【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521105454.html
子供のしつけがうまい旦那の特徴

子供のしつけがうまい旦那の特徴 | LADYCO

LADYCO
子供のしつけがうまい旦那の特徴

子供に対する接し方がうまく、きちんと怒ったりほめたりすることができる父親と、そうでない父親がいます。

子供のしつけがうまい旦那をもつと、妻としてはとても楽です。

それでは子供のしつけがうまい、子育てが上手な男性の特徴とはどのようなものでしょうか。

  • しつけのうまい親に育てられた
  • 子供の心が残っている
  • 子育てに興味がある
  • 子育てを楽しんでいる
  • 子供に強い愛情を持っている
  • 自尊感情がしっかりしている
  • 大きな声を出し慣れている
  • 良い悪いの基準がハッキリしている
  • まとめ

1. しつけのうまい親に育てられた

しつけのうまい親に育てられた

子供のしつけがうまい旦那は、そもそも「しつけのうまい親に育てられた」男性かもしれません。

自分がしつけられた通りに、子供に接すれば、上手にしつけられるので、特に努力する必要がありません。

子供がどの程度、調子に乗ったら怒るべきか、放置しておいても大丈夫なラインはどの程度かを、経験上知っています。

本を読んで知った知識ではなく、自分が子供時代に体験しているために、間違うことがほとんどありません。

特に旦那とそっくりな性格に生まれてきた男の子のしつけは、自分を育てるようなものなので簡単ではないでしょうか。

逆に自分と全然違う性格の子供が生まれた場合や、女の子の場合は、自分の経験が活かせないため、逆に苦戦するかもしれません。

ただし兄弟が多い場合は、その兄弟ごとに性格が違うはずです。

どのように育てられてきたのか見てきているため、その知識を応用することができるかもしれません。

逆に「こんな怒られ方が嫌だった」という経験をしている男性も、そのような行為を避けようと反面教師的に参考にすることができるでしょう。

2. 子供の心が残っている

子供の心が残っている

子供時代の気持ちがまだ心の中にある旦那の場合、自分の子供がどのような気持ちで何をするのかが分かるかもしれません。

例えばお皿を割ってしまった時に、子供がどのような気持ちでいるかを察することができるかもしれません。

ここは厳しく説教をするべき、または優しく接してあげるべきかどうかを、子供の気持ちになって考えることができるでしょう。

「女心が分かる男性」がいて、女性の気持ちを理解した行動ができる人がいます。

このような彼氏や旦那を持つと、女性は生活がしやすいでしょう。

同じように「子供心が分かる男性」もいて、子供をうまくしつけることができるのです。

3. 子育てに興味がある

子育てに興味がある

子育てに強い興味を持っている旦那なら、子育てに関する本をたくさん読んで勉強しているでしょう。

また周囲の先輩パパ達から積極的に話を聞いたり、アドバイスをもらっているかもしれません。

何かに上手になるためには、そのことに対して強い興味を持っていなければいけません。

子育てがうまくなるためには、子育てに強い興味を持つことが必要になるはずです。

4. 子育てを楽しんでいる

子育てを楽しんでいる

「好きこそものの上手なり」という言葉があります。

好きで熱中しているほど、芸事が上達するという意味の言葉です。

子育てを楽しんでいて、子供のしつけを楽しんでいる旦那なら、きっとしつけがうまい旦那になるでしょう。

他の趣味に比べても、子供の成長を見守ることに興味があり、子供と一緒に過ごす時間を楽しみにしていたら、誰よりも子供のしつけがうまくなる可能性があります。

5. 子供に強い愛情を持っている

子供に強い愛情を持っている

自分の子供に強い愛情を持っている旦那は、子供のことを本当の意味で心配し、より良い人間になってもらおうと願っています。

大人になって独り立ちした時に、恥ずかしくない社会マナーを身につけてもらいたいと思うはずです。

そのためなら、自分が嫌われ役になっても良いので、厳しくしつけをするかもしれません。

愛情に裏打ちされた厳しいしつけなら、子供にもその思いが伝わるはずです。

6. 自尊感情がしっかりしている

自尊感情がしっかりしている

子供をしつけている時に、子供に逆らわれたり、反論された時にも、動じない旦那でないと困ります。

逆上して怒ってしまったり、おろおろしてしまってはしつけにならないからです。

自尊感情がしっかりしていて、何を言われても自分という存在が脅かされない旦那なら、子供が何を言っても気にすることはないでしょう。

堂々と子供のしつけを続けることができるはずです。

自尊感情がしっかりしている男性は、強くて優しい頼りがいのある父親になれる可能性が高いです。

7. 大きな声を出し慣れている

大きな声を出し慣れている

子供をしつける時には、時には大きな声を出す必要があります。

小さな声では子供に聞こえないかもしれません。

大きな声を普段出し慣れていないと、なかなか急に大きな声が出ません。

日常的に大きな声を出している人は、そもそも地声が大きいので、いつでも大きな声でしつけをすることができます。

体育会系の部活に入っていた経験がある旦那なら、きっと大きな声で子供をしつけることができるでしょう。

8. 良い悪いの基準がハッキリしている

良い悪いの基準がハッキリしている

何が良くて、何が悪いのか、基準がハッキリしていないと、しつけがぶれてしまいます。

