【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513172910.html
家事のできる旦那にするための言動や心構え【10選】

家事のできる旦那にするための言動や心構え【10選】 | LADYCO

LADYCO
家事のできる旦那にするための言動や心構え【10選】

旦那に家事をしてもらいたいと思っていませんか?

そんなときのために旦那を家事のできる旦那にしましょう。

  • 料理番組のテレビ見せる
  • 忙しいフリをして家事を手伝ってもらう
  • 知人の家事をしてくれる旦那の話をしてみる
  • ご褒美を用意する
  • 否定しない
  • 自分は家事ができる旦那だと思い込ませる
  • 知人に自慢をしたと言ってみる
  • どこまでやるか明確に伝える
  • 一緒に料理をしてみる
  • 専用の道具や物を与える

1. 料理番組のテレビ見せる

料理番組のテレビ見せる

今から見て!と言って見せるのではなくて、あくまでもさりげなくです。

たまたまつけたテレビが料理番組だった、というシチュエーションをわざと作ってください。

興味を持たせることが大切です。

番組を見ながら「おいしそ~、これなら簡単だしあなたでも作れそうじゃない?」と話を振ってみて下さい。

簡単、誰でもできるという所を強調しましょう。

その場で今度一緒に作る約束をしてみても良いかもしれません。

2. 忙しいフリをして家事を手伝ってもらう

忙しいフリをして家事を手伝ってもらう

今手が離せないフリをして旦那様に手伝ってもらいましょう。

手伝ってもらっている時はとにかく感謝の言葉を言い続けてください。

手伝いが終わったらさらに感謝の言葉を伝え、とにかく褒めてください。

才能があると思わせることが大切です。

褒められれば誰でも嬉しいですし、喜んでもらえたらまたやってみようかな?という気持ちになれます。

俺の助けがないとダメな奴だなあ、と思ってもらいましょう。

3. 知人の家事をしてくれる旦那の話をしてみる

知人の家事をしてくれる旦那の話をしてみる

うらやましがる事も効果的ですが、人によっては逆効果なので気を付けてください。

うらやましがることよりも、相手の旦那様のことを尊敬している素振りを見せてください。

あなたにもやって欲しいなどとは伝えてはいけません。

家事をすれば自分も尊敬してもらえるのか?

と思ってもらえるように工夫してみましょう。

4. ご褒美を用意する

ご褒美を用意する

子供のころ、家のお手伝いをしたらお小遣いがもらえましたよね。

家事をお手伝いしたい気持ちよりもお小遣いが欲しくて頑張っていたのではないでしょうか。

その心理を利用します。

お金をご褒美として渡さなくても、好きなお菓子を作ってあげるとか、マッサージをしてあげるとか、なんでも良いのです。

頑張ればご褒美があるとわかれば、また家事を手伝っても良いかもと思ってくれるはずです。

手伝ううちに、ご褒美が欲しくて、自分から家事をするようになります。

毎回同じご褒美ではやりがいがありません。

ご褒美も旦那様の頑張りに応じてグレードアップしていきましょう。

5. 否定しない

否定しない

旦那様が家事を手伝ってくれた時に、否定しないであげてください。

例えば洗い物を手伝ってくれたとして、洗い方が汚かったとしても見て見ぬふりをしてください。

表向きには感謝をして、褒めてください。

旦那様の目がない所で、洗いなおしてあげましょう。

何度もやっていくうちに嫌でも上達はします。

最初から完璧を求めないでください。

やる気を無くしてしまわないように、うまく手のひらで転がしましょう。

6. 自分は家事ができる旦那だと思い込ませる

自分は家事ができる旦那だと思い込ませる

本人はそんなつもりではなくても、人から何かを褒められたりするとそうなのかな?と思えてくるものです。

旦那様に家事ができると思い込ませてください。

気の持ちようで、出来ると思い込めば出来てしまうし、やる気も出てきます。

ですが、なんでもかんでも頼んでしまっては嫌になってしまうので程良いところで抑えましょう。

出来れば出来るほど楽しくなっていきますが、成長していないのに次の課題を出されれば誰でも気がめいってしまいます。

7. 知人に自慢をしたと言ってみる

知人に自慢をしたと言ってみる

6の段階を踏んだら、次は知人にその事を自慢したと伝えてみましょう。

もちろん本当に知人に伝えなくても良いのですが、旦那様にそれだけ喜んでいると思い込ませることが大切です。

自慢されるような存在であることを誇らしく感じるはずです。

もっと上達すれば、自分の評価が上がると思って頑張ってくれるかもしれません。

8. どこまでやるか明確に伝える

どこまでやるか明確に伝える

旦那様に家事を手伝ってもらおうとした場合に、「掃除して」と大大まかくくりで頼むのではなくてリビングならリビングのみ。

というように具体的な頼み方をしてください。

終わりが見えていれば頑張れるのと同じで、すぐに終わりそうな内容が大事です。

少しずつ、出来ることを増やしていけば良いのです。

ミツションを与えて、それをこなす感覚を覚えてもらいましょう。

ゲーム感覚でできれば上達間違いなしです。

9. 一緒に料理をしてみる

一緒に料理をしてみる

全く経験のない旦那様に料理をさせることは出来ないので、あくまでもお手伝いをしてもらいます。

もちろんメニューは旦那様が好きな物にしてください。

自分の好きなメニューなら興味も沸くはずです。

会話を楽しみながら、料理の楽しさを身を持って感じてもらう事が目的です。

自分が手伝って完成した料理はおいしいはずです。

作るのは楽しそうにしていたのに、後片付けになるとやる気を無くすものなので、そこは多めに見てあげましょう。

徐々に段階を踏んでいきましょう。

10. 専用の道具や物を与える

料理をするなら旦那様専用エプロン、洗濯をするなら旦那様が好きな香りの柔軟剤、というように特別な物を与えてください。

形から入るとおのずと気持ちもやってみようかな、と感じるはずです。

エプロン姿を見てカッコいいと伝えたり、柔軟剤の匂いも良い香りだと微笑んでみたりしてください。

旦那に家事をしてもらいたいと思っていませんか?

