【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513174416.html
恋愛依存症チェックリスト25選

恋愛依存症チェックリスト25選 | LADYCO

LADYCO
恋愛依存症チェックリスト25選

恋愛依存症チェックリスト 26選についてご紹介したいと思います。

あてはまるものが多いと危険化かも?!

  • 相手に必要とされることが全てだと思う
  • 恋は追うものだと思っている
  • 関心を示してくる男性の好意は興味がない
  • うまくいかない恋愛ばかりにしがみついてしまう
  • 振り向いてもらうことを目標にしている。
  • 恋に恋している
  • 私があの人を変えると思っている
  • 相手が変わろうと思ってないのに意気込んでいる
  • 友人の別れたほうがいいというアドバイスが聞こえない
  • 周りが全く見えてない
  • 友人より恋人をとりたいと思っている
  • 必要とされることを必要としている
  • 不安感が強い
  • 相手に見捨てられることをとても恐れている
  • 相手からのメールの返信が遅いだけで嫌われたと感じる
  • 相手の一挙一動が全て
  • 自分に自信が持てない
  • 私なんかという思いをもっている
  • 気持ちが不安定
  • 自分に自信があるモテ男に魅かれる
  • 人の意見に左右されやすい
  • 罪悪感を感じやすい
  • 自虐的である
  • 思い込みが激しい
  • 暴力を受けても耐える
  • 相手に期待しすぎる

