【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401153758.html
甲斐性のない旦那の特徴

甲斐性のない旦那の特徴 | LADYCO

LADYCO
甲斐性のない旦那の特徴

甲斐性のない旦那との生活というのは、生活の困窮と直結しています。

どのような特徴があるのでしょうか。

  • 経済的に自立していない
  • 責任感がない
  • 口だけ男
  • 段取りが悪い
  • 卑屈
  • まとめ

1. 経済的に自立していない

経済的に自立していない

甲斐性のある男性というのは、経済的に自立しています。

共働きが多くなっている現代でも、自分一人生活するのがいっぱいいっぱいの男性がいます。

それが自分の旦那だったら生活は大変になります。

結婚した以上は親とは別世帯になります。

別世帯である以上、経済的にも自立していなければなりませんし、いつまでも足りない分を親に出してもらうようでは、甲斐性のある旦那とはいえません。

2. 責任感がない

責任感がない

結婚をした意識が薄いわけではないけど、どこか責任感に欠けるのが甲斐性のない男性です。

金銭的なことでも責任感がなく、家計簿をつけたり、節約をするなどの身の丈に合った生活を送らなければやっていけなかったとしても、家族を養う意識が低いのか現実をみようとしません。

酷いと自分は悪くない、金欠なのは家族のせいだと責任転嫁します。

全体の収支の見直しが必要でも、旦那が使う分以外の見直しをすれば解決すると思い込んでいます。

3. 口だけ男

口だけ男

甲斐性のない男性は口がうまいという特徴があります。

本当はカツカツの生活だけど、こうすればお金持ちになるという夢だけは大きく、それを語る口調も立派です。

ただ、行動が伴わないので、旦那が夢を語るだけの人であった場合は、現実を見ることができる奥さんでないと生活は辛くなるでしょう。

夢を語るのは悪いことではありません。

それに向かって行動できるのなら、現実離れしていないのなら素敵なことです。

4. 段取りが悪い

段取りが悪い

甲斐性のない旦那は、段取りが悪いことがあります。

仕事力が低いということです。

仕事力というのは日々の仕事もそうだし、何かの作業をするときに段取りが必要なものの効率のことです。

時間はかかるけど機械がやってくれるものと、短時間で済むけど手作業でやるものがあったら、機械のスイッチを入れてから作業開始します。

それを、手作業を先にやったり、スイッチを入れた後に時間があるのに手作業には手をつけずに待っているだけといった、効率の悪さは、収入の低さに少なからず影響があります。

同時進行でできることをしないで時間がないという口癖があれば、それは時間の使い方が下手なのです。

そういう人は、単純作業だけでもそのままだし、難しい作業になればなるほど非効率な人です。

効率よく作業できるか、段取りが考えられるかというのは社会に出ている人には必須のスキルです。

それが足りないというのは、収入の低さに繋がってしまいます。

それを指摘したときに素直に受け止められれば改善の余地もありますが、頑固に受け止められない旦那なら低収入から抜け出すのは難しいでしょう。

5. 卑屈

卑屈

甲斐性がない旦那は、収入が低い故に卑屈であることが多いです。

「どうせ安月給」と誰も言っていなくてもお金の話をすると卑屈になります。

奥さんだけで生活できるのなら緊迫した困窮にはならないと思いますが、もし専業主婦しかできない女性と結婚していた場合、卑屈になる旦那と働けない奥さんとの困窮生活はすぐそこまで来ています。

