【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513112354.html
カップルの喧嘩を減らす方法

カップルの喧嘩を減らす方法 | LADYCO

LADYCO
カップルの喧嘩を減らす方法

喧嘩するほど仲が良いと言いますが、きっと言いたい事を言い合える素敵な関係だからだと思います。

言いたい事を言いあえるのは大切ですが、あまり喧嘩ばかりだと必要以上に傷ついてしまいますよね。

そこで喧嘩を減らす方法をご紹介します。

参考にしてみてください。

  • 言葉遣いに気をつける。
  • 男女の違いを理解する。
  • 育った環境の違いを受け入れる。
  • 相手を否定しない。
  • ヤキモチはほどほどに。
  • 携帯は見ない。
  • 離れている時間も大切にできるようにする。
  • 干渉しすぎない。
  • 罰金制度をつくる。
  • 親しき中にも礼儀あり。

1. 言葉遣いに気をつける。

言葉遣いに気をつける。

同じ事を言われたのでも言葉遣いの違いだけで相手を嫌な気持ちにさせる事があります。

特に直して欲しいところがあって注意する時や、何かして欲しくてお願いをしたり、何かひどい事をしてしまって謝りたい時などにあまり乱暴な言葉遣いだとイライラさせてしまいます。

言葉遣いを少し気にかけて話すようにすると、言いたい事を言っても喧嘩しなくて済むでしょう。

2. 男女の違いを理解する。

男女の違いを理解する。

男性と女性はそれだけで考え方が違うといいます。

男性は論理的、女性は感情的だとよくいいますが、その違いだけでも1つの物事の捉え方が異なり喧嘩に繋がってしまうケースがあります。

男女の違いを理解しておけば、許す事ができる場合もあるでしょう。

3. 育った環境の違いを受け入れる。

育った環境の違いを受け入れる。

育った環境の違いから、価値観の違いは生まれます。

それだけではありませんが、育った環境の違いは大きいのです。

良いと思ってしたことが相手にとってダメな事だった時に怒られるととてもショックです。

幼い頃からしてきたことは自分にとって当たり前でも、相手にとっては違うかもしれません。

必ずしも自分にとっての当たり前が、相手も同じだと思い込まないように注意しましょう。

育った環境が違うから仕方ないとお互いの違いを受け入れることができれば、喧嘩も減ることでしょう。

4. 相手を否定しない。

相手を否定しない。

自分が良いと思ったものを、それは良くないと言われるのは誰でも嫌だと思います。

このアーティストが好き、この曲が好きと言われたときに、その曲が仮に微妙だったとしても否定してはいけません。

自分も好きだと話を合わせる必要はありませんが、わざわざ微妙だったと言わなくてもいいのです。

どんなところが好きなのか聞いてみたり、もっとノリのいい曲が好きだから違うのを聞いてみたいと言ったり、相手を否定することなく会話を続けられる方法をみつけてください。

