【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513174425.html
学生カップルと社会人カップルの相違点

学生カップルと社会人カップルの相違点 | LADYCO

LADYCO
学生カップルと社会人カップルの相違点

学生カップルと社会人カップルの違いって何なのでしょう?その相違点をクローズアップします。

  • 時間の使い方
  • お金の使い方
  • 幸福感
  • 体力
  • 分別の有無
  • 両親との係わり
  • 食事場所
  • 優先順位
  • 相手に望むこと
  • 外出先
  • 束縛
  • スキンシップ
  • 愚痴る
  • 相手の選定
  • 愛情表現

1. 時間の使い方

時間の使い方

学生の場合は講義の間以外の時間を比較的自由に使えます。

したがって、昼間からのんびりデートする時間を確保できます。

一方の社会人は、実質、通勤時間から拘束をされているようなもの。

残業まで発生してしまうと、時間がないことに加えて疲労度がアップしてしまうので、そのことを考慮して平日にデート時間を割くことは難しい場合があります。

学生カップルから社会人カップルへと移行した場合、「学生の時はたくさんデートできて良かったな」と思わずにはいられません。

2. お金の使い方

お金の使い方

どんなにアルバイトで稼いでいたとしても、基本的には親の脛をかじっているのが学生です。

自力で稼いでいる社会人と比較したら、その経済力は微々たるもの。

必然的にお金のかからないデートになります。

ただし、一般的に学生の時点ではお金をかけたデートの醍醐味を知りません。

その為、例え貧乏デートだとしても二人で居ればハッピーで大満足でいられます。

反対に、社会人であるにも拘らず、お金がかけられないデートしかできないとしたら、関係性にヒビが入ることもあるでしょう。

お金を使わないことと使えないことはまったくの別ものだからです。

社会人且つ、お金を使えない状況は、惨めさが否めません。

3. 幸福感

幸福感

学生カップルの場合には、一緒にいられることだけで幸せを実感できる純粋さを持ち合わせています。

その点、社会人になるとプラスアルファの要素が加わるので、その純粋さが失われていくことも。

例えば、クリスマスの過ごし方を例に挙げてみましょう。

学生は一緒にケーキを買って、食べ、「二人で過ごせる」ことで大いに満足します。

社会人の場合には、プレゼントの有無やグレードで一喜一憂したり、過ごし方の価値観の相違で喧嘩してしまったり。

人並みを意識してしまうと、惨めな気分になりたくない気持ちが芽生えてしまい想像以上に厄介です。

4. 体力

体力

学生は若さ故、一緒にいられれば睡眠時間を削って眠い思いをしたとしても大丈夫。

一人になった時に時間の許す限りの睡眠を確保することで、睡眠不足を速やかに解消できます。

だからこそ平日でもゆっくりと話をして夜を明かしたり、思いつきで遠出したりと体力任せの行動ができるわけです。

でも社会人になるとそうはいきません。

常日頃から蓄積した疲労が先立ち、精力的に外出したいという意欲が学生よりも低いのが一般的です。

また、疲れを明日に残したくないという意識が働くために、平日のデートは必然的にセーブしてしまうカップルが殆ど。

更に、無理をすると疲労回復までに数日間を要することもあるので、どんなに好きな相手だとしても、一緒にいる時間とは比例しない場合が往々にしてあります。

5. 分別の有無

分別の有無

双方のカップルの違いで注目すべきは分別の有無です。

学生の場合には勢いだけで乗り切るという独特の行為が容認され、少しばかりハメを外したとしても「若い」という理由で許されてしまいます。

そのこと自体が、「若いねえ」と失笑されることはあっても強い批判には繋がりません。

でも、社会人になるとそうはいきません。

非常識であることは批判の的であり、それが自分の交際相手だとすると許し難くなってしまいます。

6. 両親との係わり

両親との係わり

特に女性側を比較すると浮き彫りになるのが両親との係わりです。

学生カップルの場合は交際相手を両親に紹介することで公認カップルとなり、外出許可も求めやすくなります。

反対に社会人カップルともなると女性側の両親は、常に結婚というキーワードとセットで物事をジャッジするようになります。

学生の時には彼氏を紹介しても何にも言わなかった両親が、社会人になった途端にアレコレ言うようになったというのはよくある話。

単なる交際相手としてなら許せるものの、可愛い娘の人生を託す相手としては不足ということなのでしょう。

結果、社会人カップルは結婚を意識した相手でないと気軽に相手の両親に紹介しない事態となります。

「結婚すると決めてないうちから両親に相手について色々言われるのは鬱陶しい」という本音があるからです。

7. 食事場所

食事場所

大人になると食に対する興味が深まります。

その為、お酒を飲んでお互いのことを話したり、食事に重きを置いたデートが楽しみになったりします。

これはデートに費用を掛けられるようになったことにも大いに関係していますね。

でも学生のうちは味覚の発達が途上にあり、食べることに対する好奇心も未熟です。

その為に、お腹を満たせればOKという食事場所の選択になりがち。

ファストフードデートや居酒屋ばかりでも満足できるのは、学生のうちだけです。

8. 優先順位

優先順位

社会人になると交際相手だけのことを考えて生活をするわけにはいきません。

社会的役割を果たすためにデートをドタキャンせざるをえないことも間々あります。

学生は相手ありきの生活でもある程度までは問題ありません。

例えば、友人との予定をキャンセルしてデートを優先したり、大変な思いをしてバイトの交代人員を探してまでも相手と一緒にいようと頑張ったり。

どちらも学生カップルならではの一途さが感じられます。

9. 相手に望むこと

相手に望むこと

学生の場合には、LINE等の連絡にマメに返信をしてくれて、自分が会いたいと思った時に会える相手であれば満足できるはず。

でも、社会人の場合にはどうしても将来的なことを考えずにはいられません。

その為、相手に経済力やそれ以外の要素を期待してしまいます。

要は、「結婚した後にも私を十分に養ってくれるだけの条件を兼ね備えているのか」「家庭に入った時に主婦としての役割をきちんと果たしてくれるのか」ある意味、雑念ともいえる要望を相手側に望むようになってしまいます。

