【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521102400.html
子供の面倒を見ない旦那の特徴

子供の面倒を見ない旦那の特徴 | LADYCO

LADYCO
子供の面倒を見ない旦那の特徴

男女平等といわれてはいますが、男性というのは家事と育児は女の仕事だと思っている人が多いとされています。

そのため、二人の子供なのに、まったく面倒を見てくれないという旦那も少なくはありません。

そこで、子供の面倒を見てくれない旦那の特徴をご紹介します。

  • 趣味が多い旦那
  • 一人っ子や末っ子の旦那
  • 嫉妬する旦那
  • 甘えん坊の旦那
  • 子供が苦手な旦那
  • 一人が好きな旦那
  • まとめ

1. 趣味が多い旦那

趣味が多い旦那

ゲームをしたり、ゴルフや音楽など、自分だけの趣味が多い旦那というのは、子育てには協力的ではない人が多いとされています。

少しでも自由な時間ができたら自分の趣味の時間に費やしたいと考える方が多く、趣味の空間に誰かが入ることを極端に嫌がります。

特に子どもなどは趣味の道具を壊してしまう可能性があるため、趣味をしながら子供の面倒なんて論外なのかもしれません。

結婚する前は多趣味で明るくて素敵なんて思っていても、いざ結婚すると自分の趣味ことばかりで子育てには協力的ではないという人が多いと言えます。

2. 一人っ子や末っ子の旦那

一人っ子や末っ子の旦那

旦那がもしも一人っ子だったり、末っ子だった場合は、誰かの面倒を見るというような習慣がありませんので、子育てには協力的ではない傾向にあります。

基本的には自分が面倒を見られていた経験が色濃く残っていると思いますので、どう対応したら良いのか自分の子供ながらに分からなくて緊張しているのかもしれません。

そんな時は、こんなことをして遊んであげてなどと声をかけると、意外と子供の面倒を見てくれる傾向にあります。

3. 嫉妬する旦那

嫉妬する旦那

嫉妬深い旦那というのは、子供にも嫉妬をしてしまうと言われています。

大好きな奥さんをとられてしまったことに対して、子供にライバル心を抱いている旦那というのは実に多いのです。

一家は全て子供が主役になっており、自分が目立たないことをおもしろく思っていないため、嫉妬深い旦那というのは、子供の面倒を見てくれない傾向にあります。

女性からすると、自分の子供にライバル心をむき出しにするのかと驚かれるかもしれませんが、男性というのは女性よりも考えが幼いと言われていますので、あり得ないことではありません。

嫉妬深い旦那に子育てをしてもらうためには、奥さんがしっかりと旦那のことをおだてたり、旦那を主役にしてあげる必要性があります。

4. 甘えん坊の旦那

甘えん坊の旦那

子供ができても奥さんに甘えている旦那というのは多いのではないでしょうか。

そんな甘えん坊の旦那に惹かれて結婚をしたものの、何をするにも奥さんのあとをついてきて、子供が二人いるような状態になってしまうという傾向にあります。

甘えん坊の旦那というのは、子供の面倒を見てくれないというよりも、自分の面倒を見てほしいなと願う傾向にあり、子供が面倒を見なくてならないような状態になったときも、負けじと自分も甘えてしまうとされています。

甘えん坊は褒められるのにも弱いですので、上手に持ち上げたら、子供の面倒を見てくれるかもしれません。

5. 子供が苦手な旦那

子供が苦手な旦那

元々子供が苦手という男性もいますが、元々子供が苦手な旦那というのは、例え自分の子供でも苦手だと感じている傾向にあります。

一緒にいる時間が短いため、どう接したら良いのか分からずに、子供の面倒を見てくれない傾向にあります。

このようなタイプは人間そのものが苦手という人も多いため、なかなか率先して子供の面倒を見てくれませんので、奥さんがどう対応をしたら良いのかを優しく教えてあげる必要性があります。

例え間違った方法でも、危険がない限りは目をつぶるようにしないと、子供が苦手な人というのはプライドが高い人が多いですので、もう二度と子供の面倒を見たくないということになってしまいます。

6. 一人が好きな旦那

一人が好きな旦那

一人で過ごすことが好きな旦那というのは、子供の面倒を見てくれないタイプの旦那の特徴だといえます。

仕事などが休みでも、家族サービスをするよりも一人でのんびりと過ごしたいと考えるタイプであるため、子供の面倒を見るのなんて考えられないと思われる方も多いとされています。

しかし、子供というのは二人から愛情が注がれないと、お父さんに愛されていないのだと考えてしまいますので、一人で過ごすことが好きな旦那だったとしても、しっかりと子供の面倒を見るように話し合うことが大切です。

一人で過ごすことが好きな旦那というのは厄介であり、子供の面倒をどうやってみたら良いのか分からないから出来ないのではなく、一人で過ごしたいからという理由から子供との距離を置こうとします。

結婚する相手が休みの日に会いたがらないなど、明らかに一人で過ごすことが好きな人である場合は、子供が生まれてからも自分の時間を大切にされる傾向にありますので、子育てには非協力的である覚悟が必要です。

