【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514114033.html
旦那が大嫌いなのに別れない理由

旦那が大嫌いなのに別れない理由 | LADYCO

LADYCO
旦那が大嫌いなのに別れない理由

離婚後の生活を考えてみても、離婚したからといって、旦那の給料がそれほど高くない場合には養育費もそれほど期待できるものではありません。

離婚はサインをして押印すればできるのです。

しかし、そんなシンプルな手続きをした後の生活などの責任はすべて自分にかかってくることになります。

  • 子供が成人するまで我慢
  • 親に迷惑がかかる
  • 田舎なので世間体
  • お金の面で困る
  • 旦那の原因で別れたいと思っても踏み出せない
  • 別れるまでお金を貯めている
  • また好きになるかもしれない
  • 旦那がやさしいから
  • 旦那が別れるのを嫌がっている
  • 後悔をしたくない

1. 子供が成人するまで我慢

子供が成人するまで我慢

子どもがいると子どものことを考えると旦那が大嫌いなのに別れられないという人も多いのではないでしょうか。

旦那が大嫌いなのに別れない理由の第1位ともいえるのがこの理由といわれていて、子どもには両親が必要と考えるとなかなか旦那が大嫌いでも別れるのは躊躇するという人も多いのではないでしょうか。

特に子供が多感な時期だと、子どもに対する影響を考えると旦那が大嫌いなのに別れられないということも多いといえます。

子どもにとって父親は世界中にその人しかいないのです。

また、子どもが反抗期などになってくると、母親ではなかなか子どもを納得させるということが難しい場面もあるでしょう。

そんな時に、父親が一言伝えると子どもの意識が変わって、しつけという意味でも子どもがある程度大きくなるまでは父親の役割を評価するという人も少なくないのです。

そのため、多少のことは我慢して、子どものためにと旦那が大嫌いなのに別れない人も多いといえます。

また、周りも旦那との離婚に反対という人も多く、別れたいと言っても周りの人から諭されるという場合もあり、旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるといえます。

子どもが成人を迎えるまでは我慢して一緒におり、成人になってから今後のことについて考えるということといえます。

2. 親に迷惑がかかる

親に迷惑がかかる

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、親に迷惑がかかるという点が挙げられる場合もあります。

自分の子どもが離婚をするとなると、親としては当然心配です。

孫がいる人はそのことがとても心配でしょう。

旦那と別れると周りに迷惑がかかるからという理由で、旦那が大嫌いなのに別れないという人も多いといえます。

自分が離婚することで氏親に迷惑がかかると思って離婚しないのです。

3. 田舎なので世間体

田舎なので世間体

田舎に住んでいると、都会に住んでいる人に比べると世間体が気になるという人も多いのではないでしょうか。

そんな場合、世間体を気にして旦那が大嫌いなのに別れないという人も多いのです。

田舎では人が少ないぶん、人と人の距離が近く、離婚をするとすぐに周りに知られてしまって後ろ指を指されやすくなるという理由で、真剣に離婚した後の体裁を気にしているという人も少なくないといえます。

そんな場合には離婚をすることで、親戚にも迷惑がかかるというように考える人も多く、それが理由となって旦那が大嫌いなのに別れないという人も多くいるのです。

離婚せずにいると無難な日常を送ることができ、離婚をすると周りの人も気を遣うという理由で、旦那が大嫌いなのに別れないという場合もあるといえます。

4. お金の面で困る

お金の面で困る

旦那が大嫌いなのに別れない理由の第2位ともいわれているのがお金の面で困るという点です。

特に専業主婦をしている人にとっては、離婚をすると旦那の扶養から外れるということになります。

自分で収入を得る手段がないという人にとっては離婚して自分で自分を養っていくということはとても未知のことであるといえます。

特に人生の早い段階で結婚して、家庭に入った人は、離婚をした後のその後の生活プランやビジョンが描きにくいという人も多くいて、お金の面で困るということが離婚への不安となって、旦那が大嫌いなのに別れないという人も多いといえます。

離婚をすると、それまで旦那の会社に行ってもらっていた社会保険の手続きを自分でする必要が出たり、これまでとは違ったスタイルで暮らす必要もあります。

また、これまでは旦那さんに守ってもらっていたのが、これからは自分で全て対処していかなければなりません。

住むところから子供の面倒まですべて自分で見なければならず、そう考えると、我慢できるところは我慢して、一つでも抱える部分を減らして暮らす方がいいと思う人も多く、旦那が大嫌いなのに別れられないということになるのです。

5. 旦那の原因で別れたいと思っても踏み出せない

旦那の原因で別れたいと思っても踏み出せない

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、一歩が踏み出せないという人も多いといえます。

旦那が離婚をしたリ生活費を家に入れなかったり、生活費がとても少ないという場合、旦那の原因で別れたいと思っても、実際に子どものことを考えたり、その後の生活を考えたり、田舎だと世間体を考えたりすると躊躇するという人もいるといえます。

