【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514104348.html
バツイチ子持ちの男性との結婚。両親の反対を避けるためにできること

バツイチ子持ちの男性との結婚。両親の反対を避けるためにできること | LADYCO

LADYCO
バツイチ子持ちの男性との結婚。両親の反対を避けるためにできること

自分自身の覚悟をしっかり見せることで理解してもらうことが何より重要です。

そんなバツイチ子持ちを紹介するときの方法

  • 経済的な不安がないことを説明
  • 自分が大人になったことをPR
  • 孫ができることの喜びを伝える
  • 家事一般ができることを訴える
  • 彼に愛されていることを知ってもらう
  • 彼と子供にまずはあってもらう
  • 子供の行事ごとに来てもらう
  • 彼と結婚できなければ、出ていくくらいの覚悟を持つ
  • 母親になる自覚があることを知ってもらう
  • 彼に誠意を伝えてもらうことを第一とする
  • 籍を入れる前にうまくいくかどうかお試し期間を設けて、親に納得してもらう
  • まずは一緒に旅行などに行き、安心感を与える
  • 離婚の原因を説明する

1. 経済的な不安がないことを説明

経済的な不安がないことを説明

バツイチの子連れといえば、慰謝料が大変だという先入観が両親には出てくるでしょう。

いかに愛があろうともそんなことよりも生活が重要です。

だからこそ、経済的な普段がないことをまずは両親に知ってもらいましょう。

2. 自分が大人になったことをPR

自分が大人になったことをPR

バツイチの子持ちの奥さんになるとなれば、同時に母親になるということ。

これが実際に問題ない、自分自身が大人になったことをうまく伝えてあげましょう。

きっとご両親も安心してくれるはずです。

いつになっても、親というものは子供の成長が心配でなりません。

だからこそこのポイントはクリアすすべきポイントになります。

3. 孫ができることの喜びを伝える

孫ができることの喜びを伝える

娘が突然、バツイチの子連れの母親になるよりも、孫が出きることの喜びを先に感じてもらうようにしましょう。

きっと、血のつながりよりも孫という存在ができることをご両親としてはよろこんでくれるはずですから。

人間は年齢とともにこうした感情が優先してくるようになるものです。

4. 家事一般ができることを訴える

家事一般ができることを訴える

自分自身が家事一般、それも子育ても含めて問題なく、対応できることをしっかり理解してもらいましょう。

生活感のない娘ではまず認めてもらえないでしょう。

母親になることの大変さはハートだけではなく、家事一般にも通じるところです。

5. 彼に愛されていることを知ってもらう

彼に愛されていることを知ってもらう

バツイチの子連れとの結婚となれば、彼に本当に愛されているのだろうか最初に気になるのはkのポイント。

ここを最初に抑えてもらうことを心がけましょう。

きっと、彼もここを最初に考えてくれるのではないでしょうか。

6. 彼と子供にまずはあってもらう

彼と子供にまずはあってもらう

なんといっても、どんな彼と子供なのか、あってみなければわからない。

これがご両親の偽らざる気持ちです。

どんな人間なのか、娘とうまくやっていくことが可能なのか、第一印象、インスピレーションから伝えていくことも非常に重要です。

親ともなれば、そのインスピレーションで何か感じるところがあるはずです。

7. 子供の行事ごとに来てもらう

子供の行事ごとに来てもらう

ご両親との距離を近くしていくために一番有効なのは、なんといっても子供の行事ごとに参加してもらうことです。

知のつながりがなくとも、こうした機会をいくつか経験することで間違いなく、親近感を覚えることになりますし、子供を先になじむことからスタートしたほうが良いといえます。

