【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104401.html
結婚後にもれなく後悔する男性のタイプ

結婚後にもれなく後悔する男性のタイプ | LADYCO

LADYCO
結婚後にもれなく後悔する男性のタイプ

最初はよかっても結婚して一緒に生活してみて後悔することもあります。

そんな後悔するタイプの男性をまとめてみました。

  • 酒癖が悪い
  • お金の無駄遣いが激しい
  • ささいな嘘が目立つ
  • マザコン
  • 友達付き合いが悪い
  • お嫁側の親族を大事にしない
  • 家では会話が少ない
  • デリカシーにかける
  • だらしない
  • 好き嫌いが多い
  • あいさつ、コミュニケーションができない
  • 言葉の暴力がひどい
  • 手を挙げることがある

1. 酒癖が悪い

酒癖が悪い

ありがちですが、結婚してみるとなぜか酒癖が悪かった。

ということもあり得ます。

付き合っているときは軽くしか飲んでいないのでわからなかったということもあるかもしれません。

お互いお酒には節制をもって、しっかり楽しいお酒を飲めるようにしっかり話し合いながら、そしてお酒の飲み方を相談していきましょう。

2. お金の無駄遣いが激しい

お金の無駄遣いが激しい

一緒に生活をしていく以上、お金の使い方が荒い男性はどうしても許せないところ。

男性だけが働いていようが、とも働きであろうが二人の共有財産であることからきちんとしたルールを作ってお金を使う習慣をつくっていかねば、大きなトラブルにとながってしまいます。

3. ささいな嘘が目立つ

ささいな嘘が目立つ

嘘ほど悲しいものはありません。

きっと、結婚する前はどんなことでも正直に言い合える仲になろうなどと固く契りを交わしたはず。

それを反故にするように細かいウソをついてしまう男性は正直、残念だというほかありません。

4. マザコン

マザコン

男性はみなマザコンだといいがちです。

確かに今の若い男性は社会人になってもお母さんといっしょに買い物に行ったり、二人で買い物に行ったりすることに抵抗がありません。

しかし、結婚したのであれば、最優先は奥さんであり、お母さんとの付き合い方も考えてほしいところ。

この自覚がないままお母さんとお付き合いしている男性は考え物です。

それこそ、マザコンです。

お母さんを大事にしていくこととは少し違うことを旦那さんにおしえてあげましょう。

5. 友達付き合いが悪い

友達付き合いが悪い

二人の時間を大事にしてくれるのはうれしいのですが、お互いの友人との付き合がおろそかになる、または二人だけの世界で生きていこうとする旦那さんは非常につらいところ。

もっと交友関係を広げたいと思っている奥さんであればなおさらかもしれません。

友達を大事にしないような男性はとても将来的にさみしいことになりがちです。

6. お嫁側の親族を大事にしない

お嫁側の親族を大事にしない

結婚してしまえば、お互いの親や兄弟姉妹も変わりない親族としてお付き合いしていくべきこと。

ここが何となくかもしれませんが自分側の親族ばかりに優先順位をつけて、うまくお付き合いしようとしない、面倒くさがるというのはいかがなものかと思います。

7. 家では会話が少ない

家では会話が少ない

結婚して家庭をもってからでないとわからないのですが、会話が少なくなることはあるのではないでしょうか。

付き合っている時とは違い、24時間一緒にいるわけですからどうしも会話があるとないとでは大きな違いです。

いかに通じ合っていても会話を毎日一定以上行うことこそ大事なコミュニケーションです。

8. デリカシーにかける

デリカシーにかける

これは旦那さん個人の問題でもあり、育ちの良さも関係なのかもしれませんが、食事中に音をたてたり、所持のマナーがなっていないなどデリカシーにかけることがあるのは非常に結婚後、いただけません。

