【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513154923.html
結婚を迷った時にオススメする自分問いかける質問

結婚を迷った時にオススメする自分問いかける質問 | LADYCO

LADYCO
結婚を迷った時にオススメする自分問いかける質問

後で結婚に絶対に後悔しない為にも、迷ったら自分に問いかけてみよう!。

自分の経歴を傷つけない為の最後の防衛対策です。

  • 経済的な不安がないか?
  • 相手の家族に癖のある人はいないか?
  • 自分の親が反対していないか?
  • 心の中に別の男性がいないか?
  • あまりにも劇的な環境変化が伴う結婚でも自分を保てるのか?
  • 味覚の違いに歩み寄る覚悟があるか?
  • 知ってしまった相手の過去に拘らないでいられるのか?

経済的な不安がないか?

経済的な不安がないか?

お相手の経済力だけでは食べていけないご時世となりました。

それでも、あなた自身の稼ぎでどうにかなる見込みが立っているのならば何ら心配はありません。

反対に、あの人の今後の稼ぎに不安が残る。

プラス、あなたの収入が減ってしまうことが不安であるといったような場合は、きちんと考え直す必要があります。

経済的に困窮すると人はどうしても心まで貧しくなってしまうもの。

幸せになりたいなら、いつも以上にシビアに考えるべきです。

相手の家族に癖のある人はいないか?

相手の家族に癖のある人はいないか?

「結婚は本人同士だけの問題ではない」とはよく言ったもので、夫となる人がどんなに素晴らしい人で、あなたを全力で守ってくれると約束してくれたとしても全面的に信用するのは危険です。

親、兄弟姉妹、親族。

この中の誰かが悪意を持ってあなたに接したとすれば、あなたの結婚生活はたちまち灰色へと早変わり。

機会があったら、この辺りはきちんとリサーチを済ませておくべきです。

自分の親が反対していないか?

自分の親が反対していないか?

あなたのご両親は幼少の頃からあなたのことを大切に育ててきました。

だからこそ、感覚的に判断できることも多いのです。

「この人とうちの子は上手くやれるはずがない」といった直感は割と的を射ているもの。

ご両親の忠告には真摯に耳を傾けましょう。

心の中に別の男性がいないか?

心の中に別の男性がいないか?

現代女性は非常にドライで、「2番目に好きな人と結婚するのもあり」といった考えがあるようです。

それも一理あるのかもしれませんが、やはり別の男性が心の中に生きている状態で結婚へ踏み切るのは賢明ではありません。

女はそれほど初心な生き物ではないと思うかもしれませんが、離婚に至る十分なきっかけとなる可能性が否めません。

あまりにも劇的な環境変化が伴う結婚でも自分を保てるのか?

あまりにも劇的な環境変化が伴う結婚でも自分を保てるのか?

結婚は法的契約です。

簡単に破棄できるものではないので、どんな状況においても婚姻関係を続けられるといった覚悟がなければなりません。

時々、相手の転勤に同行する人などがいますが、そういった人は既婚者としての自分の人生構築に手間取り、幸せを感じられなくなってしまう女性が相当数います。

どんな状況においても自分は幸せになれる自信があるのか、今一度考えてみましょう。

味覚の違いに歩み寄る覚悟があるか?

味覚の違いに歩み寄る覚悟があるか?

好きになった者同士でも、嗜好が異なることはめずらしくありません。

でも、一緒に生活するうえではどちらかが歩み寄りを見せなければ成り立たない場面もあります。

特に食生活は深刻。

相手に変わってもらうのではなく、自分が相手に合わせられるのかどうか考えてみてください。

知ってしまった相手の過去に拘らないでいられるのか?

当の本人さえ忘れてしまったことでも、知ってしまったがためにその過去に囚われてしまう人がいます。

結婚するのであれば、全てを許す覚悟がないと苦しむことになりかねません。

後で結婚に絶対に後悔しない為にも、迷ったら自分に問いかけてみよう!。

自分の経歴を傷つけない為の最後の防衛対策です。


経済的な不安がないか?

お相手の経済力だけでは食べていけないご時世となりました。

それでも、あなた自身の稼ぎでどうにかなる見込みが立っているのならば何ら心配はありません。

反対に、あの人の今後の稼ぎに不安が残る。

プラス、あなたの収入が減ってしまうことが不安であるといったような場合は、きちんと考え直す必要があります。

経済的に困窮すると人はどうしても心まで貧しくなってしまうもの。

幸せになりたいなら、いつも以上にシビアに考えるべきです。

相手の家族に癖のある人はいないか?

「結婚は本人同士だけの問題ではない」とはよく言ったもので、夫となる人がどんなに素晴らしい人で、あなたを全力で守ってくれると約束してくれたとしても全面的に信用するのは危険です。

親、兄弟姉妹、親族。

この中の誰かが悪意を持ってあなたに接したとすれば、あなたの結婚生活はたちまち灰色へと早変わり。

機会があったら、この辺りはきちんとリサーチを済ませておくべきです。

自分の親が反対していないか?

あなたのご両親は幼少の頃からあなたのことを大切に育ててきました。

だからこそ、感覚的に判断できることも多いのです。

「この人とうちの子は上手くやれるはずがない」といった直感は割と的を射ているもの。

ご両親の忠告には真摯に耳を傾けましょう。

心の中に別の男性がいないか?

現代女性は非常にドライで、「2番目に好きな人と結婚するのもあり」といった考えがあるようです。

それも一理あるのかもしれませんが、やはり別の男性が心の中に生きている状態で結婚へ踏み切るのは賢明ではありません。

女はそれほど初心な生き物ではないと思うかもしれませんが、離婚に至る十分なきっかけとなる可能性が否めません。

あまりにも劇的な環境変化が伴う結婚でも自分を保てるのか?

結婚は法的契約です。

簡単に破棄できるものではないので、どんな状況においても婚姻関係を続けられるといった覚悟がなければなりません。

時々、相手の転勤に同行する人などがいますが、そういった人は既婚者としての自分の人生構築に手間取り、幸せを感じられなくなってしまう女性が相当数います。

どんな状況においても自分は幸せになれる自信があるのか、今一度考えてみましょう。

味覚の違いに歩み寄る覚悟があるか?

好きになった者同士でも、嗜好が異なることはめずらしくありません。

でも、一緒に生活するうえではどちらかが歩み寄りを見せなければ成り立たない場面もあります。

特に食生活は深刻。

相手に変わってもらうのではなく、自分が相手に合わせられるのかどうか考えてみてください。

当の本人さえ忘れてしまったことでも、知ってしまったがためにその過去に囚われてしまう人がいます。

結婚するのであれば、全てを許す覚悟がないと苦しむことになりかねません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-