【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513172924.html
彼氏が喜ぶ『好きな気持ちの伝え方』

彼氏が喜ぶ『好きな気持ちの伝え方』 | LADYCO

LADYCO
彼氏が喜ぶ『好きな気持ちの伝え方』

彼氏に喜んでもらうためには、どんな気持ちの伝え方があるのでしょうか。

そんな伝え方集めました。

  • ストレートに「好き」と言う
  • ハグをする
  • 手を繋ぐ
  • サプライズのプレゼントをする
  • 一緒にいる
  • 一緒にお茶する
  • SNSでメッセージを送り合う
  • 美味しいご飯を作る
  • デートに誘う
  • 手紙を送る
  • 風邪の時は風邪薬を送る
  • お菓子の差し入れをする
  • お酒の差し入れをする
  • メッセージカードを送る
  • 体調を気遣うメッセージを送る

1. ストレートに「好き」と言う

ストレートに「好き」と言う
  • やはりストレートに伝えるのが一番

やっぱり一番嬉しい気持ちの伝え方は、ストレートに「好き」ということです。

ストレートに「好き」「大好き」などと言われると、誰でも嬉しくなりますね。

一緒にいる時にふと「好きだよ」と伝えるなど、不意打ちの「好き」も喜ばれます。

2. ハグをする

ハグをする

気持ちを伝える方法は言葉だけではありません。

相手が落ち込んでいる時などにハグをするなど、ハグにはそれなりの効果があります。

ハグは相手のぬくもりが伝わりますから、とても幸せな気持ちになれますし、とても安心できます。

3. 手を繋ぐ

手を繋ぐ

彼氏から手を繋いで欲しいと思っている女性も多いものですが、もし一緒に歩いている時に女性が自分から男性に手を重ねたら、嬉しくなる男性は多いようです。

手を繋ぐと手のぬくもりが伝わりますね。

一緒に歩いている時に間を開けて歩くのではなく、手を繋ぐことによって二人の間が近くなりますね。

そのため、手を繋ぐことは気持ちを伝える上で大切です。

4. サプライズのプレゼントをする

サプライズのプレゼントをする

決して高い何かを買わなければならないわけではありません。

「これ、彼氏が好きかな」「彼氏が喜んでくれるかな」などと思った時に、それを彼氏にプレゼントし、「これ、あなたが喜ぶと思って」と一言添えたら、彼氏は嬉しくなります。

自分のことを、一緒にいない時も考えていてくれたのか!と感動さえするものです。

5. 一緒にいる

一緒にいる

何もしなくてもいいから、とにかく落ち込んだ時などに一緒にいてくれると安心できます。

恋人ならば、黙っていてもその無言の空間は苦痛ではありませんよね。

黙って一緒にいて、並んでお酒を飲んでいるだけでもいいのです。

ただ、一緒にいることで気持ちが伝わり、相手に勇気を与えることもあるのです。

6. 一緒にお茶する

一緒にお茶する

ゆっくりとした休日に一緒にお茶をすることも、気持ちが伝わる行為です。

普段ならなかなかゆっくり話す機会がなくても、時間がなくても、一緒にいて笑顔で話をするだけで気持ちはしっかり伝わりますね。

その際はケータイなどをいじってしまうのではなく、相手の話に耳を傾けましょう。

7. SNSでメッセージを送り合う

SNSでメッセージを送り合う

今はインターネットの時代ですから、SNSでのやり取りも普通ですよね。

例え家にいても、お金をかけずにメッセージをやり取りし、電話さえできるのです。

例えば夜、仕事から帰って疲れている時に「お疲れ様!などのメッセージが来たら感動しますね。

下手にメッセージを送りすぎたり「既読なのに返信がない!」と思ってしまえば効果はありませんが、優しいメッセージだと気持ちも伝わりますね。

8. 美味しいご飯を作る

美味しいご飯を作る

疲れた時など、食べるものがとても大切です。

そんな時に彼女から美味しいご飯の差し入れがあったり、晩ご飯を作ってくれて一緒に食べたりしたら、とても嬉しい気持ちになれますし、また頑張ろう!と言う気持ちになれます。