8. 彼と結婚できなければ、出ていくくらいの覚悟を持つ

彼と結婚できなければ、出ていくくらいの覚悟を持つ

バツイチ子持ちの彼氏と結婚すると言い出した途端、実際に会うこともなく、猛反対してしまうこともご両親の心情として理解できるところもあります。

喧嘩別れは絶対にいけませんが、反対されようともぜったに結婚するんだという強い意志を持っていることを伝えていくことも重要です。

場合によっては彼と子供といっしょに住むためになら、ここから勝手に出ていくからというくらいの覚悟があることをしっかり感じてもらいましょう。

ここまですれば、本気度が間違いなく伝わることになり、有効かもしれません。

9. 母親になる自覚があることを知ってもらう

母親になる自覚があることを知ってもらう

突然、母親になることに対して本当に大丈夫かという疑問を両親はもってしまうでしょう。

それはいつまでたっても両親には娘は娘であり、親として生きていけるか、ましては血のつながりのない子供を育てられるか不安だからです。

だからこそ、その自覚があることは必ず見せないといけません。

10. 彼に誠意を伝えてもらうことを第一とする

彼に誠意を伝えてもらうことを第一とする

バツイチの男性にそれも子連れともなれば、両親は最初にどんな男性であろうとも不安になってしまいます。

これは仕方のないこと。

だからこそ、男性に誠意をしっかり見せてもらうことを忘れないようにしましょう。

きっと、ここからスタートでよいのではないでしょうか。

11. 籍を入れる前にうまくいくかどうかお試し期間を設けて、親に納得してもらう

籍を入れる前にうまくいくかどうかお試し期間を設けて、親に納得してもらう

実際に籍を入れる前に一緒に生活して、子連れでもうまく生活していけているよということを両親に見せてあげること。

これが大事です。

入籍してしまうとやはり戸籍上の変化点です。

ここで失敗してしまうと大きな変化点になってしまいます。

だからこそ、まずはお試し期間として同棲生活をして、自分自身にも安心感を持つことが大事です。

12. まずは一緒に旅行などに行き、安心感を与える

まずは一緒に旅行などに行き、安心感を与える

なんだかんだでやはり生活感を両親に見てもらわなければ、本当にうまくいくかどうかなど理解してもらうことは正直難しいところです。

だからこそ、まずは一緒にそれも彼の子供もいっしょに旅行に行ってみることも手でしょう。

13. 離婚の原因を説明する

彼のバツイチになった理由をしっかり説明して、彼が結婚に向かない人間であるということはないと断言してあげましょう。

両親は1度結婚に失敗した男性ならまた同じように失敗してしまうのでは、特に子連れではなおさらと考えているからです。

当たり前のことながら、親としては非常に気になるところ。

自分自身の覚悟をしっかり見せることで理解してもらうことが何より重要です。

そんなバツイチ子持ちを紹介するときの方法


経済的な不安がないことを説明

バツイチの子連れといえば、慰謝料が大変だという先入観が両親には出てくるでしょう。

いかに愛があろうともそんなことよりも生活が重要です。

だからこそ、経済的な普段がないことをまずは両親に知ってもらいましょう。

自分が大人になったことをPR

バツイチの子持ちの奥さんになるとなれば、同時に母親になるということ。

これが実際に問題ない、自分自身が大人になったことをうまく伝えてあげましょう。

きっとご両親も安心してくれるはずです。

いつになっても、親というものは子供の成長が心配でなりません。

だからこそこのポイントはクリアすすべきポイントになります。

孫ができることの喜びを伝える

娘が突然、バツイチの子連れの母親になるよりも、孫が出きることの喜びを先に感じてもらうようにしましょう。

きっと、血のつながりよりも孫という存在ができることをご両親としてはよろこんでくれるはずですから。

人間は年齢とともにこうした感情が優先してくるようになるものです。

家事一般ができることを訴える

自分自身が家事一般、それも子育ても含めて問題なく、対応できることをしっかり理解してもらいましょう。

生活感のない娘ではまず認めてもらえないでしょう。

母親になることの大変さはハートだけではなく、家事一般にも通じるところです。

彼に愛されていることを知ってもらう

バツイチの子連れとの結婚となれば、彼に本当に愛されているのだろうか最初に気になるのはkのポイント。

ここを最初に抑えてもらうことを心がけましょう。

きっと、彼もここを最初に考えてくれるのではないでしょうか。

彼と子供にまずはあってもらう

なんといっても、どんな彼と子供なのか、あってみなければわからない。

これがご両親の偽らざる気持ちです。

どんな人間なのか、娘とうまくやっていくことが可能なのか、第一印象、インスピレーションから伝えていくことも非常に重要です。

親ともなれば、そのインスピレーションで何か感じるところがあるはずです。

子供の行事ごとに来てもらう

ご両親との距離を近くしていくために一番有効なのは、なんといっても子供の行事ごとに参加してもらうことです。

知のつながりがなくとも、こうした機会をいくつか経験することで間違いなく、親近感を覚えることになりますし、子供を先になじむことからスタートしたほうが良いといえます。

彼と結婚できなければ、出ていくくらいの覚悟を持つ

バツイチ子持ちの彼氏と結婚すると言い出した途端、実際に会うこともなく、猛反対してしまうこともご両親の心情として理解できるところもあります。

喧嘩別れは絶対にいけませんが、反対されようともぜったに結婚するんだという強い意志を持っていることを伝えていくことも重要です。

場合によっては彼と子供といっしょに住むためになら、ここから勝手に出ていくからというくらいの覚悟があることをしっかり感じてもらいましょう。

ここまですれば、本気度が間違いなく伝わることになり、有効かもしれません。

母親になる自覚があることを知ってもらう

突然、母親になることに対して本当に大丈夫かという疑問を両親はもってしまうでしょう。

それはいつまでたっても両親には娘は娘であり、親として生きていけるか、ましては血のつながりのない子供を育てられるか不安だからです。

だからこそ、その自覚があることは必ず見せないといけません。

彼に誠意を伝えてもらうことを第一とする

バツイチの男性にそれも子連れともなれば、両親は最初にどんな男性であろうとも不安になってしまいます。

これは仕方のないこと。

だからこそ、男性に誠意をしっかり見せてもらうことを忘れないようにしましょう。

きっと、ここからスタートでよいのではないでしょうか。

籍を入れる前にうまくいくかどうかお試し期間を設けて、親に納得してもらう

実際に籍を入れる前に一緒に生活して、子連れでもうまく生活していけているよということを両親に見せてあげること。

これが大事です。

入籍してしまうとやはり戸籍上の変化点です。

ここで失敗してしまうと大きな変化点になってしまいます。

だからこそ、まずはお試し期間として同棲生活をして、自分自身にも安心感を持つことが大事です。

まずは一緒に旅行などに行き、安心感を与える

なんだかんだでやはり生活感を両親に見てもらわなければ、本当にうまくいくかどうかなど理解してもらうことは正直難しいところです。

だからこそ、まずは一緒にそれも彼の子供もいっしょに旅行に行ってみることも手でしょう。

彼のバツイチになった理由をしっかり説明して、彼が結婚に向かない人間であるということはないと断言してあげましょう。

両親は1度結婚に失敗した男性ならまた同じように失敗してしまうのでは、特に子連れではなおさらと考えているからです。

当たり前のことながら、親としては非常に気になるところ。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-