない男性の好感度は著しく高まります。

ほどよく興味を持ち、スマートに盛り上がるのがベストです。

合コンの決め手は何といってもトークです。

そこで会話が盛り上がるおススメ話題をご紹介します


会社や学校内の困ったチャン

合コンのトークとしてイチオシは笑える話です。

皆が朗らかに笑えるトークだったら、盛り上がること間違いなし! でも、合コンに出席している人をうっかりネタにすると、「恥を掻かされた」と後で恨まれてしまうこともあるので避けたほうが無難です。

そこで合コンの相手の人達が絶対に知り合うことがない人をネタにしてみてください。

「うちのボスは、強い拘りがあってね・・・」 「学食のオバチャンが・・・」 といったような赤の他人をネタにすれば、後で「陰口」となってしまうこともありません。

特に困ったチャンをネタにすると、笑いが取りやすくなります。

ただし、笑い話にすることが重要です。

誹謗中傷は場を嫌な雰囲気にさせてしまうことが予想されるので、控えてください。

どんなに大失敗をしたエピソードでも、「その人はいい人なんだ」というスタンスで話を進めれば、聞いている人が嫌な気持ちになる事はありません。

夢

大人であったとしても、夢を持っている人の話を聞くのはとても楽しいものです。

例えば、「長期休暇が取れたら、クルーズで世界一周してみたい」 「いつか特注の皮財布を持ってみたい」 なんでもいいのです。

「こういうふうになりたいんだ」と誰かが話し出すと、「それ、イイね!」となり、普段は自分の夢なんて意識したことのなかった人でも「自分はね・・・」と話題がどんどんと膨らみます。

自分の夢ばかりを語るのではなく、人の夢の話を真摯に聞く姿はきっと好感を持たれるはずです。

更に、この機会に夢や目標を持てるようになったら、その影響を与えてくれた人との縁はとても良いものになります。

美味しいもの

美味しいものの話しって「そこ行ってみたい!」「食べてみたい」とかなりの確率で盛り上がります。

「○○の焼き鳥を食べたことある?」 「ないなあ」 「絶品だから、一度食べてみるといいよ」 「うん、行ってみたい!」 「じゃあさ、今度一緒に行かない?」 なんていう流れが理想的。

合コンはこの時だけの縁になってしまうこともありますが、「今度は皆でそこに集まろう」といった第2回目の合コン企画に繋げるのも一案です。

美味しいものを目的に集まるというのがポイントで、これが大汗を掻くようなスポーツだと集まるのが面倒になってしまうことも。

皆、美味しいものが大好きなのです。

中学生時代の部活

高校時代くらいから部活動やスポーツとは縁が無くなってしまう人も少なくありません。

それだけに「実は、中学時代はサッカー一筋だったんだ」 「美術部で部長だったの」 そういった昔話は「今と全然イメージが違うね」という盛り上がりを見せます。

今の会社での実績を自慢するのは見苦しく見えてしまっても、過去の栄光であれば誰もが「スゴイね!」と単純に感心してしまうものなのです。

今は止めてしまったスポーツでも、経験者ということで思わぬポイントを稼げることも大いにあります。

また、「自分も同じものをやってたよ」と同志を見つけることもあるでしょう。

夢中になったものの話題って本当に楽しいですよね。

初恋・初チュー

これはお酒の席で随分とリラックスしてきたタイミングで切り出すと盛り上がります。

若かりし頃の切なさ、ドキドキは誰でも覚えがあるはず。

それを話し、皆で共感することで「わかる〜」「あるある」とそれぞれの距離感がグッと縮まります。

もちろん、上手くいったケースよりも振られた、失敗したケースの方がウケるでしょう。

初体験は過ぎ去ったことという前提なので、悲しい思い出として語っても「若い頃ってそんなもんだよ」と共感してもらえるので、過去のこととしてトラウマを克服することになるかも?

