【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514135045.html
結婚で妥協すると後々後悔してしまうポイント

結婚で妥協すると後々後悔してしまうポイント | LADYCO

LADYCO
結婚で妥協すると後々後悔してしまうポイント

結婚を妥協してしまって後々になって問題になるポイントをまとめました。

  • 顔が生理的に無理な場合
  • 金銭感覚の違い
  • 昔から浮気癖があった
  • 部屋が汚い不潔だった
  • 経済力がない
  • しきたりが強い家庭
  • 文化の違い

結婚を妥協してしまう人って凄く多いんですよね。

それは何かを焦ってしまっているからなんです。

目先のことしか考えられていない人は、結婚だけではなく後々全てに後悔してしまいます。

せっかく結婚したのに離婚してしまうとか、ない話ではないのですよね。

間違った結婚をしない為にはどうすれば良いのか、後々になって問題になるポイントをいくつかご紹介致します。

1. 顔が生理的に無理な場合

顔が生理的に無理な場合

美人は3日で飽きるということわざをご存知でしょうか?

美人は最初はときめくけど、慣れてしまうとそうでもなくなるのですよね。

でも不細工はどうでしょうか?

不細工は3日で慣れるかもしれません。

ただし今後もずっと一緒にいなければいけないということを踏まえると、自分好みのイケメンでないとかなりきついです。

それは結婚したら四六時中顔を付き合わせないといけませんからね。

人は顔じゃないとはいいますが、その人の事を嫌になってしまった時、ときめく要素が少しでもないとかなりきっついんです。

もちろん自分好みの美形なんてそうそういませんが、少なからず嫌悪感を抱かない程度の人の方が良いですよ。

2. 金銭感覚の違い

金銭感覚の違い

元々金銭感覚って人それぞれ違うものですよね。

妥協というよりかはその辺りはどうしようもないのですが。

ただやっかいなのが、相手や自分がキャバクラやギャンブル好きか、投資家かにもよります。

よほど人とは違う変わった趣味の持ち主でなければ、金銭感覚にずれはないです。

金銭感覚と言うよりかは、何を趣味にしているかにもよりますけね。

ゲーム好きだったり、新しいもの好きだったり、服が好きだったり。

どの程度まで妥協できるかはあなた次第ですが、自分や相手の価値観は中々変わらないものです。

結婚する前には必ず相手の金銭感覚は絶対に把握しておきましょう。

3. 昔から浮気癖があった

昔から浮気癖があった

結婚後発覚してしまうとどうしようもありませんが、結婚前から浮気癖のある人物だと何度でも浮気するものなのですよね。

浮気は1回でもしてしまったら終わりです。

結婚前に気がついたら、そんな人とは別れてください。

もし浮気を許してしまっても、その人がまたしないとは限りません。

絶対にまたやります。

浮気される側も悪いとは言う話もありますが、ケースバイケースです。

4. 部屋が汚い不潔だった

部屋が汚い不潔だった

男性は女性と違い、清潔感の価値観がかなり異なります。

実はきれい好きの男性と部屋を散らかしっぱなしの男性、大きく別けてこの二種類しか存在しません。

部屋が汚い場合はかなりやっかいですが、食べ物のごみなどはそのままにしており、脱いだ服もぐちゃぐちゃ。

そして寝る布団などベッドの上に服や何かしら置いたままで寝る人もいます。

顔や歯を磨かない。

お風呂も面倒くさくておっくうになってしまうケースもあります。

これは女性側で何とか対象するしかありませんが、部屋の片付けはなるべく自分で片付ける様にしましょう。

嫌がる人は本気で嫌がります。

部屋が汚い人は清潔感もかけてしまっているので、こちらが正しいとわかっていても中々理解してもらえません。

部屋を散らかされたくない場合はせめてごみを片付けましょう。

永井目で見ると部屋が汚い人はめちゃくちゃやっかいです。

かといって反対にきれい好きだと面倒くさいです。

男性は女性と比べるとかなりこだわりがあるものなのです。

