【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104406.html
男性から見た時の女性が惚れそうな男性像

男性から見た時の女性が惚れそうな男性像 | LADYCO

LADYCO
男性から見た時の女性が惚れそうな男性像

男性から見た時の女性が惚れそうな理想の男性像についてまとめました。

  • 謙虚な人
  • 傲慢になる事をやめる事
  • 自分を責めすぎない
  • 褒め方を知っている人
  • 約束を守る人間
  • 心を広く、反省する時はしっかりと
  • 最後はあなたが信じ、そして信じ合う事

1. 謙虚な人

謙虚な人

僕個人の主観から見た際、謙虚な人は男女問わず、尊敬されていて、純粋にかっこいいと感じる方が多いと思います。

これはあくまで僕個人の意見ですが、謙虚な人は、常に自分に余裕をもっていると思います、ではなぜ余裕をもつ事で謙虚にいられるのかについてですが、逆に余裕のない方というのは常に焦っているという事でもあります、焦っている方は自分がどういう存在なのかを早く周りに知ってほしいと思うので急ぐと思います。

その結果、謙虚とは正反対の結果となってしまう原因だと思います、常に謙虚でいるには常に冷静にいる事です。

2. 傲慢になる事をやめる事

傲慢になる事をやめる事

1の続きになるかもですが、僕が人間を駄目にしてしまうものの一つとしての特徴は傲慢でいる事だと思います。

傲慢である人は自分こそが最高であると思ってしまっている為、努力をする事を放棄しいかに自分が素晴らしいのかを他の人に共有したがる事に対して努力するようになります。

これも1で説明した謙虚である人に対しての真逆の人だと思います。

傲慢にならない方法は常に自分が2流、3流でまだまだ上があると思い続ける事です。

自分に厳しくコツコツと努力していきましょう。

3. 自分を責めすぎない

自分を責めすぎない

上で説明した傲慢よりも、個人的に一番多いと感じているのが自分に自信がなさすぎる人です。

こうなってしまう人の特徴として、常に自分と周りを比較しすぎているのが原因だと思います。

ですが自分と他の人を比べる事に関しては自分の良くない所を見つける以外では、あまり意味はないのです。

大切なのは他人と比較しすぎず自分をコントロールする事です、誰にだって弱点はあります、自分にないものを比較して嫉妬する事こそまさに時間の無駄だと思います。

4. 褒め方を知っている人

褒め方を知っている人

褒めるというと簡単に感じると思いますが、僕はかなり難しい事だと感じます。

まず、褒めるという事について、僕は2つ種類があると思います、1つ目は「外見について褒める」事です。

これは昔から言われている事ですが、男性は女性の微妙な変化に気がつかない鈍感な生物であるイメージがついています。

ですが、最近ではこのレッテルも変わりつつあるのではないでしょうか?

僕が未だにできてない人が多い、逆にできてる人を見るとすごいと感じるのが内面について褒めるという事です。

例えば、最近の女性は仕事をする方が増えてきました、ですが、プライベートなどで仕事に対して褒められるという事はあまりないと思います。

そこで「頑張ってるね、努力家だな〜」と一言でも言ってあげる事で、女性も「頑張ってよかった、これからも頑張ろう」と誰でも思いますし、また褒められたいとも思うはずです。

5. 約束を守る人間

約束を守る人間

これは当たり前の事だと感じる方も多いと思いますが、これはシンプルでありとても難しい事です。

女性と出会った、最初の頃は男性なら誰でも約束を破らないように頑張るでしょう。

ですが、関係が続くにつれて、仕事を優先、友達を優先、飲み会を優先となった方も多いのでないでしょうか?

約束を長く持たせるというのはかなりシビアな事なのです。

ですがこれは関係を持った女性と長く続くためには必須な事なのではないでしょうか?

これを当たり前の事のように守れる男性は理想の男性と呼べるでしょう。

昔、本に書いてあった内容でこういう言葉がありましたのでここで書きたいと思います。

「本当の女性という生き物を知りたいのであれば、色々な女性と関わって理解しようとするのではなく、一人の女性と長い時を過ごしていく中で理解していきなさい、それが達成されていく中で、あなたは一人の女性の事をよく知れる事でしょう

とても重たい言葉であり、僕自身が確かにと思い知らされた言葉です、まさに理想の男性だけがたどり着く事ができる領域なのかなと感じました。

6. 心を広く、反省する時はしっかりと

心を広く、反省する時はしっかりと

どんなに理想の男性に近い人でも、人間なので時には失敗する事もあると思います、それは男女関係なく当たり前の事だと思います。

もし自分が失敗したのだと感じたら素直に力不足だった事を反省しましょう。

女性に迷惑をかけたのなら理由を説明して謝りましょう、決して言い訳はしない事です。

これは僕自身があまりできていなかったなとこの記事を書いている時に感じます、自分のせいではない、仕方がなかった、と感情的になっていればなっているほど不意に言葉に出してしまうものです。