朝ご飯

地味な話題ですが、誰もが会話しやすい内容です。

どんなものを食べているのか。

ご飯派? それとも、パン派? 最近はコンビニで購入して会社で食べたり、コーヒーショップで一息ついて朝ご飯を済ませてから出勤する人も多いようです。

もしくは食べない派もいるかもしれません。

他人の生活を知るって割と興味深いものなのです。

また、「私もそうしてみよう」と賛同してもらった人と、その後の会話も継続して盛り上がるといいですね。

同席者を褒める

同席者を貶めて笑いのネタにするのは止めたほうがいいものの、褒めることは大いに結構! 昔のことでも、今のことでも。

どんどんと褒めましょう。

すると褒められた人も褒めた人も好感度を上げることができます。

特に褒めた人の株は急上昇。

アピールする場である合コンで「自分はさて置き、仲間のことを褒めるなんて言い人過ぎ」と予想以上の評価を得られることもあります。

合コンは個人プレーよりもコンビプレーや団体プレーの方が成果が大きくなるもの。

一丸となって頑張りましょう。

合コン対策としてスタートする前に下打合せをしておくと、誰もが得点を稼げるようになり、相乗効果が生まれます。

おじいちゃん、おばあちゃん

自分の両親だとあまりにも近すぎて、話題にし辛いものです。

上手く話せたとしても、「この人、この年で母親の話をするなんてマザコンかしら?」と余計なことを詮索されかねません。

その点、おじいちゃん、おばあちゃんは別。

何故かおじいちゃん子、おばあちゃん子は「いい人」のレッテルを貼られやすいのです。

それを利用して、おじいちゃんやおばあちゃんの話題を話してみてください。

一緒に住んでいるおじいちゃんの健康法でも、離れて暮らすおばあちゃんとのメールエピソードでもOK。

注意すべきは、おちゃめな失敗話くらいがベスト。

馬鹿にするようなニュアンスにならないように気を付けましょう。

年配の人を貶めるようなことを言って笑い飛ばしたら悪人認定されて、敗者復活でさえ無理かもしれません。

子供時代の流行りもの

その昔、テレビゲームやたまごっちなど時代によって流行ったものがあります。

相手の年齢をチェックしたら「じゃあ、○○で遊んだ?」と話を振ってみましょう。

男性と女性で違いはあるかもしれませんが、それでも昔の話は懐かしくて思わず話したくなるテンションに。

「実は、今も遊んでる」となれば、「持ってるんだあ。

今度、見せてくれる?」
と次の約束がし易くなります。

1対1のトークだけでなく大人数でする会話にも最適な話題です。

コンビニ食

コンビニ食は割と身近で、誰もがある程度の知識を持っています。

そこで「最近、○○のお握りにハマっている」といった会話がおススメです。

高級レストランと異なり、気になったら直ぐに行ってみよう、試してみようという気になれるのであれこれと話題が活発に交わされます。

ノリが良い集まりであれば、「これからみんなで行ってみよう!」となるかも。

プライベートブランドのものに力を入れているところもあるので、「これは試して欲しいなあ」というイチオシ商品をおススメしても喜ばれます。

サンドイッチ、お弁当、麺類、スイーツ。

話題は尽きません。

アイスクリーム

最近は老若男女問わず好まれるアイスクリームです。

コンビニでもスーパーでも豊富な品ぞろえで、選ぶのも楽しいですよね。

これらはメーカーによって工夫が凝らされ、味もまちまち。

人によって好みも違いもので、「今までバニラ系しか食べたことなかった」という人が別のフレーバーに目覚めるきっかけになるかもしれません。

季節限定なども売り出されるので、マメ知識を披露するといいでしょう。

新商品などの話題になれば「食べたい!」と盛り上がること請け合いです。

また、人によってどのタイミングで食べるアイスクリームが最高なのかは異なります。

風呂上り。

ランチ後。

休日の昼寝後。

仕事が上手くいった後のご褒美として、などなど。

そんなことを教えてもらうのも楽しいものです。

卵かけご飯

卵かけご飯のファンは大勢います。

嫌いでなければ、そこそこの頻度で食べているかもしれません。

最近は専用のお醤油が販売されていて、拘りにも賑わいが感じられます。

そこで、自分なりの卵かけご飯の食べ方をお披露目してみましょう。

「○○のお醤油で食べたら、他の醤油では食べられない」 「醤油を掛けないで、代わりにキムチをONするとクセになる」

「飲み会の上がりにはラーメンではなく卵かけご飯が一番」

「砂糖を加えるとまろやかになってバニラ風味みたいに食べられる」

少し変わった工夫でも、合コンの席ならば許されます。

世間を賑わすスキャンダル

時事ニュースの中でも政治の話は興味のない人がいるかもしれませんし、場の雰囲気を壊してしまう懸念もあります。

でもまったく関係のない芸能界スキャンダルであれば、なんとなく知識はあるはず。

「あれってどう思う?」といった会話が始まれば、議論がスタート! こういう時にどんな発言をするかで、その人の人となりが理解できることも。

「この子にアプローチをしようと思ったけど、見送ろう」という判断基準になるかもしれません。

また、男性対女性とのバトルトークになってしまいそうな話題は避けたほうがいいでしょう。

お酒

合コンの席で欠かせない飲み物。

ソフトドリンクからアルコールまで様々な飲み物がテーブルに並ぶことでしょう。

そんな時に「こういうお酒が好き」という話題がおススメです。

焼酎をこんなふうに飲むと美味しいというアイディアやそれに合うおつまみの話なんかも男女を問わず楽しめます。

薀蓄は長くなり過ぎないように、ほどほどを心掛けてください。

