【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513164609.html
新婚生活で寝室を別にした方がいい意見と一緒にしたほうがいい意見

新婚生活で寝室を別にした方がいい意見と一緒にしたほうがいい意見 | LADYCO

LADYCO
新婚生活で寝室を別にした方がいい意見と一緒にしたほうがいい意見

新婚でも寝室は分けた方がいい夫婦がいます。

ぞんなカップルの寝室を分けた方がいい理由まとめました。

  • 夫婦といえどもプライベートは必要だから
  • 夫婦の生活パターンが違うから
  • 夫婦喧嘩が起きた時、寝室が同じだとまた喧嘩になるから
  • 余計なストレスを溜めないようにするため
  • 配偶者がいびきをかくタイプだと眠れなくなる
  • 配偶者に風邪をうつさないようにするため
  • トイレに行くとそこで配偶者の目が覚めてしまうから
  • 浮気を防げる
  • 家賃の関係
  • お互いの習慣をすり合わせる
  • 遠慮が減る
  • 気持ちの確認が出来る
  • 何かあった時の為
  • 共有空間を増やせる
  • より良い睡眠をとる為
  • まとめ

1. 夫婦といえどもプライベートは必要だから

夫婦といえどもプライベートは必要だから

寝室と言うのは、もっともプライベートな空間です。

そこを一緒にするということは、プライベートのない生活を送るということになります。

もちろん、寝室を一緒にしてもプライベートを確保することは可能ですが、それでも、寝るときくらいは一人でいたいというのが人情です。

なので、夫婦で寝室を分ける必要があるのです。

2. 夫婦の生活パターンが違うから

夫婦の生活パターンが違うから

夫婦の生活が同じような生活の場合、例えば夫婦がふたりとも朝7時に起きて夜11時に寝る場合、寝室を一つにしても問題ありません。

しかし、夫あるいは妻が夜型人間の場合、夫と妻の寝る時間が合わず、ドアの開け閉めや物音などで起こされる場合があります。

どんな人間であっても、安眠を妨害されるとストレスがたまることを考えると、夫婦の生活パターンが違う場合、寝室を分けるのが合理的です。

3. 夫婦喧嘩が起きた時、寝室が同じだとまた喧嘩になるから

夫婦喧嘩が起きた時、寝室が同じだとまた喧嘩になるから

夫婦の寝室が同じだと、どんな時でも寝る時に顔を合わせることになります。

平時ならそれで問題はないのですが、もし喧嘩中の時に顔を合わせると、お互い気まずいことになりますし、それをきっかけに、また喧嘩が始まるかもしれません。

寝室を分ければ、そのような喧嘩を起こさなくて済みます。

4. 余計なストレスを溜めないようにするため

余計なストレスを溜めないようにするため

どんなに仲がいい夫婦でも、寝室を同じにしてしまうとストレスがたまりやすくなります。

ストレスがたまると、ちょっとしたことでぶつかったり、喧嘩しやすくなりますので、それを避ける必要があります。

5. 配偶者がいびきをかくタイプだと眠れなくなる

配偶者がいびきをかくタイプだと眠れなくなる

いびきというのは、自分でかく分には問題ないものです。

しかし、人にこれをかかれると、眠ることができなくなります。

すぐそこにいる配偶者のせいで眠ることができないとなると、それが原因で夫婦仲が悪くなる可能性がありますので、配偶者がいびき持ちの人は、寝室を同じにしない方がいいでしょう。

