【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180513154907.html
嫁が不倫する原因・豆知識などを徹底解説

嫁が不倫する原因・豆知識などを徹底解説 | LADYCO

LADYCO
嫁が不倫する原因・豆知識などを徹底解説

不倫について徹底解説どうして不倫に走ってしまうのか。

幸せだったあの頃のように夫婦の間を元に戻すためにも嫁が不倫をする原因を知り解決できるよう参考にしてください。

  • 不倫の原因
  • 趣味が合うから不倫に走った
  • 恋愛経験が少ない
  • 刺激が無いから
  • 会話が無くなったから
  • 旦那が遊んでるから
  • 旦那が怖いから
  • 女として見てくれない
  • 嫁に不倫されない時のための豆知識
  • 相手を小馬鹿にしていると不倫される原因になる
  • マインドシフトができていない
  • 女性は相手から発せられるメッセージに鈍感である
  • 女性の浮気は相手を尊敬していない場合が多い
  • できるだけ嫁に負担はかけない
  • 男性としての外見のブラッシュアップも大切
  • 女心を理解し、男心を理解してもらえるように努力する
  • 行き当たりばったりで考えない
  • 長期的な視点を持つ
  • 浮気される前に対策を早めに
  • 実は女性も男性と同じ浮気率
  • 相手を自分と同じように愛する
  • 浮気相手のほうがいい男
  • 日常に刺激が欲しい

不倫の原因

不倫の原因

1. 趣味が合うから不倫に走った

趣味が合うから不倫に走った

今の旦那とは結婚したけれど、趣味や趣向が違いすぎてしまっては嫁として退屈な毎日を過ごすことになります。

そんなとき趣味が合う男性と知り合えば当然のことながら共に楽しめることにもなり、そのまま気が付けば不倫に発展してしまってるということもありますので、夫婦で楽しめる趣味を見つけなかったのが原因ということになります。

2. 恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない

結婚はしたけれど始めての相手と結婚してしまった、或いは見合い結婚をしたなど恋愛における経験値が少ないことから嫁が不倫する原因へと発展することがあります。

これは主に40代、50代から起きやすい傾向もありますので恋愛の少ない嫁には注意しなければいけません。

3. 刺激が無いから

刺激が無いから

早くから結婚をするとその分どうしても欠けてしまうのが、日々の刺激、確かに安定した生活は幸せなことではありますが、女性としては退屈な日々を過ごすだけになってしまい、やがて自分はもっと綺麗になりたいと刺激を求めて不倫をしてしまう傾向があるようです。

4. 会話が無くなったから

会話が無くなったから

旦那との生活をしてると仕事が忙しく疲れてたら、次第に会話も無くなります。

そのうち話すことも無くなってしまったことから不倫する原因にさせてしまうようです。

知らない男性と会話して楽しければそれだけで孤独から解放され、そのまま不倫してしまうケースもありますが、嫁としては不倫相手が求めれば求めるほど幸せを感じてしまうようです。

5. 旦那が遊んでるから

旦那が遊んでるから

嫁は家の中で一生懸命に自分を磨くことすらせず家事をしているのに対して、旦那は明らかに外で遊んでるともなれば、その仕返しのように嫁が不倫する原因となります。

それまで信じてた旦那が浮気でもすればそれこそこれまで家事育児を我慢してた嫁にしてみれば不倫の一つくらいして腹いせのようにストレス解消したくもなるでしょう。

6. 旦那が怖いから

旦那が怖いから

結婚当初は幸せだったはずなのに、気が付けばいつの間にか旦那から圧力を受けてたり、束縛されたり、お金使いが荒かったり、家のことは一切無視してたりすると不倫もしたくなるでしょう。

7. 女として見てくれない

女として見てくれない

旦那から女として見てくれなくなったら、嫁としてはもっと女性としてみて欲しいという願望が生まれます。

その気持ちが裏目に出てしまい気が付いたら不倫相手にそれを求めてしまうというケースがあるようです。

女性はいくつになっても女として見て欲しいですから、それをしなければ自然と不倫へと発展してしまうのかもしれません。

嫁に不倫されない時のための豆知識

嫁に不倫されない時のための豆知識
  • 不倫には絶対にダメ
  • 嫁が不倫して別れる確率は75~80%程度
  • 略奪婚の代償は貧乏生活
  • 浮気されないためには尊敬が大事

