【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513164639.html
エコモードで暮らしたいと願う女性は専業主婦がおすすめ。

エコモードで暮らしたいと願う女性は専業主婦がおすすめ。 | LADYCO

LADYCO
エコモードで暮らしたいと願う女性は専業主婦がおすすめ。

エコモードで暮らしたいと願う女性が急増中!その願いを叶えるために専業主婦は最強のようです。

専業主婦のメリットまとめました。

  • 理不尽な人間関係に煩わされない
  • すっぴんで過ごす気楽さが最高
  • 家族のことを優先にできる
  • 仕事専用の洋服が不要になる
  • 体力的に楽になる
  • 子供がない場合のんびりできる
  • 同窓会で自慢できる

1. 理不尽な人間関係に煩わされない

理不尽な人間関係に煩わされない

仕事をしていると嫌でも人間関係が複雑化していきます。

上司、同僚、取引先関連、お客様等々。

その人たち全てと円滑な人間関係を構築するのは、業務とはまた異なる意味で骨が折れるものです。

その為、パートやアルバイトでわずかながらの賃金を得るなんて馬鹿らしい。

家で家事を済ませつつ、まったりと過ごした方がずっといいと感じているわけです。

2. すっぴんで過ごす気楽さが最高

すっぴんで過ごす気楽さが最高

専業主婦で外出の予定がないならば、無理にメイクをする必要が無くなります。

特に乾燥している時期や暑い真夏はメイクが鬱陶しく感じるもの。

すっぴんの快適さを知ってしまうと、毎朝のメイクに無駄を感じてしまうのです。

メイク用品も減らない、メイク時間も節約できる、肌も喜ぶと良いこと尽くし。

すっぴん生活は一度始めたら、クセになります。

3. 家族のことを優先にできる

家族のことを優先にできる

仕事をしていると、家族を犠牲にしてしまう事態に直面することがあります。

残業しなくてはならないから、夕食はコンビニで買ったもので済ませる。

洗濯物を取り込んでおいてと頼まなくてはならない。

家族であれば、こういった協力は当たり前とも考えられますが、これを思いのほか「家族に申し訳ない」と考えてしまう人もいるのです。

仕事をしていなければ、考えるのは家のことだけでOK。

時間をシンプル且つ有効的に使えるようになります。

4. 仕事専用の洋服が不要になる

仕事専用の洋服が不要になる

スーパーに行ったり、家族との外出だけであれば、お気に入りの洋服がいくつかあれば間に合います。

冠婚葬祭は相応の洋服を持っていれば、いざという時にも困りません。

ただし、仕事を持っているとそういうわけにはいかないものです。

スーツや襟付きのインナーが必須という会社もあるでしょう。

気楽なチノパンやTシャツでも構わない会社だったとしても、専用のものを準備しておく必要に迫られます。

これがゼロになったら、本当にエコですね。

おしゃれに興味のない女性は意外に多いようです。

5. 体力的に楽になる

体力的に楽になる

結婚後は生活環境が変わるので、女性にとっては体力的にしんどさを感じる人が少なくありません。

さらに仕事も継続、家事が新たに増えることになると幸せを噛みしめるどころではなくなってきます。

幸せを感じる余裕を得る為に、専業主婦を選ぶという人もいるのです。

また、仕事に生きがいを感じている人はそう多くはありません。

その為、専業主婦への転職に憧れるのです。

6. 子供がない場合のんびりできる

子供がない場合のんびりできる

独身時代はずーっと続けた仕事。

その後は結婚準備、新居の整頓などが山積みです。

だったら一度リセットして、のんびりとしてからこれからの生活設計を考えようと思うのです。

仕事をしているとなんとなく毎日が忙しなく、あれこれと考える暇を確保するのは難しいようです。

7. 同窓会で自慢できる

結婚適齢期くらいに開催される同窓会はとてもエグイもの。

「あの人はまだ独身のままで結婚も出来そうにないから負け組」「あの人は身なりも立派で専業主婦をさせてもらっているから勝ち組」女としてのシビアな値踏みをされてしまいます。

その時に専業主婦と言いたいがための、自尊心を満たすための結婚&専業主婦の選択が存在しています。

自分の価値観を引き上げる為に、専業主婦になる事は手っ取り早い方法のひとつなのです。

エコモードで暮らしたいと願う女性が急増中!その願いを叶えるために専業主婦は最強のようです。

専業主婦のメリットまとめました。


理不尽な人間関係に煩わされない

仕事をしていると嫌でも人間関係が複雑化していきます。

上司、同僚、取引先関連、お客様等々。

その人たち全てと円滑な人間関係を構築するのは、業務とはまた異なる意味で骨が折れるものです。

その為、パートやアルバイトでわずかながらの賃金を得るなんて馬鹿らしい。

家で家事を済ませつつ、まったりと過ごした方がずっといいと感じているわけです。

すっぴんで過ごす気楽さが最高

専業主婦で外出の予定がないならば、無理にメイクをする必要が無くなります。

特に乾燥している時期や暑い真夏はメイクが鬱陶しく感じるもの。

すっぴんの快適さを知ってしまうと、毎朝のメイクに無駄を感じてしまうのです。

メイク用品も減らない、メイク時間も節約できる、肌も喜ぶと良いこと尽くし。

すっぴん生活は一度始めたら、クセになります。

家族のことを優先にできる

仕事をしていると、家族を犠牲にしてしまう事態に直面することがあります。

残業しなくてはならないから、夕食はコンビニで買ったもので済ませる。

洗濯物を取り込んでおいてと頼まなくてはならない。

家族であれば、こういった協力は当たり前とも考えられますが、これを思いのほか「家族に申し訳ない」と考えてしまう人もいるのです。

仕事をしていなければ、考えるのは家のことだけでOK。

時間をシンプル且つ有効的に使えるようになります。

仕事専用の洋服が不要になる

スーパーに行ったり、家族との外出だけであれば、お気に入りの洋服がいくつかあれば間に合います。

冠婚葬祭は相応の洋服を持っていれば、いざという時にも困りません。

ただし、仕事を持っているとそういうわけにはいかないものです。

スーツや襟付きのインナーが必須という会社もあるでしょう。

気楽なチノパンやTシャツでも構わない会社だったとしても、専用のものを準備しておく必要に迫られます。

これがゼロになったら、本当にエコですね。

おしゃれに興味のない女性は意外に多いようです。

体力的に楽になる

結婚後は生活環境が変わるので、女性にとっては体力的にしんどさを感じる人が少なくありません。

さらに仕事も継続、家事が新たに増えることになると幸せを噛みしめるどころではなくなってきます。

幸せを感じる余裕を得る為に、専業主婦を選ぶという人もいるのです。

また、仕事に生きがいを感じている人はそう多くはありません。

その為、専業主婦への転職に憧れるのです。

子供がない場合のんびりできる

独身時代はずーっと続けた仕事。

その後は結婚準備、新居の整頓などが山積みです。

だったら一度リセットして、のんびりとしてからこれからの生活設計を考えようと思うのです。

仕事をしているとなんとなく毎日が忙しなく、あれこれと考える暇を確保するのは難しいようです。

結婚適齢期くらいに開催される同窓会はとてもエグイもの。

「あの人はまだ独身のままで結婚も出来そうにないから負け組」「あの人は身なりも立派で専業主婦をさせてもらっているから勝ち組」女としてのシビアな値踏みをされてしまいます。

その時に専業主婦と言いたいがための、自尊心を満たすための結婚&専業主婦の選択が存在しています。

自分の価値観を引き上げる為に、専業主婦になる事は手っ取り早い方法のひとつなのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-