旦那が浮気をしたという場合、慰謝料なども請求できると言っても、それは一過性のもので、その後の扶養に対する養育費を請求するという場合でも、自分に働く意思がない場合は、旦那の給料がそれほど多くないという場合には、生活のレベルはそう変わらないといえます。

そのような理由で、旦那に原因があったとしても、いろいろなデメリットを感がるとそう簡単に踏み出せないという人もいるといえます。

6. 別れるまでお金を貯めている

別れるまでお金を貯めている

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、時期を待ってタイミングをとっているということも挙げられます。

すぐに別れてしまうと、貯金が十分ないのでその後の生活が不安であるという理由で今は貯金をする時期と割り切ってお金を貯めているということもあります。

離婚をするとその後の生活は思った以上にお金がかかります。

まずは住む場所を探さなければなりません。

家を新たに探すとなると、敷金礼金が必要であったり、家賃が必要であったりします。

子どもを連れて離婚をする場合、少なくとも2DK位の広さは必要といえ、住む場所にもよりますが7万円くらいは光熱費などを考えてみてもかかるといえます。

市からの補助金は出るといえますが、それが十分であるというように考えている人とそうでない人がおり、別れた後はある程度は自活していかなければならないのです。

そうしながら子供を育てなければならない人など、状況は様々ですが、すべて自分でいっていかねばならないのです。

そう考えるとできるだけ多くお金をためておく必要性があり、別れるまでお金を貯めているという人も多いといえます。

7. また好きになるかもしれない

また好きになるかもしれない

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、また旦那のことを好きになるかもしれないというように様子を見ている場合もあるといえます。

結婚も離婚も人生の大きなイベントでそう簡単に旦那が大嫌いだから別れるというわけにもいかないといえます。

人生には波があるということを考えてみた場合、あれだけ好きで一緒になった相手なので、もしかしたらまた好きになるかもしれないという理由で、今は旦那が大嫌いだけれども別れないと思っているのかもしれません。

夫婦喧嘩をしても、仲直りをすると仲良くなったり、これまで離婚しそうな勢いだった二人がひょんなことからいい夫婦になったというエピソードもたくさんあります。

自分の人生なので慎重になるのは当然で、また旦那のことを好きになるからということで様子見をしているということも旦那が大嫌いなのに別れない理由といえます。

8. 旦那がやさしいから

旦那がやさしいから

旦那が優しいので旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるといえます。

例えば、旦那はいい人だけれども自分が生理的に受け付けられなくなったという人や、旦那は優しいので旦那に非はないという場合、旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるのではないでしょうか。

旦那が優しいというのはとてもありがたいことなので離婚せずにいるという人もいるといえます。

また、旦那は優しいので女性から好かれて、自分にも優しいけれども、他の人にも優しいという場合、旦那が浮気をしているけれどもなかなか別れられず、旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるのかもしれません。

自分が別れた後、旦那が一人で羽を伸ばすと思うと旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるかもしれません。

9. 旦那が別れるのを嫌がっている

旦那が別れるのを嫌がっている

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、旦那が分かれるのを嫌がっているという理由なども挙げられます。

例えば、育児や家事などがあって、旦那が大嫌いなので別れたいと伝えていても、旦那が別れたがらないという場合もあるといえます。

離婚をする場合、両方が納得して同意していることが必要なため、離婚届にサインしないということが原因で別れられないのかもしれません。

旦那が分かれるのを嫌がっている場合には大嫌いでも離婚できません。

そのため、旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるといえます。

10. 後悔をしたくない

自分の人生は一度きりです。

今は大嫌いでも、好きになって結婚した相手なので、一時の感情で別れてしまうと後悔するという場合にも旦那が大嫌いなのに別れないという原因になるといえます。

離婚をすると相手に会えなくなったり、将来もらえるはずの年金が減ったりすることになります。

そんなことを考えると、今離婚すると後悔することになるので離婚をためらうという人もいるといえます。

また、お子さんがいる場合には、子どもがまだ多感な時期なら両親が離婚をすることが子どもにとって大きなマイナスの影響を及ぼすかもしれません。

子どもにとって両親が必要な時期というのがどうしてもあります。

そう考えると、感情的になって別れて後悔するということになった時に遅いということになってしまいます。

そのため、旦那が大嫌いなのに別れないということになっているという人もいるのではないでしょうか。

また、離婚後の生活を考えてみても、離婚したからといって、旦那の給料がそれほど高くない場合には養育費もそれほど期待できるものではありません。

離婚後に生活に困るということがある程度予測できるのなら、離婚すると後で後悔することになってしまいます。

そう考えて旦那が大嫌いなのに別れないと胃人もいるのではないでしょうか。

離婚はサインをして押印すればできるのです。

しかし、そんなシンプルな手続きをした後の生活などの責任はすべて自分にかかってくることになり、後悔するかもしれないと思っている場合は、旦那が大嫌いなのに別れないということになるといえます。