1. 相手に必要とされることが全てだと思う

相手に必要とされることが全てだと思う

彼氏に必要とされていることが全てで、生きる目的になっているという場合、恋愛依存的になっているといえます。

他にもたくさん楽しいことはあるということを忘れてしまっているのかもしれません。

2. 恋は追うものだと思っている

恋は追うものだと思っている

自分が好きにならないと恋愛ではないと思っている人もいて、恋は追うものだと思っている場合、恋愛依存症のタイプといえます。

3. 関心を示してくる男性の好意は興味がない

関心を示してくる男性の好意は興味がない

追う恋愛に興味が強く、逆に自分に関心を示している男性には関心がないという場合には恋愛依存症タイプになる可能性が。

男性から告白されても見向きもしないタイプは、恋愛依存症になりやすいのです。

4. うまくいかない恋愛ばかりにしがみついてしまう

うまくいかない恋愛ばかりにしがみついてしまう

二人にとって良い関係とは言えないのに、上手くいかない男性との恋愛にしがみついてしまう女性は恋愛依存症のタイプです。

一人でいることが怖くてはっきりと別れられないのです。

お互いに良い関係になれないなら、恋人以外の付き合い方を模索した方がいいかもしれません。

彼以外にも世の中には素敵な人や楽しいことがたくさんあります。

恋愛が上手く行く人は、友人関係や趣味など、恋愛以外のこことも上手にできるのです。

5. 振り向いてもらうことを目標にしている。

振り向いてもらうことを目標にしている。

振り向いてもらえることだけをずっと目標にしても、相手もプレッシャーを感じて困ってしまうということになるのではないでしょうか。

恋愛依存症の恋愛は、相手にとっては恋愛ではなくて、疲れるだけという意見もあるのです。

6. 恋に恋している

恋に恋している

恋に恋しているほど滑稽なことはありませんが、相手に撮ってみたら、とても自分勝手なことだと思うのです。

だんだんと周りの状態が見えなくなって、結果的に迷惑につながるのです。

7. 私があの人を変えると思っている

私があの人を変えると思っている

自分と付き合うことで彼を変えると思っている人は恋愛依存症タイプです。

人のことを変えるのは不可能です。

または、お互いに衝突して傷つくだけです。

相手の考えに合わせることが相手を変えることでもあるのです。

8. 相手が変わろうと思ってないのに意気込んでいる

相手が変わろうと思ってないのに意気込んでいる

相手が変わるつもりでいないのに、意気込まれても迷惑だという率直な相手の意見があって、男性はおせっかいをされるのが大嫌いなのです。

彼氏を更生させようとする自分自身に酔いしれているだけ、という見方はあるといえます。

9. 友人の別れたほうがいいというアドバイスが聞こえない

友人の別れたほうがいいというアドバイスが聞こえない

あなたのことを心配してくれている友人の声を聴かずに、破滅的な方向に向かってしまいます。

悲劇のヒロインは抜け出そうと思うとできるのですが、そうしない人は恋愛依存症の可能性が強くなります

10. 周りが全く見えてない

周りが全く見えてない

彼が好きで、周りの人の意見や周りの人の反応が全く見えていないという時、恋愛依存症の可能性が強くなります。

11. 友人より恋人をとりたいと思っている

友人より恋人をとりたいと思っている

一生懸命アドバイスをしてくれる友人の声に耳を貸さず、友人よりも相手のことを取りたいと思っている時、レ案内依存症になっているのです。

自分の気持ちも大事です。

しかし、あなたのことを思って苦いことを言ってくれている友人の意見を煩わしいと感じるなら恋愛依存症の可能性が強くなります。

12. 必要とされることを必要としている

必要とされることを必要としている

相手に必要とされることで、自分に価値があると胃思ってしまうのは恋愛依存症です。

それを生きがいに想うなら恋愛依存症の可能性が強くなっています。

もう少し客観的になって、置かれている状況を見て見ましょう。

13. 不安感が強い

不安感が強い

恋愛をしている時、幸せよりも不安を感じ、それでもその恋愛から抜け出せない時には恋愛依存症の可能性が強くなります。

相手の言うようにしないと嫌われてしまうということを過度に恐れる思いがそうさせているのです。

14. 相手に見捨てられることをとても恐れている

相手に見捨てられることをとても恐れている

心の奥底で、相手から見捨てられることをとても恐れています。

そのため、相手の反応への関心が人一倍強くなっていて、恋愛依存症の可能性が強くなります。

15. 相手からのメールの返信が遅いだけで嫌われたと感じる

相手からのメールの返信が遅いだけで嫌われたと感じる

メールを送った後、相手からのメールの返事が少しでも遅いと嫌われてしまったのかもしれないと不安を感じ、問い詰めたり、不必要な謝罪のメールを送ったりしたことがあると恋愛依存症の可能性が強くなります。

16. 相手の一挙一動が全て

相手の一挙一動が全て

相手が自分に示す一挙一動が全てという場合、恋愛依存症の可能性が強くなります。

そんな時には、その気持ちの奥には見捨てられるかもしれないといった不安を持っているといえます。

17. 自分に自信が持てない

自分に自信が持てない

恋愛に依存してしまう人は自我が上手に育ってないという場合が多いといわれたりし、自尊心が低くなってしまって、自分に対して自信が持てないという場合が多いといわれています。