6. 配偶者に風邪をうつさないようにするため

配偶者に風邪をうつさないようにするため

寝室を同じにしてしまうと、夫あるいは妻が風邪にかかってしまった場合、もうひとりにも移る可能性が高くなります。

相手が病気になっている間だけ寝室を分けるという手もありますが、それなら、はじめから寝室を2つ作っておいたほうがいいです。

7. トイレに行くとそこで配偶者の目が覚めてしまうから

トイレに行くとそこで配偶者の目が覚めてしまうから

夜中ふと目が覚めてトイレに行く、こういう出来事はままあるものですが、それが積み重なると、配偶者への安眠妨害になります。

ですので、配偶者の安眠を妨害したくないなら同じ部屋で寝るのはやめておきましょう。

新婚夫婦の寝室は同室が良いのか別室が良いのか。

新婚生活は寝室を一緒にした方が良い理由を8つに纏めました。

1. 浮気を防げる

浮気を防げる

夫婦が同室で寝る、と言う習慣を作っておくと、双方の浮気を防ぐ事が出来ます。

新婚の内から同じ部屋で眠る事によって、お互いの距離や存在を近く感じたり、確かな存在感として認識でき、お互いの絆を深められると言う利点があります。

何気ない習慣であっても、些細な事柄であっても、それが夫婦の間には大切な事なんですね。

2. 家賃の関係

家賃の関係

現実的な問題ではありますが、職場から近い・交通の便が良い・利用施設が近い等、立地が良い所に住むと言う事を考えれば、自然と家賃は高くなりますね。

そんな中で、寝室を別に取るとなると部屋数が一つ、多く必要になります。

若いうちに結婚すると、収入面での問題もあるので、自然と夫婦同室で眠る事になるんですね。

3. お互いの習慣をすり合わせる

お互いの習慣をすり合わせる

睡眠は一日の中で必ず取る時間ですが、そこを一致させる事によって一日の生活リズムを同じ、ないし近づける事が出来ます。

人によっては睡眠時間が少なくて良いと言う事もありますが、大体にして成人の睡眠時間は8時間程度と、一日の三分の一です。

それを考えると、その時間さえ合わせてしまえば、お互いの生活の根底を合致でき、すれ違う事も防げるんですね。

4. 遠慮が減る

遠慮が減る

お互いの寝顔を見たり、特に女性の素の顔を見る、と言う事は、それだけ距離が近いと言う事でもあります。

例えば寝相が酷かったり、イビキが五月蠅かったりする事もあると思いますが、それを改善しようと努力したりと、それだけで夫婦の会話の一部になります。

お互いに苛立たない事が条件となりますが、それを越えられたなら、何事にも遠慮のないおしどり夫婦になる事も出来るでしょう。

5. 気持ちの確認が出来る

気持ちの確認が出来る

新婚の時期と言うのは、新生活のスタートと言う事もあって、お互いにどこかしらの遠慮や躊躇い。

不安がある時期でもあります。

その時期に同じ部屋で一緒に眠ると言うのは、相手の存在を感じながら安心を感じながらリラックス出来る大切な時間です。

お互いがお互いを必要としている、と感じられますし、そう感じながら眠る事によって招来への不安も払拭できるでしょう。

6. 何かあった時の為

何かあった時の為

結婚して間もない夫婦は、幸せの絶頂に居る筈。

そんな時に何かあったら、幸せどころの話ではありません。

例えば、急な病気や災害などの不測の事態が起こった時、一緒に居たら助け合う事も出来ますし、何より心の励みにもなりますね。

時にはパートナーに何らかの異変が起きる時もあるでしょう。

そんな時に、いち早く気付けると言うのも、寝室を一緒にする理由の一つでもあります。

7. 共有空間を増やせる

共有空間を増やせる

夫婦が共働きをしている、と言う事も珍しくなくなってきた昨今、お互いに生活リズムが馴染み切らずにズレてしまう事もあるでしょう。

そうした時の対策として、生活リズムが違うから別室にするのではなく、せめて一緒の部屋を使う事で、共有できるものが作れます。

そうすると、生活時間帯がすれ違っていてもお互いの存在を認識出来て、より円満な新婚生活が送れるんですね。

8. より良い睡眠をとる為

より良い睡眠をとる為

新婚であれば、不安感より幸福感が強く、疲れていてもリフレッシュ出来る事が多いでしょう。

そこで、一日のリセットをする睡眠時間を、安心してリラックスした状態で取れたら、より良質な睡眠となり、翌日の体の調子や精神状態も良好になります。

それが日々の活力に繋がるので、伴侶と同室で安心ながら眠るのはとても大切な事なんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

お互いを想い合っていれば、心の内側まで全てを曝け出す必要などありません。

一緒の空間を共有したり、お互いの存在に安心感を覚えたり、時には現実的な理由もあって、一緒の寝室にした方が何かと利点が多いんですね。

別室の方が良い、と言う意見もありますが、本来の夫婦の形を考えるなら、間違いなく同室で眠った方が良いと言えるのではないでしょうか。

新婚でも寝室は分けた方がいい夫婦がいます。

ぞんなカップルの寝室を分けた方がいい理由まとめました。


夫婦といえどもプライベートは必要だから

寝室と言うのは、もっともプライベートな空間です。

そこを一緒にするということは、プライベートのない生活を送るということになります。

もちろん、寝室を一緒にしてもプライベートを確保することは可能ですが、それでも、寝るときくらいは一人でいたいというのが人情です。

なので、夫婦で寝室を分ける必要があるのです。

夫婦の生活パターンが違うから

夫婦の生活が同じような生活の場合、例えば夫婦がふたりとも朝7時に起きて夜11時に寝る場合、寝室を一つにしても問題ありません。

しかし、夫あるいは妻が夜型人間の場合、夫と妻の寝る時間が合わず、ドアの開け閉めや物音などで起こされる場合があります。

どんな人間であっても、安眠を妨害されるとストレスがたまることを考えると、夫婦の生活パターンが違う場合、寝室を分けるのが合理的です。

夫婦喧嘩が起きた時、寝室が同じだとまた喧嘩になるから

夫婦の寝室が同じだと、どんな時でも寝る時に顔を合わせることになります。

平時ならそれで問題はないのですが、もし喧嘩中の時に顔を合わせると、お互い気まずいことになりますし、それをきっかけに、また喧嘩が始まるかもしれません。

寝室を分ければ、そのような喧嘩を起こさなくて済みます。

余計なストレスを溜めないようにするため

どんなに仲がいい夫婦でも、寝室を同じにしてしまうとストレスがたまりやすくなります。

ストレスがたまると、ちょっとしたことでぶつかったり、喧嘩しやすくなりますので、それを避ける必要があります。

配偶者がいびきをかくタイプだと眠れなくなる

いびきというのは、自分でかく分には問題ないものです。

しかし、人にこれをかかれると、眠ることができなくなります。

すぐそこにいる配偶者のせいで眠ることができないとなると、それが原因で夫婦仲が悪くなる可能性がありますので、配偶者がいびき持ちの人は、寝室を同じにしない方がいいでしょう。