離婚後の生活を考えてみても、離婚したからといって、旦那の給料がそれほど高くない場合には養育費もそれほど期待できるものではありません。

離婚はサインをして押印すればできるのです。

しかし、そんなシンプルな手続きをした後の生活などの責任はすべて自分にかかってくることになります。


子供が成人するまで我慢

子どもがいると子どものことを考えると旦那が大嫌いなのに別れられないという人も多いのではないでしょうか。

旦那が大嫌いなのに別れない理由の第1位ともいえるのがこの理由といわれていて、子どもには両親が必要と考えるとなかなか旦那が大嫌いでも別れるのは躊躇するという人も多いのではないでしょうか。

特に子供が多感な時期だと、子どもに対する影響を考えると旦那が大嫌いなのに別れられないということも多いといえます。

子どもにとって父親は世界中にその人しかいないのです。

また、子どもが反抗期などになってくると、母親ではなかなか子どもを納得させるということが難しい場面もあるでしょう。

そんな時に、父親が一言伝えると子どもの意識が変わって、しつけという意味でも子どもがある程度大きくなるまでは父親の役割を評価するという人も少なくないのです。

そのため、多少のことは我慢して、子どものためにと旦那が大嫌いなのに別れない人も多いといえます。

また、周りも旦那との離婚に反対という人も多く、別れたいと言っても周りの人から諭されるという場合もあり、旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるといえます。

子どもが成人を迎えるまでは我慢して一緒におり、成人になってから今後のことについて考えるということといえます。

親に迷惑がかかる

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、親に迷惑がかかるという点が挙げられる場合もあります。

自分の子どもが離婚をするとなると、親としては当然心配です。

孫がいる人はそのことがとても心配でしょう。

旦那と別れると周りに迷惑がかかるからという理由で、旦那が大嫌いなのに別れないという人も多いといえます。

自分が離婚することで氏親に迷惑がかかると思って離婚しないのです。

田舎なので世間体

田舎に住んでいると、都会に住んでいる人に比べると世間体が気になるという人も多いのではないでしょうか。

そんな場合、世間体を気にして旦那が大嫌いなのに別れないという人も多いのです。

田舎では人が少ないぶん、人と人の距離が近く、離婚をするとすぐに周りに知られてしまって後ろ指を指されやすくなるという理由で、真剣に離婚した後の体裁を気にしているという人も少なくないといえます。

そんな場合には離婚をすることで、親戚にも迷惑がかかるというように考える人も多く、それが理由となって旦那が大嫌いなのに別れないという人も多くいるのです。

離婚せずにいると無難な日常を送ることができ、離婚をすると周りの人も気を遣うという理由で、旦那が大嫌いなのに別れないという場合もあるといえます。

お金の面で困る

旦那が大嫌いなのに別れない理由の第2位ともいわれているのがお金の面で困るという点です。

特に専業主婦をしている人にとっては、離婚をすると旦那の扶養から外れるということになります。

自分で収入を得る手段がないという人にとっては離婚して自分で自分を養っていくということはとても未知のことであるといえます。

特に人生の早い段階で結婚して、家庭に入った人は、離婚をした後のその後の生活プランやビジョンが描きにくいという人も多くいて、お金の面で困るということが離婚への不安となって、旦那が大嫌いなのに別れないという人も多いといえます。

離婚をすると、それまで旦那の会社に行ってもらっていた社会保険の手続きを自分でする必要が出たり、これまでとは違ったスタイルで暮らす必要もあります。

また、これまでは旦那さんに守ってもらっていたのが、これからは自分で全て対処していかなければなりません。

住むところから子供の面倒まですべて自分で見なければならず、そう考えると、我慢できるところは我慢して、一つでも抱える部分を減らして暮らす方がいいと思う人も多く、旦那が大嫌いなのに別れられないということになるのです。

旦那の原因で別れたいと思っても踏み出せない

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、一歩が踏み出せないという人も多いといえます。

旦那が離婚をしたリ生活費を家に入れなかったり、生活費がとても少ないという場合、旦那の原因で別れたいと思っても、実際に子どものことを考えたり、その後の生活を考えたり、田舎だと世間体を考えたりすると躊躇するという人もいるといえます。

