【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104442.html
恋愛を面倒くさいと感じている人の深層心理

恋愛を面倒くさいと感じている人の深層心理 | LADYCO

LADYCO
恋愛を面倒くさいと感じている人の深層心理

世の中には恋愛が面倒くさい、恋愛をするくらいなら1人でいたほうが楽だと考えている人がいます。

なぜ彼らはそんなことを考えているのか、その理由を12個挙げます。

  • 恋愛にのめり込んでやけどすることを恐れている
  • 趣味や好きなことにのめりこみたい
  • お金にしか興味がない
  • 失敗を恐れている
  • 人間不信の気がある
  • 二度と痛い目に会いたくない
  • 自分に自信がない
  • 今の生活に満足しているから
  • 常に一人の時間を持ちたい
  • 相手に配慮するのが疲れる
  • 付き合う前に別れることを考えてしまう
  • 相手と濃密なコミュニケーションを取るのが好きではない

1. 恋愛にのめり込んでやけどすることを恐れている

恋愛にのめり込んでやけどすることを恐れている

恋愛というものは素敵なものですが、のめりこみすぎるとやけどします。

恋愛を面倒くさいと感じている人は、その危険性を心の奥底で感じています。

好きな人がいるけど、このままこの人にのめり込んでしまったら痛い目に遭うのではないか、 そう考えて恋愛に対して消極的になるのです。

2. 趣味や好きなことにのめりこみたい

趣味や好きなことにのめりこみたい

恋愛をすると、どうしてもそちらの方にのめりこんでしまいます。

そうなると好きなことをする時間が取れなくなる、 それなら恋愛を回避して、ういた時間で他のことをやりたい、 こういうことを考えている人ほど、恋愛がめんどくさくなります。

ただし、その本質は恋愛がめんどくさいのではなく、 趣味に時間をとりたいだけなので、何らかの事情で趣味に飽きてしまうと、 そのかわりに恋愛にのめりこむことがあります。

3. お金にしか興味がない

お金にしか興味がない

いわゆる拝金主義者にとって、恋愛とは面倒なものです。

なぜなら、恋愛をすることでお金を使うことはあっても、お金がたまることはないからです。

相手に好かれようと思って高価なプレゼントをすると、その分貯蓄は減っていきます。

お金こそが命と考えている人にとって、それは耐えがたいことです。

だからこの手の人は恋愛に対し消極的になります。

ですがそれは恋愛が嫌いなのではなく、恋愛より自分の財布の方が大切だからなのです。

4. 失敗を恐れている

失敗を恐れている

恋愛とはいつでも上手くいくわけではありません。

告白の段階でつまずくこともありますし、 そのステップを踏み越えても、ちょっとした喧嘩や価値観の不一致などで破局してしまうことがあります。

だから、失敗を恐れる人は恋愛に対して消極的になります。

勝負を回避すれば、負けることも失敗することもないのです。

5. 人間不信の気がある

人間不信の気がある

恋愛というのは、心からの信頼がないと成り立ちません。

なので、人間不信の気がある人は恋愛に興味を持ちません。

このタイプの人は、便宜的に恋愛をするのが面倒くさいと言っているだけで、 本当は他人を信じることができないので、恋愛が難しいのです。

6. 二度と痛い目に会いたくない

二度と痛い目に会いたくない

昔恋愛で痛い目にあった人は、もう二度とその痛みを味わいたくないので、恋愛というイベントに関わらなくなります。

このタイプの人は、恋愛が嫌いなわけではないのですが、あんな痛い目にあうくらいならもう二度と恋愛をしたくないというトラウマの方が先に来ますので、結果恋愛を回避するようになるのです。

7. 自分に自信がない

自分に自信がない

恋愛というのは、相手に自分を選んでもらうことで初めて成り立ちます。

自分に自信がない人にとって、これは非常に難しいことです。

だから、このタイプの人は恋愛など、自分を選んでもらわないと成り立たないことを避けます。

恋愛がめんどくさいから避けるのではなく、自分を選んでもらえることはないと思っているから、恋愛そのものを避けるのです。

8. 今の生活に満足しているから

今の生活に満足しているから

今の生活に満足している人も、恋愛を避ける傾向にあります。

なぜなら、うまくいっている人生を恋愛という異物を入れることで、壊したくないからです。

このままで満足だから余計なことはしないでおこう、そうすればこのまま幸せが続いていく、そう考えているから恋愛を避けるのです。

9. 常に一人の時間を持ちたい

常に一人の時間を持ちたい

一度恋愛をしてしまうと、生活が恋愛中心になってしまいます。

こうなると1人の時間が持ちにくいので、出来るだけ1人の時間を持ちたい、1人になって世の中の雑事を忘れてリフレッシュしたいと考えている人は、恋愛に興味を示しません。

恋愛がめんどくさいというより、1人でいることが好きなのです。

10. 相手に配慮するのが疲れる

相手に配慮するのが疲れる

恋愛というのは、一方がもう一方にわがままを通すようなやり方では成り立ちません。

だから、関係が壊れないようにお互いが配慮する必要があります。

そういうものが苦手な人にとって、恋愛はめんどくさいものです。

相手に配慮したり気を使うくらいなら、1人になってもいいから、好き放題に生きていきたい、そう思ってしまうのです。

11. 付き合う前に別れることを考えてしまう

付き合う前に別れることを考えてしまう

恋愛がうまくいけば、最終的には結婚ということになりますが、そこまでいかず破局することもあります。

その時きれいに別れられるならともかく、なんかトラブルになるのではないか、精神的にパンクしそうなことになるのではないか、こう考えてしまう人は、恋愛すること自体を拒否するようになります。