9. デートに誘う

デートに誘う

疲れている時にデートに誘われてもあまり気乗りがしないかもしれませんが、彼氏の都合に合わせて公園でゆっくりしたりなど、様々な時間の過ごし方があります。

自分の体調や都合を考慮した上でデートに誘ってもらえると、嬉しくなりますね。

デートに誘うことも、気持ちがしっかり伝える方法です。

10. 手紙を送る

手紙を送る

今はインターネットが普通なのでSNSが当たり前の時代ですが、だからこそ手紙を書く!と言う方法はどうでしょうか。

インターネットの活字が一般的だからこそ、手書きがとてもありがたい時代になりました。

可愛らしい便箋や季節のグリーティングカードを送ると、彼氏にしっかり気持ちが伝わります。

11. 風邪の時は風邪薬を送る

風邪の時は風邪薬を送る

彼氏が風邪をひいた時に風邪薬を送るなどは、とても嬉しい行いです。

風邪を引いた彼氏が家で寝ている時、もちろん看病に行ければ良いですが、行けない時もありますよね、そんな時、風邪薬やのど飴などを彼氏に送ると、気持ちが伝わりますね。

12. お菓子の差し入れをする

お菓子の差し入れをする

手作りの料理もいいですが、手作りでも買ったものでも、スイーツなどのお菓子の差し入れは嬉しいものです。

疲れていても甘いものを食べると元気になりますね。

そのため、甘いものの差し入れはとても喜ばれます。

13. お酒の差し入れをする

お酒の差し入れをする

もし彼氏がお酒を嗜む人ならば、お酒の差し入れもいいでしょう。

ただの発泡酒などではなく、ちょっとお洒落なお酒だったりすると、一緒に飲んでも楽しいひと時が過ごせますね。

プレゼントをするなら、相手が好きなもの、あるいは相手が好きだけれど滅多に買わないものなどを選びましょう。

14. メッセージカードを送る

メッセージカードを送る

例えば一緒に暮らしていて、彼氏が帰ってくる前に寝なければならない時などは、テーブルの上にメッセージカードを置いておくだけでも違います。

手紙に似ていますが、メッセージカードならばそこまで長くないため、書く方も楽ですね。

15. 体調を気遣うメッセージを送る

「好き」もいいですが、「元気?」「風邪治った?」など、体調を気遣うメッセージを送ることも大切です。

大切に思われている、と言うことが伝わりますね。

彼氏に喜んでもらうためには、どんな気持ちの伝え方があるのでしょうか。

そんな伝え方集めました。


ストレートに「好き」と言う
  • やはりストレートに伝えるのが一番

やっぱり一番嬉しい気持ちの伝え方は、ストレートに「好き」ということです。

ストレートに「好き」「大好き」などと言われると、誰でも嬉しくなりますね。

一緒にいる時にふと「好きだよ」と伝えるなど、不意打ちの「好き」も喜ばれます。

ハグをする

気持ちを伝える方法は言葉だけではありません。

相手が落ち込んでいる時などにハグをするなど、ハグにはそれなりの効果があります。

ハグは相手のぬくもりが伝わりますから、とても幸せな気持ちになれますし、とても安心できます。

手を繋ぐ

彼氏から手を繋いで欲しいと思っている女性も多いものですが、もし一緒に歩いている時に女性が自分から男性に手を重ねたら、嬉しくなる男性は多いようです。

手を繋ぐと手のぬくもりが伝わりますね。

一緒に歩いている時に間を開けて歩くのではなく、手を繋ぐことによって二人の間が近くなりますね。

そのため、手を繋ぐことは気持ちを伝える上で大切です。

サプライズのプレゼントをする

決して高い何かを買わなければならないわけではありません。

「これ、彼氏が好きかな」「彼氏が喜んでくれるかな」などと思った時に、それを彼氏にプレゼントし、「これ、あなたが喜ぶと思って」と一言添えたら、彼氏は嬉しくなります。