こちらが少しずぼらでもめちゃくちゃぼろかすに言われるケースがあります。

そう考えるとまだ自分の好き勝手にできる方が楽かもしれませんけどね。

5. 経済力がない

経済力がない

仕事を転々としてしまっている人は注意です。

こういう人はすぐにやめてしまいますし、将来的に考えると子供ができた場合、そうとう苦労しますよ!結婚ってめちゃくちゃお金がかかりますからね。

出産費用や養育費、生活費などで家系は火の車状態になってしまいます。

何かにつけてお金がいる中で女性はともかく、男性が働いてくれないとこちらは生活ができません。

それこそギャンブルやアルコール依存性など厄介な依存性のある人と一緒にはなれません。

必ず自分が不幸な目を見てしまうだけになります。

ただリストラにあった、会社が潰れてしまったとなると、それはどうしようもないので見逃してあげて下さい。

自分じゃどうしようもないケースもあるので、そこを攻めてはいけません。

攻めても良いのはアホみたいな事をした時だけにして下さいね。

相手が働いていても収入が低い場合は自分も働かないといけないケースがあります。

ぶっちゃけ相手の収入が低くても、今時は夫婦共働きが基本なので、専業主婦なんてできる家庭なんてそうそうありません。

そういう所はお医者さんや会社経営者などかなりのお金持ちでないと、専業主婦なんて無理です。

最近は女性側が働きたくないと言って玉の輿を夢見る女性が多くなっている様ですが、現実はそんなに甘くはありません。

自分にも手に職をつけておく方が良いですよ。

あとは何かしらのねずみ講にはまっていて職に就いていないケースもあります。

これは洗脳されている状態なので、自分がいくらいっても治る気配は薄いです。

最初に宗教やなにかのねずみ講にはまっていないか聞いておいた方が良いですよ。

自分をだけではなく、家族や周りの人間が被害に及びますのでね。

6. しきたりが強い家庭

しきたりが強い家庭

相手が田舎の人だと、田舎独特のルールがあるそうです。

例えば近所付き合いは濃いだの、同居が当たり前だの、生まれた子供の名前の付け方は自分たちで決めれずに相手側が決めるだの、すっごい癖が強いです。

家庭内ルールでも面倒くさいのに、その土地の風習によりかなり違います。

そういう所に嫁に行ってしまうと離婚なんて簡単にはできませんし、結構逃げ道がありません。

あらかじめ変な風習がないか確認しておいた方が良いですよ。

実際にこのしきたりでもめている家系は多くなっているようですしね。

7. 文化の違い

最近国際結婚が当たり前になっている世の中、文化の違いにより大分様変わりしているそうです。

外人さんに憧れる人も多く、日本人男性や女性なんてだめと見下している方が非常に多くなってきている事はご存知でしょうか?

ただ国際結婚は慣れてしまうとそうでもないかもしれませんが、国によって文化はかなり違いますし、食べ物も不満が出てきます。

例えばアメリカなどでは日本と比べるとご飯のサイズが倍以上で、スモールサイズがありません。

味も濃い味付けばかりですし、ファーストフード好きなら良いかもしれませんが、はっきり言ってしまうとデブまっしぐらになってしまう可能性も非常に高いです。

文化の違いにより物凄く後悔する人もいるんですよ。

どの国はどういう文化なのかというのもちゃんと調べておかないと後々後悔する事になります。

国際結婚は簡単に日本に帰れないケースもありますからね。

結婚を妥協してしまって後々になって問題になるポイントをまとめました。


結婚を妥協してしまう人って凄く多いんですよね。

それは何かを焦ってしまっているからなんです。

目先のことしか考えられていない人は、結婚だけではなく後々全てに後悔してしまいます。

せっかく結婚したのに離婚してしまうとか、ない話ではないのですよね。

間違った結婚をしない為にはどうすれば良いのか、後々になって問題になるポイントをいくつかご紹介致します。

顔が生理的に無理な場合

美人は3日で飽きるということわざをご存知でしょうか?

美人は最初はときめくけど、慣れてしまうとそうでもなくなるのですよね。

でも不細工はどうでしょうか?