くどくなり過ぎると嫌われます。

マッサージグッズ

仕事をしている人もスマホが手放せない人も。

眼精疲労や肩凝りに悩まされていることでしょう。

そこで、「これ、いいよ」とおススメしたら会話が盛り上がります。

「私も肩凝りと酷くなると頭が痛くなる」 「マッサージに行くほど時間もお金も余裕がない」 そんな人は多いでしょう。

だからこそ、「こういうのがあって、すごく使い易い」といったような紹介は感謝されます。

「私は○○で買ったの」と入手できる場所や方法もお披露目できると完璧です。

また、「○○を押すと肩凝りってすごく楽になるよ」といった実践アドバイスもいいですね。

血液型

極々定番な話題ですが、当たり前のように盛り上がる血液型の話です。

クイズ形式で「何型だと思う?」と当てるのもゲーム感覚で楽しめ、「○○型なんて意外!」と話が弾みます。

血液型で相手との相性を知りたいと考える人はこんな話題から情報を集めるのも手です。

休日の過ごし方

「お休みの日は何をしているの?」という質問は当たり障りなく、「いつも家に居るよ」という答え次第では「きっと決まったパートナーがいないに違いない」と気に入った相手のことを探ることも出来ます。

「彼氏(彼女)、いる?」とはストレートに聞けないもの。

また、普段の過ごし方を知れば、デートの機会にもプランを立てやすくなるメリットも生じます。

夜景スポット

男女がいれば、なんとなくロマンティックな話は期待感があって無視できません。

「一緒に行きたいって誘ったら承知してくれるかな」 「こういう話をするってことは、誘われているのかな」 「夜景だから、夜デートになるよね」 駆け引きもありつつ、ドキドキする話題なのです。

もちろん、予備知識として本当に素敵な夜景スポットネタを仕入れておくことは必須です。

子供の頃の話

自分がどんな子供だったか思い出してみましょう。

「恥ずかしがり屋でほとんど発言なんてしたことなかった」という人が合コンの幹事をしていたり、「万年学級委員だった」という生真面目君が路上アーティストになっていたり。

そういったギャップは大いに愉快な話題になります。

その場合、あまりにも自分の昔話を盛り過ぎると「残念な大人になったね」という印象を抱かれかねません。

ほどほど、そこそこが肝心です。

ペットの話

いつの時代も動物と赤ちゃんは人の心を和ませると言います。

でも、合コンを嗜む盛大の場合は、なかなか赤ちゃんの話をできる人もいないはず。

そこで動物の話がいいでしょう。

中でも身近な愛情の対象であるペットの話は、本当に興味のある話題だけに上手く語れる確率が高まります。

相手が興味を持ってくれたなら、楽しい時間となりますね。

ラーメン

日本人の国民食ですから、ラーメンはとても無難な話題です。

カップラーメンでもよし、お店で食べる本格派ラーメンでもよし。

自分の好きなラーメンについて語ってください。

そして、「あなたは?」と相手のラーメン談義にも耳を傾けましょう。

トッピングについて語っても、ネタは尽きないはず。

ふるさと自慢

自分の出身地について語ってみましょう。

自分のルーツを話すと、相手に自分のことをより深く知ってもらうことができます。

近くの出身だったり、旅行で訪れたことがあると解れば、もっと話題が増えるでしょう。

「都内出身だし、自慢することがない」と思うことなかれ。

近くの商店街の自慢でもOK。

自分が子供の頃に食べた手作りコロッケの話だって、盛り上がりのきっかけには十分です。

宝くじに当たったら

宝くじを買う習慣がない人も、宝くじには微塵の期待もしていない人も。

「7億円が当たったら何をする?」という話題には乗ってきます。

「家を建てたい」と言った人は堅実な人なのかもしれません。

「貯金をする」と言った人は、見た目よりも面白みがなく気が合わないかも!? また、「当たったらハワイに連れて行ってくれる?」といった壮大なおねだりもしたら、盛り上がります。

一番、○○な話

フリートークで盛り上がらない場合には、幹事が仕切って一人ずつに強制的に発言をしてもらうことから始めましょう。

その時は「今までで一番、恥ずかしかった話」「一番、驚いた話」「一番、悲しかった話」などのテーマを設けます。

中には上手く話そうとしてスベってしまう人もいるかもしれませんが、ご愛嬌。

その場にいる人全てが芸人並みに話ができるわけがありません。

皆が話して、皆で聞く。

それから個々がリラックスして話せるムードを作るのが目的の話題です。

旬の食べ物

例えば、「今年はもうかき氷を食べた?」「この間、今年初の鍋料理だった」というように、旬の食べ物を食べたか否かの話題が意外に盛り上がります。

食べたか食べないかの「Yes」「No」で応えられるので、どんな口下手の人でも大丈夫。

男性の寝る時の格好なんてどうでもいいと思いますか?

でも、これが意外に面白い話題なのです。

人によってはオーソドックスなパジャマ。

下着だけ。

全裸。

男性に対していやらしい妄想を抱く人は殆どいないので、単なる笑い話として流せます。

反対に女性の場合には、男性のイマジネーションが掻きたてられて、「男ってこんなことで喜ぶなんて単純ね」という可愛らしさが引き出せます。

答えたくない女性は意味深に「ナイショ」というだけでも、男性は喜びます。

また、こういうところでいやらしくならない男性の好感度は著しく高まります。

ほどよく興味を持ち、スマートに盛り上がるのがベストです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-