配偶者に風邪をうつさないようにするため

寝室を同じにしてしまうと、夫あるいは妻が風邪にかかってしまった場合、もうひとりにも移る可能性が高くなります。

相手が病気になっている間だけ寝室を分けるという手もありますが、それなら、はじめから寝室を2つ作っておいたほうがいいです。

トイレに行くとそこで配偶者の目が覚めてしまうから

夜中ふと目が覚めてトイレに行く、こういう出来事はままあるものですが、それが積み重なると、配偶者への安眠妨害になります。

ですので、配偶者の安眠を妨害したくないなら同じ部屋で寝るのはやめておきましょう。

新婚夫婦の寝室は同室が良いのか別室が良いのか。

新婚生活は寝室を一緒にした方が良い理由を8つに纏めました。

浮気を防げる

夫婦が同室で寝る、と言う習慣を作っておくと、双方の浮気を防ぐ事が出来ます。

新婚の内から同じ部屋で眠る事によって、お互いの距離や存在を近く感じたり、確かな存在感として認識でき、お互いの絆を深められると言う利点があります。

何気ない習慣であっても、些細な事柄であっても、それが夫婦の間には大切な事なんですね。

家賃の関係

現実的な問題ではありますが、職場から近い・交通の便が良い・利用施設が近い等、立地が良い所に住むと言う事を考えれば、自然と家賃は高くなりますね。

そんな中で、寝室を別に取るとなると部屋数が一つ、多く必要になります。

若いうちに結婚すると、収入面での問題もあるので、自然と夫婦同室で眠る事になるんですね。

お互いの習慣をすり合わせる

睡眠は一日の中で必ず取る時間ですが、そこを一致させる事によって一日の生活リズムを同じ、ないし近づける事が出来ます。

人によっては睡眠時間が少なくて良いと言う事もありますが、大体にして成人の睡眠時間は8時間程度と、一日の三分の一です。

それを考えると、その時間さえ合わせてしまえば、お互いの生活の根底を合致でき、すれ違う事も防げるんですね。

遠慮が減る

お互いの寝顔を見たり、特に女性の素の顔を見る、と言う事は、それだけ距離が近いと言う事でもあります。

例えば寝相が酷かったり、イビキが五月蠅かったりする事もあると思いますが、それを改善しようと努力したりと、それだけで夫婦の会話の一部になります。

お互いに苛立たない事が条件となりますが、それを越えられたなら、何事にも遠慮のないおしどり夫婦になる事も出来るでしょう。

気持ちの確認が出来る

新婚の時期と言うのは、新生活のスタートと言う事もあって、お互いにどこかしらの遠慮や躊躇い。

不安がある時期でもあります。

その時期に同じ部屋で一緒に眠ると言うのは、相手の存在を感じながら安心を感じながらリラックス出来る大切な時間です。

お互いがお互いを必要としている、と感じられますし、そう感じながら眠る事によって招来への不安も払拭できるでしょう。

何かあった時の為

結婚して間もない夫婦は、幸せの絶頂に居る筈。

そんな時に何かあったら、幸せどころの話ではありません。

例えば、急な病気や災害などの不測の事態が起こった時、一緒に居たら助け合う事も出来ますし、何より心の励みにもなりますね。

時にはパートナーに何らかの異変が起きる時もあるでしょう。

そんな時に、いち早く気付けると言うのも、寝室を一緒にする理由の一つでもあります。

共有空間を増やせる

夫婦が共働きをしている、と言う事も珍しくなくなってきた昨今、お互いに生活リズムが馴染み切らずにズレてしまう事もあるでしょう。

そうした時の対策として、生活リズムが違うから別室にするのではなく、せめて一緒の部屋を使う事で、共有できるものが作れます。

そうすると、生活時間帯がすれ違っていてもお互いの存在を認識出来て、より円満な新婚生活が送れるんですね。

より良い睡眠をとる為

新婚であれば、不安感より幸福感が強く、疲れていてもリフレッシュ出来る事が多いでしょう。

そこで、一日のリセットをする睡眠時間を、安心してリラックスした状態で取れたら、より良質な睡眠となり、翌日の体の調子や精神状態も良好になります。

それが日々の活力に繋がるので、伴侶と同室で安心ながら眠るのはとても大切な事なんですね。

いかがでしたでしょうか。

お互いを想い合っていれば、心の内側まで全てを曝け出す必要などありません。

一緒の空間を共有したり、お互いの存在に安心感を覚えたり、時には現実的な理由もあって、一緒の寝室にした方が何かと利点が多いんですね。

別室の方が良い、と言う意見もありますが、本来の夫婦の形を考えるなら、間違いなく同室で眠った方が良いと言えるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-