不細工は3日で慣れるかもしれません。

ただし今後もずっと一緒にいなければいけないということを踏まえると、自分好みのイケメンでないとかなりきついです。

それは結婚したら四六時中顔を付き合わせないといけませんからね。

人は顔じゃないとはいいますが、その人の事を嫌になってしまった時、ときめく要素が少しでもないとかなりきっついんです。

もちろん自分好みの美形なんてそうそういませんが、少なからず嫌悪感を抱かない程度の人の方が良いですよ。

金銭感覚の違い

元々金銭感覚って人それぞれ違うものですよね。

妥協というよりかはその辺りはどうしようもないのですが。

ただやっかいなのが、相手や自分がキャバクラやギャンブル好きか、投資家かにもよります。

よほど人とは違う変わった趣味の持ち主でなければ、金銭感覚にずれはないです。

金銭感覚と言うよりかは、何を趣味にしているかにもよりますけね。

ゲーム好きだったり、新しいもの好きだったり、服が好きだったり。

どの程度まで妥協できるかはあなた次第ですが、自分や相手の価値観は中々変わらないものです。

結婚する前には必ず相手の金銭感覚は絶対に把握しておきましょう。

昔から浮気癖があった

結婚後発覚してしまうとどうしようもありませんが、結婚前から浮気癖のある人物だと何度でも浮気するものなのですよね。

浮気は1回でもしてしまったら終わりです。

結婚前に気がついたら、そんな人とは別れてください。

もし浮気を許してしまっても、その人がまたしないとは限りません。

絶対にまたやります。

浮気される側も悪いとは言う話もありますが、ケースバイケースです。

部屋が汚い不潔だった

男性は女性と違い、清潔感の価値観がかなり異なります。

実はきれい好きの男性と部屋を散らかしっぱなしの男性、大きく別けてこの二種類しか存在しません。

部屋が汚い場合はかなりやっかいですが、食べ物のごみなどはそのままにしており、脱いだ服もぐちゃぐちゃ。

そして寝る布団などベッドの上に服や何かしら置いたままで寝る人もいます。

顔や歯を磨かない。

お風呂も面倒くさくておっくうになってしまうケースもあります。

これは女性側で何とか対象するしかありませんが、部屋の片付けはなるべく自分で片付ける様にしましょう。

嫌がる人は本気で嫌がります。

部屋が汚い人は清潔感もかけてしまっているので、こちらが正しいとわかっていても中々理解してもらえません。

部屋を散らかされたくない場合はせめてごみを片付けましょう。

永井目で見ると部屋が汚い人はめちゃくちゃやっかいです。

かといって反対にきれい好きだと面倒くさいです。

男性は女性と比べるとかなりこだわりがあるものなのです。

こちらが少しずぼらでもめちゃくちゃぼろかすに言われるケースがあります。

そう考えるとまだ自分の好き勝手にできる方が楽かもしれませんけどね。

経済力がない

仕事を転々としてしまっている人は注意です。

こういう人はすぐにやめてしまいますし、将来的に考えると子供ができた場合、そうとう苦労しますよ!結婚ってめちゃくちゃお金がかかりますからね。

出産費用や養育費、生活費などで家系は火の車状態になってしまいます。

何かにつけてお金がいる中で女性はともかく、男性が働いてくれないとこちらは生活ができません。

それこそギャンブルやアルコール依存性など厄介な依存性のある人と一緒にはなれません。

必ず自分が不幸な目を見てしまうだけになります。

ただリストラにあった、会社が潰れてしまったとなると、それはどうしようもないので見逃してあげて下さい。

自分じゃどうしようもないケースもあるので、そこを攻めてはいけません。

攻めても良いのはアホみたいな事をした時だけにして下さいね。

相手が働いていても収入が低い場合は自分も働かないといけないケースがあります。

ぶっちゃけ相手の収入が低くても、今時は夫婦共働きが基本なので、専業主婦なんてできる家庭なんてそうそうありません。

そういう所はお医者さんや会社経営者などかなりのお金持ちでないと、専業主婦なんて無理です。

最近は女性側が働きたくないと言って玉の輿を夢見る女性が多くなっている様ですが、現実はそんなに甘くはありません。

自分にも手に職をつけておく方が良いですよ。

あとは何かしらのねずみ講にはまっていて職に就いていないケースもあります。

これは洗脳されている状態なので、自分がいくらいっても治る気配は薄いです。

最初に宗教やなにかのねずみ講にはまっていないか聞いておいた方が良いですよ。

自分をだけではなく、家族や周りの人間が被害に及びますのでね。

しきたりが強い家庭

相手が田舎の人だと、田舎独特のルールがあるそうです。

例えば近所付き合いは濃いだの、同居が当たり前だの、生まれた子供の名前の付け方は自分たちで決めれずに相手側が決めるだの、すっごい癖が強いです。

家庭内ルールでも面倒くさいのに、その土地の風習によりかなり違います。

そういう所に嫁に行ってしまうと離婚なんて簡単にはできませんし、結構逃げ道がありません。

あらかじめ変な風習がないか確認しておいた方が良いですよ。

実際にこのしきたりでもめている家系は多くなっているようですしね。

最近国際結婚が当たり前になっている世の中、文化の違いにより大分様変わりしているそうです。

外人さんに憧れる人も多く、日本人男性や女性なんてだめと見下している方が非常に多くなってきている事はご存知でしょうか?

ただ国際結婚は慣れてしまうとそうでもないかもしれませんが、国によって文化はかなり違いますし、食べ物も不満が出てきます。

例えばアメリカなどでは日本と比べるとご飯のサイズが倍以上で、スモールサイズがありません。

味も濃い味付けばかりですし、ファーストフード好きなら良いかもしれませんが、はっきり言ってしまうとデブまっしぐらになってしまう可能性も非常に高いです。

文化の違いにより物凄く後悔する人もいるんですよ。

どの国はどういう文化なのかというのもちゃんと調べておかないと後々後悔する事になります。

国際結婚は簡単に日本に帰れないケースもありますからね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-