10. 外出先

外出先

学生が「今度、二人でお出掛けしようね」と頑張って出掛ける先は、せいぜいディズニーランドやUSJなどのテーマパークでしょう。

パークに入る為のパスポート、昼食代、交通費だけでも大変です。

少しでも費用を節約する為に高速バスを利用したり、食事もスナック程度で済ませる工夫をしなくてはならないことも。

それでも費用対効果の高い思い出が作れるはず。

ところが社会人になると同じテーマパークへのお出掛けでも宿泊が伴い、お金をある程度はかけないと満足度が高められなくなってしまいます。

せっかく宿泊しても「しょぼいホテル」となるとテンションは下がる一方。

大人になるとデートも一筋縄じゃいきません。

11. 束縛

束縛

社会人になると交際相手以外への関心が強まるため、その事だけに関わっている訳にはいきません。

その為、例えば異性が同席する食事会への参加に対する抵抗感は随分と僅かなものになります。

例外的に嫉妬深い人もいるかもしれませんが、相手が誠意を尽くして断りを入れれば、大抵の場合には問題に至りません。

ところが、時間が有り余る学生の場合には相手への依存心が強いために、不要な嫉妬心が芽生えてしまうことも。

束縛が強いのは、若さの象徴なのかもしれません。

12. スキンシップ

スキンシップ

学生の時には手を繋いで仲良く過ごすことに他愛もない喜びを実感します。

でも、社会人となるとなんとなく腕を組んで過ごすスタイルのほうが多くなるのです。

それぞれのカップルによって違いはあれど、純粋なスキンシップ度でいうと学生カップルの方が高いと言えます。

13. 愚痴る

愚痴る

大人になると他人の心の痛みに関して親身になれる為、相手の愚痴を正確に受け止めることができるようになります。

的確にアドバイスしたり、黙って自棄酒に付き合うことで交際相手に寄り添うのです。

ただ、学生の場合には相手の愚痴を正面から受け止めるだけで終わってしまうことも。

共感できたとしても建設的なアドバイスをするには経験値が乏し過ぎるのです。

14. 相手の選定

相手の選定

交際に至るまでの過程で、相手の採点方法が異なります。

学生の時には見た目、ユニークさ、優しさが加点科目となります。

社会人の場合には、日頃の振る舞い、発言、優しさ等。

女性が選ぶ結婚相手となると学歴相手側の家庭環境も無視できません。

15. 愛情表現

学生の場合は「好きだよ」「愛してるよ」と言葉で表現し、思ったら人目を気にせずハグして気持ちを単刀直入に伝える方が多いですが。

社会人は結婚適齢期に突入していれば尚のこと、無責任に「愛してる」なんて言えません。

特に狡猾さを身に付けた女性相手に迂闊に愛してるなんて言ってしまったら、そのままプロポーズと勘違いされてしまう可能性大。

色々と考えると及び腰になってしまい、気持ちひとつ伝えることも気軽にできなくなってしまいます。

学生カップルと社会人カップルの違いって何なのでしょう?その相違点をクローズアップします。


時間の使い方

学生の場合は講義の間以外の時間を比較的自由に使えます。

したがって、昼間からのんびりデートする時間を確保できます。

一方の社会人は、実質、通勤時間から拘束をされているようなもの。

残業まで発生してしまうと、時間がないことに加えて疲労度がアップしてしまうので、そのことを考慮して平日にデート時間を割くことは難しい場合があります。

学生カップルから社会人カップルへと移行した場合、「学生の時はたくさんデートできて良かったな」と思わずにはいられません。

お金の使い方

どんなにアルバイトで稼いでいたとしても、基本的には親の脛をかじっているのが学生です。

自力で稼いでいる社会人と比較したら、その経済力は微々たるもの。

必然的にお金のかからないデートになります。