直すのはとても難しいですが、意識しないと絶対に良くなる事はありません、人間は必ずどこかで失敗するようになっているので、それに向き合い続ける事も大切ですね。

7. 最後はあなたが信じ、そして信じ合う事

これまで長々と記事を書いてきましたが、本当に大切なのは好きな女性を愛する事です。

愛し続ける事こそ理想の恋であり、理想の男女だと思います。

本当の恋なら、上に書いた理想の男性像に近づくのもそんなに難しい事ではないのかもしれません。

男性から見た時の女性が惚れそうな理想の男性像についてまとめました。


謙虚な人

僕個人の主観から見た際、謙虚な人は男女問わず、尊敬されていて、純粋にかっこいいと感じる方が多いと思います。

これはあくまで僕個人の意見ですが、謙虚な人は、常に自分に余裕をもっていると思います、ではなぜ余裕をもつ事で謙虚にいられるのかについてですが、逆に余裕のない方というのは常に焦っているという事でもあります、焦っている方は自分がどういう存在なのかを早く周りに知ってほしいと思うので急ぐと思います。

その結果、謙虚とは正反対の結果となってしまう原因だと思います、常に謙虚でいるには常に冷静にいる事です。

傲慢になる事をやめる事

1の続きになるかもですが、僕が人間を駄目にしてしまうものの一つとしての特徴は傲慢でいる事だと思います。

傲慢である人は自分こそが最高であると思ってしまっている為、努力をする事を放棄しいかに自分が素晴らしいのかを他の人に共有したがる事に対して努力するようになります。

これも1で説明した謙虚である人に対しての真逆の人だと思います。

傲慢にならない方法は常に自分が2流、3流でまだまだ上があると思い続ける事です。

自分に厳しくコツコツと努力していきましょう。

自分を責めすぎない

上で説明した傲慢よりも、個人的に一番多いと感じているのが自分に自信がなさすぎる人です。

こうなってしまう人の特徴として、常に自分と周りを比較しすぎているのが原因だと思います。

ですが自分と他の人を比べる事に関しては自分の良くない所を見つける以外では、あまり意味はないのです。

大切なのは他人と比較しすぎず自分をコントロールする事です、誰にだって弱点はあります、自分にないものを比較して嫉妬する事こそまさに時間の無駄だと思います。

褒め方を知っている人

褒めるというと簡単に感じると思いますが、僕はかなり難しい事だと感じます。

まず、褒めるという事について、僕は2つ種類があると思います、1つ目は「外見について褒める」事です。

これは昔から言われている事ですが、男性は女性の微妙な変化に気がつかない鈍感な生物であるイメージがついています。

ですが、最近ではこのレッテルも変わりつつあるのではないでしょうか?

僕が未だにできてない人が多い、逆にできてる人を見るとすごいと感じるのが内面について褒めるという事です。

例えば、最近の女性は仕事をする方が増えてきました、ですが、プライベートなどで仕事に対して褒められるという事はあまりないと思います。

そこで「頑張ってるね、努力家だな〜」と一言でも言ってあげる事で、女性も「頑張ってよかった、これからも頑張ろう」と誰でも思いますし、また褒められたいとも思うはずです。

約束を守る人間

これは当たり前の事だと感じる方も多いと思いますが、これはシンプルでありとても難しい事です。

女性と出会った、最初の頃は男性なら誰でも約束を破らないように頑張るでしょう。

ですが、関係が続くにつれて、仕事を優先、友達を優先、飲み会を優先となった方も多いのでないでしょうか?

約束を長く持たせるというのはかなりシビアな事なのです。

ですがこれは関係を持った女性と長く続くためには必須な事なのではないでしょうか?

これを当たり前の事のように守れる男性は理想の男性と呼べるでしょう。

昔、本に書いてあった内容でこういう言葉がありましたのでここで書きたいと思います。

「本当の女性という生き物を知りたいのであれば、色々な女性と関わって理解しようとするのではなく、一人の女性と長い時を過ごしていく中で理解していきなさい、それが達成されていく中で、あなたは一人の女性の事をよく知れる事でしょう

とても重たい言葉であり、僕自身が確かにと思い知らされた言葉です、まさに理想の男性だけがたどり着く事ができる領域なのかなと感じました。

心を広く、反省する時はしっかりと

どんなに理想の男性に近い人でも、人間なので時には失敗する事もあると思います、それは男女関係なく当たり前の事だと思います。

もし自分が失敗したのだと感じたら素直に力不足だった事を反省しましょう。

女性に迷惑をかけたのなら理由を説明して謝りましょう、決して言い訳はしない事です。

これは僕自身があまりできていなかったなとこの記事を書いている時に感じます、自分のせいではない、仕方がなかった、と感情的になっていればなっているほど不意に言葉に出してしまうものです。

直すのはとても難しいですが、意識しないと絶対に良くなる事はありません、人間は必ずどこかで失敗するようになっているので、それに向き合い続ける事も大切ですね。

これまで長々と記事を書いてきましたが、本当に大切なのは好きな女性を愛する事です。

愛し続ける事こそ理想の恋であり、理想の男女だと思います。

本当の恋なら、上に書いた理想の男性像に近づくのもそんなに難しい事ではないのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-