【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513154919.html
結婚相手は見た目よりも経済力が大事な理由

結婚相手は見た目よりも経済力が大事な理由 | LADYCO

LADYCO
結婚相手は見た目よりも経済力が大事な理由

結婚相手を決めるのは人生の一大事ですが、そこでは見た目よりも経済力の方が大事だという意見もあります。 特に、今の日本社会では男性が働くことが多いので、女性側からこの意見が上がっています。 その理由には何があるのでしょうか。

  • 子供を成人までしっかり育てるのにはお金がいる
  • 精神的に余裕のある暮らしがしたいから
  • 貧乏は嫌、ケチケチしたくないから
  • 自分が働かなくても生きていける
  • 将来の漠然とした不安から解放されたいから
  • 長い目で見れば経済力の方が上手だから
  • どうせなら人生、贅沢をしたい

1. 子供を成人までしっかり育てるのにはお金がいる

子供を成人までしっかり育てるのにはお金がいる

将来子どもを作ることを考えると、その養育費はバカになりません。 夢を持った子どもの進路を、お金がないからという理由で変えるのは親として心が痛いですよね。

よって、好きなことを好きなようにやらせてあげたいという教育方針だとしても、立派な学歴を残してあげたいと教育熱心な方針だとしても、両方からお金は必要だと判断されます。

2. 精神的に余裕のある暮らしがしたいから

精神的に余裕のある暮らしがしたいから

お金があることで、精神的余裕を感じることはありませんか?逆に、ないと不安になってしまいます。

結婚後には夫婦2人で乗り越えていかなくてはならないものがたくさんあり、マイホームや子どもに関することを上げるとそれには必ずお金が必要になります。

3. 貧乏は嫌、ケチケチしたくないから

貧乏は嫌、ケチケチしたくないから

家計簿とにらめっこをしたくないという女性は、経済力を優先します。

こまごまと節約をすることに窮屈感を感じると、最悪離婚の危機になるということも。

4. 自分が働かなくても生きていける

自分が働かなくても生きていける

幼少期に貧乏な暮らしを経験したことがあったり、社会に出るストレスに耐えられない人にとっては、結婚相手に養ってもらいたいという考えがあります。

働いても良いけれど、パート止まりじゃないと嫌だなと思っていると、相手に選ぶのは自分を養うだけの力がある人になります。

5. 将来の漠然とした不安から解放されたいから

将来の漠然とした不安から解放されたいから

今結婚適齢期と言われる年齢の人は、バブルがちょうどはじけたころに生まれています。

このことから、好景気というものを人生で一度も経験したことがないことがわかります。

となれば、思考は全体的に保守的になり、将来のために貯蓄が必要だと考えます。 少子高齢化で誰が将来の自分を支えてくれるか不透明な今、求めるのは経済力になります。

6. 長い目で見れば経済力の方が上手だから

長い目で見れば経済力の方が上手だから

見た目は、その時は良いかもしれませんが、長い結婚生活を考えるとお金の方が上手だと考える人がいます。

誰もが老いには勝てないことから、時間が経っても使えるお金の方が使えると考える人がいます。

7. どうせなら人生、贅沢をしたい

単純明快なのは、贅沢な暮らしをしてみたいからという理由です。

テレビで報道されて情報が入ってくる裕福なセレブたちに憧れると、その暮らしを体験してみたいと思うようになります。

婚活では、それを夢見て経済力重視になる人もいます。

結婚相手を決めるのは人生の一大事ですが、そこでは見た目よりも経済力の方が大事だという意見もあります。 特に、今の日本社会では男性が働くことが多いので、女性側からこの意見が上がっています。 その理由には何があるのでしょうか。


子供を成人までしっかり育てるのにはお金がいる

将来子どもを作ることを考えると、その養育費はバカになりません。 夢を持った子どもの進路を、お金がないからという理由で変えるのは親として心が痛いですよね。

よって、好きなことを好きなようにやらせてあげたいという教育方針だとしても、立派な学歴を残してあげたいと教育熱心な方針だとしても、両方からお金は必要だと判断されます。

精神的に余裕のある暮らしがしたいから

お金があることで、精神的余裕を感じることはありませんか?逆に、ないと不安になってしまいます。

結婚後には夫婦2人で乗り越えていかなくてはならないものがたくさんあり、マイホームや子どもに関することを上げるとそれには必ずお金が必要になります。

貧乏は嫌、ケチケチしたくないから

家計簿とにらめっこをしたくないという女性は、経済力を優先します。

こまごまと節約をすることに窮屈感を感じると、最悪離婚の危機になるということも。

自分が働かなくても生きていける

幼少期に貧乏な暮らしを経験したことがあったり、社会に出るストレスに耐えられない人にとっては、結婚相手に養ってもらいたいという考えがあります。

働いても良いけれど、パート止まりじゃないと嫌だなと思っていると、相手に選ぶのは自分を養うだけの力がある人になります。

将来の漠然とした不安から解放されたいから

今結婚適齢期と言われる年齢の人は、バブルがちょうどはじけたころに生まれています。

このことから、好景気というものを人生で一度も経験したことがないことがわかります。

となれば、思考は全体的に保守的になり、将来のために貯蓄が必要だと考えます。 少子高齢化で誰が将来の自分を支えてくれるか不透明な今、求めるのは経済力になります。

長い目で見れば経済力の方が上手だから

見た目は、その時は良いかもしれませんが、長い結婚生活を考えるとお金の方が上手だと考える人がいます。

誰もが老いには勝てないことから、時間が経っても使えるお金の方が使えると考える人がいます。

単純明快なのは、贅沢な暮らしをしてみたいからという理由です。

テレビで報道されて情報が入ってくる裕福なセレブたちに憧れると、その暮らしを体験してみたいと思うようになります。

婚活では、それを夢見て経済力重視になる人もいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-