子供も何が悪くて、良いのか分からないため、親のしつけから学ぶことができません。

まず父親が良い悪いの基準をハッキリさせることが、しつけの前に大切になるでしょう。

まとめ

子供のしつけがうまい旦那は、育った環境に恵まれているか、子育てに強い興味を持っています。

子育てに興味がなく、子供に愛情を持てない旦那はしつけもうまくできません。

子供に対する愛情が強いことが、何よりも大切になるでしょう。

子供に対する接し方がうまく、きちんと怒ったりほめたりすることができる父親と、そうでない父親がいます。

子供のしつけがうまい旦那をもつと、妻としてはとても楽です。

それでは子供のしつけがうまい、子育てが上手な男性の特徴とはどのようなものでしょうか。


しつけのうまい親に育てられた

子供のしつけがうまい旦那は、そもそも「しつけのうまい親に育てられた」男性かもしれません。

自分がしつけられた通りに、子供に接すれば、上手にしつけられるので、特に努力する必要がありません。

子供がどの程度、調子に乗ったら怒るべきか、放置しておいても大丈夫なラインはどの程度かを、経験上知っています。

本を読んで知った知識ではなく、自分が子供時代に体験しているために、間違うことがほとんどありません。

特に旦那とそっくりな性格に生まれてきた男の子のしつけは、自分を育てるようなものなので簡単ではないでしょうか。

逆に自分と全然違う性格の子供が生まれた場合や、女の子の場合は、自分の経験が活かせないため、逆に苦戦するかもしれません。

ただし兄弟が多い場合は、その兄弟ごとに性格が違うはずです。

どのように育てられてきたのか見てきているため、その知識を応用することができるかもしれません。

逆に「こんな怒られ方が嫌だった」という経験をしている男性も、そのような行為を避けようと反面教師的に参考にすることができるでしょう。

子供の心が残っている

子供時代の気持ちがまだ心の中にある旦那の場合、自分の子供がどのような気持ちで何をするのかが分かるかもしれません。

例えばお皿を割ってしまった時に、子供がどのような気持ちでいるかを察することができるかもしれません。

ここは厳しく説教をするべき、または優しく接してあげるべきかどうかを、子供の気持ちになって考えることができるでしょう。

「女心が分かる男性」がいて、女性の気持ちを理解した行動ができる人がいます。

このような彼氏や旦那を持つと、女性は生活がしやすいでしょう。

同じように「子供心が分かる男性」もいて、子供をうまくしつけることができるのです。

子育てに興味がある

子育てに強い興味を持っている旦那なら、子育てに関する本をたくさん読んで勉強しているでしょう。

また周囲の先輩パパ達から積極的に話を聞いたり、アドバイスをもらっているかもしれません。

何かに上手になるためには、そのことに対して強い興味を持っていなければいけません。

子育てがうまくなるためには、子育てに強い興味を持つことが必要になるはずです。

子育てを楽しんでいる

「好きこそものの上手なり」という言葉があります。

好きで熱中しているほど、芸事が上達するという意味の言葉です。

子育てを楽しんでいて、子供のしつけを楽しんでいる旦那なら、きっとしつけがうまい旦那になるでしょう。

他の趣味に比べても、子供の成長を見守ることに興味があり、子供と一緒に過ごす時間を楽しみにしていたら、誰よりも子供のしつけがうまくなる可能性があります。

子供に強い愛情を持っている

自分の子供に強い愛情を持っている旦那は、子供のことを本当の意味で心配し、より良い人間になってもらおうと願っています。

大人になって独り立ちした時に、恥ずかしくない社会マナーを身につけてもらいたいと思うはずです。

そのためなら、自分が嫌われ役になっても良いので、厳しくしつけをするかもしれません。

愛情に裏打ちされた厳しいしつけなら、子供にもその思いが伝わるはずです。

自尊感情がしっかりしている

子供をしつけている時に、子供に逆らわれたり、反論された時にも、動じない旦那でないと困ります。

逆上して怒ってしまったり、おろおろしてしまってはしつけにならないからです。

自尊感情がしっかりしていて、何を言われても自分という存在が脅かされない旦那なら、子供が何を言っても気にすることはないでしょう。

堂々と子供のしつけを続けることができるはずです。

自尊感情がしっかりしている男性は、強くて優しい頼りがいのある父親になれる可能性が高いです。

大きな声を出し慣れている

子供をしつける時には、時には大きな声を出す必要があります。

小さな声では子供に聞こえないかもしれません。

大きな声を普段出し慣れていないと、なかなか急に大きな声が出ません。

日常的に大きな声を出している人は、そもそも地声が大きいので、いつでも大きな声でしつけをすることができます。

体育会系の部活に入っていた経験がある旦那なら、きっと大きな声で子供をしつけることができるでしょう。

良い悪いの基準がハッキリしている

何が良くて、何が悪いのか、基準がハッキリしていないと、しつけがぶれてしまいます。

子供も何が悪くて、良いのか分からないため、親のしつけから学ぶことができません。

まず父親が良い悪いの基準をハッキリさせることが、しつけの前に大切になるでしょう。

子供のしつけがうまい旦那は、育った環境に恵まれているか、子育てに強い興味を持っています。

子育てに興味がなく、子供に愛情を持てない旦那はしつけもうまくできません。

子供に対する愛情が強いことが、何よりも大切になるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-