1. 相手を小馬鹿にしていると不倫される原因になる

相手を小馬鹿にしていると不倫される原因になる

嫁に不倫された時のための知識として知っておくべきことが、不倫される原因です。

稼ぎがない、何もできないなど何かにつけて嫁を小ばかにしていると将来的に浮気されるかもしれません。

相手に対する態度や言動は自分の親以上に気をつけなければなりません。

これはモラハラといわれているもので、相手にストレスを与えている言動として離婚原因にもなります。

その結果、相手の不貞行為につながったとしても、相手だけを責めることはできなくなります。

不倫される原因として一番の原因が、普段の相手に対する態度になりますので、気を付けておくべきことといえます。

2. マインドシフトができていない

マインドシフトができていない

出産した女性の場合などは、出産後は女性は母になりますので、子どもが生まれる前のような関係を相手に求めるというのは難しいところもあるのではないでしょうか。

嫁に不倫された時のための知識として知っておくべきことは、男性は自分の子どもが生まれた後は、これまでの関係から一歩、関係を進め、子育てに協力的になり、家事も分担するなどイクメン性が求められると思われます。

つまり、頭の中で、女性の求めている男性像がどのようなものであるのかというのを敏感に察知できる能力と、それに応じて自分の役割を変えていくというマインドシフトが求められるようになるといえます。

3. 女性は相手から発せられるメッセージに鈍感である

女性は相手から発せられるメッセージに鈍感である

子どもが生まれたなどの後は、お嫁さんは確実に旦那さんに子育て面で協力を期待しています。

しかし、うだつの上がらない、給料の上がらない、地位の上がらない仕事に100%情熱を傾けられてしまうと、そんな男性と一緒にいる時間的な非効率性についてお嫁さんも疑問がわくのではないでしょうか。

この先出世したり、昇給できる自身ですか?

そんな価値はあなたにありますか?

という無言ではありますが、一番身近なところにいるお嫁さんから毎日発せられる足元からのメッセージを敏感に感じ取るセンスをもっておくということは不倫をされないためにも大切といえます。

4. 女性の浮気は相手を尊敬していない場合が多い

女性の浮気は相手を尊敬していない場合が多い

女性の接客をしている人は女性がどのようにものを考えるのかご存知かもしれません。

女性は接客されているように過ごしたい人は多いといえます。

そのため、いわゆるホスピタリティー精神がない男性は嫁に不倫される場合があるのです。

おそらく女性の浮気相手の男性は少なからずこのような点をもっている男性といえるかもしれません。

自分に気を遣えない男性に対して、女性は一緒にいたいと思えない生き物だということは知っておくといい知識といえます。

5. できるだけ嫁に負担はかけない

できるだけ嫁に負担はかけない

世の中にはお嫁さんに対して気が遣える男性は多くいると、お嫁さんに思われるとお嫁さんの意識はだんだんと変わっていきます。

お嫁さんの気持ちからすると、どうしてこんな面白みのない男性、自分を不快にさせる男性と一緒にいるのか?