見直せば改善もできるかもしれないのに、卑屈になってそれすらさせない旦那は、困った旦那かもしれません。

まとめ

金銭的なことと仕事効率の面で、甲斐性のない旦那は困った面が目立ちます。

もし、自分の旦那が甲斐性のない場合は、自分で働くか、家計のザル勘定を利用してこっそりへそくりを貯めておくようにしましょう。

いざというときのお金すら出し渋られては、必要な食事、必要な医療もお金がないために受けれずに大病に繋がる体調不良になってしまう可能性も高くなってしまいます。

甲斐性のない旦那だった場合は、自分で最低ラインの生活は守れるようにする意識、行動は必要です。

甲斐性のない旦那との生活というのは、生活の困窮と直結しています。

どのような特徴があるのでしょうか。


経済的に自立していない

甲斐性のある男性というのは、経済的に自立しています。

共働きが多くなっている現代でも、自分一人生活するのがいっぱいいっぱいの男性がいます。

それが自分の旦那だったら生活は大変になります。

結婚した以上は親とは別世帯になります。

別世帯である以上、経済的にも自立していなければなりませんし、いつまでも足りない分を親に出してもらうようでは、甲斐性のある旦那とはいえません。

責任感がない

結婚をした意識が薄いわけではないけど、どこか責任感に欠けるのが甲斐性のない男性です。

金銭的なことでも責任感がなく、家計簿をつけたり、節約をするなどの身の丈に合った生活を送らなければやっていけなかったとしても、家族を養う意識が低いのか現実をみようとしません。

酷いと自分は悪くない、金欠なのは家族のせいだと責任転嫁します。

全体の収支の見直しが必要でも、旦那が使う分以外の見直しをすれば解決すると思い込んでいます。

口だけ男

甲斐性のない男性は口がうまいという特徴があります。

本当はカツカツの生活だけど、こうすればお金持ちになるという夢だけは大きく、それを語る口調も立派です。

ただ、行動が伴わないので、旦那が夢を語るだけの人であった場合は、現実を見ることができる奥さんでないと生活は辛くなるでしょう。

夢を語るのは悪いことではありません。

それに向かって行動できるのなら、現実離れしていないのなら素敵なことです。

段取りが悪い

甲斐性のない旦那は、段取りが悪いことがあります。

仕事力が低いということです。

仕事力というのは日々の仕事もそうだし、何かの作業をするときに段取りが必要なものの効率のことです。

時間はかかるけど機械がやってくれるものと、短時間で済むけど手作業でやるものがあったら、機械のスイッチを入れてから作業開始します。

それを、手作業を先にやったり、スイッチを入れた後に時間があるのに手作業には手をつけずに待っているだけといった、効率の悪さは、収入の低さに少なからず影響があります。

同時進行でできることをしないで時間がないという口癖があれば、それは時間の使い方が下手なのです。

そういう人は、単純作業だけでもそのままだし、難しい作業になればなるほど非効率な人です。

効率よく作業できるか、段取りが考えられるかというのは社会に出ている人には必須のスキルです。

それが足りないというのは、収入の低さに繋がってしまいます。

それを指摘したときに素直に受け止められれば改善の余地もありますが、頑固に受け止められない旦那なら低収入から抜け出すのは難しいでしょう。

卑屈

甲斐性がない旦那は、収入が低い故に卑屈であることが多いです。

「どうせ安月給」と誰も言っていなくてもお金の話をすると卑屈になります。

奥さんだけで生活できるのなら緊迫した困窮にはならないと思いますが、もし専業主婦しかできない女性と結婚していた場合、卑屈になる旦那と働けない奥さんとの困窮生活はすぐそこまで来ています。

見直せば改善もできるかもしれないのに、卑屈になってそれすらさせない旦那は、困った旦那かもしれません。

金銭的なことと仕事効率の面で、甲斐性のない旦那は困った面が目立ちます。

もし、自分の旦那が甲斐性のない場合は、自分で働くか、家計のザル勘定を利用してこっそりへそくりを貯めておくようにしましょう。

いざというときのお金すら出し渋られては、必要な食事、必要な医療もお金がないために受けれずに大病に繋がる体調不良になってしまう可能性も高くなってしまいます。

甲斐性のない旦那だった場合は、自分で最低ラインの生活は守れるようにする意識、行動は必要です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-