そんなときのために旦那を家事のできる旦那にしましょう。


料理番組のテレビ見せる

今から見て!と言って見せるのではなくて、あくまでもさりげなくです。

たまたまつけたテレビが料理番組だった、というシチュエーションをわざと作ってください。

興味を持たせることが大切です。

番組を見ながら「おいしそ~、これなら簡単だしあなたでも作れそうじゃない?」と話を振ってみて下さい。

簡単、誰でもできるという所を強調しましょう。

その場で今度一緒に作る約束をしてみても良いかもしれません。

忙しいフリをして家事を手伝ってもらう

今手が離せないフリをして旦那様に手伝ってもらいましょう。

手伝ってもらっている時はとにかく感謝の言葉を言い続けてください。

手伝いが終わったらさらに感謝の言葉を伝え、とにかく褒めてください。

才能があると思わせることが大切です。

褒められれば誰でも嬉しいですし、喜んでもらえたらまたやってみようかな?という気持ちになれます。

俺の助けがないとダメな奴だなあ、と思ってもらいましょう。

知人の家事をしてくれる旦那の話をしてみる

うらやましがる事も効果的ですが、人によっては逆効果なので気を付けてください。

うらやましがることよりも、相手の旦那様のことを尊敬している素振りを見せてください。

あなたにもやって欲しいなどとは伝えてはいけません。

家事をすれば自分も尊敬してもらえるのか?

と思ってもらえるように工夫してみましょう。

ご褒美を用意する

子供のころ、家のお手伝いをしたらお小遣いがもらえましたよね。

家事をお手伝いしたい気持ちよりもお小遣いが欲しくて頑張っていたのではないでしょうか。

その心理を利用します。

お金をご褒美として渡さなくても、好きなお菓子を作ってあげるとか、マッサージをしてあげるとか、なんでも良いのです。

頑張ればご褒美があるとわかれば、また家事を手伝っても良いかもと思ってくれるはずです。

手伝ううちに、ご褒美が欲しくて、自分から家事をするようになります。

毎回同じご褒美ではやりがいがありません。

ご褒美も旦那様の頑張りに応じてグレードアップしていきましょう。

否定しない

旦那様が家事を手伝ってくれた時に、否定しないであげてください。

例えば洗い物を手伝ってくれたとして、洗い方が汚かったとしても見て見ぬふりをしてください。

表向きには感謝をして、褒めてください。

旦那様の目がない所で、洗いなおしてあげましょう。

何度もやっていくうちに嫌でも上達はします。

最初から完璧を求めないでください。

やる気を無くしてしまわないように、うまく手のひらで転がしましょう。

自分は家事ができる旦那だと思い込ませる

本人はそんなつもりではなくても、人から何かを褒められたりするとそうなのかな?と思えてくるものです。

旦那様に家事ができると思い込ませてください。

気の持ちようで、出来ると思い込めば出来てしまうし、やる気も出てきます。

ですが、なんでもかんでも頼んでしまっては嫌になってしまうので程良いところで抑えましょう。

出来れば出来るほど楽しくなっていきますが、成長していないのに次の課題を出されれば誰でも気がめいってしまいます。

知人に自慢をしたと言ってみる

6の段階を踏んだら、次は知人にその事を自慢したと伝えてみましょう。

もちろん本当に知人に伝えなくても良いのですが、旦那様にそれだけ喜んでいると思い込ませることが大切です。

自慢されるような存在であることを誇らしく感じるはずです。

もっと上達すれば、自分の評価が上がると思って頑張ってくれるかもしれません。

どこまでやるか明確に伝える

旦那様に家事を手伝ってもらおうとした場合に、「掃除して」と大大まかくくりで頼むのではなくてリビングならリビングのみ。

というように具体的な頼み方をしてください。

終わりが見えていれば頑張れるのと同じで、すぐに終わりそうな内容が大事です。

少しずつ、出来ることを増やしていけば良いのです。

ミツションを与えて、それをこなす感覚を覚えてもらいましょう。

ゲーム感覚でできれば上達間違いなしです。

一緒に料理をしてみる

全く経験のない旦那様に料理をさせることは出来ないので、あくまでもお手伝いをしてもらいます。

もちろんメニューは旦那様が好きな物にしてください。

自分の好きなメニューなら興味も沸くはずです。

会話を楽しみながら、料理の楽しさを身を持って感じてもらう事が目的です。

自分が手伝って完成した料理はおいしいはずです。

作るのは楽しそうにしていたのに、後片付けになるとやる気を無くすものなので、そこは多めに見てあげましょう。

徐々に段階を踏んでいきましょう。

料理をするなら旦那様専用エプロン、洗濯をするなら旦那様が好きな香りの柔軟剤、というように特別な物を与えてください。

形から入るとおのずと気持ちもやってみようかな、と感じるはずです。

エプロン姿を見てカッコいいと伝えたり、柔軟剤の匂いも良い香りだと微笑んでみたりしてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-