【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513172900.html
長く続くカップルの秘訣10選

長く続くカップルの秘訣10選 | LADYCO

LADYCO
長く続くカップルの秘訣10選

どうせ付き合うのなら長く付き合いたいですよね?今回は長く続くカップルの秘訣まとめました。

  • 干渉しすぎない
  • 感謝の言葉を忘れない
  • 一人の時間を大切にする
  • 記念日にとらわれすぎない
  • 友達のような関係でいる
  • .互いの両親と仲が良い
  • 良い意味で気を遣わない
  • 気持ちを伝える
  • 会うたびに一つ、いい所を発見する
  • お互いの見られたくない部分も見せる

1. 干渉しすぎない

好きだからと言って、相手に干渉し過ぎてはいけません。

恋人でも他人ですから、プライベートなことまで監視したりすれば、確実に嫌がられます。

最初はそれだけ自分の事を愛してくれているのか、と良い風に捉えられることが出来ても、長く続けば耐えられません。

血の繋がりも無ければ、育ってきた環境も違います。

干渉しすぎる事が自分がされて嫌でなかったとしても、相手も同じように嫌だと感じていないとは言い切れません。

良かれと思ってしている事でも、ただのおせっかいでしかない場合があります。

2. 感謝の言葉を忘れない

付き合いたての頃は大切にしていた感謝の言葉を、長く一緒に居るからと言って心の中で感謝していても、言葉にして伝えなければなりません。

見返りを求めて何かをしてあげたりしている訳ではないですが、その一言が無いと、寂しい気持ちになります。

あいさつと同様で、言わないだけで人間としての価値も下がってしまいます。

お礼を言わなくても喜んで見せれば良いだろう、ではなくてきちんと感謝の気持ちを伝える事が大切です。

3. 一人の時間を大切にする

部屋(洋風リビング5・TV)"