旦那が浮気をしたという場合、慰謝料なども請求できると言っても、それは一過性のもので、その後の扶養に対する養育費を請求するという場合でも、自分に働く意思がない場合は、旦那の給料がそれほど多くないという場合には、生活のレベルはそう変わらないといえます。

そのような理由で、旦那に原因があったとしても、いろいろなデメリットを感がるとそう簡単に踏み出せないという人もいるといえます。

別れるまでお金を貯めている

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、時期を待ってタイミングをとっているということも挙げられます。

すぐに別れてしまうと、貯金が十分ないのでその後の生活が不安であるという理由で今は貯金をする時期と割り切ってお金を貯めているということもあります。

離婚をするとその後の生活は思った以上にお金がかかります。

まずは住む場所を探さなければなりません。

家を新たに探すとなると、敷金礼金が必要であったり、家賃が必要であったりします。

子どもを連れて離婚をする場合、少なくとも2DK位の広さは必要といえ、住む場所にもよりますが7万円くらいは光熱費などを考えてみてもかかるといえます。

市からの補助金は出るといえますが、それが十分であるというように考えている人とそうでない人がおり、別れた後はある程度は自活していかなければならないのです。

そうしながら子供を育てなければならない人など、状況は様々ですが、すべて自分でいっていかねばならないのです。

そう考えるとできるだけ多くお金をためておく必要性があり、別れるまでお金を貯めているという人も多いといえます。

また好きになるかもしれない

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、また旦那のことを好きになるかもしれないというように様子を見ている場合もあるといえます。

結婚も離婚も人生の大きなイベントでそう簡単に旦那が大嫌いだから別れるというわけにもいかないといえます。

人生には波があるということを考えてみた場合、あれだけ好きで一緒になった相手なので、もしかしたらまた好きになるかもしれないという理由で、今は旦那が大嫌いだけれども別れないと思っているのかもしれません。

夫婦喧嘩をしても、仲直りをすると仲良くなったり、これまで離婚しそうな勢いだった二人がひょんなことからいい夫婦になったというエピソードもたくさんあります。

自分の人生なので慎重になるのは当然で、また旦那のことを好きになるからということで様子見をしているということも旦那が大嫌いなのに別れない理由といえます。

旦那がやさしいから

旦那が優しいので旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるといえます。

例えば、旦那はいい人だけれども自分が生理的に受け付けられなくなったという人や、旦那は優しいので旦那に非はないという場合、旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるのではないでしょうか。

旦那が優しいというのはとてもありがたいことなので離婚せずにいるという人もいるといえます。

また、旦那は優しいので女性から好かれて、自分にも優しいけれども、他の人にも優しいという場合、旦那が浮気をしているけれどもなかなか別れられず、旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるのかもしれません。

自分が別れた後、旦那が一人で羽を伸ばすと思うと旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるかもしれません。

旦那が別れるのを嫌がっている

旦那が大嫌いなのに別れない理由として、旦那が分かれるのを嫌がっているという理由なども挙げられます。

例えば、育児や家事などがあって、旦那が大嫌いなので別れたいと伝えていても、旦那が別れたがらないという場合もあるといえます。

離婚をする場合、両方が納得して同意していることが必要なため、離婚届にサインしないということが原因で別れられないのかもしれません。

旦那が分かれるのを嫌がっている場合には大嫌いでも離婚できません。

そのため、旦那が大嫌いなのに別れないという人もいるといえます。

自分の人生は一度きりです。

今は大嫌いでも、好きになって結婚した相手なので、一時の感情で別れてしまうと後悔するという場合にも旦那が大嫌いなのに別れないという原因になるといえます。

離婚をすると相手に会えなくなったり、将来もらえるはずの年金が減ったりすることになります。

そんなことを考えると、今離婚すると後悔することになるので離婚をためらうという人もいるといえます。

また、お子さんがいる場合には、子どもがまだ多感な時期なら両親が離婚をすることが子どもにとって大きなマイナスの影響を及ぼすかもしれません。

子どもにとって両親が必要な時期というのがどうしてもあります。

そう考えると、感情的になって別れて後悔するということになった時に遅いということになってしまいます。

そのため、旦那が大嫌いなのに別れないということになっているという人もいるのではないでしょうか。

また、離婚後の生活を考えてみても、離婚したからといって、旦那の給料がそれほど高くない場合には養育費もそれほど期待できるものではありません。

離婚後に生活に困るということがある程度予測できるのなら、離婚すると後で後悔することになってしまいます。

そう考えて旦那が大嫌いなのに別れないと胃人もいるのではないでしょうか。

離婚はサインをして押印すればできるのです。

しかし、そんなシンプルな手続きをした後の生活などの責任はすべて自分にかかってくることになり、後悔するかもしれないと思っている場合は、旦那が大嫌いなのに別れないということになるといえます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-