【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513174419.html
つらいときに恋人にしてもらいたこと【10選】

つらいときに恋人にしてもらいたこと【10選】 | LADYCO

LADYCO
つらいときに恋人にしてもらいたこと【10選】

辛いときに恋人にしてもらいたいこと集めました。

交際相手が辛いときはこんな行動をとりましょう。

  • ひたすら話を聞いてくれる
  • 黙って見守ってくれる
  • 好きな食事を作ってくれる
  • ちょっとお出かけに行く
  • ホームパーティ開催
  • プレゼント
  • 一人の時間のバランス調整
  • 気分転換のスポーツ・スポーツ観戦
  • 音楽と映画を一緒に見る
  • そっと抱き寄せる時間を増やす

1. ひたすら話を聞いてくれる

ひたすら話を聞いてくれる

つらい内容にもよりますが、まずは一方的に自分の話を聞いてほしいもの。

聞き上手は本当にこうしたつらい時にはありがたいです。

もちろん、聞き流すのではなく、ポイントポイントでつらいところをしっかり把握してくれて、さらにきちんと把握してくれる。

これだけでかまわないのです。

そのつらさを恋人だからこそ把握してくれれば。

自分自身のつらさを共有してもらえたらそれでもうれしいです。

2. 黙って見守ってくれる

黙って見守ってくれる

つらいことがあったとき、恋人に聞いてもらいたいこともあるかもありません、何もかも吐き出したいこともあるかもしれません。

しかし、性格やその内容によっては静かに黙って見守っておいてほしいということもあるのは確かです。

恋人であれば、何かつらいことがあったなと感じた時には、これは相手からカミングアウトするまで黙って見守ってあげることも愛情表現の一つです。

いかに親密な関係でも話したくないこともあるかもしれませんから。

3. 好きな食事を作ってくれる

好きな食事を作ってくれる

つらいことがあったら、何かでその折れてしまったハートを主婦くしなければなりません。

そんなときに好きな食事でもてなすことで対応してあげましょう。

これは男性、女性関係ありません。

恋人との心がこもった手料理でしっかりもてなしてあげることで間違いなく元気が出て来ます。

仕事なのか、プライベートなのか何かつらいことがあって、ハートが少し折れてしまったらこうした食事でカバーしてあげましょう。

きっと回復も早いはず。

4. ちょっとお出かけに行く

ちょっとお出かけに行く

つらいことがあったときはどうしてもこもちがちです。

これは行動としてもこもりがちになっただけではなく、それがひいては心にも響いてくるのです。

だからこそ、ちょっと恋人とお出かけという行動パターンはきっと男性であれ、女性であれ最高の気分転換になり、つらいことを忘れさせる、心をリフレッシュさせるための方策になります。

どこに行くかが問題ではなく、恋人といつもと違った空間で過ごすということに大きな意味があります

5. ホームパーティ開催

ホームパーティ開催

仕事でつらいことがあった時には、心を許せる友人たちとのパーティが大きな気分転換になります。

それを公人が仕切ってくれて、段取りをしてくれたならどれだけうれしいことか。

つらかったこと、苦しかったことをすべて忘れてしまうくらいのテンションの上がり方になるのではないでしょうか。

こうしたつらい時間をのいこえるための行動が二人の距離をさらに近づけてくれることにもなるはず。

山を越えれば、きっと違う世界が見えてくるということです。

6. プレゼント

プレゼント

恋人同士でもプレゼントといえば、誕生日やクリスマスといったタイミングに限られるものです。

しかし、つらい心の状態を察して、恋人からプレゼントを贈られたらその心遣いと愛情にうれしくなってしまうもの。

つらい時なのでプレゼントは何でも構わないのです。

とにかく恋人からのプレゼントというその事実こそが重要になってきます。

これもちょっとした恋人としての心遣いが生んだつらさ、苦しさ解消の一歩です。

7. 一人の時間のバランス調整

一人の時間のバランス調整

つらいことや苦しいことがあった時の恋人の行動としてうれしいこと。

それは人地にしてくれる時間、そして声をかけてくれる時間のバランスを推し量ってくれることです。

この絶妙のバランスというのは恋人でしかわからないのです。

まあ、こうしたときにこの絶妙なバランスがわかってくれないようなら、恋人としてふさわしくないといえるのかもしれません。

つらい時にこそ恋人の価値がわかるといえるのかもしれません。

8. 気分転換のスポーツ・スポーツ観戦

気分転換のスポーツ・スポーツ観戦

つらいこと、苦しいことがあってもスポーツをしたり、スポーツ観戦したりすることでリフレッシュできます。

まったく現実から離れてしまうこと、それも大好きな恋人と時間はどれだけ貴重でうれしいことか。

自分自身が恋人といっしょにスポーツするもよし、感染するもよし。

いずれにしても、恋人と汗を流す時間は最高のリフレッシュの時間になり、つらさを自然と忘れさせるものとなってくれるはずです。

9. 音楽と映画を一緒に見る

音楽と映画を一緒に見る

これは個人の好みにもよりますが、スポーツと同じく、つらいとき、苦しい時に恋人とちょっと違った文化的な時間、それも音楽を聴いたり、映画を見たりすることで気分転換してみるのも非常に意味のあることです。