そのため、相手からの評価が大きくなってしまうのです。

そして、相手に依存してしまうのです。

18. 私なんかという思いをもっている

私なんかという思いをもっている

恋愛依存症の人は自分を過小評価する傾向があります。

私なんかということばが口癖になっている場合、自分の価値が低いと思ってしまっています。

そのため、相手から優しい言葉を掛けられると過剰に気持ちが高まってしまうのです。

19. 気持ちが不安定

気持ちが不安定

恋愛依存症人は、気持ち不安定な人が多いといわれています。

気持ちが不安定なので、相手に嫌われないことで安定できる瞬間があるのです。

そんな場合、恋愛依存症の可能性が強くなります。

20. 自分に自信があるモテ男に魅かれる

自分に自信があるモテ男に魅かれる

俺がいないとだめだよなというような自信家の男性が好きな傾向があります。

このような男性は自分に自信があって、心理的に依存してしまうのです。

そして、心の奥でそんな男性に見捨てられることを恐れているのです。

そんな場合は恋愛依存症の可能性が強くなります。

21. 人の意見に左右されやすい

人の意見に左右されやすい

優柔不断で相手の意見に左右されやすい人は、交際相手にも流されてしまうという傾向もあるといわれます。

自分で物事を判断するのがあまり得意ではないので、相手の意見を頼って、それが全てだと思ってしまうようなところがあるのです。

そんな場合は恋愛依存症の可能性が強くなります。

22. 罪悪感を感じやすい

罪悪感を感じやすい

ちょっとしたことでも罪悪感を感じてしまうという傾向があるとうまくいかないのは自分のせいだと自分を責める傾向があるのです。

そのような心理パターンがあるので自信がないのです。

そんな人は、恋愛依存症の可能性が強くなるのです。

23. 自虐的である

自虐的である

辛い状況にある自分によってしまうという傾向がある人は、自虐的といえます。

自分が好きではない状況にわざわざ自分を置いてしまうのです。

そんな人は恋愛依存症の可能性が強くなります。

24. 思い込みが激しい

思い込みが激しい

思い込みが激しい人も恋愛依存症の可能性が強くなります。

悲劇のヒロインになっている状況に酔ってしまうのです。

そのような人は恋愛依存症の可能性が強くなります。

25. 暴力を受けても耐える

暴力を受けても耐える

相手は暴力を振るうことに対し、あなたは相手に暴力を振るわれることに対して依存してしまう状態になっています。

自尊心が低くて、それでも嫌われたくないと思う時は恋愛依存症の可能性が強くなります。

26. 相手に期待しすぎる

このような辛い状況になっても、相手に期待しすぎてしまうという場合、恋愛依存症の可能性が強くなります。

相手に対して期待をしてしまっているのです。

そんなところに期待をしても期待が報われないかもしれません。

恋愛依存症チェックリスト 26選についてご紹介したいと思います。

あてはまるものが多いと危険化かも?!