小さなことに思えますが、そのことを否定しただけのつもりが自分自身が否定されてると感じさせてしまうこともあります。

傷つけることは言わないようにしましょう。

5. ヤキモチはほどほどに。

ヤキモチはほどほどに。

好きな気持ちが大きいほど小さなことでヤキモチをやいてしまいますよね。

たまにのヤキモチは愛されていて嬉しいと思ってもらえるでしょう。

しかし、あまりヤキモチばかりやいていると信頼されていないのかもと不安に思わせてしまうかもしれません。

相手がそれを窮屈に感じると、ヤキモチをやかれることにイライラします。

イライラされると何かやましい事でもあるのか疑いたくなってしまいます。

ヤキモチのやきすぎは悪循環です。

お互いを信頼して、ヤキモチはほどほどにしましょう。

6. 携帯は見ない。

携帯は見ない。

相手の携帯を見て、なんでこんな連絡してるの?と喧嘩になったことはありませんか。

やましいことがなくても、見て嫌な思いをする連絡をとっていることは仕方のないことだと思います。

特に先輩であったり会社の付き合いで仲良くしている異性であれば、あまり適当な態度をとるわけにもいかないと思います。

それをいちいち携帯を見て嫌な気持ちになって相手を責めていては良いことは1つもありません。

相手の携帯は見ないのが1番です。

何か疑っていることがあるのなら、携帯を見る以外の方法で証拠を見つけましょう。

知らぬが仏という言葉もあるので、あまり深入りしないようにしてくださいね。

7. 離れている時間も大切にできるようにする。

離れている時間も大切にできるようにする。

近くにいる時間だけが大切なわけではありません。

離れている時間に、相手が自分の時間を大切にできる関係を作れているでしょうか。

信頼関係があれば一緒にいない時間に相手が何をしているのか不安に思うこともないでしょう。

彼が会社の飲み会の時間、彼女が友達と遊びに行っている時間など、お互い離れて過ごす時間を有意義なものにできるようにしましょう。

8. 干渉しすぎない。

干渉しすぎない。<br>

いつどこで誰と何をしていたのか、常に気にされては嫌になります。

最初は束縛も嬉しく感じるでしょうが、ずっと干渉されていると何も悪いことをしていないのにイケナイことをしている気にさせられます。

9. 罰金制度をつくる。

罰金制度をつくる。<br>

何をしても喧嘩をしてしまうカップルは、罰金制度を作ってはいかがでしょうか。

喧嘩をしたらいくら罰金と決めて貯金箱に入れましょう。

いくら罰金なのかは事前に決めておいて、2人が同じ金額を貯金するようにしましょう。

喧嘩の後に決めると、どちらがいくら罰金なのかとまた喧嘩になってしまいます。

罰金されてはキツイ金額に設定することで、喧嘩をしないように心がけられることでしょう。

10. 親しき中にも礼儀あり。

付き合いが長くなると何でもありだと勘違いしてしまいますが、親しき中にも礼儀ありです。

ありがとうやごめんなさいが必要な時は、しっかり言葉にして気持ちを伝えてください。

言わなくても伝わると思ってはいけません。

初心を忘れず親しき中にも礼儀ありです。

いかがだったでしょうか。

喧嘩しないけど仲が良いカップルになってくださいね。

喧嘩するほど仲が良いと言いますが、きっと言いたい事を言い合える素敵な関係だからだと思います。

言いたい事を言いあえるのは大切ですが、あまり喧嘩ばかりだと必要以上に傷ついてしまいますよね。

そこで喧嘩を減らす方法をご紹介します。

参考にしてみてください。


言葉遣いに気をつける。

同じ事を言われたのでも言葉遣いの違いだけで相手を嫌な気持ちにさせる事があります。

特に直して欲しいところがあって注意する時や、何かして欲しくてお願いをしたり、何かひどい事をしてしまって謝りたい時などにあまり乱暴な言葉遣いだとイライラさせてしまいます。

言葉遣いを少し気にかけて話すようにすると、言いたい事を言っても喧嘩しなくて済むでしょう。

男女の違いを理解する。

男性と女性はそれだけで考え方が違うといいます。

男性は論理的、女性は感情的だとよくいいますが、その違いだけでも1つの物事の捉え方が異なり喧嘩に繋がってしまうケースがあります。

男女の違いを理解しておけば、許す事ができる場合もあるでしょう。

育った環境の違いを受け入れる。

育った環境の違いから、価値観の違いは生まれます。

それだけではありませんが、育った環境の違いは大きいのです。

良いと思ってしたことが相手にとってダメな事だった時に怒られるととてもショックです。

幼い頃からしてきたことは自分にとって当たり前でも、相手にとっては違うかもしれません。

必ずしも自分にとっての当たり前が、相手も同じだと思い込まないように注意しましょう。

育った環境が違うから仕方ないとお互いの違いを受け入れることができれば、喧嘩も減ることでしょう。

相手を否定しない。

自分が良いと思ったものを、それは良くないと言われるのは誰でも嫌だと思います。

このアーティストが好き、この曲が好きと言われたときに、その曲が仮に微妙だったとしても否定してはいけません。

自分も好きだと話を合わせる必要はありませんが、わざわざ微妙だったと言わなくてもいいのです。

どんなところが好きなのか聞いてみたり、もっとノリのいい曲が好きだから違うのを聞いてみたいと言ったり、相手を否定することなく会話を続けられる方法をみつけてください。

小さなことに思えますが、そのことを否定しただけのつもりが自分自身が否定されてると感じさせてしまうこともあります。

傷つけることは言わないようにしましょう。

ヤキモチはほどほどに。

好きな気持ちが大きいほど小さなことでヤキモチをやいてしまいますよね。

たまにのヤキモチは愛されていて嬉しいと思ってもらえるでしょう。

しかし、あまりヤキモチばかりやいていると信頼されていないのかもと不安に思わせてしまうかもしれません。

相手がそれを窮屈に感じると、ヤキモチをやかれることにイライラします。

イライラされると何かやましい事でもあるのか疑いたくなってしまいます。

ヤキモチのやきすぎは悪循環です。

お互いを信頼して、ヤキモチはほどほどにしましょう。

携帯は見ない。

相手の携帯を見て、なんでこんな連絡してるの?と喧嘩になったことはありませんか。

やましいことがなくても、見て嫌な思いをする連絡をとっていることは仕方のないことだと思います。

特に先輩であったり会社の付き合いで仲良くしている異性であれば、あまり適当な態度をとるわけにもいかないと思います。

それをいちいち携帯を見て嫌な気持ちになって相手を責めていては良いことは1つもありません。

相手の携帯は見ないのが1番です。

何か疑っていることがあるのなら、携帯を見る以外の方法で証拠を見つけましょう。

知らぬが仏という言葉もあるので、あまり深入りしないようにしてくださいね。

離れている時間も大切にできるようにする。

近くにいる時間だけが大切なわけではありません。

離れている時間に、相手が自分の時間を大切にできる関係を作れているでしょうか。

信頼関係があれば一緒にいない時間に相手が何をしているのか不安に思うこともないでしょう。

彼が会社の飲み会の時間、彼女が友達と遊びに行っている時間など、お互い離れて過ごす時間を有意義なものにできるようにしましょう。

干渉しすぎない。<br>

いつどこで誰と何をしていたのか、常に気にされては嫌になります。

最初は束縛も嬉しく感じるでしょうが、ずっと干渉されていると何も悪いことをしていないのにイケナイことをしている気にさせられます。

罰金制度をつくる。<br>

何をしても喧嘩をしてしまうカップルは、罰金制度を作ってはいかがでしょうか。

喧嘩をしたらいくら罰金と決めて貯金箱に入れましょう。

いくら罰金なのかは事前に決めておいて、2人が同じ金額を貯金するようにしましょう。

喧嘩の後に決めると、どちらがいくら罰金なのかとまた喧嘩になってしまいます。

罰金されてはキツイ金額に設定することで、喧嘩をしないように心がけられることでしょう。

付き合いが長くなると何でもありだと勘違いしてしまいますが、親しき中にも礼儀ありです。

ありがとうやごめんなさいが必要な時は、しっかり言葉にして気持ちを伝えてください。

言わなくても伝わると思ってはいけません。

初心を忘れず親しき中にも礼儀ありです。

いかがだったでしょうか。

喧嘩しないけど仲が良いカップルになってくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-