スポーツが苦手な恋人であれば、こうした音楽や映画の視聴時間をつくることもポイントになります。

10. そっと抱き寄せる時間を増やす

つらい時、苦しい時には恋人にそっと抱き寄せてもらうこと、これが一番の薬になるものです。

何も言葉はなくともそっと、そしてぎゅっと抱き寄せてもらえたら、すべては無にかわってしまうような気分になるはずです。

こうしたコミュニケーションが取れるのはもちろん、恋人同士だからこそ。

ちょっとしたコミュニケーションこそが大事な時間になってきます。

恋人をそっと抱きしめてあげましょう。

辛いときに恋人にしてもらいたいこと集めました。

交際相手が辛いときはこんな行動をとりましょう。


ひたすら話を聞いてくれる

つらい内容にもよりますが、まずは一方的に自分の話を聞いてほしいもの。

聞き上手は本当にこうしたつらい時にはありがたいです。

もちろん、聞き流すのではなく、ポイントポイントでつらいところをしっかり把握してくれて、さらにきちんと把握してくれる。

これだけでかまわないのです。

そのつらさを恋人だからこそ把握してくれれば。

自分自身のつらさを共有してもらえたらそれでもうれしいです。

黙って見守ってくれる

つらいことがあったとき、恋人に聞いてもらいたいこともあるかもありません、何もかも吐き出したいこともあるかもしれません。

しかし、性格やその内容によっては静かに黙って見守っておいてほしいということもあるのは確かです。

恋人であれば、何かつらいことがあったなと感じた時には、これは相手からカミングアウトするまで黙って見守ってあげることも愛情表現の一つです。

いかに親密な関係でも話したくないこともあるかもしれませんから。

好きな食事を作ってくれる

つらいことがあったら、何かでその折れてしまったハートを主婦くしなければなりません。

そんなときに好きな食事でもてなすことで対応してあげましょう。

これは男性、女性関係ありません。

恋人との心がこもった手料理でしっかりもてなしてあげることで間違いなく元気が出て来ます。

仕事なのか、プライベートなのか何かつらいことがあって、ハートが少し折れてしまったらこうした食事でカバーしてあげましょう。

きっと回復も早いはず。

ちょっとお出かけに行く

つらいことがあったときはどうしてもこもちがちです。

これは行動としてもこもりがちになっただけではなく、それがひいては心にも響いてくるのです。

だからこそ、ちょっと恋人とお出かけという行動パターンはきっと男性であれ、女性であれ最高の気分転換になり、つらいことを忘れさせる、心をリフレッシュさせるための方策になります。

どこに行くかが問題ではなく、恋人といつもと違った空間で過ごすということに大きな意味があります

ホームパーティ開催

仕事でつらいことがあった時には、心を許せる友人たちとのパーティが大きな気分転換になります。

それを公人が仕切ってくれて、段取りをしてくれたならどれだけうれしいことか。

つらかったこと、苦しかったことをすべて忘れてしまうくらいのテンションの上がり方になるのではないでしょうか。

こうしたつらい時間をのいこえるための行動が二人の距離をさらに近づけてくれることにもなるはず。

山を越えれば、きっと違う世界が見えてくるということです。

プレゼント

恋人同士でもプレゼントといえば、誕生日やクリスマスといったタイミングに限られるものです。

しかし、つらい心の状態を察して、恋人からプレゼントを贈られたらその心遣いと愛情にうれしくなってしまうもの。

つらい時なのでプレゼントは何でも構わないのです。

とにかく恋人からのプレゼントというその事実こそが重要になってきます。

これもちょっとした恋人としての心遣いが生んだつらさ、苦しさ解消の一歩です。

一人の時間のバランス調整

つらいことや苦しいことがあった時の恋人の行動としてうれしいこと。

それは人地にしてくれる時間、そして声をかけてくれる時間のバランスを推し量ってくれることです。

この絶妙のバランスというのは恋人でしかわからないのです。

まあ、こうしたときにこの絶妙なバランスがわかってくれないようなら、恋人としてふさわしくないといえるのかもしれません。

つらい時にこそ恋人の価値がわかるといえるのかもしれません。

気分転換のスポーツ・スポーツ観戦

つらいこと、苦しいことがあってもスポーツをしたり、スポーツ観戦したりすることでリフレッシュできます。

まったく現実から離れてしまうこと、それも大好きな恋人と時間はどれだけ貴重でうれしいことか。

自分自身が恋人といっしょにスポーツするもよし、感染するもよし。

いずれにしても、恋人と汗を流す時間は最高のリフレッシュの時間になり、つらさを自然と忘れさせるものとなってくれるはずです。

音楽と映画を一緒に見る

これは個人の好みにもよりますが、スポーツと同じく、つらいとき、苦しい時に恋人とちょっと違った文化的な時間、それも音楽を聴いたり、映画を見たりすることで気分転換してみるのも非常に意味のあることです。

スポーツが苦手な恋人であれば、こうした音楽や映画の視聴時間をつくることもポイントになります。

つらい時、苦しい時には恋人にそっと抱き寄せてもらうこと、これが一番の薬になるものです。

何も言葉はなくともそっと、そしてぎゅっと抱き寄せてもらえたら、すべては無にかわってしまうような気分になるはずです。

こうしたコミュニケーションが取れるのはもちろん、恋人同士だからこそ。

ちょっとしたコミュニケーションこそが大事な時間になってきます。

恋人をそっと抱きしめてあげましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-