【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513164542.html
結婚は人生の墓場と言われる理由

結婚は人生の墓場と言われる理由 | LADYCO

LADYCO
結婚は人生の墓場と言われる理由

今は昔、「結婚は人生の墓場」と多くの男性が言いました。 そして今、多くの女性も同じように思っているようです。 いったい、どんな理由で「結婚」=「人生の墓場」と考えられるようになったのでしょうか。

  • 経済的に縛られるようになるから
  • 時間を自由に使えなくなるから
  • 役割分担が強制的に発生するから
  • 面倒な付き合いが派生するから
  • 二人が基本の食生活に変化するから
  • 恋愛活動に終止符を打たなくてはならない
  • 親が増えるから

経済的に縛られるようになるから

経済的に縛られるようになるから

自分の裁量で収入をコントロールできた独身時代。 でも、結婚すれば二人で足並み揃えて遣り繰りをしなければなりません。

使えるお金は然程変わらないとしても、時にはパートナーの意見を尊重した使い方を強いられることもあります。

実家暮らしで給料の全てを自由に使っていた人は、特に窮屈に感じることでしょう。

時間を自由に使えなくなるから

時間を自由に使えなくなるから

例えば、今までの休日であれば自分の思いひとつでプランニングできたはずです。 疲れているのならば、一日中ゴロゴロしていても何ら問題ありませんでした。

部屋の掃除をしたほうが良いと解っていても、自分さえよければ汚れには目を瞑ることができました。

ただし、結婚後は相手と共有する時間が増えます。 更に、子供が生まれれば、自分の時間は無きに等しい状態となるでしょう。

役割分担が強制的に発生するから

役割分担が強制的に発生するから

それまでは家族の一員であったとしても、子供という立場で様々な甘えが許されたことでしょう。

でも、結婚後は家族の中心的役割を果たさなくてはなりません。 それは家事かもしれないし、稼ぎ頭としてかもしれません。

いずれにしろ、何もしないという甘えは許されないのです。

面倒な付き合いが派生するから

面倒な付き合いが派生するから

新しい所帯を持つということは、しがらみが増えるということです。 つまり、親類との付き合いやご近所との面倒な顔合わせが避けて通れなくなるということ。

人見知りだから、人付き合いが苦手だからという言い逃れは、非常識人と自ら言いふらしているようなものなのです。

二人が基本の食生活に変化するから

二人が基本の食生活に変化するから

これは大したことがなさそうですが、実はとてもシビアな問題です。 よく結婚後の味噌汁の味はどちら側に合わせるかといったような議論がなされるのですが、それはほんの序の口です。

休日になると、何時に食べたくなるのか、どちらが作るのか、外食という選択肢はないのか。 全ての可能性をお互いで協議し、ストレスのないように習慣づけしていかなければなくなるからです。

お互いの譲歩無くして決まらないことも多いはず。 もちろん、味付けの問題も然り。 義母を敵視したくなる人の最たる問題点です。

恋愛活動に終止符を打たなくてはならない

恋愛活動に終止符を打たなくてはならない

これは一部の人達にとっては非常に苦痛です。 恋愛とは心をときめかせるには最適な機会。

でも、法的に定められたパートナーと一生を通じて添い遂げる契約をするわけですから、ときめきとは無縁でなければなりません。

慰めは、お気に入りのアイドルを応援することくらいでしょうか。

親が増えるから

親という存在は有難くもあり、口煩くもあり。 あれこれと気にかけてくれるのは喜ばしいと頭では理解できているものの、実際に感謝の気持ちが芽生えることはなかなかないのが現状でしょう。

そして、その干渉する口が2倍に増えるのですから、大変さは容易に想像できますね。

後々は、介護という問題も発生します。

今は昔、「結婚は人生の墓場」と多くの男性が言いました。 そして今、多くの女性も同じように思っているようです。 いったい、どんな理由で「結婚」=「人生の墓場」と考えられるようになったのでしょうか。


経済的に縛られるようになるから

自分の裁量で収入をコントロールできた独身時代。 でも、結婚すれば二人で足並み揃えて遣り繰りをしなければなりません。

使えるお金は然程変わらないとしても、時にはパートナーの意見を尊重した使い方を強いられることもあります。

実家暮らしで給料の全てを自由に使っていた人は、特に窮屈に感じることでしょう。

時間を自由に使えなくなるから

例えば、今までの休日であれば自分の思いひとつでプランニングできたはずです。 疲れているのならば、一日中ゴロゴロしていても何ら問題ありませんでした。

部屋の掃除をしたほうが良いと解っていても、自分さえよければ汚れには目を瞑ることができました。

ただし、結婚後は相手と共有する時間が増えます。 更に、子供が生まれれば、自分の時間は無きに等しい状態となるでしょう。

役割分担が強制的に発生するから

それまでは家族の一員であったとしても、子供という立場で様々な甘えが許されたことでしょう。

でも、結婚後は家族の中心的役割を果たさなくてはなりません。 それは家事かもしれないし、稼ぎ頭としてかもしれません。

いずれにしろ、何もしないという甘えは許されないのです。

面倒な付き合いが派生するから

新しい所帯を持つということは、しがらみが増えるということです。 つまり、親類との付き合いやご近所との面倒な顔合わせが避けて通れなくなるということ。

人見知りだから、人付き合いが苦手だからという言い逃れは、非常識人と自ら言いふらしているようなものなのです。

二人が基本の食生活に変化するから

これは大したことがなさそうですが、実はとてもシビアな問題です。 よく結婚後の味噌汁の味はどちら側に合わせるかといったような議論がなされるのですが、それはほんの序の口です。

休日になると、何時に食べたくなるのか、どちらが作るのか、外食という選択肢はないのか。 全ての可能性をお互いで協議し、ストレスのないように習慣づけしていかなければなくなるからです。

お互いの譲歩無くして決まらないことも多いはず。 もちろん、味付けの問題も然り。 義母を敵視したくなる人の最たる問題点です。

恋愛活動に終止符を打たなくてはならない

これは一部の人達にとっては非常に苦痛です。 恋愛とは心をときめかせるには最適な機会。

でも、法的に定められたパートナーと一生を通じて添い遂げる契約をするわけですから、ときめきとは無縁でなければなりません。

慰めは、お気に入りのアイドルを応援することくらいでしょうか。

親という存在は有難くもあり、口煩くもあり。 あれこれと気にかけてくれるのは喜ばしいと頭では理解できているものの、実際に感謝の気持ちが芽生えることはなかなかないのが現状でしょう。

そして、その干渉する口が2倍に増えるのですから、大変さは容易に想像できますね。

後々は、介護という問題も発生します。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-