それも周囲にわかるようなことがあればなおさらです。

9. だらしない

だらしない

付き合っている時と一緒に生活することではまるで違います。

仕事から帰ってきたら洋服は脱ぎっぱなし、電気はつけっぱなし、家事は一切手伝わないなどきっと思いもよらないところで男性側のだらしない面が目立つことがあるでしょう。

少しでも教育できるのであれば結婚してからこうした一面はなおしてもらいましょう。

10. 好き嫌いが多い

好き嫌いが多い

結婚して、とも働きであっても基本的には料理を担当するのは女性のほうが多いと思います。

忙しい時に頑張って料理しようにも好き嫌いが多い男性は非常に困ります。

せっかく作った料理に対して感謝の気持ちはあっても、食べてもらえないと悲しいものです。

好き嫌いは最初からしっかりわかっていたほうがきっと結婚してからの失敗も少なくなるでしょう。

11. あいさつ、コミュニケーションができない

あいさつ、コミュニケーションができない

当たり前のことですが朝起きたらおはよう、ご飯を食べるときはいただきます。

食後はご馳走様、そして、夫婦間のありがとう、ごめんなさい、おやすみなさいという基本的な挨拶ができない。

コミュニケーション不足に陥ることがあります。

これは致命的な離婚への一歩につながりますので後悔してしまいます。

12. 言葉の暴力がひどい

言葉の暴力がひどい

言葉の暴力、これは心に響く、つらい出来事です。

もちろん、一緒に生活していく中では意見の行き違いなども残念ながら発生してくるでしょう。

さらには仕事での不満を家庭で打ち明けたいということもあると思います。

そのレベルによっては少しの我慢ではおさまらないこともあるはず。

女性がどこまで許容できるか、それも個人間の問題ですがポイントです。

13. 手を挙げることがある

男性にとって、体力面での女性に対する優位性は否めません。

そこで暴力をふるうのはそのレベルにかかわらず、絶対にあってはならないところです。

一緒に住んでみなければわからないことかもしれませんが、こればかりは少しでも早く見抜くことにより、結婚してからの後悔をさけるようにしましょう。

最初はよかっても結婚して一緒に生活してみて後悔することもあります。

そんな後悔するタイプの男性をまとめてみました。


酒癖が悪い

ありがちですが、結婚してみるとなぜか酒癖が悪かった。

ということもあり得ます。

付き合っているときは軽くしか飲んでいないのでわからなかったということもあるかもしれません。

お互いお酒には節制をもって、しっかり楽しいお酒を飲めるようにしっかり話し合いながら、そしてお酒の飲み方を相談していきましょう。

お金の無駄遣いが激しい

一緒に生活をしていく以上、お金の使い方が荒い男性はどうしても許せないところ。

男性だけが働いていようが、とも働きであろうが二人の共有財産であることからきちんとしたルールを作ってお金を使う習慣をつくっていかねば、大きなトラブルにとながってしまいます。

ささいな嘘が目立つ

嘘ほど悲しいものはありません。

きっと、結婚する前はどんなことでも正直に言い合える仲になろうなどと固く契りを交わしたはず。

それを反故にするように細かいウソをついてしまう男性は正直、残念だというほかありません。

マザコン

男性はみなマザコンだといいがちです。

確かに今の若い男性は社会人になってもお母さんといっしょに買い物に行ったり、二人で買い物に行ったりすることに抵抗がありません。

しかし、結婚したのであれば、最優先は奥さんであり、お母さんとの付き合い方も考えてほしいところ。

この自覚がないままお母さんとお付き合いしている男性は考え物です。

それこそ、マザコンです。

お母さんを大事にしていくこととは少し違うことを旦那さんにおしえてあげましょう。

友達付き合いが悪い

二人の時間を大事にしてくれるのはうれしいのですが、お互いの友人との付き合がおろそかになる、または二人だけの世界で生きていこうとする旦那さんは非常につらいところ。

もっと交友関係を広げたいと思っている奥さんであればなおさらかもしれません。

友達を大事にしないような男性はとても将来的にさみしいことになりがちです。

お嫁側の親族を大事にしない

結婚してしまえば、お互いの親や兄弟姉妹も変わりない親族としてお付き合いしていくべきこと。

ここが何となくかもしれませんが自分側の親族ばかりに優先順位をつけて、うまくお付き合いしようとしない、面倒くさがるというのはいかがなものかと思います。

家では会話が少ない

結婚して家庭をもってからでないとわからないのですが、会話が少なくなることはあるのではないでしょうか。

付き合っている時とは違い、24時間一緒にいるわけですからどうしも会話があるとないとでは大きな違いです。

いかに通じ合っていても会話を毎日一定以上行うことこそ大事なコミュニケーションです。

デリカシーにかける

これは旦那さん個人の問題でもあり、育ちの良さも関係なのかもしれませんが、食事中に音をたてたり、所持のマナーがなっていないなどデリカシーにかけることがあるのは非常に結婚後、いただけません。

それも周囲にわかるようなことがあればなおさらです。

だらしない

付き合っている時と一緒に生活することではまるで違います。

仕事から帰ってきたら洋服は脱ぎっぱなし、電気はつけっぱなし、家事は一切手伝わないなどきっと思いもよらないところで男性側のだらしない面が目立つことがあるでしょう。

少しでも教育できるのであれば結婚してからこうした一面はなおしてもらいましょう。

好き嫌いが多い

結婚して、とも働きであっても基本的には料理を担当するのは女性のほうが多いと思います。

忙しい時に頑張って料理しようにも好き嫌いが多い男性は非常に困ります。

せっかく作った料理に対して感謝の気持ちはあっても、食べてもらえないと悲しいものです。

好き嫌いは最初からしっかりわかっていたほうがきっと結婚してからの失敗も少なくなるでしょう。

あいさつ、コミュニケーションができない

当たり前のことですが朝起きたらおはよう、ご飯を食べるときはいただきます。

食後はご馳走様、そして、夫婦間のありがとう、ごめんなさい、おやすみなさいという基本的な挨拶ができない。

コミュニケーション不足に陥ることがあります。

これは致命的な離婚への一歩につながりますので後悔してしまいます。

言葉の暴力がひどい

言葉の暴力、これは心に響く、つらい出来事です。

もちろん、一緒に生活していく中では意見の行き違いなども残念ながら発生してくるでしょう。

さらには仕事での不満を家庭で打ち明けたいということもあると思います。

そのレベルによっては少しの我慢ではおさまらないこともあるはず。

女性がどこまで許容できるか、それも個人間の問題ですがポイントです。

男性にとって、体力面での女性に対する優位性は否めません。

そこで暴力をふるうのはそのレベルにかかわらず、絶対にあってはならないところです。

一緒に住んでみなければわからないことかもしれませんが、こればかりは少しでも早く見抜くことにより、結婚してからの後悔をさけるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-