ただし、一般的に学生の時点ではお金をかけたデートの醍醐味を知りません。

その為、例え貧乏デートだとしても二人で居ればハッピーで大満足でいられます。

反対に、社会人であるにも拘らず、お金がかけられないデートしかできないとしたら、関係性にヒビが入ることもあるでしょう。

お金を使わないことと使えないことはまったくの別ものだからです。

社会人且つ、お金を使えない状況は、惨めさが否めません。

幸福感

学生カップルの場合には、一緒にいられることだけで幸せを実感できる純粋さを持ち合わせています。

その点、社会人になるとプラスアルファの要素が加わるので、その純粋さが失われていくことも。

例えば、クリスマスの過ごし方を例に挙げてみましょう。

学生は一緒にケーキを買って、食べ、「二人で過ごせる」ことで大いに満足します。

社会人の場合には、プレゼントの有無やグレードで一喜一憂したり、過ごし方の価値観の相違で喧嘩してしまったり。

人並みを意識してしまうと、惨めな気分になりたくない気持ちが芽生えてしまい想像以上に厄介です。

体力

学生は若さ故、一緒にいられれば睡眠時間を削って眠い思いをしたとしても大丈夫。

一人になった時に時間の許す限りの睡眠を確保することで、睡眠不足を速やかに解消できます。

だからこそ平日でもゆっくりと話をして夜を明かしたり、思いつきで遠出したりと体力任せの行動ができるわけです。

でも社会人になるとそうはいきません。

常日頃から蓄積した疲労が先立ち、精力的に外出したいという意欲が学生よりも低いのが一般的です。

また、疲れを明日に残したくないという意識が働くために、平日のデートは必然的にセーブしてしまうカップルが殆ど。

更に、無理をすると疲労回復までに数日間を要することもあるので、どんなに好きな相手だとしても、一緒にいる時間とは比例しない場合が往々にしてあります。

分別の有無

双方のカップルの違いで注目すべきは分別の有無です。

学生の場合には勢いだけで乗り切るという独特の行為が容認され、少しばかりハメを外したとしても「若い」という理由で許されてしまいます。

そのこと自体が、「若いねえ」と失笑されることはあっても強い批判には繋がりません。

でも、社会人になるとそうはいきません。

非常識であることは批判の的であり、それが自分の交際相手だとすると許し難くなってしまいます。

両親との係わり

特に女性側を比較すると浮き彫りになるのが両親との係わりです。

学生カップルの場合は交際相手を両親に紹介することで公認カップルとなり、外出許可も求めやすくなります。

反対に社会人カップルともなると女性側の両親は、常に結婚というキーワードとセットで物事をジャッジするようになります。

学生の時には彼氏を紹介しても何にも言わなかった両親が、社会人になった途端にアレコレ言うようになったというのはよくある話。

単なる交際相手としてなら許せるものの、可愛い娘の人生を託す相手としては不足ということなのでしょう。

結果、社会人カップルは結婚を意識した相手でないと気軽に相手の両親に紹介しない事態となります。

「結婚すると決めてないうちから両親に相手について色々言われるのは鬱陶しい」という本音があるからです。

食事場所

大人になると食に対する興味が深まります。

その為、お酒を飲んでお互いのことを話したり、食事に重きを置いたデートが楽しみになったりします。

これはデートに費用を掛けられるようになったことにも大いに関係していますね。

でも学生のうちは味覚の発達が途上にあり、食べることに対する好奇心も未熟です。

その為に、お腹を満たせればOKという食事場所の選択になりがち。

ファストフードデートや居酒屋ばかりでも満足できるのは、学生のうちだけです。

優先順位

社会人になると交際相手だけのことを考えて生活をするわけにはいきません。