まとめ

子供の面倒を見てくれない旦那というのは、周りがあまり見えていないタイプが多いので、声をかけると嫌々ながらも子供の面倒を見てくれるかもしれません。

結婚する前に、今付き合っている彼のタイプを見て、子育てに協力的ではないか否かを確かめることも必要かもしれません。

男女平等といわれてはいますが、男性というのは家事と育児は女の仕事だと思っている人が多いとされています。

そのため、二人の子供なのに、まったく面倒を見てくれないという旦那も少なくはありません。

そこで、子供の面倒を見てくれない旦那の特徴をご紹介します。


趣味が多い旦那

ゲームをしたり、ゴルフや音楽など、自分だけの趣味が多い旦那というのは、子育てには協力的ではない人が多いとされています。

少しでも自由な時間ができたら自分の趣味の時間に費やしたいと考える方が多く、趣味の空間に誰かが入ることを極端に嫌がります。

特に子どもなどは趣味の道具を壊してしまう可能性があるため、趣味をしながら子供の面倒なんて論外なのかもしれません。

結婚する前は多趣味で明るくて素敵なんて思っていても、いざ結婚すると自分の趣味ことばかりで子育てには協力的ではないという人が多いと言えます。

一人っ子や末っ子の旦那

旦那がもしも一人っ子だったり、末っ子だった場合は、誰かの面倒を見るというような習慣がありませんので、子育てには協力的ではない傾向にあります。

基本的には自分が面倒を見られていた経験が色濃く残っていると思いますので、どう対応したら良いのか自分の子供ながらに分からなくて緊張しているのかもしれません。

そんな時は、こんなことをして遊んであげてなどと声をかけると、意外と子供の面倒を見てくれる傾向にあります。

嫉妬する旦那

嫉妬深い旦那というのは、子供にも嫉妬をしてしまうと言われています。

大好きな奥さんをとられてしまったことに対して、子供にライバル心を抱いている旦那というのは実に多いのです。

一家は全て子供が主役になっており、自分が目立たないことをおもしろく思っていないため、嫉妬深い旦那というのは、子供の面倒を見てくれない傾向にあります。

女性からすると、自分の子供にライバル心をむき出しにするのかと驚かれるかもしれませんが、男性というのは女性よりも考えが幼いと言われていますので、あり得ないことではありません。

嫉妬深い旦那に子育てをしてもらうためには、奥さんがしっかりと旦那のことをおだてたり、旦那を主役にしてあげる必要性があります。

甘えん坊の旦那

子供ができても奥さんに甘えている旦那というのは多いのではないでしょうか。

そんな甘えん坊の旦那に惹かれて結婚をしたものの、何をするにも奥さんのあとをついてきて、子供が二人いるような状態になってしまうという傾向にあります。

甘えん坊の旦那というのは、子供の面倒を見てくれないというよりも、自分の面倒を見てほしいなと願う傾向にあり、子供が面倒を見なくてならないような状態になったときも、負けじと自分も甘えてしまうとされています。

甘えん坊は褒められるのにも弱いですので、上手に持ち上げたら、子供の面倒を見てくれるかもしれません。

子供が苦手な旦那

元々子供が苦手という男性もいますが、元々子供が苦手な旦那というのは、例え自分の子供でも苦手だと感じている傾向にあります。

一緒にいる時間が短いため、どう接したら良いのか分からずに、子供の面倒を見てくれない傾向にあります。

このようなタイプは人間そのものが苦手という人も多いため、なかなか率先して子供の面倒を見てくれませんので、奥さんがどう対応をしたら良いのかを優しく教えてあげる必要性があります。

例え間違った方法でも、危険がない限りは目をつぶるようにしないと、子供が苦手な人というのはプライドが高い人が多いですので、もう二度と子供の面倒を見たくないということになってしまいます。

一人が好きな旦那

一人で過ごすことが好きな旦那というのは、子供の面倒を見てくれないタイプの旦那の特徴だといえます。

仕事などが休みでも、家族サービスをするよりも一人でのんびりと過ごしたいと考えるタイプであるため、子供の面倒を見るのなんて考えられないと思われる方も多いとされています。

しかし、子供というのは二人から愛情が注がれないと、お父さんに愛されていないのだと考えてしまいますので、一人で過ごすことが好きな旦那だったとしても、しっかりと子供の面倒を見るように話し合うことが大切です。

一人で過ごすことが好きな旦那というのは厄介であり、子供の面倒をどうやってみたら良いのか分からないから出来ないのではなく、一人で過ごしたいからという理由から子供との距離を置こうとします。

結婚する相手が休みの日に会いたがらないなど、明らかに一人で過ごすことが好きな人である場合は、子供が生まれてからも自分の時間を大切にされる傾向にありますので、子育てには非協力的である覚悟が必要です。

子供の面倒を見てくれない旦那というのは、周りがあまり見えていないタイプが多いので、声をかけると嫌々ながらも子供の面倒を見てくれるかもしれません。

結婚する前に、今付き合っている彼のタイプを見て、子育てに協力的ではないか否かを確かめることも必要かもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-