【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513164557.html
新婚で遠距離になる時の注意点

新婚で遠距離になる時の注意点 | LADYCO

LADYCO
新婚で遠距離になる時の注意点

通距離生活を営む新婚夫婦は、そうでない夫婦より問題が生じやすいです。

ですが、適切な対策をすればそれらの問題を防ぐことができます。

なんな方法まとめました。

  • 1週間に1度はリアルタイムで話し合う日を作る
  • 数か月に1回くらいは直接会う
  • 今日会った出来事などを話すようにする
  • 隠しごとをしない
  • 誕生日などの記念日をきっちり祝う
  • 疑問があればとことんまで話し合う
  • 何があっても相手を信じる

1. 1週間に1度はリアルタイムで話し合う日を作る

1週間に1度はリアルタイムで話し合う日を作る

新婚生活で一番大切なものは夫婦のふれあいです。

夫婦が遠い距離に住んでいるので、直接触れ合うことができないなら、他の手段でそれを補うしかありません。

ラインやメールでも要件を伝えることは出来ますが、直接話をした方が触れ合い効果が高いので、忙しくても、出来るだけ時間をとって電話で話すとよいでしょう。

2. 数か月に1回くらいは直接会う

数か月に1回くらいは直接会う

新婚夫婦がまったく会わずに生活するのは寂しいものです。

なので、数か月に1度くらい、出来れば1か月に1度は直接会うようにしましょう。

もちろん、交通費の負担など金銭的な負担がかかりますが、それでも、会えないことにより夫婦仲が悪化するよりは、財布が軽くなる方がましです。

3. 今日会った出来事などを話すようにする

今日会った出来事などを話すようにする

夫婦の距離が物理的に離れてしまうと、なかなか話す機会がなくなります。

そうなると、向こうは今どんなことをやっているのか、と心配してしまうのが人間というものです。

なので、それを避けるために、今日はこんなことがあった、何をしていたと出来るだけ細かく報告するようにしましょう。

そうすれば、相手が不安になることを避けることができます。

4. 隠しごとをしない

隠しごとをしない

人間である以上、夫婦であっても隠しごとをしてしまう時もあります。

ですが、夫婦が遠距離で生活している時に隠し事をしてしまうと、相手が変な勘ぐりをしてしまい、その大変なことになることがあります。

これを避けるため、極力隠しごとをせず、すべてをオープンにする必要があるのです。

5. 誕生日などの記念日をきっちり祝う

誕生日などの記念日をきっちり祝う

人間、距離が離れると心も離れやすくなってしまうものです。

それを避けるため、夫婦の記念日やお互いの誕生日など、なにか特別な日は二人できっちりと祝うようにしましょう。

そうすることで、相手に大切にされているということを再確認出来ますし、夫婦の絆を強めることができます。

6. 疑問があればとことんまで話し合う

疑問があればとことんまで話し合う

新婚夫婦が近くに住んでいれば、近くで相手の姿を見ることで、話をしなくてもある程度察することができます。

しかし、お互いが遠くに離れていると、その察するということが難しくなってきます。

なので、その分をお互いの言葉で埋める必要があります。

だから、相手の行動や考え方でわからないことがあれば、とことんまで話し合うことをお勧めします。

7. 何があっても相手を信じる

ここまで色々と注意すべき点を述べてきましたが、夫婦生活で一番大切なことは相手を信頼することです。

愛する人を心から信じることが出来れば、大抵の問題は解決できます。

なので、何があっても相手を信じる心を忘れないようにしましょう。

通距離生活を営む新婚夫婦は、そうでない夫婦より問題が生じやすいです。

ですが、適切な対策をすればそれらの問題を防ぐことができます。

なんな方法まとめました。


1週間に1度はリアルタイムで話し合う日を作る

新婚生活で一番大切なものは夫婦のふれあいです。

夫婦が遠い距離に住んでいるので、直接触れ合うことができないなら、他の手段でそれを補うしかありません。

ラインやメールでも要件を伝えることは出来ますが、直接話をした方が触れ合い効果が高いので、忙しくても、出来るだけ時間をとって電話で話すとよいでしょう。

数か月に1回くらいは直接会う

新婚夫婦がまったく会わずに生活するのは寂しいものです。

なので、数か月に1度くらい、出来れば1か月に1度は直接会うようにしましょう。

もちろん、交通費の負担など金銭的な負担がかかりますが、それでも、会えないことにより夫婦仲が悪化するよりは、財布が軽くなる方がましです。

今日会った出来事などを話すようにする

夫婦の距離が物理的に離れてしまうと、なかなか話す機会がなくなります。

そうなると、向こうは今どんなことをやっているのか、と心配してしまうのが人間というものです。

なので、それを避けるために、今日はこんなことがあった、何をしていたと出来るだけ細かく報告するようにしましょう。

そうすれば、相手が不安になることを避けることができます。

隠しごとをしない

人間である以上、夫婦であっても隠しごとをしてしまう時もあります。

ですが、夫婦が遠距離で生活している時に隠し事をしてしまうと、相手が変な勘ぐりをしてしまい、その大変なことになることがあります。

これを避けるため、極力隠しごとをせず、すべてをオープンにする必要があるのです。

誕生日などの記念日をきっちり祝う

人間、距離が離れると心も離れやすくなってしまうものです。

それを避けるため、夫婦の記念日やお互いの誕生日など、なにか特別な日は二人できっちりと祝うようにしましょう。

そうすることで、相手に大切にされているということを再確認出来ますし、夫婦の絆を強めることができます。

疑問があればとことんまで話し合う

新婚夫婦が近くに住んでいれば、近くで相手の姿を見ることで、話をしなくてもある程度察することができます。

しかし、お互いが遠くに離れていると、その察するということが難しくなってきます。

なので、その分をお互いの言葉で埋める必要があります。

だから、相手の行動や考え方でわからないことがあれば、とことんまで話し合うことをお勧めします。

ここまで色々と注意すべき点を述べてきましたが、夫婦生活で一番大切なことは相手を信頼することです。

愛する人を心から信じることが出来れば、大抵の問題は解決できます。

なので、何があっても相手を信じる心を忘れないようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-