社会的役割を果たすためにデートをドタキャンせざるをえないことも間々あります。

学生は相手ありきの生活でもある程度までは問題ありません。

例えば、友人との予定をキャンセルしてデートを優先したり、大変な思いをしてバイトの交代人員を探してまでも相手と一緒にいようと頑張ったり。

どちらも学生カップルならではの一途さが感じられます。

相手に望むこと

学生の場合には、LINE等の連絡にマメに返信をしてくれて、自分が会いたいと思った時に会える相手であれば満足できるはず。

でも、社会人の場合にはどうしても将来的なことを考えずにはいられません。

その為、相手に経済力やそれ以外の要素を期待してしまいます。

要は、「結婚した後にも私を十分に養ってくれるだけの条件を兼ね備えているのか」「家庭に入った時に主婦としての役割をきちんと果たしてくれるのか」ある意味、雑念ともいえる要望を相手側に望むようになってしまいます。

外出先

学生が「今度、二人でお出掛けしようね」と頑張って出掛ける先は、せいぜいディズニーランドやUSJなどのテーマパークでしょう。

パークに入る為のパスポート、昼食代、交通費だけでも大変です。

少しでも費用を節約する為に高速バスを利用したり、食事もスナック程度で済ませる工夫をしなくてはならないことも。

それでも費用対効果の高い思い出が作れるはず。

ところが社会人になると同じテーマパークへのお出掛けでも宿泊が伴い、お金をある程度はかけないと満足度が高められなくなってしまいます。

せっかく宿泊しても「しょぼいホテル」となるとテンションは下がる一方。

大人になるとデートも一筋縄じゃいきません。

束縛

社会人になると交際相手以外への関心が強まるため、その事だけに関わっている訳にはいきません。

その為、例えば異性が同席する食事会への参加に対する抵抗感は随分と僅かなものになります。

例外的に嫉妬深い人もいるかもしれませんが、相手が誠意を尽くして断りを入れれば、大抵の場合には問題に至りません。

ところが、時間が有り余る学生の場合には相手への依存心が強いために、不要な嫉妬心が芽生えてしまうことも。

束縛が強いのは、若さの象徴なのかもしれません。

スキンシップ

学生の時には手を繋いで仲良く過ごすことに他愛もない喜びを実感します。

でも、社会人となるとなんとなく腕を組んで過ごすスタイルのほうが多くなるのです。

それぞれのカップルによって違いはあれど、純粋なスキンシップ度でいうと学生カップルの方が高いと言えます。

愚痴る

大人になると他人の心の痛みに関して親身になれる為、相手の愚痴を正確に受け止めることができるようになります。

的確にアドバイスしたり、黙って自棄酒に付き合うことで交際相手に寄り添うのです。

ただ、学生の場合には相手の愚痴を正面から受け止めるだけで終わってしまうことも。

共感できたとしても建設的なアドバイスをするには経験値が乏し過ぎるのです。

相手の選定

交際に至るまでの過程で、相手の採点方法が異なります。

学生の時には見た目、ユニークさ、優しさが加点科目となります。

社会人の場合には、日頃の振る舞い、発言、優しさ等。

女性が選ぶ結婚相手となると学歴相手側の家庭環境も無視できません。

学生の場合は「好きだよ」「愛してるよ」と言葉で表現し、思ったら人目を気にせずハグして気持ちを単刀直入に伝える方が多いですが。

社会人は結婚適齢期に突入していれば尚のこと、無責任に「愛してる」なんて言えません。

特に狡猾さを身に付けた女性相手に迂闊に愛してるなんて言ってしまったら、そのままプロポーズと勘違いされてしまう可能性大。

色々と考えると及び腰になってしまい、気持ちひとつ伝えることも気軽にできなくなってしまいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-