と思うでしょう。

お嫁さんを取られないように予防策を普段から講じておく男性の賢さがここでも問われるといえ、そのような女性の心理に対して知識がなければ、嫁に不倫されやすくなります。

6. 男性としての外見のブラッシュアップも大切

男性としての外見のブラッシュアップも大切

最低限のおしゃれはしましょう。

髪の毛のケアは大切です。

髪の毛が薄くなっても相手をしてもらえるという甘えのあると失敗するかもしれません。

洋服も流行を知っているという程度でも流行を知っている方がいいかもしれません。

7. 女心を理解し、男心を理解してもらえるように努力する

女心を理解し、男心を理解してもらえるように努力する

女性を長く引きとめておくには、男性側の魅力が問われます。

不倫をされるという場合、総合的に見て男性に魅力がないといえます。

相手にとって、相対的に見た時に旦那さんよりも他の人の方が魅力的だったということなのです。

そのため、実際にお嫁さんに浮気された時自分はどう感じるのかというのを事前に考えておいて、そうならないように普段から真剣に対策しておく方がいいかもしれません。

8. 行き当たりばったりで考えない

行き当たりばったりで考えない

一般的にも、人生を行き当たりばったりで考えると失敗しやすくなります。

結婚生活もそれと同じです。

最悪のことを考えて予防策を取る方が、最悪のことが起こって解決策を取るよりもよっぽど価値が高いのではないでしょうか。

人生が80年間というなら、80年間を見通して、結婚当初から考えておく方が無難といえます。

9. 長期的な視点を持つ

長期的な視点を持つ

長期的な視点が欠如していると、結婚生活で躓きやすくなるという傾向があります。

80年を見越した計画をできるだけ早いうちに持つ方が得といえ、不倫されて慌てるよりも、不倫されないように予防的に生きましょう。

10. 浮気される前に対策を早めに

浮気される前に対策を早めに

浮気される前の対策を早めに講じることで、浮気される確率が低くなります。

対策はできるだけ早めにすることが大切です。

11. 実は女性も男性と同じ浮気率

実は女性も男性と同じ浮気率

浮気という点でいえば、女性も男性も確率は同じくらいだといわれています。

その点については平等です。

そのため、早めに対策をした方が自分の子孫の繁栄につながるといえます。

12. 相手を自分と同じように愛する

相手を自分と同じように愛することは結婚生活の大前提です。

自分が言われたり、されたりしたら嫌なことは相手にしないようにしておくほうがいいといえます。

不倫について徹底解説どうして不倫に走ってしまうのか。

幸せだったあの頃のように夫婦の間を元に戻すためにも嫁が不倫をする原因を知り解決できるよう参考にしてください。


  • 浮気相手のほうがいい男
  • 日常に刺激が欲しい
不倫の原因
趣味が合うから不倫に走った

今の旦那とは結婚したけれど、趣味や趣向が違いすぎてしまっては嫁として退屈な毎日を過ごすことになります。

そんなとき趣味が合う男性と知り合えば当然のことながら共に楽しめることにもなり、そのまま気が付けば不倫に発展してしまってるということもありますので、夫婦で楽しめる趣味を見つけなかったのが原因ということになります。

恋愛経験が少ない

結婚はしたけれど始めての相手と結婚してしまった、或いは見合い結婚をしたなど恋愛における経験値が少ないことから嫁が不倫する原因へと発展することがあります。

これは主に40代、50代から起きやすい傾向もありますので恋愛の少ない嫁には注意しなければいけません。

刺激が無いから

早くから結婚をするとその分どうしても欠けてしまうのが、日々の刺激、確かに安定した生活は幸せなことではありますが、女性としては退屈な日々を過ごすだけになってしまい、やがて自分はもっと綺麗になりたいと刺激を求めて不倫をしてしまう傾向があるようです。

会話が無くなったから

旦那との生活をしてると仕事が忙しく疲れてたら、次第に会話も無くなります。

そのうち話すことも無くなってしまったことから不倫する原因にさせてしまうようです。

知らない男性と会話して楽しければそれだけで孤独から解放され、そのまま不倫してしまうケースもありますが、嫁としては不倫相手が求めれば求めるほど幸せを感じてしまうようです。

旦那が遊んでるから

嫁は家の中で一生懸命に自分を磨くことすらせず家事をしているのに対して、旦那は明らかに外で遊んでるともなれば、その仕返しのように嫁が不倫する原因となります。

それまで信じてた旦那が浮気でもすればそれこそこれまで家事育児を我慢してた嫁にしてみれば不倫の一つくらいして腹いせのようにストレス解消したくもなるでしょう。

旦那が怖いから

結婚当初は幸せだったはずなのに、気が付けばいつの間にか旦那から圧力を受けてたり、束縛されたり、お金使いが荒かったり、家のことは一切無視してたりすると不倫もしたくなるでしょう。

女として見てくれない

旦那から女として見てくれなくなったら、嫁としてはもっと女性としてみて欲しいという願望が生まれます。

その気持ちが裏目に出てしまい気が付いたら不倫相手にそれを求めてしまうというケースがあるようです。

女性はいくつになっても女として見て欲しいですから、それをしなければ自然と不倫へと発展してしまうのかもしれません。

嫁に不倫されない時のための豆知識
  • 不倫には絶対にダメ
  • 嫁が不倫して別れる確率は75~80%程度
  • 略奪婚の代償は貧乏生活
  • 浮気されないためには尊敬が大事
相手を小馬鹿にしていると不倫される原因になる