12. 相手と濃密なコミュニケーションを取るのが好きではない

恋愛関係になると、相手と濃密に関わっていく必要があります。

そういうのが好きではない人にとって、恋愛は実に面倒です。

正確に言えば、恋愛そのものが面倒というより、自分以外の他人と濃密にコミュニケーションをとるのが苦手なのです。

他の人とはある程度距離をおいて付き合いたい、あまり自分のスペースに近寄ってほしくない、そう考えている人にとって、恋愛が面倒くさいのは当然と言えるでしょう。

世の中には恋愛が面倒くさい、恋愛をするくらいなら1人でいたほうが楽だと考えている人がいます。

なぜ彼らはそんなことを考えているのか、その理由を12個挙げます。


恋愛にのめり込んでやけどすることを恐れている

恋愛というものは素敵なものですが、のめりこみすぎるとやけどします。

恋愛を面倒くさいと感じている人は、その危険性を心の奥底で感じています。

好きな人がいるけど、このままこの人にのめり込んでしまったら痛い目に遭うのではないか、 そう考えて恋愛に対して消極的になるのです。

趣味や好きなことにのめりこみたい

恋愛をすると、どうしてもそちらの方にのめりこんでしまいます。

そうなると好きなことをする時間が取れなくなる、 それなら恋愛を回避して、ういた時間で他のことをやりたい、 こういうことを考えている人ほど、恋愛がめんどくさくなります。

ただし、その本質は恋愛がめんどくさいのではなく、 趣味に時間をとりたいだけなので、何らかの事情で趣味に飽きてしまうと、 そのかわりに恋愛にのめりこむことがあります。

お金にしか興味がない

いわゆる拝金主義者にとって、恋愛とは面倒なものです。

なぜなら、恋愛をすることでお金を使うことはあっても、お金がたまることはないからです。

相手に好かれようと思って高価なプレゼントをすると、その分貯蓄は減っていきます。

お金こそが命と考えている人にとって、それは耐えがたいことです。

だからこの手の人は恋愛に対し消極的になります。

ですがそれは恋愛が嫌いなのではなく、恋愛より自分の財布の方が大切だからなのです。

失敗を恐れている

恋愛とはいつでも上手くいくわけではありません。

告白の段階でつまずくこともありますし、 そのステップを踏み越えても、ちょっとした喧嘩や価値観の不一致などで破局してしまうことがあります。

だから、失敗を恐れる人は恋愛に対して消極的になります。

勝負を回避すれば、負けることも失敗することもないのです。

人間不信の気がある

恋愛というのは、心からの信頼がないと成り立ちません。

なので、人間不信の気がある人は恋愛に興味を持ちません。

このタイプの人は、便宜的に恋愛をするのが面倒くさいと言っているだけで、 本当は他人を信じることができないので、恋愛が難しいのです。

二度と痛い目に会いたくない

昔恋愛で痛い目にあった人は、もう二度とその痛みを味わいたくないので、恋愛というイベントに関わらなくなります。

このタイプの人は、恋愛が嫌いなわけではないのですが、あんな痛い目にあうくらいならもう二度と恋愛をしたくないというトラウマの方が先に来ますので、結果恋愛を回避するようになるのです。

自分に自信がない

恋愛というのは、相手に自分を選んでもらうことで初めて成り立ちます。

自分に自信がない人にとって、これは非常に難しいことです。

だから、このタイプの人は恋愛など、自分を選んでもらわないと成り立たないことを避けます。

恋愛がめんどくさいから避けるのではなく、自分を選んでもらえることはないと思っているから、恋愛そのものを避けるのです。

今の生活に満足しているから

今の生活に満足している人も、恋愛を避ける傾向にあります。

なぜなら、うまくいっている人生を恋愛という異物を入れることで、壊したくないからです。

このままで満足だから余計なことはしないでおこう、そうすればこのまま幸せが続いていく、そう考えているから恋愛を避けるのです。

常に一人の時間を持ちたい

一度恋愛をしてしまうと、生活が恋愛中心になってしまいます。

こうなると1人の時間が持ちにくいので、出来るだけ1人の時間を持ちたい、1人になって世の中の雑事を忘れてリフレッシュしたいと考えている人は、恋愛に興味を示しません。

恋愛がめんどくさいというより、1人でいることが好きなのです。

相手に配慮するのが疲れる

恋愛というのは、一方がもう一方にわがままを通すようなやり方では成り立ちません。

だから、関係が壊れないようにお互いが配慮する必要があります。

そういうものが苦手な人にとって、恋愛はめんどくさいものです。

相手に配慮したり気を使うくらいなら、1人になってもいいから、好き放題に生きていきたい、そう思ってしまうのです。

付き合う前に別れることを考えてしまう

恋愛がうまくいけば、最終的には結婚ということになりますが、そこまでいかず破局することもあります。

その時きれいに別れられるならともかく、なんかトラブルになるのではないか、精神的にパンクしそうなことになるのではないか、こう考えてしまう人は、恋愛すること自体を拒否するようになります。

恋愛関係になると、相手と濃密に関わっていく必要があります。

そういうのが好きではない人にとって、恋愛は実に面倒です。

正確に言えば、恋愛そのものが面倒というより、自分以外の他人と濃密にコミュニケーションをとるのが苦手なのです。

他の人とはある程度距離をおいて付き合いたい、あまり自分のスペースに近寄ってほしくない、そう考えている人にとって、恋愛が面倒くさいのは当然と言えるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-