相手に必要とされることが全てだと思う

彼氏に必要とされていることが全てで、生きる目的になっているという場合、恋愛依存的になっているといえます。

他にもたくさん楽しいことはあるということを忘れてしまっているのかもしれません。

恋は追うものだと思っている

自分が好きにならないと恋愛ではないと思っている人もいて、恋は追うものだと思っている場合、恋愛依存症のタイプといえます。

関心を示してくる男性の好意は興味がない

追う恋愛に興味が強く、逆に自分に関心を示している男性には関心がないという場合には恋愛依存症タイプになる可能性が。

男性から告白されても見向きもしないタイプは、恋愛依存症になりやすいのです。

うまくいかない恋愛ばかりにしがみついてしまう

二人にとって良い関係とは言えないのに、上手くいかない男性との恋愛にしがみついてしまう女性は恋愛依存症のタイプです。

一人でいることが怖くてはっきりと別れられないのです。

お互いに良い関係になれないなら、恋人以外の付き合い方を模索した方がいいかもしれません。

彼以外にも世の中には素敵な人や楽しいことがたくさんあります。

恋愛が上手く行く人は、友人関係や趣味など、恋愛以外のこことも上手にできるのです。

振り向いてもらうことを目標にしている。

振り向いてもらえることだけをずっと目標にしても、相手もプレッシャーを感じて困ってしまうということになるのではないでしょうか。

恋愛依存症の恋愛は、相手にとっては恋愛ではなくて、疲れるだけという意見もあるのです。

恋に恋している

恋に恋しているほど滑稽なことはありませんが、相手に撮ってみたら、とても自分勝手なことだと思うのです。

だんだんと周りの状態が見えなくなって、結果的に迷惑につながるのです。

私があの人を変えると思っている

自分と付き合うことで彼を変えると思っている人は恋愛依存症タイプです。

人のことを変えるのは不可能です。

または、お互いに衝突して傷つくだけです。

相手の考えに合わせることが相手を変えることでもあるのです。

相手が変わろうと思ってないのに意気込んでいる

相手が変わるつもりでいないのに、意気込まれても迷惑だという率直な相手の意見があって、男性はおせっかいをされるのが大嫌いなのです。

彼氏を更生させようとする自分自身に酔いしれているだけ、という見方はあるといえます。

友人の別れたほうがいいというアドバイスが聞こえない

あなたのことを心配してくれている友人の声を聴かずに、破滅的な方向に向かってしまいます。

悲劇のヒロインは抜け出そうと思うとできるのですが、そうしない人は恋愛依存症の可能性が強くなります

周りが全く見えてない

彼が好きで、周りの人の意見や周りの人の反応が全く見えていないという時、恋愛依存症の可能性が強くなります。

友人より恋人をとりたいと思っている

一生懸命アドバイスをしてくれる友人の声に耳を貸さず、友人よりも相手のことを取りたいと思っている時、レ案内依存症になっているのです。

自分の気持ちも大事です。

しかし、あなたのことを思って苦いことを言ってくれている友人の意見を煩わしいと感じるなら恋愛依存症の可能性が強くなります。

必要とされることを必要としている

相手に必要とされることで、自分に価値があると胃思ってしまうのは恋愛依存症です。

それを生きがいに想うなら恋愛依存症の可能性が強くなっています。

もう少し客観的になって、置かれている状況を見て見ましょう。

不安感が強い

恋愛をしている時、幸せよりも不安を感じ、それでもその恋愛から抜け出せない時には恋愛依存症の可能性が強くなります。

相手の言うようにしないと嫌われてしまうということを過度に恐れる思いがそうさせているのです。

相手に見捨てられることをとても恐れている

心の奥底で、相手から見捨てられることをとても恐れています。

そのため、相手の反応への関心が人一倍強くなっていて、恋愛依存症の可能性が強くなります。

相手からのメールの返信が遅いだけで嫌われたと感じる

メールを送った後、相手からのメールの返事が少しでも遅いと嫌われてしまったのかもしれないと不安を感じ、問い詰めたり、不必要な謝罪のメールを送ったりしたことがあると恋愛依存症の可能性が強くなります。

相手の一挙一動が全て

相手が自分に示す一挙一動が全てという場合、恋愛依存症の可能性が強くなります。

そんな時には、その気持ちの奥には見捨てられるかもしれないといった不安を持っているといえます。

自分に自信が持てない

恋愛に依存してしまう人は自我が上手に育ってないという場合が多いといわれたりし、自尊心が低くなってしまって、自分に対して自信が持てないという場合が多いといわれています。

そのため、相手からの評価が大きくなってしまうのです。

そして、相手に依存してしまうのです。

私なんかという思いをもっている

恋愛依存症の人は自分を過小評価する傾向があります。

私なんかということばが口癖になっている場合、自分の価値が低いと思ってしまっています。

そのため、相手から優しい言葉を掛けられると過剰に気持ちが高まってしまうのです。

気持ちが不安定

恋愛依存症人は、気持ち不安定な人が多いといわれています。

気持ちが不安定なので、相手に嫌われないことで安定できる瞬間があるのです。

そんな場合、恋愛依存症の可能性が強くなります。

自分に自信があるモテ男に魅かれる

俺がいないとだめだよなというような自信家の男性が好きな傾向があります。

このような男性は自分に自信があって、心理的に依存してしまうのです。

そして、心の奥でそんな男性に見捨てられることを恐れているのです。

そんな場合は恋愛依存症の可能性が強くなります。

人の意見に左右されやすい

優柔不断で相手の意見に左右されやすい人は、交際相手にも流されてしまうという傾向もあるといわれます。

自分で物事を判断するのがあまり得意ではないので、相手の意見を頼って、それが全てだと思ってしまうようなところがあるのです。

そんな場合は恋愛依存症の可能性が強くなります。

罪悪感を感じやすい

ちょっとしたことでも罪悪感を感じてしまうという傾向があるとうまくいかないのは自分のせいだと自分を責める傾向があるのです。

そのような心理パターンがあるので自信がないのです。

そんな人は、恋愛依存症の可能性が強くなるのです。

自虐的である

辛い状況にある自分によってしまうという傾向がある人は、自虐的といえます。

自分が好きではない状況にわざわざ自分を置いてしまうのです。

そんな人は恋愛依存症の可能性が強くなります。

思い込みが激しい

思い込みが激しい人も恋愛依存症の可能性が強くなります。

悲劇のヒロインになっている状況に酔ってしまうのです。

そのような人は恋愛依存症の可能性が強くなります。

暴力を受けても耐える

相手は暴力を振るうことに対し、あなたは相手に暴力を振るわれることに対して依存してしまう状態になっています。

自尊心が低くて、それでも嫌われたくないと思う時は恋愛依存症の可能性が強くなります。

このような辛い状況になっても、相手に期待しすぎてしまうという場合、恋愛依存症の可能性が強くなります。

相手に対して期待をしてしまっているのです。

そんなところに期待をしても期待が報われないかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-