嫁に不倫された時のための知識として知っておくべきことが、不倫される原因です。

稼ぎがない、何もできないなど何かにつけて嫁を小ばかにしていると将来的に浮気されるかもしれません。

相手に対する態度や言動は自分の親以上に気をつけなければなりません。

これはモラハラといわれているもので、相手にストレスを与えている言動として離婚原因にもなります。

その結果、相手の不貞行為につながったとしても、相手だけを責めることはできなくなります。

不倫される原因として一番の原因が、普段の相手に対する態度になりますので、気を付けておくべきことといえます。

マインドシフトができていない

出産した女性の場合などは、出産後は女性は母になりますので、子どもが生まれる前のような関係を相手に求めるというのは難しいところもあるのではないでしょうか。

嫁に不倫された時のための知識として知っておくべきことは、男性は自分の子どもが生まれた後は、これまでの関係から一歩、関係を進め、子育てに協力的になり、家事も分担するなどイクメン性が求められると思われます。

つまり、頭の中で、女性の求めている男性像がどのようなものであるのかというのを敏感に察知できる能力と、それに応じて自分の役割を変えていくというマインドシフトが求められるようになるといえます。

女性は相手から発せられるメッセージに鈍感である

子どもが生まれたなどの後は、お嫁さんは確実に旦那さんに子育て面で協力を期待しています。

しかし、うだつの上がらない、給料の上がらない、地位の上がらない仕事に100%情熱を傾けられてしまうと、そんな男性と一緒にいる時間的な非効率性についてお嫁さんも疑問がわくのではないでしょうか。

この先出世したり、昇給できる自身ですか?

そんな価値はあなたにありますか?

という無言ではありますが、一番身近なところにいるお嫁さんから毎日発せられる足元からのメッセージを敏感に感じ取るセンスをもっておくということは不倫をされないためにも大切といえます。

女性の浮気は相手を尊敬していない場合が多い

女性の接客をしている人は女性がどのようにものを考えるのかご存知かもしれません。

女性は接客されているように過ごしたい人は多いといえます。

そのため、いわゆるホスピタリティー精神がない男性は嫁に不倫される場合があるのです。

おそらく女性の浮気相手の男性は少なからずこのような点をもっている男性といえるかもしれません。

自分に気を遣えない男性に対して、女性は一緒にいたいと思えない生き物だということは知っておくといい知識といえます。

できるだけ嫁に負担はかけない

世の中にはお嫁さんに対して気が遣える男性は多くいると、お嫁さんに思われるとお嫁さんの意識はだんだんと変わっていきます。

お嫁さんの気持ちからすると、どうしてこんな面白みのない男性、自分を不快にさせる男性と一緒にいるのか?

と思うでしょう。

お嫁さんを取られないように予防策を普段から講じておく男性の賢さがここでも問われるといえ、そのような女性の心理に対して知識がなければ、嫁に不倫されやすくなります。

男性としての外見のブラッシュアップも大切

最低限のおしゃれはしましょう。

髪の毛のケアは大切です。

髪の毛が薄くなっても相手をしてもらえるという甘えのあると失敗するかもしれません。

洋服も流行を知っているという程度でも流行を知っている方がいいかもしれません。

女心を理解し、男心を理解してもらえるように努力する

女性を長く引きとめておくには、男性側の魅力が問われます。

不倫をされるという場合、総合的に見て男性に魅力がないといえます。

相手にとって、相対的に見た時に旦那さんよりも他の人の方が魅力的だったということなのです。

そのため、実際にお嫁さんに浮気された時自分はどう感じるのかというのを事前に考えておいて、そうならないように普段から真剣に対策しておく方がいいかもしれません。

行き当たりばったりで考えない

一般的にも、人生を行き当たりばったりで考えると失敗しやすくなります。

結婚生活もそれと同じです。

最悪のことを考えて予防策を取る方が、最悪のことが起こって解決策を取るよりもよっぽど価値が高いのではないでしょうか。

人生が80年間というなら、80年間を見通して、結婚当初から考えておく方が無難といえます。

長期的な視点を持つ

長期的な視点が欠如していると、結婚生活で躓きやすくなるという傾向があります。

80年を見越した計画をできるだけ早いうちに持つ方が得といえ、不倫されて慌てるよりも、不倫されないように予防的に生きましょう。

浮気される前に対策を早めに

浮気される前の対策を早めに講じることで、浮気される確率が低くなります。

対策はできるだけ早めにすることが大切です。

実は女性も男性と同じ浮気率

浮気という点でいえば、女性も男性も確率は同じくらいだといわれています。

その点については平等です。

そのため、早めに対策をした方が自分の子孫の繁栄につながるといえます。

相手を自分と同じように愛することは結婚生活の大前提です。

自分が言われたり、されたりしたら嫌なことは相手にしないようにしておくほうがいいといえます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-