付き合っていると相手の事が好きすぎて、いつも一緒に居たくなってしまいます。

同居をしようと思っても、すぐに一緒に住めるカップルは少ないので、寂しい思いをしている人も多いと思います。

ですが相手の一人の時間を大切にしてあげる事が大切です。

離れて暮らしているのに毎日一緒に居たのでは、自分の時間が無くなってしまいます。

好きな人と一緒に居る事も幸せな事ですが、一人で過ごす時間はストレス発散にもなるのでとても貴重な時間なのです。

好きな人と言えど、自分の時間を奪われたくないですよね。

4. 記念日にとらわれすぎない

付き合って最初のうちは「○カ月記念日」などと言って、記念日を盛大にお祝いするものではないでしょうか。

記念日を大切にするのはもちろん大切な事ですが、長く一緒に居れば一度や二度くらい、うっかり記念日を忘れていたなんて事もあると思います。

そんな時は絶対に相手を責めてはいけません。

決して、どうでも良いなどとは思っていないのです。

毎日一緒居る事が当たり前すぎて、忘れてしまっただけなのです。

一年に一度くらいの期間で祝うのが一番良いと思います。

5. 友達のような関係でいる

恋人の前では友達の前でいるような関係ではいられませんよね。

相手にもっと好きになってもらいたい、自分の悪い部分は見られたくないという思いから、ついつい猫を被ってしまいがちです。

仲の良い友達に接するように、男女の関係を取っ払ってしまえるような、気楽な関係を保つことが大切です。

猫を被っていたのでは、いつの日かボロが出てしまいます。

隠し続けている自分自身も疲れてしまいます。

6. .互いの両親と仲が良い

恋人自身に好かれる事も大切ですが、その両親に気に入ってもらう事も大切です。

家族のように仲良くさせてもらう事が出来れば、いずれお泊りをさせてもらえる関係になれたり、両親と一緒に買い物に出かける事も出来ます。

将来、恋人と結婚したいと思っているなら、両親と良い関係を築く事は重要なポイントになってきます。

自分の両親と仲の良い恋人とずっと一緒に居たいと思うはずです。

7. 良い意味で気を遣わない

親しき中にも礼儀あり、ですが気を遣わない方が気楽でよいですよね。

礼儀をきちんとする事と、気を許し合う事はまた違います。

程よい緩い関係を保つことが出来れば、恋人と過ごすという心地良さだけではなくて、また違った安心感を感じる事も出来ます。

8. 気持ちを伝える

好きだと思っていても、恥ずかしかったり、もうそんな思いを伝えるような初々しいカップルではないから、と思っていると相手の気持ちがどんどん離れていってしまいます。

お互いの事を理解し合えていて、気持ちを伝えなくても好きでいられるのは熟年夫婦くらいです。

わかっているだろう、ではなくて思っている事はきちんと言葉に出して伝えてあげてください。

9. 会うたびに一つ、いい所を発見する

一緒に居る時間が長ければ長いほど、相手の嫌な部分も見えてきます。

あんなに好きだと思っていたのに、一つ嫌な部分が見えてしまうと、それ以降はあれもこれも嫌な部分として捉えてしまうようになります。

相手の嫌な部分を見つけてしまうのではなくて、会うたびに一つ良い所を見つけるようにしましょう。

小さなことでも良いので相手の事をもっと知ってください。

相手を思う気持ちがもっと強くなるはずです。

10. お互いの見られたくない部分も見せる

例えばおならをしたくても、恋人の前だと恥ずかしくて我慢してしまったりしますよね。

みんなが普段普通にしてしまう当たり前の事でも、好きな人の前だとそうはいかない事があります。

だからと言って恥じらいもせずにおならをしろ、という事ではなくてそれ以外のことでも、恥ずかしくて我慢している事、内緒にしている事を相手に伝えてみましょう。

人に言えないような事でも、自分にだけは素の部分を見せてくれるのだ、と伝えられた側は嫌な気持ちはしないはずです。

そういう所も含めて、お互いを理解し合える事が長続きする秘訣です。

どうせ付き合うのなら長く付き合いたいですよね?今回は長く続くカップルの秘訣まとめました。


好きだからと言って、相手に干渉し過ぎてはいけません。

恋人でも他人ですから、プライベートなことまで監視したりすれば、確実に嫌がられます。

最初はそれだけ自分の事を愛してくれているのか、と良い風に捉えられることが出来ても、長く続けば耐えられません。

血の繋がりも無ければ、育ってきた環境も違います。

干渉しすぎる事が自分がされて嫌でなかったとしても、相手も同じように嫌だと感じていないとは言い切れません。

良かれと思ってしている事でも、ただのおせっかいでしかない場合があります。

付き合いたての頃は大切にしていた感謝の言葉を、長く一緒に居るからと言って心の中で感謝していても、言葉にして伝えなければなりません。

見返りを求めて何かをしてあげたりしている訳ではないですが、その一言が無いと、寂しい気持ちになります。

あいさつと同様で、言わないだけで人間としての価値も下がってしまいます。

お礼を言わなくても喜んで見せれば良いだろう、ではなくてきちんと感謝の気持ちを伝える事が大切です。

部屋(洋風リビング5・TV)"

付き合っていると相手の事が好きすぎて、いつも一緒に居たくなってしまいます。

同居をしようと思っても、すぐに一緒に住めるカップルは少ないので、寂しい思いをしている人も多いと思います。

ですが相手の一人の時間を大切にしてあげる事が大切です。

離れて暮らしているのに毎日一緒に居たのでは、自分の時間が無くなってしまいます。

好きな人と一緒に居る事も幸せな事ですが、一人で過ごす時間はストレス発散にもなるのでとても貴重な時間なのです。

好きな人と言えど、自分の時間を奪われたくないですよね。

付き合って最初のうちは「○カ月記念日」などと言って、記念日を盛大にお祝いするものではないでしょうか。

記念日を大切にするのはもちろん大切な事ですが、長く一緒に居れば一度や二度くらい、うっかり記念日を忘れていたなんて事もあると思います。

そんな時は絶対に相手を責めてはいけません。

決して、どうでも良いなどとは思っていないのです。

毎日一緒居る事が当たり前すぎて、忘れてしまっただけなのです。

一年に一度くらいの期間で祝うのが一番良いと思います。

恋人の前では友達の前でいるような関係ではいられませんよね。

相手にもっと好きになってもらいたい、自分の悪い部分は見られたくないという思いから、ついつい猫を被ってしまいがちです。

仲の良い友達に接するように、男女の関係を取っ払ってしまえるような、気楽な関係を保つことが大切です。

猫を被っていたのでは、いつの日かボロが出てしまいます。

隠し続けている自分自身も疲れてしまいます。

恋人自身に好かれる事も大切ですが、その両親に気に入ってもらう事も大切です。

家族のように仲良くさせてもらう事が出来れば、いずれお泊りをさせてもらえる関係になれたり、両親と一緒に買い物に出かける事も出来ます。

将来、恋人と結婚したいと思っているなら、両親と良い関係を築く事は重要なポイントになってきます。

自分の両親と仲の良い恋人とずっと一緒に居たいと思うはずです。

親しき中にも礼儀あり、ですが気を遣わない方が気楽でよいですよね。

礼儀をきちんとする事と、気を許し合う事はまた違います。

程よい緩い関係を保つことが出来れば、恋人と過ごすという心地良さだけではなくて、また違った安心感を感じる事も出来ます。

好きだと思っていても、恥ずかしかったり、もうそんな思いを伝えるような初々しいカップルではないから、と思っていると相手の気持ちがどんどん離れていってしまいます。

お互いの事を理解し合えていて、気持ちを伝えなくても好きでいられるのは熟年夫婦くらいです。

わかっているだろう、ではなくて思っている事はきちんと言葉に出して伝えてあげてください。

一緒に居る時間が長ければ長いほど、相手の嫌な部分も見えてきます。

あんなに好きだと思っていたのに、一つ嫌な部分が見えてしまうと、それ以降はあれもこれも嫌な部分として捉えてしまうようになります。

相手の嫌な部分を見つけてしまうのではなくて、会うたびに一つ良い所を見つけるようにしましょう。

小さなことでも良いので相手の事をもっと知ってください。

相手を思う気持ちがもっと強くなるはずです。

例えばおならをしたくても、恋人の前だと恥ずかしくて我慢してしまったりしますよね。

みんなが普段普通にしてしまう当たり前の事でも、好きな人の前だとそうはいかない事があります。

だからと言って恥じらいもせずにおならをしろ、という事ではなくてそれ以外のことでも、恥ずかしくて我慢している事、内緒にしている事を相手に伝えてみましょう。

人に言えないような事でも、自分にだけは素の部分を見せてくれるのだ、と伝えられた側は嫌な気持ちはしないはずです。

そういう所も含めて、お互いを理解し合える事が長続きする秘訣です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-