自分のことを、一緒にいない時も考えていてくれたのか!と感動さえするものです。

一緒にいる

何もしなくてもいいから、とにかく落ち込んだ時などに一緒にいてくれると安心できます。

恋人ならば、黙っていてもその無言の空間は苦痛ではありませんよね。

黙って一緒にいて、並んでお酒を飲んでいるだけでもいいのです。

ただ、一緒にいることで気持ちが伝わり、相手に勇気を与えることもあるのです。

一緒にお茶する

ゆっくりとした休日に一緒にお茶をすることも、気持ちが伝わる行為です。

普段ならなかなかゆっくり話す機会がなくても、時間がなくても、一緒にいて笑顔で話をするだけで気持ちはしっかり伝わりますね。

その際はケータイなどをいじってしまうのではなく、相手の話に耳を傾けましょう。

SNSでメッセージを送り合う

今はインターネットの時代ですから、SNSでのやり取りも普通ですよね。

例え家にいても、お金をかけずにメッセージをやり取りし、電話さえできるのです。

例えば夜、仕事から帰って疲れている時に「お疲れ様!などのメッセージが来たら感動しますね。

下手にメッセージを送りすぎたり「既読なのに返信がない!」と思ってしまえば効果はありませんが、優しいメッセージだと気持ちも伝わりますね。

美味しいご飯を作る

疲れた時など、食べるものがとても大切です。

そんな時に彼女から美味しいご飯の差し入れがあったり、晩ご飯を作ってくれて一緒に食べたりしたら、とても嬉しい気持ちになれますし、また頑張ろう!と言う気持ちになれます。

デートに誘う

疲れている時にデートに誘われてもあまり気乗りがしないかもしれませんが、彼氏の都合に合わせて公園でゆっくりしたりなど、様々な時間の過ごし方があります。

自分の体調や都合を考慮した上でデートに誘ってもらえると、嬉しくなりますね。

デートに誘うことも、気持ちがしっかり伝える方法です。

手紙を送る

今はインターネットが普通なのでSNSが当たり前の時代ですが、だからこそ手紙を書く!と言う方法はどうでしょうか。

インターネットの活字が一般的だからこそ、手書きがとてもありがたい時代になりました。

可愛らしい便箋や季節のグリーティングカードを送ると、彼氏にしっかり気持ちが伝わります。

風邪の時は風邪薬を送る

彼氏が風邪をひいた時に風邪薬を送るなどは、とても嬉しい行いです。

風邪を引いた彼氏が家で寝ている時、もちろん看病に行ければ良いですが、行けない時もありますよね、そんな時、風邪薬やのど飴などを彼氏に送ると、気持ちが伝わりますね。

お菓子の差し入れをする

手作りの料理もいいですが、手作りでも買ったものでも、スイーツなどのお菓子の差し入れは嬉しいものです。

疲れていても甘いものを食べると元気になりますね。

そのため、甘いものの差し入れはとても喜ばれます。

お酒の差し入れをする

もし彼氏がお酒を嗜む人ならば、お酒の差し入れもいいでしょう。

ただの発泡酒などではなく、ちょっとお洒落なお酒だったりすると、一緒に飲んでも楽しいひと時が過ごせますね。

プレゼントをするなら、相手が好きなもの、あるいは相手が好きだけれど滅多に買わないものなどを選びましょう。

メッセージカードを送る

例えば一緒に暮らしていて、彼氏が帰ってくる前に寝なければならない時などは、テーブルの上にメッセージカードを置いておくだけでも違います。

手紙に似ていますが、メッセージカードならばそこまで長くないため、書く方も楽ですね。

「好き」もいいですが、「元気?」「風邪治った?」など、体調を気遣うメッセージを送ることも大切です。

大切に思われている、と言うことが伝わりますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-